子供の視力回復トレーニングに関する記事

子供の視力が低下…「近視?遠視?」試したい視力回復法

子供の視力が低下…「近視?遠視?」試したい視力回復法

子供の視力が悪くなってしまっている事が判明…。その原因をしっかり探して、トレーニング法を試して食生活を見直せば、視力回復が望めますよ。

マーミーTOP  >  マーミーまとめ  >  子供の視力が低下…「近視?遠視?」試したい視力回復法

子どもの視力が低下してしまう原因と視力が低下したときによくする行動

ママやパパさんの世代からすでに、そう言われてきたかもしれませんが「最近の子ども達は、身の回りに視力を悪くするモノに囲まれて暮らしている」と、研究者や各メディアを中心に指摘されております。今の子ども達は、ママさん達の世代よりも、さらに視力を悪くしてしまうものに囲まれながら生活しているかもしれませんね。それは、スマホやタブレットなどが今の時代の必須アイテムになりつつある事も関わっているのかもしれません。

それらの事が影響して、子どもの視力が低下してしまった時に、子どもが良くしがちな行動を紹介しますので、ママはそんな行動を見つけたら、何かしらの対応をしましょう。

また、調査機関が報告した年々子どもの視力が悪くなってしまっている事のデータや、低下してしまった子ども視力は回復するのかについても紹介していきます。

子どもの視力が低下してしまうのは、ゲーム?スマホ?遺伝かな?

子どもの視力が低下してしまう理由としては、一概にこの事が原因だとは断定できないかもしれませんが、次のような事が恐らくは影響しているだろうと言われています。

 スマホやゲーム機でのゲームのしすぎが原因

男の子二人がゲーム機であそんでいる

以前から、家庭用のゲーム機を使ってTVゲームで長時間遊ぶと、目が疲れてしまって、視力の悪化につながるとの指摘がなされていました。最近のお子さん世代だと、もっと技術が進歩したり、時代の流れが変わってきて、大きな画面のTVでゲームをするのではなく、より小さな画面の「スマホ」や「携帯型のゲーム機」などで、長時間ゲームをすること視力が低下している事も考えられます。

小さい画面でのゲームの方が、目には悪影響が多いという報告もあって、小さい画面ばかりを見ていると目の眼球運動が鍛えられずに、視力の発達が妨げられるとの指摘もされています。

2 ストレスの影響をうけて視力が低下

お子さんが、「学校生活」や「交友関係」などで何かしらの強いストレスを抱えてしまうと、脳に過剰なストレスがかかってしまいます。そうなってしまうと、脳内の視力に関わっている領域の働きが弱まってしまって、一時的に視力が低下してしまうこともあります。けれど、このケースでは「眼球」や「視神経」には問題がないため、ストレスが緩和されると視力が回復していく傾向にあります。

3 ママやパパの遺伝的形質を受けついでしまったから

学校の授業参加日などでよく見かける光景かもしれませんが、眼鏡をかけているお子さんの母親も眼鏡をかけていることが割合的には多くあります。その事には、遺伝学的にいって「近視」は、子どもに伝わりやすいという形質であることが大きく関わっています。ある調査報告によると、両親がともに近視であるお子さんの場合だと、両親ともに近視ではないお子さんと比べたら、8倍も近視になりやすいというデータもあります。

子どもの視力が低下してきたときに、よくする「こんな」行動をママは見逃さないで!

お子さんの視力が低下してきた時によくする行動を紹介します。そのどれもが、以前よりも視力が低下してしまい、身の回りのモノが見えにくくなっているため、何とかして以前のように見ようとするときにしてしまう行動でもあります。

 遠くの方を眺める時に目を細めてしまう

遠く眺めている親子

視力が低下してきたらよくしがちな行動の一つが、目を細めるということです。この動作には、ピンホール効果と呼ばれる意識しなくとも起こる体のメカニズムが関わっています

五感の中でもとりわけ重要である視覚が弱まり、身の回りのモノが見えにくくなってきた時には無意識に、目を細めてしまいます。その事で、網膜に入ってくる光の量を調整することができ、見えにくいモノをより見えるように、ピントを調整しようとします。

ですから、視力が悪くなってしまったお子さんは、意識していなくとも、目を細めてしまいます。

 目のまわりをやたらと、こすり始めてきた

視力が悪くなってしまうと、見えにくくなっている身の回りのモノを以前より意識して見ようとします。そうなると、目の周辺の筋肉の動きが活発になるため、疲れやすくなってしまいます。その疲れをほぐそうとして、目の周りをこする始めるお子さんもおります。目のまわりをこすり始めたら、目の周辺がかゆいことだけではなく、視力が低下してしまった事も疑ってみましょう。

 テレビや漫画やゲーム機の画面にやたらと顔を近づけてしまう

子どもは、習性として興味のあるモノや、好きな事に熱中しているとその対象となるモノにどんどん近づいていきます。そういった、習性があるので、テレビアニメや漫画本やゲームに熱中するあまりに、TVの画面やゲーム機の画面に顔を近づけていく事はあります。けれど、あまりにも頻繁に、そして顔を近づけすぎているのであれば、視力が低下してしまって、見えにくくなっているため、顔を近づけているという事も考えられます。

 目つきがなんとなく悪くなり初めてきた

仲がいい小学生の友達お話をしている

お子さんの視力が悪くなると、意識しなくともピンホール効果と呼ばれる目を細める行動をしてしまいます。そういった、目を細めることが度々続いていけば、お子さんの目つきが悪くなってしまいます。

目つきが悪くなってしまうと、その事情をしらない同級生たちから陰口を叩かれたりして、交友関係にも影響を与えてしまう事も考えられます。そうなる前に、「お子さんの目つきが悪くなってきたなぁ~」と感づいたら、視力回復につながるような対策をとりましょう。

5 理由もなく不機嫌になることは多くなり始めていませんか

今までクリアに見えていたゲームの画面などがぼやけてきて、ゲームを楽しみづらくなってきたら、お子さんは不機嫌になったりしてしまいます。「ゲームに負けたしまった」「何だか画面も見えづらい」などなど、
お子さんが不機嫌になってしまう理由には、様々なことが考えられますが、その理由の一つとして視力が悪くなった事も考えられます。

子どもの視力って回復していくのかな?

一度悪くなってしまった視力は、良くはなりにくいようなイメージもあり、色々な視力回復グッズなどがあるけど、その効果に疑いをお持ちのママさんもいらっしゃると思います。それでも、お子さんの視力が悪くなってしまって悩んでいて、それらのグッズを利用してみたら、視力が回復したという体験談も数多くあります。

ですから何もしないよりは、視力を回復させよう思ってグッズなどを使っていく事によって、視力は回復していくのかもしれません。特に、子どもの時期には!

環境的な要因を見直していったり、トレーニングを行えば回復していきます。

大自然の川の水が流れている

アマゾンやアフリカなどの地域に暮らしている先住民の中には、視力が悪くて眼鏡をかけている人なんて恐らくはいません。むしろ、目が良すぎるくらいだと思います。それに、比べて都市部に暮らす私たちの中には、目の悩みを抱えている人たちは沢山いて、そんな悩み抱えている親子もいます。

その両者の違いには、生活環境の違いなどの「環境的」な要因が大きく関わっています。彼らの生活を見習えば、視力が回復する効果は見込まれますが、TV番組の企画ではあるまいし、そんな大がかりな事なんて出来ませんよね。ですから、ゲームばかりしているのだったら、その時間を少しだけけずり、その空いた時間には視力回復トレーニングで目の筋肉の疲れをとってあげたり、視力が低下してしまった日々の生活を見直して、トレーニングを行っていけば回復していくこともあります。

ママも一緒に試してみよう視力回復につながる「トレーニング法」「食べ物」「グッズ」

お子さんだけでなくて、ママの視力も低下してきた時に一緒に試してみるとお役にたつかもしれない視力回復の「トレーニング法」や、視力回復や目の栄養にもよいと言われる「食べ物」や、アイデアグッズなども紹介します。

視力回復につながる「トレーニング法」を紹介

視力回復に効果があったという体験者も多数いる一度は、お聞きになった事もあるかもしれない「視力回復」のトレーニング法を紹介します。

 遠近トレーニング

遠近トレーニングを行えば、「遠くにあるモノ」と「近くにあるモノ」とを交互に見ることで、眼のピント機能を調整している毛様体筋を鍛え直したり、張って緊張状態にある筋肉をほぐす事ができます。

筋肉がほぐれたりすることで、眼のピントに生じている「ズレ」が補正されて、見えにくくなっている状態が克服されていきます。

2 眼筋トレーニング

勉強の正しい姿勢のイラスト

眼筋トレーニングをすることで、眼球を動かしてくれる筋肉である「外眼筋」と、「内眼筋」と一括りにされている虹彩筋や毛様体筋といった眼のピント調整役をになう筋肉を鍛えることができます。

その具体的なトレーニング方法には、3D視力回復本である「マジカル・アイ」を利用したり、自分の指にシールをはって動かして、その指の動きを目で追うトレーニン法などがあります。

3 明暗トレーニング

明暗トレーニングは、「明るい状態」と「暗い状態」とを交互に繰り返して、眼に入る光の量を調整する役割もある毛様体筋などを鍛えるトレーニング法です。そのトレーニング法には、蛍光灯をつけたり消したりする方法などがあります。

4 YouTubeに「視力回復」と入力そこから始まるトレーニング

YouTubeで「視力回復」と入力して検索すると、緑の丸を目でおうだけなどの簡単なトレーニング法が公開されています。その中から、お子さんが興味のある動画トレーニング法を試してみましょう!

もしも、一つの動画トレーニングに飽きたりしてしまったりしたら、違う動画トレーニング法も試しましょう。

5 視力がみるみる上がる3D視力回復アプリ

「マジカル・アイ」のアプリ版を利用した視力トレーニング法もあります。マジカル・アイの特徴的な画像を、目の焦点をズラしたりするなど工夫を凝らしてみると、ある「瞬間」に3D画像が見えてきます。

その3D画像が見えるまで、工夫してみようと意識することで、自然と眼球トレーニングが行われていきます。

6 視力回復ゲーム:こんぺいとう編~3D~

視力回復ゲーム:こんぺいとう編~3D~を利用した視力回復トレーニングは、画面が2分割され「右」と「左」とで、同じ映像が流れているゲーム画面を、視点を変えたり焦点をずらしたりするなどの工夫をして眺めていると、その左右の同じ画像が重なりあって、3Dの映像のように立体的に見えていきます。

そうした、3D映像でゲームを楽しむために、意識することで、ゲームを楽しむとともに、眼の周りの筋肉を鍛える事もできます。

視力回復につながる「食べもの」を紹介

視力回復の効果がある食べ物と言えば、すぐにブルーベリーが思いつくかもしれませんね!その他にも効果のある食べ物を紹介します。

1 ブルーベリー・カシス ~ アントシアニンで暗い所でも目力UP

ブルーベリー

「眼」に良い食べ物とアンケートを取れば、多くの方々がお答えになるかもしれないのが、ブルーベリーですよね!ブルーベリーやカシスなどに、含まれているアントシアニンには抗酸化作用や眼の角膜やコラーゲンの合成を促進される働きなどがあって、「暗い所でも見えやすくなる」「眼の病気を予防する」「眼の老化を防ぐ」効果などがあったりします。

2 うなぎ・レバー ~ ビタミンAで角膜や網膜の働きサポート

うなぎやレバーなどに多く含まれている成分であるビタミンAには、「角膜や網膜の働きをサポートする」「目や皮膚などの乾燥を防ぐ」などの働きがあって、目の健康にとっては大切な栄養素の一つであります。

けれども、ビタミンAを含む食べものを過剰に摂りすぎてしまと、お子さんの場合だと骨格の異常、ママさん達の場合だと肝臓や中枢神経の異常が引き起こってしまうこともあります。それをたくさん含んでいる「食べもの」を食べ過ぎないように注意しましょう。

3 豚肉・たらこ ~ ビタミンB1で疲れ目をやさしくサポート

豚肉やたらこなどには、神経の働きを活性化したり、目の粘膜の形成に不可欠なビタミンB1が多く含まれています。
その他にも目のまわりの張っている筋肉を和らげたり、眼精疲労を回復させる効果まであります。

4 カリフラワー・イチゴ ~ ビタミンCで水晶体の参加を防ぐ

カリフラワーやイチゴには、ビタミンCが多く含まれています。ビタミンには、抗酸化作用があって、水晶体が酸化してドンドンと固まってしまうことを防ぐ効果があります。水晶体には、カメラでいうところのレンズ的な役割があって、ヒトの眼のその部分が酸化してしまうと、どうしても見えにくくなってしまいます。

ビタミンCには、抗酸化作用だけではなくて、「お肌をキレイにしたり」「風邪を引きにくくなる」という効果までもあります。

5 納豆・山芋 ~ ネバネバ成分でドライアイも解消

納豆

納豆や山芋のネバネバ成分に含まれているルチンには、目の粘膜を保護してドライアイを防ぐ効果があります。スマホゲームやTVゲームやパソコンの画面などに集中しすぎてしまって、瞬きの回数が減ることが主なドライアイの原因です。ドライアイになってしまうと、目に潤いがないなどして状態が悪くなるなどして、目の機能が衰えてしまって、視力が悪くなってしまいます。

納豆は、お手軽な価格で購入できて、眼以外の体の各器官にとってもよい効果が報告されているので、ご飯にのせたりして毎日できるだけ取り入れていきましょう。

視力回復につながる「グッズ」を紹介

視力回復の効果があると言われているアイデアグッズを紹介します。

ピンホールアイマスク ~ 焦点を直してくれる便利グッズ

ピンホールアイマスクには、目にあたる部分に5つの小さな穴があいています。その穴を通してみると、自分でピントを調整することなく、そのアイテムでピントの調整が上手くおこなわれて、見えにくかったモノがスッキリと見えてしまいます。

ピンホールアイマスクをつけたまま、目を上下左右などに動かす眼球トレーニングをおこなうと、目の周りの筋肉がうまくほぐれていき、血流がよくなり酸素や必要な栄養素が、目に流れやすくなります。

お子さんの眼の周りの筋肉には、柔軟性があるために、ピンホールアイマスクなどを使ったりするなどして、トレーニングをおこなう事を続けていけば、同じようなトレーニングをしている大人よりも視力回復の効果が期待できますよ。

ドンドン目がよくなるマジカル・アイ ~ 楽しみながらも視力も回復

視力回復のアイデアグッズのメジャーどころである「マジカル・アイ」シリーズは、累計販売部数が500万部を超える大ベストセラーです。お手軽な値段で購入できて、試してみるとハマッてしまって、視力回復の効果も期待できるからこそ、多くの方々に支持されたのかもしれません。

ページを開いていくと、カラフルで芸術的ともいえる絵を、焦点をずらすなどして繰り返しその見方を変えていくと、ある瞬間ふわっと立体的な画像が見えてしまいます。それまでに、意識的に眼球を動かすことが、よいトレーニングとなって、遊びながらも視力が回復することがあったりします。

ブルーライトが子どもの視力に与える影響やその対処法は?

スマホや液晶TVのなどの画面から発せられるブルーライトが、子どもの達の視力に与えてしまう影響やその対処法についても紹介します。

ブルーライトが子どもの視力などに与える影響について

寝れない女の子

ママもデスクワークで経験しているかもしれませんが、ヒトの眼は、スマホやパソコンなどから発せられる「人工的な光」を長時間見続けてしまうと、非常に疲れてしまいます。その代表格ともいえる光は今の時代だとブルーライトです。

ブルーライトは、波長が短いので、物理的にはエネルギー状態が高くて、空気中にある「塵」や「ほこり」に影響を与えてしまいます。空気中で舞っている塵などが、「パソコン」と「画面を見ている人」との間で邪魔してしまって、パソコンの画面をより見づらくなってしまいます。

そういう状態を補正しようとすると、余計に眼が疲れてしまったり、眼から入力された視覚情報を認識している脳が疲れてしまって、眼精疲労になってしまいます。眼精疲労の状態が続くと、眼が疲れている状態でモノを観ようとすることが続くので、視力が悪くなってしまいます。

ブルーライトの影響は、ママ達よりも、体の機能が成熟していないお子さんの方が影響を受けやすくて、夜にお子さんがゲームを長時間してしまうと、その光が「体内時計」を乱してしまうことも、お子さんが夜に眠れなくなくなる原因の一つです。

ブルーライトの悪影響を子どもに与えないための方法

ブルーライトの悪影響を少しでもお子さんに少なくさせる事のできる方法を紹介しますね。

1時間などの時間を決めて利用させる

ゲームやユーチューブなどは、ママも経験した事があるかもしれませんが、ハマッテしまうとつい時間を忘れてして画面にくぎ付けになってしまいますよね!

お子さんの方が、よりその悪影響をうけやすいので、ゲームなどにハマってしまった時などには、忘れてしまいがちな時間感覚を、ママが変わって管理しましょう。そうすると、ブルーライトの悪影響を受けにくくなって、視力がさらに悪くなってしまうことを防ぐことができます。

一定の距離を離して部屋は明るくして利用させる

明るい部屋でテレビを見ている家族

「TV画面」や「スマホ画面」や「パソコン画面」から発せられるブルーライトは、その発生源である画面に近づくほど、その影響を強く受けてしまいます。ゲームなどに熱中しすぎるあまりに、姿勢が悪くなっていたりしたら、その悪い姿勢だと体に負担がかかってしまう事で、お子さんでも肩こりなってしまうという報告事例もあり、姿勢には注意をさせましょう。

また、ゲームやアニメ動画を楽しむさいには、明るい場所で行わせた方が目の負担が少なくなります。

ブルーライトを抑えてくれる効果のあるフィルムやメガネを使う

ブルーライトが眼に与える問題については、以前から指摘されていたので、その対策グッズが開発されて販売されています。その一つが、スマホ画面やゲーム機の画面にブルーライトを「吸収」したり「反射」させたりする素材のフィルムです。もう一つは、そのフィルムを眼鏡のレンズ表面に取り付けて、ブルーライトが目に入ってくる量をカットするブルーライト対策眼鏡です。

ブルーライト対策眼鏡は、お子さんの成長に合わせてサイズ調整ができたり、衝撃に強い壊れにくい素材を利用をしているので、ママが考えるもしもの不安が和らぎますよね。

そもそも視力が悪いときの「近視」や「遠視」や「乱視」ってどんな目の状態なの?

そもそも、視力が悪いと言われる時の目の状態である「近視」や「遠視」や「乱視」って、生物の授業などや情報番組を見たりして、どんな目の状態であるかをすでに知っているママさんも多いかと思いますが、改めて確認していきましょう。

近視 ~

日本眼科学会によると、正常視(近視・遠視・乱視が生じていない)の場合には、カメラのレンズのような役割を果たしている角膜や水晶体に集まった光を、眼の後方にある神経の焦点とうまく合わせることができて、毛様体筋などの調整力もうまく機能しているために、スッキリとモノを見ることができます。

けれど、近視の場合には、水晶体などにゆがみが生じたり、調整力が弱まってしまったりして、眼の後方にある神経との焦点がうまく合わなくなって、その手前で集められた光が集まる点である焦点あってしまいます。そうなると、近くにあるモノは見えますが、遠くにあるモノはぼやけてしまいます。

引用元:日本眼科学会

仮性近視について

仮性近視とは、近くにあるモノを集中して見過ぎたために、視界の調整機能を果たす毛様体が過剰な緊張状態にあり、水晶体をうまく調整することが出来なくなって、一時的に遠くにあるモノが見えにくくなっている状態のことをいいます。

一時的な近視だからといって、仮性近視の状態が続くことを放置してしまうと、その状態が一時的ではなくなって、慢性的に続いてしまう真正の近視となってしまうことがあります。

遠視 ~

遠視は、近視の状態とは逆で焦点が、神経が集中している部分よりも後ろの方で結ばれているために、近くにあるものも遠くにあるものもハッキリと見えにくくなっている目の状態の事をいいます。

乱視 ~

日本眼科学会によると、乱視の主な原因としては、水晶体や角膜のゆがみによっておこってしまいます。水晶体などにゆがみがあると、焦点が1ヶ所には集まりずらくなってしまって、対象物がぼやけてしまって見えづらくなってしまいます。

引用元:日本眼科学会

お子さんの視力が悪くなっている場合には、「近視」や「遠視」や「乱視」などが考えられます。その原因にはゲームをやりすぎてしまったり、姿勢が悪くなってしまったりとする日常生活の乱れだけではなくて、角膜などの病気が原因であることも考えられるために、その原因を特定させるためにも、お近くの眼科医院や総合病院などを受診してみましょう。

視力が悪くなりやすい「世の中」なので、ママも一緒に回復トレーニングなどをしましょう!

ママさん達の子供時代と比べると、お子さんたちの世代では、スマホやパソコンなどを利用するのが当然のような時代の流れであって、アニメやゲームも以前よりも種類が豊富で、ネットでアクセスすれば簡単に楽しめたりして、いつの間にかハマッテしまって、つい長時間ゲームをしてしまうことも、視力が悪くなってしまう原因の一つです。

そういった楽しみなどが増えるにつれて、視力が悪いお子さん達が増えているとの指摘があります。これからも、その流れは引き続いていくと考えられ、技術がどんどんと進んでいくと、それらの「見たことのないような映像」や「体感した事のない楽しみ」にはついハマってしまいますよね。そういった映像などを見続けることが苦手な眼が疲れてしまうことが、視力が悪くなる原因なのかもしれません。

お子さんだけでなくて、ママもスマホゲームやネットの動画を楽しんでいると、つい時間を忘れてしまうこともあって、気が付いたらママの視力も悪くなっている事もあるかもしれませんよね。

そういった時には、お子さんと一緒に「遠近トレーニング」や「YouTubeの動画トレーニング」や「明暗トレーニング」などのトレーニング法を試してみたり、ブルーベリーや豚肉や納豆などの眼にもよい食べものを食生活の中に取り入れていったり、「マジカル・アイ」や「ピンホールアイマスク」などのグッズを利用していけば、悪くなり始めている視力が回復していく事もあります。

まだ、眼の周りの筋肉などが柔らかいお子さんだと、それらの効果がより期待できますよ!

スポンサーリンク

おすすめコンテンツ

この記事を書いたライター
佐々木花子

佐々木花子

雑貨屋さんやインテリアショップが大好きなアラフォーです♡