食品添加物の危険性と安全性に関する記事

食品添加物の危険性と安全性!ママが気になる「食」特集

食品添加物の危険性と安全性!ママが気になる「食」特集

食品添加物の安全性と危険性は子育て中の母親にとって重要です。保存料や着色料や甘味料など食に欠かせない添加物の特集です。

マーミーTOP  >  マーミーまとめ  >  食品添加物の危険性と安全性!ママが気になる「食」特集

子育て中のママは特に気になる食品添加物の危険性と安全性

食の安全を守り健康を願う家族

食品添加物には保存料や着色料や甘味料などがあり、楽しく健康に食事をするために必要不可欠なものと言えます。しかしその食品添加物に安全性は保証されているのでしょうか。マーガリンなどに多く含まれるトランス脂肪酸はアメリカでは規制されているという事実から食品添加物の危険性を疑う母親も多いのではないでしょうか。

家族の安全を守るためには私達が食品添加物についてもっと詳しく知ることが大切で、食品添加物の危険な原材料や摂取上限量を知ることでより一層、食の安全性を高められます。子供の好きなお菓子には乳化剤が含まれているケースが多いですが知識があれば安全な原材料のお菓子を選択することができます。

健康な毎日を送るために必要な食品添加物の安全性と危険性を知るための特集です。

食品添加物の基礎知識!危険性の有無を確認

食品点添加物といっても多くの種類があります。食品の見た目を良くする添加物や健康を守るために食品が腐るのを防ぐ添加物など、種類や成分表を確認する時のチェックポイントを紹介します。添加物を減らす方法など私達の健康を守る方法も掲載します。

害を及ぼす可能性のある食品添加物を一覧にしました。中には安全性の問題から海外では使用を禁止されている食品添加物もあるほどです。特に子供に与える食事の場合は少し気を付けるべきかもしれません。身近な食品に多く使われている食品添加物の危険性を確認しましょう。

意外と知られていないことで、食品添加物の使用基準は日本と海外で違っているものが幾つかあります。日本では安全と決められているのに、海外では危険がある使用基準となっている、またその逆の存在の食品添加物もあります。海外の食品を摂取する時の添加物の表示の見方も解説します。

食の安全が危険視されるなか、子育て中の主婦の方はどこまで食品添加物を気にするのでしょうか。世の中の動向もきになりますが、身近なママ達の意見も参考なります。加工品やジャンクフードをできるだけ避ける、海外製品のみ気をつける、あまり神経質になり過ぎないなど、主婦の基準を紹介します。

悪名高いトランス脂肪酸!気を付けるべきポイント

健康に良いと最近話題となっている「米油」と健康に良くないと言われる「トレンス脂肪酸」の関係を解説します。米油のメリットやトランス脂肪酸は何故健康に害があると言われているのかをもう一度振り返り、米油に含まれるトランス脂肪酸について迫ります。

アメリカではトランス脂肪酸の含まれる食品は制限されています。何故制限されているのか、トランス脂肪酸の基礎知識から危険性を探ります。またトランス脂肪酸が多く含まれる食品の一覧を掲載しているので、注意して食品を摂取することで食の安全を守ることができると言えます。

トランス脂肪酸が多く含まれるマーガリンですが、マーガリンが嫌われる理由やトランス脂肪酸の問題点などを解説します。トランス脂肪酸は悪玉コレステロールが増えることが報告されているなど、多くの危険性が指摘されています。トランス脂肪酸をめぐる動きや、多く含まれる食品を頭に入れることで摂取量を少なくすることができます。

植物油とトランス脂肪酸の関係を解説します。植物油脂からトランス脂肪酸が発生する理由を解説し、トランス脂肪酸が含まれる量を比較してより安全は食用油を紹介します。トランス脂肪酸が多く含まれる加工食品を幾つか掲載し、その食品に含まれるトランス脂肪酸の目安量を食の安全に役立てましょう。

オリーブオイルは健康に良いとされる食用油ですが、このオリーブオイルにトランス脂肪酸は含まれていないのでしょうか。トランス脂肪酸の含有量や、その量は私達の健康に害を及ぼさないのでしょうか。サラダのドレッシングなど加熱せず摂取することもあるオリーブオイルの安全性の有無です。

キャノーラ油に含まれるトランス脂肪酸の量を知ることで食用油を選ぶ時の参考になります。キャノーラ油は植物由来の食用油で加熱しても風味の変化が少ないため揚げ物や炒め物などに適している食用油です。キャノーラ油をよりヘルシーに使用できる調理方法も紹介します。

食品に表示されている「トランス脂肪酸ゼロ」の表示ですが、この表示は本当なのでしょうか。表示されている情報には落とし穴があります。トランス脂肪酸の表示ガイドラインと正しい読み方を解説します。農林水産省のトランス脂肪酸に関する見解を交えて紹介します。

着色料は危険?食品を美味しく見せるための添加物について

発色剤とは食品の本来持っている色を維持し新鮮さを際立たせることや、肉や魚など素材特有のにおいを消す効果があります。細菌の増殖を防ぐこともできるので私達の健康に役立っている添加物と言えます。しかしこの発色剤には危険性が指摘されている種類もあります。

赤の着色料として使われている赤色102号についての危険性について紹介します。この赤色102号はタール色素の一種です。タール色素とは石油を生成する際に得られる「ナフサ」を原料としています。石油から生成される色素というだけで危険なイメージですが実際はどうなのでしょうか。

タール色素を掘り下げて紹介します。タール色素の種類や使われている製品、安全性を考えてみました。アメリカやイギリスなどヨーロッパの基準も掲載するので日本の基準と比較してどのような違いがあるのか確認しましょう。食品のみならず医薬品や化粧品にも使用されるタール色素についてです。

着色料には「天然着色料」と「合成着色料」があります。今回は科学的に合成されて作られた合成着色料の危険性について紹介します。着色料ごとの特徴や危険性について触れながら、日本と海外の認可の違いなど詳しく解説していきます。

食の安全を確認するには食品添加物の危険性を見分ける必要があります。特に着色料は最も使われている添加物と言えるので、着色料の危険性を見分けられるだけでも子供のおやつを選ぶ際の参考になるのではないでしょうか。着色料の種類と安全な色素と危険な色素の見分け方です。

着色料の中には虫が使用されているものがあります。赤の着色料で虫が使われている有名な色素の「コチニール色素」についての記事です。虫から抽出されたコチニール色素の生成方法や使用されている食品の種類、摂取する際の注意点など詳しく解説します。

人工甘味料の危険性は?ローカロリーの甘味料について

人工甘味料はカロリーが少ないためダイエットの強い見方だと言えます。しかしそんな人工甘味料にも使用上限量が決められていてデメリットもあります。アスパルテーム、アセスルファムK、スクラロースの3種類に焦点を当て、人工甘味料のリスクを考慮し上手に付き合っていきましょう。

合成甘味料とは自然界に存在しない工業的に生産された甘味料です。妊娠中は食べ物については特に気をつけなければならず、合成甘味料についても例外ではありません。妊娠中に避けるべき合成甘味料の種類と摂取した場合の影響です。

人工甘味料は低カロリーで少ない量でも甘みを感じられます。使われる製品も多いので知らない内に摂取しているケースも多いでしょう。危険な人工甘味料の種類やその影響を考えることで製品を選ぶ時の参考になるでしょう。人工甘味料についての役立つ知識を紹介します。

清涼飲料水やお菓子、ケーキやドーナツなど多くの製品に使用されている甘味料が「ステビア」です。最も安全な甘味料と言われるステビアですが、実は人工甘味料ではありません。どのように生成されているのかステビアのメリットを詳しく解説します。

ダイエットのためにゼロカロリーの製品を購入している方も多いと思いますが、その商品は本当にカロリーゼロなのでしょうか。ゼロカロリーの表記についての真実を解説します。ゼロカロリー製品にはメリットとデメリットがあり上手く取り入れることでダイエットや美容や健康にも貢献することができます。

食品添加物の増粘多糖類の用途や危険性について

増粘多糖類とは食品と食品の接着や粘りを増やすために使われ、冷凍加工品や調味料や保存食品、子供のおやつにも使われることが多い食品添加物です。増粘多糖類の危険性や子育て中のママは敏感になる、使われている製品の成分表記の見方です。

増粘多糖類の成分表記に表記の方法や使われている多糖類の種類について詳しく解説し、それぞれの多糖類の健康への危険性の有無について迫ります。増粘多糖類を食品に添加する理由や目的、使用基準やアレルギーについても触れています。

健康を守るための保存料や酸化防止剤!本当に危険性はないの?

殆どの輸入ワインに含まれている酸化防止剤の名称は「亜流塩酸」と言います。「塩酸」という名前だけで安全性を疑問視する方もいるかもしれませが実態はどうなのでしょうか。ワイン好きの方が気になる、酸化防止剤の危険性と無添加ワインの安全性です。

ソルビン酸は細菌や食品に発生するカビを抑える効果のある食品添加物です。保存料として使用されるソルビン酸ですが食品ごとに使用基準が決まっています。そのため摂取量が多すぎると健康に何らかの弊害が起きるとも考えられます。ソルビン酸の安全性について考えてみましょう。

安息香酸ナトリウムは静菌や抗菌効果がある「保存料」として数多くの食品に使用されています。また安息香酸ナトリウムは食品のみならず化粧品やシャンプーの防腐剤としても利用されています。安息香酸ナトリウムも使用量に基準が設けられていて安全性に問題があると思う方もいるかもしれません。摂取する時に気をつけたいポイントです。

食品に添加される防腐剤には様々なメリットがあります。「賞味期限を伸ばす」「食中毒を防ぐ」「熟成させる」このような効果は健康を守り食品を安全に美味しく食べるためには必要なことだと言えます。良いことずくめの防腐剤のデメリットも一緒に紹介します。

酸化防止剤が健康に及ぼす影響を、使われている食品、特徴を種類ごとに紹介します。酸化防止剤が持つ効果のメカニズムや天然由来の酸化防止剤、化学合成による酸化防止剤の危険性や見分け方も掲載します。健康を守るための酸化防止剤についてです。

ソルビン酸カリウムは多くの加工食品のみならず化粧品や歯磨き粉などにも使用されています。生活になくてはならない保存料とも言えます。ソルビン酸カリウムを使用する目的はカビや酵母の繁殖を防ぐためで、水溶性である特徴からケチャップやソースなど液体の製品に使われています。

酸化防止剤のビタミンCについて解説します。ビタミンCというとお肌や体に良い成分と思われがちですが、どのような危険性があるのでしょうか。酸化による食品の変化を回避する目的で使われるビタミンCの過剰摂取などのリスクを紹介します。

コンビニの弁当などにも使われている「グリシン」に期待される効果や食品添加物としての役割、そして摂取することで健康にどのような危険性があるのかを紹介します。グリシンは保存料の他にpH調整剤や調味料としても使われています。

チョコレートに含まれる乳化剤ってなに?使用目的や危険性

アイスクリームなどのお菓子にも使われている乳化剤の意味や使い方、乳化剤による食品への効果と危険な乳化剤の種類を紹介します。乳化剤にもいくつかの抽出物があり、中には摂取するのを控えるべき抽出物もあります。よく目にする機会が多い乳化剤についての記事です。

「乳化」「浸透」「起泡」「消泡」「分散」「ツヤ出し」の6つの具体的な効果と原料の「脂肪酸エステル」「大豆レシチン」「ステアリン酸カルシウム」について解説し大豆由来の乳化剤の危険性に触れます。乳化剤は使われる食品が多いだけに知識を身に付けることで食への理解が深まります。

食品に含まれる脂肪酸の長所と短所

飽和脂肪酸とは動物油や乳製品に多く含まれる脂肪で大切なエネルギー源ですが、変質しやすく保存には向かないという特徴があります。健康的な生活を送るにはこの飽和脂肪酸をバランス良く摂取する必要がります。飽和脂肪酸のメリットとデメリットについての記事です。

不飽和脂肪酸はコレステロールの値を下げる効果があり健康に良い成分です。不飽和脂肪酸は何かを解説して多く含まれる食品や健康に良い不飽和脂肪酸の種類を紹介します。農林水産省が定めた男女年齢別の摂取目標量も併せて紹介します。

スポンサーリンク

おすすめコンテンツ

この記事を書いたライター
佐々木花子

佐々木花子

雑貨屋さんやインテリアショップが大好きなアラフォーです♡