赤ちゃんのアレルギー症状に関する記事

赤ちゃんのアレルギーの症状!原因となる母乳/離乳食に注意

赤ちゃんのアレルギーの症状!原因となる母乳/離乳食に注意

赤ちゃんのアレルギーの種類と原因、引き起こる症状をまとめました。赤ちゃんのアレルギー体質や遺伝が心配なママは必見ですよ。

マーミーTOP  >  赤ちゃん  >  赤ちゃんのアレルギーの症状!原因となる母乳/離乳食に注意

赤ちゃんのアレルギーの主な種類~症状の原因をしっかり知ろう

パパママや兄姉がアレルギー持ちの場合、赤ちゃんにも遺伝していないか気になりますよね。言葉を話せない赤ちゃんは、自分でアレルギー症状を訴えることができません。そのため、赤ちゃんのアレルギーについての知識を身に付け、大人が気づいてあげる必要があります。

今回は赤ちゃんのアレルギーについて、種類と症状などを詳しくお伝えします。食物アレルギーを起こしやすい食品についても触れていますので、これから離乳食を始めるママも参考にしてくださいね。

食物アレルギー

各種類の食べ物

赤ちゃんの食物アレルギーは、離乳食が始まる前でも起こる恐れがあるので要注意です。母乳はママが食べた食品を材料に作られるので、微量のアレルギー物質が混ざることがあります。そのため、ママが食べた卵や小麦などが、赤ちゃんが食物アレルギーを起こす原因となる可能性があるのです。

また、離乳食を食べ始めた赤ちゃんも、食物アレルギーに気をつけなければなりません。初めて食べる食材ばかりなので、赤ちゃん自身が食物アレルギーを持っているか分からないためです。

離乳食を進める際には、一口ずつ食べさせ、アレルギー反応が出ないかどうかチェックしながらすすめましょう。

赤ちゃんが食物アレルギーになると、次のような症状が出ます。赤ちゃんに次のような症状が出たら、何らかのアレルギーを起こした可能性があるので病院を受診しましょう。

食物アレルギーの主な症状

  • 口の周りや粘膜の発疹やかゆみ
  • ぜんそくのような咳・息苦しさ
  • 皮膚の発疹やかゆみ
  • じんましん
  • 吐き気
  • 下痢
  • アナフィラキシーショック

1牛乳・粉ミルク

牛乳

牛乳は、赤ちゃんが食物アレルギーを起こしやすい食品です。牛乳に含まれるたんぱく質の一種が原因で、アレルギー症状を起こしてしまいます。

粉ミルクも牛乳を原料として作られるので、牛乳アレルギーの赤ちゃんには消化が難しく、身体の発達が遅くなる可能性も!もし、ミルクアレルギーが疑われる場合は、医師に相談してペプチドミルクやアレルギー用のミルクに切り替えましょう。

2卵(卵黄・卵白)

卵もアレルギー反応を起こしやすい食品なので、卵アレルギーを持つ子供も多いです。卵黄にアレルギーを起こすケースと、卵白にアレルギーを起こすケースがあります。

3小麦

小麦と小麦粉のイラスト

小麦も食物アレルギーを起こす食品として有名です。小麦を含む加工品もアレルギー反応を起こすことから、パン・パスタ・うどん・餃子・お好み焼き・天ぷら・ケーキ・クッキーなどを食べるとアレルギー反応が出ます。

また、シチューのような、小麦粉でとろみをつけている食品でも反応するので注意が必要です。

4

お米にアレルギー反応を起こす人もいます。日本人の主食ですから、お米が食べられないのはかなり辛いですよね。最近は、アレルギーの原因となる、アルブミンやグロブリンなどの、タンパク質をカットしたご飯が販売されています。

5そば

打ちそば

そばは、食物アレルギーを起こしやすい食品として有名です。そばをゆでたお湯にもアレルギー成分が出ているため、そばと一緒にゆでたうどんを食べても、アレルギー症状を起こします。

子供が初めてそばを食べる場合は、その後の様子に十分注意してください。また、食べるだけでなく、そば殻枕に反応して、アレルギー症状が出る恐れもあるので気を付けましょう。

6大豆

大豆と大豆で作られた味噌

大豆に含まれるたんぱく質が原因で、アレルギー反応を起こすことがあります。大豆アレルギーの場合、大豆や枝豆そのもの以外に、大豆を加工した豆乳や豆腐も危険です。

また、大豆とは関係のなさそうなチョコレートやマーガリン、揚げ物などにも大豆油が含まれている可能性があるので、注意しなければなりません。ただし、大豆を加工した味噌や醤油は、人によってアレルギーを起こす場合と起こさない場合があります。

7エビ・カニなどの甲殻類

エビやカニなどの甲殻類は、アレルギーが起きやすい食品です。子供が成長して、お寿司などでエビやカニを食べられるようになってから発覚することが多いです。

甲殻類アレルギーを持っていると、シャコ・イカ・タコ・貝類でも同様のアレルギーを起こすので、食べないようにしましょう。

8くるみなどのナッツ類

ナッツ類によりアレルギー反応を起こす場合もあります。小さい子供が、ナッツ類をそのまま食べることは少ないと思いますが、くるみは、ケーキやクッキーなどの加工品に使われることが多いです。

牛乳や小麦などにアレルギーを持っていないのに、お菓子を食べたらアレルギー反応が出た場合、ナッツ類が入っていないか疑ってみましょう。

アレルギーを起こす可能性のあるナッツ類は、くるみの他に、カシューナッツ・アーモンド・ピスタチオ・ヘーゼルナッツなどがあります。これらの木の実として売られているナッツ類も、同様に注意が必要なのです。

9ピーナッツ

殻付きピーナッツ

ピーナッツアレルギーの患者は世界的にも多く、代表的なアレルゲンとして有名です。ところで、ピーナッツは、ナッツ類ではないことをご存じでしたか?名前に、「ナッツ」とついていますが、実は豆類の食品です。ピーナッツアレルギーがあっても、大豆や小豆など他の豆類には反応しないことがあります。

10にんにく

身体によいイメージのあるにんにくですが、人によってはアレルギー反応を起こす恐れがあります。子供がそのままにんにくを食べることはないでしょうが、肉料理に調味料として使われることが多いため、気をつけましょう。

ちなみに、にんにくは、しっかり火を通すことでアレルゲンが低くなります。

アトピー

アトピー性皮膚炎とは、皮膚に強いかゆみが出る病気で、子供に多いアレルギー疾患のひとつです。アトピー性皮膚炎の主な原因は、ハウスダストやカビ、ダニです。また、赤ちゃんのアトピーは、卵白などの食物アレルギーにより発症する場合があります。

アルコールアレルギー

料理用のアルコール各種のイラスト

アルコールアレルギーになると、アルコールを含んだ食品を食べたり触ったりすることで、アレルギー反応を起こします。主な症状は、鼻水やくしゃみ、喘息、皮膚の赤みやかゆみです。

アルコールアレルギーが分かったら、化粧水や香水など、アルコール分が含まれた日用品にも注意しましょう。

日光アレルギー

日に当たることにより、身体にアレルギー反応が出ることを日光アレルギーと言います。日光による紫外線が原因で、皮膚の赤みや腫れ、かゆみといった皮膚症状を引き起こすことが多いです。

他の症状としては、目の充血や頭痛、発熱といった全身症状が出ることもあります。

猫アレルギー

可愛い猫

猫に触れることでアレルギー症状が起こることを、猫アレルギーと言います。猫の身体には、数多くのアレルギー物質が存在しており、目のかゆみや鼻水、咳や皮膚の腫れといった症状が出ます。

空気中に飛んでいる猫の毛にも反応するので、猫のいる部屋に入っただけでくしゃみが止まらなくなることも。気管が狭くなり息苦しくなる恐れがあるので、猫と赤ちゃんの同居では、猫を近づけさせないことが大事です。

犬アレルギー

可愛い犬

猫と同じように、犬の身体にもアレルギー物質がたくさん存在しています。犬のフケに寄ってくるダニのせいで、アレルギーを起こすことも。

花粉症と同じような症状が出ますが、重症の場合だと、アナフィラキシーショックを起こす恐れがあります。愛犬と赤ちゃんの同居では、犬を近づけさせないことが大事です。

ダニアレルギー

ダニアレルギーは、ダニの死骸やフンなどを吸いこむことにより発症します。主な症状は、湿疹などの皮膚炎、鼻炎、喘息のような咳こみです。ダニは、寒くなると死骸が増え、空気中に散乱するので、秋口にダニアレルギーがひどくなる傾向があります。

蚊アレルギー

蚊のイラスト

蚊に刺されたことによりアレルギー反応を起こし、刺された部分が腫れてしまうことがあります。赤ちゃんが蚊に刺されてアレルギー反応が出ると、我慢できずに搔きむしって悪化させることがあるので、赤ちゃんの虫刺されには注意が必要です。

食品のアレルギー表示に注意しましょう

特定の食品にアレルギーがあると分かった場合は、アレルギーを起こす食品を食べないことが一番です。食品のアレルギー表示を見て、原因となる食品が含まれていないか確認しましょう。

表示の対象となる食品

アレルギーを起こしやすい食品が原材料として使われた場合、商品パッケージへ表示することになっています。食品衛生法では、アレルギーを起こす可能性の高い7品目の表示が義務付けられています。その他、アレルギーを起こす可能性のある20品目は、できるだけ表示するよう勧められています。

表示が義務付けられている7品目

えび、かに、小麦、そば、卵、乳、落花生

表示が勧められている20品目

あわび、いか、いくら、さけ、さば、牛肉、鶏肉、豚肉、まつたけ、やまいも、オレンジ、キウイフルーツ、バナナ、桃、りんご、カシューナッツ、くるみ、ごま、大豆、ゼラチン

表示の違いに要注意!

アレルギー物質の牛乳、玉子、麦、そば、蟹、エビ、ピーナッツのイラスト

アレルギー物質の表示方法は、メーカによって異なることがあるため、注意が必要です。例えば、「卵→エッグ」「牛肉→ビーフ」「ピーナッツ→落花生」など、違う表現で表記されていることがあります。

また、加工品が原材料として使われている場合、詳しい表示がない場合も。原材料にマヨネーズや豆腐が使われているのに、卵や大豆が使われている表記がないこともあるため気をつけましょう。

スポンサーリンク

スポンサーリンク