新生児が飲む母乳の量の目安に関する記事

新生児が一回・一日に母乳を飲む量がわからない時の目安量

新生児が一回・一日に母乳を飲む量がわからない時の目安量

新生児が「一回」の授乳や「一日」合わせた授乳で母乳を飲む量がわからない人のためにその目安、飲む量が多いときの対処法を紹介

マーミーTOP  >  赤ちゃん  >  新生児が一回・一日に母乳を飲む量がわからない時の目安量

新生児が飲む母乳の量の測り方と、飲ませる量の目安について

病院ではグラム単位の新生児用体重計が準備されていますので、赤ちゃんがどれくらい母乳を飲んだのか、授乳するごとにチェックすることができました。退院してしまうと、家庭用の体重計ではg単位まで測ることができないため、赤ちゃんがきちんと母乳を飲んでくれているのか、どれくらいの量を飲んだのかを、詳しく知ることはできませんよね。

新生児が母乳を飲んだ量の測り方と、一回当たりの母乳の目安量、また一日当たりどのくらいの母乳を飲ませるのが理想的なのかについて見ていきましょう。

新生児の母乳量チェック方法

新生児用体重計で体重を量られている新生児

どうしても「何グラム飲んだのかを知りたい!」という場合は、新生児用体重計を購入するかレンタルしてチェックしましょう。赤ちゃん用品をレンタルしてくれるお店では、1カ月単位での貸し出しをしてくれるお店もありますので、1ヶ月だけ借りると良いですよ。

新生児用体重計をレンタルまたは購入して、グラム単位まで体重を計測できる場合には、赤ちゃんが飲んだ母乳量は、「授乳前の赤ちゃんの体重・・・A」と「授乳後の赤ちゃんの体重・・・B」を測り、授乳後の母乳を飲んで増えた体重から、授乳前の体重を引いてあげれば、赤ちゃんが飲んだ母乳の量を求めることができます。

式で表すと、B(授乳後の赤ちゃんの体重)― A(授乳前の赤ちゃんの体重)=赤ちゃんが飲んだ母乳量となります。

具体例

例えば、A:授乳前の赤ちゃんの体重=3500g 、B:授乳後の赤ちゃんの体重=3550gだとすると、赤ちゃんが飲んだその母乳量をその値から求めると
B ― A =3550-3500=50(g)
となります。赤ちゃんの飲んだ母乳量は50g=50mlとなります (1g=1ml)

新生児が飲む母乳の量

授乳されてる生まれたばかりの新生児

母乳栄養の場合は、赤ちゃんが飲みたいぶんだけ飲ませてあげるのが基本です。お母さんの母乳の出が良いとたくさん飲んでしまいますし、母乳の出があまりよくないときには、赤ちゃんが飲む量も自然と少なくなってしまいます。ですから、目安となる量も、1回当たりの量だとばらつきがでてきやすいです。1日トータルで何gの母乳を飲んだのかを、把握した方がばらつきは少なくなります。新生児の健康状態をしるうえで役立ちます。

生後7日目までの母乳量の目安

生後7日目までの新生児が1回の授乳で飲む哺乳量は、生後日数× 10(ml)に10(ml)を加えてあげれば、大よその量を知ることができます。また、授乳の回数は1日に3時間おきに7回くらいが理想的と言われております。
生後1週間までに授乳1回ごとに理想の母乳量の目安

  • 生後1日目: 1 × 10 + 10 = 20(ml)
  • 生後2日目: 2 × 10 +  10 = 30(ml)
  • 生後3日目: 3 × 10 + 10 = 40(ml)
  • 生後4日目: 4 × 10 + 10 = 50(ml)
  • 生後5日目: 5 × 10 + 10 = 60(ml)
  • 生後6日目: 6 × 10 + 10 = 70(ml)
  • 生後7日目: 7 × 10 + 10 = 80(ml)

一回授乳するときの大よその目安量がわかったので、生後何日目かによって、一日に新生児が飲む母乳量は、大体想像がつきますよね。それは、一回の目安量に一日の授乳回数をかけてあげれば、授乳量が求まります。

例えば、生後2日目は、一回の授乳目安量は30mlで1日に7回与えたら、30×7=210mlと求まります。けれど、その数値はあくまで目安なので当然新生児によっても、ママの体調によって母乳の出具合も変わってきますから、大よその目安であるということを理解しておきましょう

生後1週間~生後2週間目

生後1週間~生後2週間目までは、1回の授乳の目安量は80ml~100mlとされますから、発育のよい新生児の1日のトータルの量は平均100×7=700mlとなります。

生後2週間~生後1ヶ月

生後2週間~生後1ヶ月の赤ちゃんの授乳の1回の目安量は100ml~120mlです。成長が進んだ新生児の場合には、1日のトータル量が120×7=840mlが目安となります。

赤ちゃんに母乳が足りているかわからないとき

細かな量は計算するのが大変だけど、「赤ちゃんに母乳が足りているのか、もしくは多く飲み過ぎてはいないのかだけは知りたい!」と思われる方は多いのではないでしょうか?そういうママたちのために、新生児の哺乳用の過不足を知るためのチェック方法を紹介します。

1カ月後の体重でチェック

毎日の体重チェックは難しい方も、赤ちゃんの1カ月検診で母乳が足りているのか、また、飲み過ぎてはいないのかをチェックすることができます。新生児が生れてから1カ月後に、増える新生児の体重の増加の目安は大体700g~1,000gの範囲です。この範囲を下回る場合は1カ月検診の際に医師から注意を受けるかもしれません。そのような場合は、母乳だけを与えるのではなく、ミルクと母乳を合わせたミルク混合量を増やしてあげたり、母乳の授乳回数を増やしたりするようにしましょう。

1ヶ月健診で体重を測って1,000g以上体重が増えていて、病気の疑いがないなら医師から注意を受けることはありません。ですが、産まれた体重から2倍近くまでに増えてしまっている場合には、母乳やミルクを与えすぎている懸念があって、授乳間隔をより長くして1日に与えるなど、母乳とミルクの混合量を減らすように指導をされるかもしれません。

おしっこの回数でチェック

新生児が履いているオムツ

しっかり母乳を飲めている場合は、おしっこもしっかり出ているはずです。1日7回以上おしっこが出ていればきちんと母乳を飲めていると判断できます。おしっこの回数は、母乳やミルクを1日に7回与えたことと関わっておりまして、飲んだ分と同じ回数くらいのおしっこを出すのが、母乳やミルクの水分補給中心で栄養補給をしている新生児にとっては、自然であり母乳をきちんと飲めている証拠でもあります。

おしっこの回数が5回以下であったり、おしっこの色が濃く黄色がかったりしていたら母乳不足の疑いもありますので、注意しましょう。

赤ちゃんの機嫌でチェック

機嫌が悪くて泣いている新生児

しっかりと母乳を飲めており、量も足りているのなら、赤ちゃんはご機嫌です。泣き声に元気のなさを感じる場合や、赤ちゃんの肌のつやがあまり良くない場合には、母乳が足りていないこともあります。

また、「お腹が空いた」「眠たい」「おむつが汚れている」というわけでもないのに、ぐずぐずしてしまって、母乳もしっかり飲めていないようなときは、他の原因がありますら、その原因を医師に判断してもらうため、病院に行くことをおススメします。

もしかして母乳の飲み過ぎ?チェック方法とその悪影響

赤ちゃんの機嫌やおしっこの回数、体重増加などから「母乳を飲み過ぎているのでは・・・」と思えるとき、「どのように対処してあげればよいの?」、「母乳を飲み過ぎているのかはどのようにチェックすればいいの?」などの疑問があるママたちへ、そのチュック方法と対象法と母乳を飲み過ぎることの悪影響を紹介します。

新生児が母乳を飲み過ぎているときに出すサインを見逃さないで、チェックしよう!

ミルクを飲みたくて泣いている新生児

新生児が母乳を飲み過ぎているときによく出す、新生児の母乳飲み過ぎサインを見逃さないように注意してチェックしてあげましょう。これから、紹介する特に注意してほしい新生児母乳飲み過ぎサインは、母乳を飲みすぎていること以外にも、「喘息」や「風邪」や「便秘」などの症状を新生児が患っているとときにも、自分の体の不調を伝えるためによくする行為でもあります。そういうこともあるので、新生児が母乳を飲み過ぎてかのチェックをするついでに、喘息や風邪や便秘などの症状がないかも同時にチェックできます。

新生児の母乳飲み過ぎサイン

  • 1日に50g以上も体重が増えてしまう
  • カエルのようにお腹がパンパンに張っていて、母乳やミルクを適切に与えているのに泣く
  • ウーウーとうなり声をあげたり、いきんだりする
  • 授乳後にゲップをさせると、頻繁に吐いてしまう
  • 授乳しようとすると、突然泣き出すことがある
  • 母乳を飲んでいるときに口の端から、母乳をこぼしてしまったり、たまにむせる

カウプ指数による判断

赤ちゃんが、母乳を飲み過ぎてしまい、太ってしまっているかどうかを客観的に判断するための数値を求めるのが、カウプ指数です。厚生労働省によるとカウプ指数の計算式は以下となります。

子どもの体型:カウプ指数の計算をする

カウプ指数=体重(g)÷(身長(cm)×身長(cm))×10

(注1)

カウプ指数が18以上であれば、ふとり気味、15~17であればふつう、14以下であればやせぎみです。

例えば、新生児の体重が5000gで、身長が50cmのカウプ指数を求めますと、

カウプ指数=5000÷(50× 50)×10=20であり、カウプ指数20は18よりも大きいので、ふとり気味であると判断されます。

飲み過ぎによるデメリット

いつもお腹がいっぱいの状況ですから、眠りが浅くなってしまう可能性があります。しっかり深く寝ないと成長にも影響しますから、注意が必要となります。また、いつもお腹が張った状態ですので、お腹に不快感を抱えているため、不機嫌の原因にもなってしまいます。何をしていてもぐずぐず泣くことが続いてしまったら、「どうすればいいんだろう・・・」とお母さんにもストレスがかかってしまいますよね。

また、栄養を多くとった分、便の回数が多くなってしまい「お尻かぶれ」や「切れ痔」・「血便」の原因となってしまったり、母乳やミルクをあたえ過ぎると肥満体系の原因となることもあります。

新生児が母乳を飲み過ぎるときの対処法

泣いてもすぐに母乳を飲ませない

新生児が泣いているときの理由には、「お腹が空いている」・「不機嫌」・「体調が悪い」などの様々な理由が考えられます。新生児が母乳を飲み過ぎていることへ対処するには、まずは「泣いている理由」=「お腹が空いているから」と決めつけないことです。新生児は、満腹中枢がまだまだ未発達なために、自分で母乳を飲む量をうまくコントロールできなかったりします。ママが、泣いている赤ちゃんをなだめてあげようとして、母乳ばかりを与えていることが、新生児が母乳を飲み過ぎる原因であったりします。

新生児が泣いても、すぐに「お腹が空いているから」だと決めつけずに、その他の原因かもしれないと考えて、母乳を飲ませる回数を減らしていけば、新生児が母乳を飲み過ぎることもなくなっていきます。

専門家にきいてみましょう

新生児が母乳を飲み過ぎてしまう原因には、赤ちゃんが過飲症候群をわずらっている場合や、ママが母乳分泌過多症にかかっている場合もあります。その確認のため、新生児が母乳を飲み過ぎていると思ったら、1日の授乳間隔や回数(12回をこえると多いとされます)を記録して、そのメモをもって、小児科の医師や、保健センター・保健所のスタッフなどの専門家にその原因を聞いてみましょう。

新生児が飲む母乳の量をだいたい把握して、よく観察してあげよう

新生児の飲む母乳量をだいたい把握していれば、その数値から明らかに多かった・少なかったりすれば「何か原因があるのかもしれない・・・」と気がつくことができます。

新生児は、毎日決まった量の母乳を飲むわけではなくて、日々の成長にともなって飲む量が日増しに増えていく時期もあります。その時期をこえると、体調の変化によって母乳を飲む量が増えていったり・減ったりします。ママの方も、毎日・毎回おなじ量の母乳が出るわけではなくて、体調や気分のむらによって、母乳量も影響を受けてしまいます。

けれど、「母乳を飲む量が減り続けている場合」や「飲み過ぎているような場合」には、体重が増えているのか・おしっこの回数は少なくないのか・機嫌はよいのか・母乳飲み過ぎサインを発していないのかをチェックしてあげましょう。そうしてあげたら、新生児は気持ちよく母乳を飲めますし、健康を守ることにもつながります。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

この記事を書いたライター
小森ひなた

小森ひなた

子育てと仕事に頑張る共働き主婦です!ルンバ貯金始めました♪

この記事に関連した特集ページ