離乳食のアレルギーの症状に関する記事

離乳食のアレルギーの症状~湿疹や発作も検査で防ごう!

離乳食のアレルギーの症状~湿疹や発作も検査で防ごう!

離乳食を与える時には、アレルギーの症状が気になりますよね。その症状によっては病院へ急ぐ場合もあり、赤ちゃんの様子を見ながら、対応できる方法を紹介します!

マーミーTOP  >  赤ちゃん  >  離乳食のアレルギーの症状~湿疹や発作も検査で防ごう!

離乳食を赤ちゃんが食べたらアレルギー反応が…その症状や対応のしかた

そろそろ離乳食を自分の子どもも食べ始める時期になると、気になってしまうのが「この食べ物って、アレルギー反応を起こしやすいと言われているけど、家の子は大丈夫かな…?」などですよね。

怖がりすぎて離乳食を食べさせない訳にはいかないし、そもそもアレルギー反応が起こってしまった時には、どんな症状がおこってしまうのか、その対応のしかたが解らなくて、不安となっているママさんは大勢いらっしゃるかもしれません。

そんな不安な気持ちを抱いているママに向けて、離乳食を食べて後に、体に起こってしまうアレルギーの症状や、その対応の仕方などを中心にして、離乳食のアレルギーに対する心構えを紹介していきます。

離乳食を食べてこんな症状が体に現れてしまったらアレルギー反応かも…

離乳食を食べている赤ちゃん

お子さんに離乳食を食べさせてみたら「あれ?もしかしたら…これってアレルギー反応かも…?」と、気になるような症状がでてしまう時があります。離乳食を与えてから、だいたい2時間以内には、アレルギー反応が体に現れやすいとされているので、そのくらいの時間で、次のような症状がでたら、その原因にはアレルギー反応が強く関わっています。

そういった、離乳食を与えた後に気にした方がよい、アレルギー反応の症状やその対処法を紹介します。

1口の周りなどの皮膚に湿疹が出始めてきちゃった…

離乳食のアレルギー症状で一番多いのが、口の周りに赤いぶつぶつができてしまうことです。食べてすぐに、その食べものに対して、アレルギー反応を示してしまう事もあれば、少し時間が経ってからその症状が出てしまうという、ケースもあります。

湿疹が出てしまった場合にはどんな風に、ママはしてあげればいいの?

一番大切なのは、食事の記録をつけてあげることです。離乳食を与える時には、いつ、何を食べさせたかを記録することで、アレルギー食材の特定につながります。わが子が、どんな食べ物に対して、アレルギー反応が出てしまうのかという事を知る事で、今後その食べ物を与えないように、注意することが出来ますよ!

また、味付けの濃さでも、湿疹がでる場合があるので、薄味にするのも注意するべき点です。

下痢や吐いてしまった、消化器官に影響が出始めたかも…

離乳食を食べ始める生後6ヶ月頃の赤ちゃんの消化器官はまだまだ未発達です。そのため、消化器官の中に、食べ物がふくまれても、きちんと消化されずに、そのまま次なる消化器官などに送られる事があったりもします。

けれど、あまりにも下痢が長く続いてしまっている場合には、ノロウイルスなどの菌の仕業かもしれないので注意が必要となります。

下痢や吐いたりしてしまった場合にはどんな風に、ママはしてあげればいいの?

下痢の場合は、消化できなかった場合が多いため、離乳食を与える前に、「もっと柔らかくしてあげるか」「煮こんであげるか」「よくすりつぶしてあげるか」などの工夫して、離乳食を与えてあげましょう。

そうしたママの努力が実らずに、下痢が続いてしまっていたり、下痢以外の症状も見受けられていたら、下痢などの症状の原因は菌の仕業かもしれませんので、病院を受診する事をおススメします。

呼吸困難や発作などの呼吸器官に影響が出始めたかも…

カニとエビ

食事をして、約30分以内に呼吸困難や発作が出た場合には、アナフィラキシーショックを疑いましょう。
アレルギー症状の中で最も注意が必要となるアナフィラキシーショックになってしまうと、血圧が低下して、意識障害がおこります。

特に症状が出やすい食材は、小麦、そば、エビ、カニ、卵などです。離乳食を与える時には、そういった成分が含まれていないかどうかを、十分注意しながら与えるようにしましょう。

どんなアレルギー症状がでたら病院に連れていった方がいいのかな?

アレルギーの症状によっては、病院に連れていこうかどうかを迷ってしまいますよね。ですから、こんな症状が出ていたら病院へ連れていくべきだという、目安となる症状を紹介していきます。

下痢や吐いたりすることが続いてしまう場合には病院へ!

先ほども触れたように、消化しやすいしやすいように工夫して離乳食を与えたのにもかかわらずに、下痢や嘔吐の症状が続いてしまう場合には、もしかしたらノロウイルスなどの菌が、それらの症状の原因かもしれません。そうなってくると、ご家庭でのケアでは、不十分なため、専門的な治療が必要なので、病院へ行きましょう。

2呼吸困難の症状が出ていたら、アナフィラキシーショックの疑いも…病院へ!

離乳食を与えてから、血圧が低下し、意識障害が出てしまうこともあります。呼吸器官のアレルギー反応は、迅速な対応が求められ、対応が遅れたりしてしまった場合には、重篤な状態になる可能性があり、家では対応ができないので、すぐに病院に行きましょう。

離乳食アレルギーの症状を引き起こす代表的な食材である「卵」について

離乳食期での食物アレルギーといったら、卵がすぐに思い浮かびませんか?
そんな、離乳食アレルギーを引き越してしまうような、代表的な卵のアレルギーについて紹介します。

1毎日の食生活には欠かせない卵アレルギーの原因は?

溶いた卵

卵を体の中に取り入れたことで、アレルギー反応を引き起こしてしまうアレルギー物質には、オボアルブミン、オボムコイドなどがあります。「オボアルブミン」や「オボムコイド」は、卵の白身の方に多く含まれているため、離乳食を与える際には、黄身だけを与えたりするように工夫をすれば、卵アレルギーになってしまうリスクを減らすことが出来ますよ!

アレルギー反応は、免疫機能との関わりあいが強くて、自分の体にとっては、アレルギー反応を引き起こしてしまう食品を食べたり、そういったモノに触れたりするとことでアレルギー反応が表れます。

アレルギー反応は、免疫機能が未熟であったり、過剰に働いてしまうことで、起こってしまうこともあります。

2卵アレルギーって将来的には治るのかな?

多くの食物アレルギーは、約3歳ころなると、成長につれて、自然に治ることがほとんどです。その時期には、未熟だった「消化器官」や「免疫機能」が発達してくるために、以前にはアレルギー反応がおこっていた食品を食べても、
体がその食品の消化などに対して、うまく順応できるようになるため、アレルギー反応が起こらなくなっていきます。

もちろん、卵に対して、強いアレルギーが生じてしまう子どもの卵に対するアレルギー反応は長引きますが、そういったお子さんの場合であっても、だいたい小学生のころには落ち着いてくるといわれています。

離乳食アレルギーへの対応のしかた

お子さんには、できれば何度も離乳食によるアレルギーの症状を引き起こさせたくはありませんよね。ですから、お子さんを離乳食のアレルギーから守るための対応の仕方などを紹介します。

アレルギーを引き起こす食べ物を食べさせない

お子さんの「免疫機能」や「消化器官」の能力がある程度整ってくる時期までに、アレルギーを引き起こしやすい食品を、食べさせないという食物除去という方法があります。

その時には、アレルギーを引き起こしやすい食品そのものには注意が行き届くと思いますが、その種類によっては加工品などにも含まれていることもあるので、念には念を入れましよう。

2少量を食べさせて免疫力をつけていく方法

女性医師のイラスト

過剰な反応をしない程度のアレルギー物質を少量お子さんに食べさせて、免疫をつけていく方法を経口免疫法といいます。

たとえ少量であっても、アレルギー物質を食べさせる際には注意が必要となるため、より専門的な知識が必要になってきます。なんとなく、自分の判断でも出来そうだからと考えて安易には進めずに、医師などの専門家に相談してから試すようにしましょう。

3パパやママがアレルギーで食べられない食品には注意しよう!

昔から、パパやママが食べてしまうと、アレルギー反応が起こってしまうような食品があったら、その食品を離乳食で与える時には注意しましょう。両親のアレルギー反応は、子どもに遺伝しやすいことが分かっています。

ママやパパが、食べたりした時に、アレルギー反応を示してしまうような、食品に対して必ずしもお子さんもアレルギー反応を起こしてしまうという訳ではありませんが、その可能性は否定できないので、与える時には注意をしましょう。

4事前に血液検査を受けると、アレルギー反応をおこしやすい食品がわかります

「離乳食をはじめて、あれっもしかしたら…アレルギーかな?」と思ったら病院へ相談に行きましょう。病院で血液検査を受けることで、ある食品に対しての抗体の数値などを総合的に判断して、その食品に対して、アレルギー反応を起こしやすいのかどうかが事前にわかってしまいます。

もしも、離乳食を食べさせる前に、不安であったらお医者さんと相談しながら、血液検査を受けて、事前にどんな食品には、気をつけた方がいいと知れた方が、お子さんに離乳食の症状を起こさせない事につながりますよね。

スポンサーリンク

おすすめコンテンツ