離乳食アレルギーの症状は?に関する記事

離乳食アレルギー~卵やヨーグルト以外の反応しやすい食品集

離乳食アレルギー~卵やヨーグルト以外の反応しやすい食品集

離乳食を始めるのに気になるのは、食物アレルギーのこと。未然に防ぐ方法ってあるの?また、どんな食品がアレルギーが出やすいのかを取り上げます。

マーミーTOP  >  赤ちゃん  >  離乳食アレルギー~卵やヨーグルト以外の反応しやすい食品集

離乳食のアレルギーの症状や気をつけるべき食材とその対策について

赤ちゃんにミルクや母乳を飲ませている時には、それほど気にしてはいなかったけれど、それから数ヶ月が経って、離乳食を与え始める時には、当然のように気になってしまうのが、アレルギーの症状ですよね!

離乳食の初期の段階と言えども、ミルクと母乳を与えていた時期と比べると、口の中に入ってしまう成分が圧倒的に多くなってしまいますよね。もしかしたら、その食材の中にはわが子の口の中に入れてしまったら、アレルギー反応をおこしてしまうような食材があるかもしれない、どうしよう…。

そんな、ママ達の思いに応えて、「卵」や「小麦」などのアレルギー症状が出やすい食材や、お子さんにアレルギー症状を起こさせないために、事前にどんな心掛けでいたらよいのかについて紹介します!

「これを食べさせてしまうと、もしかしたらアレルギー反応を起こしてしまうかも…」と、不安な気持ちでいっぱいでいると、お子さんに離乳食を食べさせる機会が減ってしてしまうかもしれません。そうなってしまったら、お子さんの成長が遅れてしまうことも考えられますので、注意しましょう!

こんな症状がでたら離乳食のアレルギーかもしれないよ

離乳食を食べたことによって、体に現れてしまうアレルギーの症状を紹介します!

もしも、離乳食を食べさせた後に、「赤い発疹が口のまわりなどに出来る」などの、アレルギー反応があらわれてしまったような症状を見つけたら、離乳食によるアレルギー反応かもしれないと疑ってみましょう!

1赤い発疹が口のまわりなどに出てしまっていたら…

離乳食を食べている赤ちゃんのイラスト

食事をしてから、2時間以内に赤いぶつぶつが、「口のまわり」や「太もも」や「手のひら」などの、その人の敏感な部分に生じてしまうアレルギー反応を「即時型アレルギー」と呼びます。

即時型アレルギーは、アレルギーを引き起こしてしまう原因となる成分を口の中に入れてから、すぐにアレルギー反応が表れ、「口のまわり」が赤くなるなどのアレルギー反応が、短時間に起こってしまいます。即時型アレルギーのその他の症状には、湿疹が体のどこかにあらわれてしまうこともあります。

離乳食を食べてから、すぐにアレルギー反応が表れる事とともに、短時間でその症状がひいてしまうのも、即時型アレルギーの特徴の一つです。

2まぶたが腫れてしまったり、赤くなってしまってたいら…

皮膚などではなくて、頬の内側の粘膜などにも、「即時型アレルギー」の反応が表れてしまう事もあります。また、まぶたなどの皮膚の層の薄い部分が、その影響を受けてしまって赤く腫れてしまう事も、アレルギー反応によって起こってしまいます。

もしも、離乳食を与えてから2時間以内に、そういった症状が、くちびるや頬の内側などに出ていたら注意が必要です。

3激しく咳き込んでいたり、ひきつけの症状が起きていたら…

お子さんに離乳食を与えてから、激しく咳き込んでいたり、ひきつけの症状を起こしてしたら「アナフィラキシーショック」を疑いましょう。

アナフィラキシーショックは、アレルギーの症状の中でも最も注意が必要となります。もしも、対応が遅れてしまった場合には、生命に危険が及んでしまうこともありますので、離乳食を与えた後に「激しく咳き込む」、「ひきつけや呼吸困難」、「意識がもうろうとしている」などの症状を見かけたら、お子さんをすぐに病院に連れていきましょう。

どんな食材だったらアレルギー症状が出やすいのかな?

お子さんに離乳食を食べさせる際に、前もってどんな食材がアレルギー反応を起こしやすいのかを知っていると、その後の対応がスムーズに進んでいきやすいですよね!

それでは、その食材を離乳食で与えた際に、アレルギー反応を引き起こしてしまう可能性のあるいくつかの食材を紹介しますね!

そのほとんどが、お子さんの成長にとって、欠かせない成分が含まれている食材ばかりなので、アレルギーの症状ばかりを気にして、食べさせない事の方が、リスクが高いかもしれませんよ。

1

ゆで卵

料理で週に1~2度は使う機会のある卵の成分を大きく分けると、「卵白」と「卵黄」とがあります。お子さんの口の中に含まれてしまったら、アレルギー反応を起こしやすいのは、「卵白」の方です。

卵白に含まれている「オボムコイド」という淡泊汁が、お子さんの体の中に入ってしまうと、アレルギー反応を引き起こしてしまう原因物質であるアレルゲンとなってしまいます。もしも、離乳食で試してみたいのであれば、栄養の豊富な黄身ともいわれる「卵黄」を、しっかりと固ゆでしたものを与えましょう。

「卵白」は、加工品にも含まれているので、加工用の離乳食を購入するときには十分に気を付けましょう。

小麦

小麦も、日常よくその成分を目にする機会の多い食材ですよね。小麦と一括りにいってもその種類は豊富であって、「小麦粉」,「中力粉」,「強力粉」などがあって、その種類に応じてアレルギー物質が含まれています。

米を多く食べる食文化から、パンなどの小麦の加工食品を食べる機会が多くなるにつれて、小麦に対してアレルギー反応を起こしてしまう、赤ちゃんなどが増えてきました。

3ヨーグルトなどの乳製品

牛乳やヨーグルト、チーズ、アイスなどの乳製品にもアレルギー物質が含まれています。牛乳を使った加工食品の種類は多くて、離乳食の中に含まれていることも多く、注意が必要となります。

大人になってから、牛乳に対するアレルギー反応を起こしてしまう方々もいらっしゃいますが、大人の場合には乳糖を分解できない事によって、引き起こるアレルギー反応であって、赤ちゃんは「乳糖分解酵素」をもっており、牛乳に対するアレルギー反応は、大人と赤ちゃんの場合では異なります。

赤ちゃんのアレルギー反応には、牛乳の中に含まれている「カゼイン」という耐熱性のある、物質が関わっております。

4山芋や里芋

山芋

あくが強いものにはアレルギーになりやすいと言われています。山芋や里芋に含まれている「アレチルコルン」という物質もアレルギー反応を引き起こしやすい成分であると言われております。

大人で山芋などが苦手だとおっしゃる方々は、多いですよね、そういった人達は、もしかしたら赤ちゃんの時に、山芋を食べた事で、口の周りに赤いぶつぶつなどが出来た苦い記憶を密かに覚えていたりしていて、嫌いになったのかもしれなせんね。

5ピーナッツ

ピーナッツは少しの量を与えただけでも、強いアレルギー反応が引き起こってしまう体質の人達がいて、アナフィラキシーショックを起こしやすい食材の一つでもあります。その加工品であるピーナッツバターも同様に、その成分が苦手な人にとっては、強いアレルギー反応を起こしてしまう、アレルギー物質を含んでいるので、注意しましょう。

魚介類

魚介類

サバ、鮭、イワシ、アジ、サンマなどの青魚はアレルギーを起こしやすいと言われています。いくらやシシャモなども魚卵にも、注意が必要となります。

また、エビやカニなどの甲殻類にもアレルギー反応が表れてしまう体質の人がいたり、イカやタコの頭足類、ホタテや牡蠣などの貝類に対するアレルギー反応もあって、海の生き物には、注意が必要だと思っていた方が安心ですよ。

7大豆

大豆に含まれているたんぱく質には、10数種類ほどのアレルギー物質が含まれています。その中には、赤ちゃんに起こるアレルギー反応として割合的に多い、「即時型アレルギー」を引き起こしてしまう成分も含まれています。

大豆は、その食材をそのままで食べるという機会は少なくて、「豆腐」や「醤油」や「きな粉」などといった加工食品で食べる機会が多いため、お子さんに離乳食を与えた時に、他に怪しい食材がなかったら、大豆の加工品も疑ってみましょう。

アレルギー対策にはどんな事をすればいいのかな?

色々紹介しましたが、アレルギーが怖いからといって、全く離乳食を始めない事の方が、「お子さん健康状態」や「お子さんの成長」にとって、問題があります。そこで、お子さんを離乳食アレルギーにさせないためには、どんなことに注意をすればいいのかを紹介します。

1ママやパパがアレルギー症状がでてしまう食材には気をつけましょう!

ママやパパが食べた時に、アレルギー反応がおこってしまう、その食材には気を付けましょう。

アレルギーは遺伝形質として、お子さんにも受け継がれてしまう事があります。特にパパやママが、食べてしまうとアレルギー反応を起こしてしまうような、食材にはお子さんも同様にアレルギー反応を引き起こしやすいです。

ただ、それはあくまで可能性の問題であって、確実にアレルギー反応が起こってしまうという訳ではありません。けれども、そういった食材が含まれている離乳食をお子さんに食べさせる際には、注意を払って離乳食を与えるようにしましょう。

そうした方が、その後の対応がスムーズとなります!

2アレルギー食材はできるだけ、1食ずつ与えよう

1回の食事には、アレルギーの反応を引き起こしやすい食材を出来るだけ、1食に絞って離乳食を与えるようにしましよう。もしも、品数が多かった場合にアレルギー反応が起こってしまった時には、どの食材に対して、お子さんがアレルギー反応を引き起こしてしまったかどうかが解りにくくなってしまいます。

ですから、そういった食材を始めて与える時には、できるだけ1品に絞って与えるようにしましょう。

アレルギー食材は加熱してから与えよう

ガスコンロの炎

生で食べられるものでも、加熱して、適温に冷ましてから離乳食を与えるのが、よりベストな方法です。アレルギー反応を引きおこしてしまう原因物質である「アレルゲン」は、熱に強い種類のものもありますが、その多くが熱に弱くて、その立体構造が変化してしまうことで、アレルギー反応が出にくくなります。

また、食中毒の原因となる菌も加熱すると、死滅するケースが多いことから、食中毒を防ぐためにも、加熱してから与えることが大切です。

4もしも、アレルギー反応が出てしまった時に備えて…初めての時には昼食で!

離乳食でアレルギー反応が出やすいとされる食材を、初めてお子さんに与える時には、その食べさせる時間帯を午前中か、お昼ご飯の時に試しましょう。

そうした方が、もしもその食材に対して、アレルギー反応がでてしまっても、その反応が起こるのが夕方頃なので、病院側も対応しやすくなりますし、病院に連れて行くママの方も、夜に比べると余裕を持って行動しやすいのではないでしょうか?

ですから、この食材を離乳食で与えた場合には、もしかしたら、アレルギー反応が起こってしまうかもというような、食材を与える場合には、食べさせる時間帯にも注意をしましよう!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

この記事を書いたライター
木下みずき

木下みずき

ウォーキング始めました!運動と食事で5kg減を目指すダイエッターです!