赤ちゃんの歯が生えない理由に関する記事

【赤ちゃんに歯が生えない】離乳食の与え方&病気が原因?

【赤ちゃんに歯が生えない】離乳食の与え方&病気が原因?

赤ちゃんの歯が生えない…不安はいっぱいその原因は「病気?」「離乳食は?」そのママの不安が和らぐ、赤ちゃんの歯の事情を紹介

マーミーTOP  >  赤ちゃん  >  【赤ちゃんに歯が生えない】離乳食の与え方&病気が原因?

赤ちゃんの歯が1歳ころになっても生えてこない…その原因って?

ママ友サークルなどの集まりで、同じ月齢の赤ちゃんの笑い顔を見ると「みんな歯が生え始めている・・・」自分の子どもの笑い顔には歯が見えないと不安になりますよね。周りに子に比べて、歯が生えてくるのが遅かったり、生えてくる気配が無かったりしたら「うちの子、まだ歯が生えてこないけれど大丈夫なの?」「このままずっと生えてこなかったらどうしよう」と、その原因が知りたくなりますよね。

そんな正直な気持ちを抱いているママさんに向けて、赤ちゃんの乳歯が生え始める時期、その生える順番、病気が関わっていて生える時期が遅れてしまうケース、などを紹介します。

上の歯から?下の歯から?赤ちゃんの歯が生え始める順番を確認しよう!

下顎に歯が2本だけ生えてる笑ってる赤ちゃん

まずは赤ちゃんの歯の生え始めの時期ですが、生後6カ月から9カ月頃までには下の前歯が生えてきます。歯の生え初めには、「乳歯の芽」が内側から出始めようとして、歯ぐきが盛り上がっていき、そこを赤ちゃんが気にするようになっていきます。そうなると、よだれが増えたり、お口の中に自分の指を入れていじったりします。

乳歯の生えかけている部分がくすぐったくなったりして、その違和感をどうにも出来なくて、ご機嫌ななめになったりもします。また、その事が原因で夜泣きをしてしまう赤ちゃんも中にはいます。下の前歯が生えたら、次は上の前歯、上下2本ずつ4本、第一乳臼歯、犬歯、第二乳臼歯の順に生えてきます。けれどその順番はあくまで目安であって、違う順番で乳歯が生える赤ちゃんもいるし、生え始めの時期が9ヵ月目以降となる赤ちゃんも大勢おりますから、参考程度だと認識しておきましょう。

赤ちゃんの歯はいつ頃までに生えてくると心配しなくてもいいの?

歯茎が盛り上がってきて今にも歯が生えそうな歯茎

歯の生え初めは赤ちゃんの個性によっても、その時期は変わってきますが、1歳3カ月になっても歯ぐきの盛り上がりが見られなかったり、その前でも歯が生える気配が全然無い時には1歳児健診の時に、医師に相談したりしましょう。

産まれつき「歯の芽」になる成分が、体の中で作られないケースがあったり、歯ぐきが他の子よりも厚かったりして、内側から「歯の芽」が出にくい事もあります。そういった事が影響して、お子さんの歯が生えてくるのが遅れているケースもあって、その原因を特定するために小児歯科も兼ねている歯科医院などで診察してもらいましょう。

赤ちゃんの歯が生えてくるのが遅いのは「カルシウム不足?」or「病気…?」

周りに年の近い子がいたり、育児サークルなどで月齢の近い子を見ていると、どうしても「他の子」と「わが子」を比べてしまいますよね。子育てが初体験だったりするママさんでしたら、「他の子」には歯が生えているけど、「わが子」にはまだ歯が生えていなかったら、その事が気になってしまって育児雑誌などを何度も読み返してしまいますよね。

歯が生えるのは、育児雑誌に6カ月と書いてあれば、その通りになっていない「わが子の笑顔」を見てしまうと、余計に不安になってしまいますよね。

「私が妊娠中にカルシウムを十分とらなかった事が原因…」「もしかしたら病気が原因…」と、ママの悩みは膨らんでいくばかりかもしれません。かけがえのないわが子だからこそ、そういった悩みを感じてしまうのかもしれないです。

母乳やミルクが足りなくて、カルシウム不足が影響しているの?

哺乳瓶でミルクを飲んでる赤ちゃん

「歯や骨にはカルシウム!」TVのCMなどで、一度は聞いた事があるかもしれないフレーズです。そういったイメージがあるため、「歯が生えてこないのは、私が妊娠中にカルシウムを十分にとらなかったから…?」と、考えてしまいがちですよね。でもこれは実は違っています。

カルシウムが歯や骨に影響を与えるのは、歯や骨の「質」の方です。カルシウムが十分足りていると、強い歯で折れにくくなったりするようにその「質」は高まります。けれど、歯の存在そのものに影響することはほとんどありません。ママが妊娠中にカルシウムを積極的にとらなかった事と、赤ちゃんの歯が生えるのが遅くなってしまう事は、直接的には関わりあってはいません。

先天性欠如が原因かも…

1歳3ヵ月を過ぎても、全く歯の生える気配が無い時には、「歯の芽」になる成分が赤ちゃん体の中では、生まれつき作られにくいという事がその原因として考えられます。これを先天性欠如といい、「歯が1本も生えていないケース」と「1本は生えているケース」とがあります。先天性欠如かどうかを診断するためには、レントゲンで撮影したり詳しい検査が必要になります。

先天性欠如と診断されると、赤ちゃん用の入れ歯などで代用します。乳幼児期の成長は早くても、口まわりの成長も早いため、その時期には何年も同じ物を使う訳にはいかないので、定期的に歯医者さんを受診する必要があります。最近、そういった事にも配慮して、人工の歯を歯ぐきに埋め込む治療法もあるため、もしもの時には専門家に相談してみましよう。

小児歯科科学雑誌にて報告された、田中丈也氏などにより作成された「乳歯癒合歯または先天性欠如と後継永久歯との関係」の文献によると、小児歯科を来院した小児2000名程を調査したところ、乳歯先天性欠如は、全体の1%ほどであったようです。

科学技術振興機構:乳歯癒合歯または先天性欠如と後継永久歯との関係

乳歯先天性欠如の発生頻度はそれほど高くはなくて、赤ちゃんの歯が生えない事の原因が、乳歯先天性欠如であるという可能性は低いので、ママはそれほど心配しなくても大丈夫ですよ。

乳歯萌出遅延(にゅうしほうしゅつちえん)が原因かも…

1歳を過ぎても歯が生えてこないと乳歯萌出遅延が疑われます。その原因としては早産、低出生体重児、両親からの遺伝、ホルモンの病気などが考えられます。ですが、症例的にはこちらも稀なケースですので、赤ちゃんの歯がなかなか生えてこない事のほとんどの理由は、そういった病気が関わっている訳ではなくて、ただただ生えるのが遅いという個性が関わっているのかもしれません。

その原因が特定されるまでには、あまり心配しなくても大丈夫です!

昭和大学歯科病院の小児歯科に勤められている島田幸恵氏の研究報告によると、小児歯科医として職務上では、乳歯萌出遅延症に受診するケースは多いそうですが、全体的にみれば、乳歯の萌出遅延の頻度は非常に少ないと考えられているそうです。

科学技術振興機構:乳歯の萌出遅延

離乳食の与え方ってどうすればいいの?

離乳食を食べてる赤ちゃん

離乳食後期は「カミカミ期」とも言われるように、食べ物を噛んで飲み込んだり、片方のほっぺでつぶしたりして食べる期間で、その時期は月齢で言うと生後9ヵ月~生後11カ月頃です。その頃になると、ある程度歯で噛み切れるくらいの固さのものなら食べる事が出来るようになります。

けれど、月齢的には離乳食後期だからといって、まだ歯が生えていない赤ちゃんにも「カミカミ期」の食事を与えてしまったら十分に噛むことは出来ません。そのままの大きさの食べ物を飲み込みこんでしまうと、胃に負担がかかってしまったり、十分な栄養を吸収する事が出来なくなってしまいます。

そんな時は生後7ヵ月~生後8ヵ月の離乳食中期に与えていた食べ物を、そのまま与えてあげましょう。「モグモグ期」とも呼ばれる離乳食中期の「食べ物」は舌でつぶせる固さがその目安です。その程度の固さなら、まだ歯の生えていない赤ちゃんでも、自分の舌でつぶせて十分に消化できますよね!

栄養面を考えて、離乳食後期のメニューも与えたいなら、赤ちゃんに合った固さのメニューにしたり、あらかじめミキサーなどで柔らかくする工夫をしましょう。

わが子の歯が生えてくるのが遅かったという経験をもつ先輩ママの体験談

はなえ
30才

遅かったけどちゃんと生えてきましたよ

出産した時期が近いママ友4人とよく集まっていましたが、その中でもうちの子は1番歯が生えるのが遅かったです。その中の早い子だと、生後6ヵ月になる前から生えていたのに、うちの子は1歳近くなっても全然生える気配がありませんでした。

気になって育児雑誌などを読み漁っては色々と悩んでいました。(これが怖いことばかり書いてあるんですよね・・・)本の内容や、ママ友たちとの相談の末に、「1歳を過ぎたら受診しよう!」と心に決めました。それから数日後、舌の歯にきらりと光るものを発見!口の中を見てみると小さな白い歯が1本生えていました。

心配を沢山した分もあって、そのやっと生えた1本の歯を見て、感動したし、嬉しくなって笑っちゃいました。そんなママの姿を見てわが子もきゃっきゃと笑ってくれて、思い出しても微笑ましい瞬間です。

それ以来、歯の生えるのが遅いと悩んでいる他のママ友には、あまり心配しすぎないでねと声をかけています。

りえ
28才

妊娠中の栄養不足?と悩んだけど生えてきました

年子の3兄弟赤ちゃん

私は立て続けに年子を3人出産しました。末っ子が歯の生えるのが、他の子よりも遅い事に気づいた時には、すでに1歳近くになっていました。末っ子を妊娠している時には、他の子の子育てにも追われていて、自分の食事も後回しにする事が続いていたので、体重は5キロしか増えませんでした。「もしかしたら妊娠中の栄養不足が原因で生えないの・・・」と、すごく心配になってしまいました。

心配になって歯医者さんに連れていったら「この子は歯ぐきが、他の子よりも厚い感じがするから1歳過ぎまで様子をみましょう!」と、歯医者さんに言われて待っていたら1歳に少しなる前に、無事に下の歯が生えてきました。

気になって相談した栄養不足が関わっているかについては、「赤ちゃんは、ママの体の中が極端に栄養不足ではない限り、勝手に赤ちゃんがとっていくから大丈夫だよ」とも言われていたので、こどもに歯が生えてくるまでの期間ではそれほど不安を感じませんでした。

歯が生えるのが遅いのも個性 ~ 生えてきた歯を大事に守っていきましょう!

身長の伸びや体重の増加など体の成長が、赤ちゃんでも一人一人で違っているように、歯が生える時期も赤ちゃんの個性によって変わってきます。ほとんどの子に歯が生えてくるのは1歳過ぎですので、その頃までに歯が生えなくとも「うちの子は遅いんだ」とおおらかに構えていても大丈夫ですよ。1歳を過ぎていてもわが子に、歯が生えていなくとも、そのほとんどのケースでは病気が関わってはいないので、心配しすぎないようにしましょう!

ようやくお子さんに歯が生えたら、今度はその歯をきれいに守っていくことが大切です。「歯が生えない…」と何度も心配が募った分、ようやく生えてきたわが子の大切な歯に対しては、思い入れが強くなりますよね。そういう気持ちがあるからこそ、お子さんの歯を大事に守っていく事ができます。そう考えるとゆっくりペースで生えるのも悪くないかも知れませんね。

スポンサーリンク

おすすめコンテンツ