赤ちゃんの耳が臭い原因とはに関する記事

赤ちゃんの耳が臭い!赤ちゃんの耳のにおいの原因と対処法

赤ちゃんの耳が臭い!赤ちゃんの耳のにおいの原因と対処法

赤ちゃんの耳が臭いのは何かの病気のサイン?新米ママが気になる赤ちゃんの耳が臭くなる原因と対処法についてご紹介します。

マーミーTOP  >  赤ちゃん  >  赤ちゃんの耳が臭い!赤ちゃんの耳のにおいの原因と対処法

赤ちゃんの耳が臭いのはなぜ?耳のにおいの原因と対策

赤ちゃんを抱っこしている時などに赤ちゃんの耳元に顔を寄せた際、プーンと漂うにおいに「おや?」と感じたことはありませんか?こんなに可愛い赤ちゃんが臭うなんて?!とショックを受けるかもしれませんが、実はよくあることなんです。検診の際などにもよく「赤ちゃんの耳が臭いけど大丈夫?」「もしかして耳の病気では?」と心配するママは多いとか。

赤ちゃんの匂いといえば、ミルクのような甘くて、なんとも言えない良い香りがするはずなのですが、なぜ耳が臭くなってしまうのでしょう?耳が臭いには、さまざまな原因があります。ここで紹介する原因を参考にして、赤ちゃんの耳の臭いの原因を探ってみましょう。早めに対処することで、元の素敵なにおいの赤ちゃんに戻ってくれるはずです。

赤ちゃんの耳が臭くなる4つの原因

耳垢が溜まっている

泣き顔の赤ちゃん

赤ちゃんの耳が臭う原因として一番多いのが、耳垢が溜まっていることだと言えます。実は、赤ちゃんは新陳代謝が活発なので、大人よりも耳垢が溜まりやすいのです。さらに、赤ちゃんは子供に比べて耳垢が湿っていることから、雑菌が繁殖しやすく臭くなってしまいます。

無理な耳掃除は絶対にやめましょう!

本来耳垢は、自然と外に出てくる仕組みになっているほか、耳垢には雑菌から耳を保護する役割もあるので、無理に奥まで掃除をする必要はありません。また、耳掃除をすることで、耳垢を押しこんでしまう可能性があるため、逆に臭いの元となっているかもしれませんよ!

耳の中にミルクやよだれが入った

授乳をしている時や飲み終わった後に、ミルクや母乳が口から垂れて耳の中へ入ってしまったことはありませんか?赤ちゃんの耳管は大人に比べて太くて短いため、常に、お口からこぼれ出たミルクや母乳などが耳の中に入りやすい状態にあります。

また、仰向けの姿勢で寝ることが多い赤ちゃんは、涙やよだれが流れてそのまま耳の中に入ってしまうことも。そのまま放置しておくと、それらが体温で温められて雑菌が繁殖し、独特の臭いを放つようになるのです。

いつも同じ方向に首を向けている

片方の耳を布団に付けて寝る赤ちゃん

左右どちらかの同じ方向に頭を向けて寝る癖を「向き癖」といいます。向き癖は生まれてからつくものと思われがちですが、実はママのお腹の中にいる時から向き癖がある赤ちゃんが多いといわれているのです。

向き癖のせいでどちらか一方ばかり向いていると、下になっている方の耳がふさがってしまうことで、蒸れにより臭いがひどくなってしまうことがあります。そのため、片側の耳だけが臭うという場合は、まずは向き癖がないかをチェックしてみましょう。

耳の後ろに垢や汚れがたまっている

耳の中から臭いがすると思っていたら、実は臭い元は耳の後ろだったということも考えられます。お風呂に入った際にきちんと汚れが落ちていないと、ミルクを吐き戻して耳の後ろや首に流れていたり、シワの中に汚れが溜まることで臭くなってしまうこともあるのです。

入浴の際、赤ちゃんの耳にお湯が入らないによう慎重になりすぎて、上手に洗えていないということありませんか?首が座っていない時期は、赤ちゃんを片手で支えながら洗うのが難しいとはいえ、洗い残しがあると臭いだけでなく、あせもや湿疹ができやすくなってしまいますよ。

耳が臭くならないためにはどうすればいいの?

耳の臭いを放っておくと、臭いがひどくなったり、他の病気の発症を招く恐れがあるので、早めに対処してあげましょう。ここでは、耳が臭くならないために家庭でできる工夫や対処法をご紹介していきます。

耳掃除をする

赤ちゃんを抱いた母親が看護師に質問される

耳の中の臭いは、耳掃除で耳垢を取ってあげることで改善する場合があります。ただし、赤ちゃんの小さな耳は繊細なため、ママが掃除をできるのは耳の入り口の部分だけ。基本的に耳垢は、放っておけば徐々に外で出てくるものですが、どうしても耳の奥にある耳垢が気になるという場合は、かかりつけの小児科に相談してみましょう。

「耳垢を取るのに病院に行くの?!」と思われるかもしれませんが、無理な耳掃除で粘膜を傷つけてしまう可能性があるため、お医者さんにお願いするのがベストです。一般的に赤ちゃんの耳掃除は小児科で行なってくれますが、対応していないという場合は然るべき耳鼻科を紹介してもらいましょう。

また、赤ちゃんの耳掃除は保険が適用されるので、受診の際は忘れずに保険証を持参してください。

赤ちゃんの耳垢の色はさまざま

赤ちゃんの耳垢が黒い場合は、「何かの病気では?」と心配になるかもしれませんね。実は、黒い耳垢は、赤ちゃんがお腹の中にいた時に耳の中に入った羊水が黒く変化したものです。初めて耳掃除を赤ちゃんに多く見られるのでご安心ください。また、茶色や黄色の湿った耳垢が出る場合も、特に問題はありません。

ただし、同じ黄色でもドロドロした液体が耳から出る場合は要注意です。中耳炎などの病気によって耳だれが出ている可能性があるので、一度かかりつけの小児科を受診してみましょう。

赤ちゃんの向き癖を治す

耳の臭いの原因として赤ちゃんに向き癖が疑われる場合は、早めに向き癖を治してあげる必要があります。

すでに生まれた時に向き癖がついている赤ちゃんもいますが、そのほかに音や光の刺激がある方向に首を向けることによって向き癖がつく場合があることから、「ベビーベッドの位置を変える」「ベッドメリーなどで赤ちゃんの関心を引く」「タオルで土手を作る」などの方法で向き癖を治すことができます。

向き癖がひどいと、耳や頭の形がいびつになってしまう可能性があります。そのため、首が座る生後6ヶ月くらいまでには治るよう日頃から注意しましょう。

耳の後ろをしっかり洗う

お風呂に入る赤ちゃん

耳の中でなく、耳の後ろや首がにおう場合は、清潔にすることが大切です。お風呂に入れた際に、耳の後ろをちゃんと洗っていなかった!ということはありませんか?また、石鹸の流し残しや石鹸カスのこっていたりしませんか?ただでさえ首が座っていない赤ちゃんをお風呂に入れるのは大変ですが、耳の後ろや首の周りにできたしわには汗や汚れがたまりやすいので、指でしわを押し広げながら優しく洗ってあげましょう。

また、ミルクを飲んだ際に口からこぼれたり、吐き戻しがあった場合は、その都度ウエットティッシュで拭くことで臭いを防ぐことができます。

専門医を受診する

耳から膿のような臭いがしたり、黄色い耳だれが出ている場合は、耳の病気の可能性があるため早めにかかりつけの小児科に相談しましょう。赤ちゃんは耳管が短いことから、鼻の奥に溜まった鼻水などが耳管を通って耳の中に入り込み、中耳が細菌に感染することで中耳炎を起こしやすいのです。そのため、特にウイルス性の病気に感染した際には注意が必要です。

次のような症状が見られる場合は、中耳炎が疑われます。

中耳炎の主な症状

・発熱がある
・最近、風邪をひいた
・耳だれが出ている
・頭を振る
・しきりに耳を触る

赤ちゃんが自分で症状を伝えることは難しいので、いつもよりも機嫌が悪くてぐずっていると感じたら、異常がないか注意深く状態を観察してみましょう。

中耳炎の予防法としては、まずは風邪をひかせないことが大切です。赤ちゃんは汗っかきなので、着るものを調節したり、室内温度を管理したりすることも効果的です。また、風邪をひいてしまった時はこまめに鼻の中をきれいにするなどの鼻水の対処をして、細菌の感染から耳を守ってあげましょう。

スポンサーリンク

おすすめコンテンツ