赤ちゃんの手が冷たい原因/対処に関する記事

赤ちゃんの手が冷たい!紫になる理由と風邪/低体温の対策

赤ちゃんの手が冷たい!紫になる理由と風邪/低体温の対策

寝ている赤ちゃんお馴染みのバンザイポーズ。それには理由があるのです!また、赤ちゃんの手が冷たいときの対処法も解説します。

マーミーTOP  >  赤ちゃん  >  赤ちゃんの手が冷たい!紫になる理由と風邪/低体温の対策

赤ちゃんの手足が冷たいけれど大丈夫?その理由/対処法とは?

気がつくといつも赤ちゃんの手や足がお布団からはみ出し、冷たく紫色になっていませんか?何度布団をかけてもまたはみ出してしまうため「寒くないのかな?」と心配になるパパ・ママは多く、室温を上げたり衣類で覆ったりしたくなります。

けれど赤ちゃんの手が冷たいからといって、赤ちゃんが寒がっているとは限りません。赤ちゃんの手や足が冷たい理由や、どのように対処すればいいのかを一緒に考えていきましょう。

赤ちゃんの手が冷たいのはなぜ?寒いと決めつけないで

確かに赤ちゃんが寒い時、手や足は冷たくなります。そして血流が悪い時は紫色になります。ところが手足の冷たさと色を見ただけで「寒がっている」と思い込み手足を覆ってしまうと、温めたことで逆に赤ちゃんを不快にすることがあるのです。

防衛本能!低体温症を赤ちゃんが自ら防いでいる

布団から出た赤ちゃんの手

赤ちゃんは体温調節機能が未熟です。しかも大人より皮下脂肪が少ないため環境の影響を強く受けやすく、気温が上下すると同じように体温も上がったり下がったりしてしまいます。そのため気温が高い環境ではうつ熱、低い環境では低体温症になりやすいという特徴があります。

けれど赤ちゃんは過ごしやすい環境だった胎内から産まれ、悪環境のストレスにさらされることで、自ら身を守る防衛本能を鍛え始めます。その際、手足を利用して体温の調節を行おうとします。

例えば、気温が低い時は手や足の毛細血管を縮め、あえて手足を冷やすことで熱を体の中心に集めてなるべく逃がさないようにします。深部(体の中心)の体温が高い場合は血管を広げ、手足から熱を放出します。

赤ちゃんの手や足の色が白や紫に見えるけど、大丈夫?

末端の毛細血管が収縮し手足の血流が悪くなると、手足が白や紫色っぽく見えることもありますが、適切な室温の環境であれば、特に心配はいりません

温度センサー!手で感じる気温へのストレスで防衛本能を働かせる

赤ちゃんが布団から手を出してしまうのは、手が温度センサーのような働きをしているからです。暑さというストレスを感じて手や足から放熱し、寒さというストレスを感じて手や足の血管を収縮させているだけですので、手が冷たいという理由だけで赤ちゃんが寒くて風邪を引くという結論に結びつけることはありません。

赤ちゃんの時期に手が外気に触れたり手で何かを触ったりすることで、赤ちゃんの脳は生きていくのに必要な発達に役立つ刺激を受けています。衣類や布団に邪魔されずに手に受ける感覚は、赤ちゃんの脳の発達にとても大切なことですので、できるだけ邪魔をしないことが大切です。

室内でのミトンや靴下はNG!

赤ちゃんの手足が冷たいとパパやママはミトンや靴下を履かせたくなるものですが、手足を覆ってしまうと脳の発達が損なわれて温調節機能がしっかりと発達せず、冷え性になってしまうとも言われていますので、室温が寒すぎない限りは室内でミトンや靴下を履かせないようにしましょう

赤ちゃんの手が冷たいときの対処法

室温がある程度保たれていれば、赤ちゃんの手や足が冷たくても放っておいてよいのですが、エアコンや暖房がなく室温が一定に保てない場合、室温によってはやはり靴下やミトン、布団などで覆ってあげる必要があります。赤ちゃんの体感をどのようにチェックすればいいのかを知っておきましょう。

背中やお腹を触ったり、足裏サインをチェックして体温を確認する

赤ちゃんの手が冷たいときは、まず身体も冷たいかどうかを確認しましょう。赤ちゃんの身体の中心(背中やお腹)があたたかいようなら、手や足が冷たくてもそのままで問題ありません。汗ばんでいたら着せすぎです。

また、赤ちゃんの足裏サインで確認するのも一つの方法です。足の裏は体調不良を知ることができる場所ですが、赤ちゃんの体温調節について助産師さんに教わったという「足裏サイン」は最近Twitterでも話題となりました。

足の裏で赤ちゃんの熱さ寒さをチェック!

  1. ひんやり×さらさら=寒い
  2. ひんやり×しっとり=体温調節中
  3. ぽかぽか×さらさら=眠い
  4. ぽかぽか×しっとり=体温調節中か熱い

衣類で体温を調節する

体の中心や首に汗をかいている場合には、一枚脱がせたり薄い肌着にしたりして衣類で体温を調節をする必要があります。手の冷たさだけで判断して衣類を着せ過ぎてしまうと、うつ熱になる恐れがあるので十分に注意してください。

また寝ている赤ちゃんに服を着せ過ぎたり布団をかけ過ぎたりすると、体が温まり過ぎて寝ながら温度調節をしている赤ちゃんの機能が鈍ってしまいます。

交感神経系がうまく機能しなくなると、無呼吸を起こしたときに回復しにくくなるなど、命が危険にさらされます。暖め過ぎには十分に注意してください。

室温を調節する

フリップを持つ看護師

手が冷たく身体も冷たいようなら、赤ちゃんにとっては寒い環境です。あまりに手が冷たいと、しもやけになってしまうこともあるので、屋内にいる場合は室温を調節してあげましょう。

赤ちゃんの快適温度は、夏場は26℃から28℃、冬場は18℃から23℃、湿度は40%から60%が目安ですので、特に真夏や真冬はエアコンや暖房器具を利用して調節してください。

またエアコンや暖房の環境下では空気が乾燥しやすいので、赤ちゃんが寝ているベッドの近くの同じ高さに温度計・温度計を置いて、こまめにチェックすると良いです。濡れたバスタオルを干して加湿するのもおすすめです。

発熱中も赤ちゃんの手は冷たくなる!気温とは異なるメカニズム

布団から手を出して寝ている赤ちゃん

赤ちゃんの発熱初期症状の一つとして「手足が冷える」という現象があります。発熱しているのに「手が冷たいから、たいした熱じゃない」と考えるのは大きな間違いです!

風邪を引くと体内に侵入したウイルスや細菌と戦うために、脳が命令を出して体温を上げます。その間は手足が冷たくなります。熱が上がりきると手足が暖かくなりますので、手足が冷たいときには、これからもっと熱が上がるのだと覚悟する必要があります。手の温度によって熱が上がる途中なのか、上がりきった後なのかを知ることができるのです。

赤ちゃんが発熱したのに手が冷たいときの対処法

赤ちゃんの頃は突発性発疹などで高熱を出す子も多いのですが、手が冷たいからと軽く考えず、落ち着いて赤ちゃんが楽になる対処をしてあげることが大切です。

赤ちゃんが発熱した時の手の温度と対処

発熱中は「手が冷たいときは、身体をあたためる」、「手が熱いときは、身体を冷やす」と知っておくと安心です。ただし体を冷やす際は、冷やし過ぎないように注意して下さい。

手が冷たくて熱が上がりきる前は、あたためる

赤ちゃんは寒いと感じていますので、身体をあたためてあげましょう。布団を厚いものに変えたり、衣類を一枚増やしたりすると良いです。室内を加湿しつつ室温が低い時は高くしてあげるとよいでしょう。

手が暖かくなり熱が上がりきった後は、冷やす

赤ちゃんは熱くて辛いので、赤ちゃん用のアイスノンで頭やわきの下を冷やしたり、布団を薄くして手足を出してあげたりしましょう。

また熱が上がりきった後も赤ちゃんの手が冷たくなることがありますが、熱くなり過ぎて汗をかいたため急激に手だけ冷えている可能性があります。

手の冷えが熱が再び上がる状態か下がりきった状態かの判断は、お腹や背中を触ってみるとわかります。あたたかく汗ばんでいるようなら、汗からの冷えです。汗をかいたらすぐに着替えさせ、汗はこまめに拭いて不快感を取り除いてあげましょう。