赤ちゃんの手が冷たい原因/対処に関する記事

赤ちゃんの手が冷たい!紫になる理由と風邪/低体温の対策

赤ちゃんの手が冷たい!紫になる理由と風邪/低体温の対策

寝ている赤ちゃんお馴染みのバンザイポーズ。それには理由があるのです!また、赤ちゃんの手が冷たいときの対処法も解説します。

マーミーTOP  >  赤ちゃん  >  赤ちゃんの手が冷たい!紫になる理由と風邪/低体温の対策

赤ちゃんの手が冷たいけれど大丈夫?その理由/対処法とは?

気がつくと、いつも赤ちゃんの手がお布団からはみ出していませんか?触ってみると、とても冷たくてびっくりしてしまいますよね。何度布団をかけてもまたはみ出してしまうし、「寒くないのかな?」と心配になるパパ・ママも多く、ついつい室温を上げたり衣類で覆ったりしてしまいます。

でも、実は赤ちゃんの手が冷たいからといって、赤ちゃんが寒がっているわけではないのです。ここでは、赤ちゃんの手が冷たい理由や、どのように対処すればいいのかをいっしょに考えていきましょう。

赤ちゃんの手が冷たいのはなぜ?

防衛本能

布団から出た赤ちゃんの手

赤ちゃんは体温調節機能が未発達です。そのため、気温が上下すると、同じように体温も上がったり下がったりしてしまいます。特に気温が低い環境では、赤ちゃんは大人よりも皮下脂肪が少ない分、熱が逃げやすく低体温症になりやすいといわれています。

そこで、赤ちゃんの一種の防衛本能として、手足を冷やして体温を調節しているのです。「えー!手足が冷えたら体が余計に冷えないの?」と思われるかもしれませんが、赤ちゃんはあえて手足を冷やすことで、体内の熱を身体の中心に集め、なるべく逃がさないようにしているのです

手足を布団の外に出して冷やすことで、末端の毛細血管が収縮します。すると手足にあたたかい血液があまり流れず、そのぶん体の中心に集まるため、体内の血液が冷やされずに体温が下がりにくくなるのです。

手が紫に見えるのは大丈夫?

末端の毛細血管が収縮し手足の血流が悪くなると、手足が紫っぽく見えることもありますが、適切な室温の環境であれば、特に心配はいりません

温度センサーの働き

赤ちゃんが布団から手を出してしまうのも、手が温度センサーのような働きをしているからなのです。暑いときはその手から放熱し、寒いときは手の血管を収縮させているのです。手が冷たいからといって赤ちゃんは寒いわけではないですし、それで風邪をひいてしまうこともありません。

また、手が外気に触れることや、手で何かを触ることで、脳に刺激を受けています。衣類や布団に邪魔されずに手に受ける感覚は、赤ちゃんの脳の発達にとても大切なことなのです。

ミトンや靴下はNG!

手足が冷たいと、パパやママとしてはミトンや靴下を履かせたくなるものですが、手足を覆ってしまうと体温調節がうまくできなくなり、冷え性になってしまうともいわれています

赤ちゃんの手が冷たいときの対処法

背中やお腹の体温を確認する

赤ちゃんの手が冷たいときは、まず、身体も冷たいかどうかを確認しましょう。赤ちゃんの身体の中心があたたかいようなら、手が冷たくてもそのままで問題ありません。

衣類を調節する

体に汗をかいている場合には、衣類で調節してあげましょう。手の温度で判断して身体を暖め過ぎてしまうことはNGですよ!

寝ている赤ちゃんに服を着せすぎたり、布団をかけ過ぎたりして暖め過ぎると、寝ながら温度調節をしている赤ちゃんの機能が鈍ってしまいますし、体温も下がりません。また、交感神経系がうまく機能しなくなり、無呼吸を起こしたときに回復しにくくなってしまい、命が危険にさらされます。暖め過ぎには十分注意しましょうね。

赤ちゃんが暑がっているときのサイン

手足が冷たくても、お腹や背中を触ってみてあたたかく汗ばんでいるようなら、赤ちゃんにとっては暑い環境にあるといえます!衣類を一枚減らすなど薄着にしてあげましょう

室温を調節する

フリップを持つ看護師

手が冷たく身体も冷たいようなら、赤ちゃんにとっては寒い環境にあるということです。それに、あまりに手が冷たいと、しもやけになってしまうこともあるので、室温を調節してあげると良いですね。

赤ちゃんの快適温度は、夏場は26℃から28℃、冬場は18℃から23℃、湿度は40%から60%くらいなので、特に真夏や真冬はエアコンで調節するようにしましょう。

エアコン環境下では空気が乾燥しやすいので、赤ちゃんが寝ている側に温度計・温度計を置いて、こまめにチェックすると良いですね。濡れたバスタオルを干して加湿するのもおすすめです。

発熱で手が冷たくなるメカニズム

布団から手を出して寝ている赤ちゃん

赤ちゃんの発熱初期症状の一つとして「手足が冷える」と言われています。発熱しているのに、「手が冷たいからたいした熱じゃない」は大間違い!体温が上がるときは、血液によって熱が運ばれるのですが、心臓から遠い末端の手足までに熱が運ばれるには、多少の時間差があります。

ですから、手足が冷たいときには、これからもっと熱が上がるのだと覚悟する必要があります。手の温度によって熱が上がる途中なのか上がりきった後なのか知ることができるのです。

発熱時の手の温度

発熱中は、「手が冷たいときは、身体をあたためる」、「手が熱いときはおでこや脇の下を冷やす」と知っておくと安心ですね

発熱で手が冷たいときの対処法

熱が上がりきる前

前述したように、熱が上がりきる前に手が冷たいことがありますが、そのときは身体をあたためてあげましょう。布団を厚いものに変えたり、衣類を一枚増やしたりすると良いですね。

熱が上がりきった後

熱が上がりきった後でも手が冷たいことがあります。熱が上がりきると手は熱くなるのですが、今度は熱くなり過ぎて汗をかいてしまいます。汗をかいたまま放置しておくと、今度は急激に手が冷えてくるのです。

この手の冷えが、熱が再び上がっているからなのか、下がった後なのかの判断は、お腹や背中を触ってみるとわかりますよ。あたたかく汗ばんでいるようなら、汗からの冷えです。汗をかいたらすぐに着替えさせ、汗はこまめに拭いてあげるようにすると安心ですね。

スポンサーリンク

おすすめコンテンツ