赤ちゃんの歯の虫歯予防に関する記事

赤ちゃんの歯を守るママの知識!虫歯を作らないために

赤ちゃんの歯を守るママの知識!虫歯を作らないために

赤ちゃんのかわいい歯が生え始めたら、虫歯予防のためのお手入れをスタートさせましょう!

マーミーTOP  >  赤ちゃん  >  赤ちゃんの歯を守るママの知識!虫歯を作らないために

赤ちゃんの歯が生え始めたら虫歯予防のお手入れスタート!

ちょこんと顔を出した赤ちゃんの小さな歯。本当にかわいいですよね。「きちんとお手入れをして、虫歯から守るぞ」と気持ちを新たにしたママも多いのではないでしょうか?反対に、乳歯は生えかわるので「虫歯ケアは永久歯に生えかわってからでもよいのでは?」と考えるママも、いらっしゃるかもしれません。

ですが、乳歯が虫歯になると、永久歯にも影響が及ぶ可能性があるといいます。それに、虫歯で赤ちゃんにつらい思いをさせることは避けたくありませんか?
虫歯を作らないためには、どんなことに気をつけてケアをしていけばよいのでしょうか。赤ちゃんの歯を虫歯から守るためのハウツーを覚え、習慣化していきましょう。

虫歯を作らない大きなポイントは3つ

虫歯ができる要因は、大きく分けると3つあると言われています。ということは、その3つに気をつければ虫歯予防が可能だということです。

3つの要因とは「虫歯菌」「口内環境」「歯の質」です。それぞれについて、もう少し詳しくお話をしていきましょう。

虫歯菌について

自分でパスタを食べている赤ちゃん

口の中には、相当数の菌がすんでいるといわれています。良い菌もいれば悪い菌もいて、お互いにバランスを取りながら共存しているそうです。

虫歯の要因となる菌は「虫歯菌」と総称されます。よく知られているものに「ミュータンス菌」がありますが、ミュータンス菌をはじめとした虫歯菌は、もともと赤ちゃんの口の中には存在しないもの。つまり、もしも赤ちゃんの口の中に虫歯菌がいるとしたら、どこからかもらってきたということになります。

そのもらい先としていちばん多いのが、ママやパパ、じいじやばあばなのです。例えば、大人が噛みくだいたものを赤ちゃんに食べさせたり、同じスプーンを使って食事をしたりすると、虫歯菌も一緒に赤ちゃんの口の中に入ってしまうということが起こります。

そのため、最近では「赤ちゃんの離乳に噛みくだいたものを与えないように」などと良く言われますが、あまり神経質になりすぎると、食生活がギスギスしたものになってしまいます。虫歯菌については「1歳半ごろから2歳半ごろまでに感染しなければ、それ以降に感染する可能性はない」とも言われていますし、次の「口内環境を整えること」で十分にケアできることも胸に留めておきましょう。

口内環境について

お菓子を食べている赤ちゃん

口の中は、ふだんは唾液の働きによって中性に保たれています。ところが、食事をすると酸性に傾いてしまうのです。また、口の中に虫歯菌がいた場合、歯に残った食べ物のかすなどを栄養にして虫歯菌は活発に活動をするようになります。そのときに、を吐き出すといいます。

酸は、徐々に歯の成分を溶かしていきます。

つまり、口内環境が酸性に傾かないようにすることが虫歯予防につながるということです。後ほど詳しくお話しますが、ポイントは次の3つです。

  • 食後は、歯磨きシートや歯ブラシで歯をきれいにする。
  • 白湯、お茶、アルカリ水など、口の中を酸性に傾けすぎない飲み物を摂る。
  • 食事の時間やおやつの時間をきちんと決める。(だらだら食べていると、口の中が常に酸性の状態になってしまう)

お茶にも含まれているフッ素は、歯を強くし、酸から歯を守る働きをしてくれます。食後の飲み物としては、ぴったりですね。もちろんフッ素入りの歯磨きジェルを使う、定期的に歯科医院でフッ素を塗布してもらうといったことも効果的です。

歯の質

歯の質は持って生まれたものなので致し方ない面があります。もしも気になることがある場合は、ひとりで悩まず、ぜひ歯医者さんに相談しましょう

成長段階に合わせた口内環境の整え方

歯ブラシを持っている赤ちゃん

それではここからは、口内環境を整えるために習慣化したい食後の歯のお手入れについて、成長段階に沿って見ていきましょう。

ただし、歯の生え方には個人差があることを覚えておいてくださいね。書き添えた月齢はあくまでも参考程度の目安としてとらえ、赤ちゃんの歯の様子をよく観察し、いつから歯磨きを始めれば良いのか考えながら進めていきましょう。

歯が生え始めたころ(生後6ヶ月ごろ)

赤ちゃんの生えかけている歯を見ている母親

歯が生え始めたころは歯茎もまだ柔らかいので、歯ブラシは使わずにお手入れをします。

食後に白湯やお茶を飲ませるなどして、まず口の中をすっきりさせてあげましょう。その後、赤ちゃん用の歯磨きシートや濡らしたガーゼを使い、歯の表面をそっと拭いてあげてください。ガーゼは使いやすいようにカットしておくと便利ですよ。

大切なことは、無理強いしないことです。もう少し月齢が進むと歯ブラシを使うようになりますので、そのときのために「口の中や歯に触れられることに慣れる練習をする」くらいの気持ちで取り組むとよいかもしれません。ガーゼでの歯磨きを嫌がることも多いので徐々になれさせていきましょう。授乳するときのように、優しく抱っこしながら「アーン」と、お口を開けるように誘導してみてくださいね。

前歯が成長してきたころ(生後10ヶ月ごろ)

食後に白湯やお茶を飲ませ、口の中をすっきりさせてあげる点は、これまでと同じです。その後、歯磨きシートやガーゼで歯を拭ったら、赤ちゃん用の歯ブラシで仕上げ磨きをスタートさせましょう。

これから先、生活のリズムを作っていくことや寝ている間の口内環境のことを考えると、夜に仕上げ磨きをするのが望ましいといえます。ただ、この時期は歯ブラシに慣れることを優先し、赤ちゃんの機嫌のいいときに仕上げ磨きの練習をするようにしてもかまいません。

前歯が生えそろったころ(1歳ごろ)

赤ちゃん用歯ブラシを咥えている赤ちゃん

上下の前歯が生えそろい離乳食も進むと、歯にも食べたもののカスなどが残りやすくなります。シートやガーゼ、歯ブラシを使ってしっかりとケアをしてあげてくださいね。

このくらいの月齢になると、自分で歯ブラシを持って磨きたがることもあるかもしれません。そのときは、好きなようにさせてあげてください。ただし、自分でしっかりと汚れを取ることまではできませんから、最後の仕上げ磨きはママがしてあげてくださいね。

上手に仕上げ磨きをするコツは、ママが正座をくずしたような形ですわり、両ひざを少しあけて赤ちゃんの頭を仰向けに支えるようにすることです。赤ちゃんがこわがらないように、笑顔で声をかけてあげましょう。

奥歯が生えてきたころ(1歳2ヶ月ごろ)

お菓子を口に入れている赤ちゃん

前歯と比べると奥歯には溝があり、汚れがたまりやすいという弱点があります。赤ちゃんが自分で歯ブラシを持って磨けたらそのことをほめながら、ママの仕上げ磨きも忘れずにしていきましょう。

おやつを上手に食べられるようになったら、虫歯菌の活動を抑制するキシリトールタブレットなどをかじらせてあげても良いですね。

奥歯が生えそろったころ(1歳6ヶ月~)

自分で歯磨きをしようとしている赤ちゃん

歯磨きの習慣がつくように、朝と夜、一緒に歯ブラシを持って磨く練習をしていきましょう。ただし、まだ自分ひとりで上手に磨くことはできないので、仕上げ磨きはママがする点は、これまでと同じです。

2歳近くなると、自分で磨くことも、仕上げ磨きをしてもらうことも「イヤ」と言い始めることもあるかもしれません。そのようなときはちょっと辛抱が必要ですが、イヤイヤも成長の一過程。焦らずに、ご機嫌を見て歯磨きに誘ってみましょう。

お気に入りのぬいぐるみに歯磨きをさせてみたり、ママが楽しそうに歯磨きをしてみせたりすると、その気になってくれることもあるかもしれませんよ。

口をゆすぐことができる赤ちゃんだったら、子ども用に味のついた歯磨きジェルなどを使うのも楽しいのではないでしょうか。

赤ちゃんの歯を守るためのママ達の作戦

じじばば説得編

赤ちゃんの歯が虫歯になってしまう大きな原因は虫歯菌の感染。その虫歯菌の感染経路はパパママ世代ではもはや常識となりつつありますが、じいじばあばにとっては食べ物を噛み砕いて赤ちゃんにあげることが愛情表現でその時を待ち望んでいたりすることもあるわけです。

しかし、近い将来我が子のお世話をお願いすることもあろうジジババですから、「はなはだ迷惑…」なんて思わずにジジババにはかわいい孫の健康を守る護衛隊となってもらいましょう。

eip
30代後半

A息子を虫歯っ子にしないために

うちの息子は、もともと口の中に疾患を持って産まれてきました。そのため、一度虫歯を作ってしまうと、悪化しやすいと言われていたため、口腔ケアには結構気をつけてきました。今のパパママさんたちの間では、大人が口の中で噛み砕いたものを離乳期の赤ちゃんに食べさせると虫歯の原因となるということは常識となりつつあると思いますが、じいじばあば世代には大人が口の中で噛んだものをついあげてしまいたくなる気持ちもあります。離乳食作りは細かく砕くのが大変面倒だったりしますがこれを我慢すれば、虫歯の原因をひとつ減らせるんだという説明が必要です。

そして2歳くらいになったら毎日の歯ブラシにプラスして3ヶ月に一度くらいは小児歯科の定期検診をうけ、クリーニングをしてもらい、フッ素を塗布してもらうといいと思います。虫歯ができる前から歯医者に慣れておくとそんなに歯医者嫌いにならないというメリットもあります。うちの息子は現在六歳ですが虫歯ゼロです。

まゆまゆ
30代後半

A大人が噛み砕くのはNG

以前友人の家に遊びに行った時、当時1歳ぐらいの子供に、ママが噛み砕いてやわらかくした梨を与えていたのです。その時は私には子供がいなかったので、「へー、そうやるんだ…」と感心したのですが、後になって育児雑誌で、それはやってはいけないことだと知りました。大人が、そうやって噛み砕いてしまうと、大人の口の中にある、虫歯の原因になる菌が、子供に移ってしまうそうです。

しかし、じいじ、ばあばは、自分がそうしていたように悪気なくしてしまいがちになると思います。「○○のテレビでやっていたんですけど~それはだめなんですって。昔と違ってびっくりですよね。」や「○○で読んだんですけど~」って、やんわりと、昔とは違うんだということを伝えるのがいいと思います。

たんぱす
29歳

Aお姑さんには夫が虫歯菌の説明をしました。

親からの虫歯菌感染を防ぐために食器も調理器具も食器用スポンジも子供用と大人用で使い分けています。そして子供には食後の歯ブラシの後に市販のフッ素配合ジェルを歯に塗っています。また、祖父母には虫歯菌が移るので食べかけ等はあげないでほしいとお願いしています。私の父と母にはきつく言っていますが、お姑さんには主人から言ってもらっています。

私の話は聞いてくれませんが主人からのお願いは聞いてもらえるので今のところ問題なく生活できています。主人はお姑さんに理解してもらうために最初はインターネットで親からの子供へ虫歯菌が移るという話を検索して、そのページを見せていました。最初は虫歯菌なんて失礼だと怒っていたお姑さんも納得してくれたので助かりました。

歯磨きギャン泣き対策編

ママがいくら対策に対策を重ねても、思ったように歯磨きをさせてくれない小さなモンスターたち…。虫歯予防の為背に腹は代えられぬ…!と結局は強行突破で大泣きされ、慣れてくれるまでの辛抱か、ご近所に通報されるが早いか…コッチが泣きたいわぃ!というママもたくさんいることでしょう。先輩ママ達はどうやってチビッコモンスターの必死の抵抗を切り抜けてきたのでしょうか?

あんぱん
29歳

A歌を歌ってにこにこしている隙に磨きます!

自作の歯磨きの歌を私が歌い始めると仕上げ磨きの始まり。子供は仕上げ磨きは嫌いなのですが、歌は大好きなのでのこのことこちらにやってきます。無言で仕上げ磨きをするとギャンギャン泣きますが、好きな歌を歌ってあげるとクスクス笑うのでその隙にササッと磨いてしまいます。

正直疲れますが、笑顔で歌ってあげないとすぐに泣いてバタバタと暴れるので笑顔を絶やさないことが重要です。それでも不機嫌な時は好きなアニメを見せてあげます。こうするとおとなしくしてくれるのですが、我が家ではあまり子供にテレビを見せないようにしているので最終手段です。また、毎日寝る前に絵本を読んだ後、子供用歯ブラシを渡してあげています。その後仕上げ磨きという順番を守り続けることで習慣づけようとしています。

はやしよ
30代前半

A言葉を選んで歯磨きに誘導

ウチでは、まず歯磨きというものは楽しいことであるという雰囲気作りに努めました。大人が最初に楽しそうに歯ブラシをしていると子どもも何をしているんだろうと気にしてきます。そこから歯磨きに関心をもってもらい、歯ブラシは子どもに選んでもらいました。好きなキャラクターがついているものを選ぶのでそれの色違いを3本ほど準備します。そこから夜歯磨きをするときに「歯磨きをしよう」というのではなく、「歯磨きするけど今日は何色にしますか?」と聞きます。そうして好きな色を答えてもらいつつ歯磨きに誘導。

仕上げでギャン泣きされたときは基本なるべく泣き止むまで待ちますが、忙しいときは泣いて口をあけている間にすばやく磨くことも。おさえつけるなどは歯磨きをさらに嫌がってしまうのではと思い、しませんでした。歯磨きが終わってしっかり抱きしめて、泣き止むまで待ってそれからたくさん褒めてあげるようにしたら歯磨き大好きになりました。

まゆ
30代後半

A不本意だけど、テレビを見せながら

歯磨きは、本当に毎日バトルでした。まず、試してみたのが、歯ブラシを子供の好きなキャラクターのものに替えてみることでした。これは、全くうまくいきませんでした。口をあけること自体が嫌みたいでした。歯磨きへの誘い方としては、当時お気に入りだったしまじろうのパペットが、歯磨きをしているところを見せました。続けて、子供にもしまじろうにごしごしやらせてみました。そんな風なやりとりを続けて、「○○ちゃんもごしごししようか」と、誘います。でも、やっぱり素直にはやらせてくれないので、好きなテレビ番組やDVDをつけて、それに気を取られている好きに、ぱぱっとやりました。寝かせてごろんではなく、壁に沿って立たせて歯磨きするのもおすすめです。

赤ちゃんの歯を守るためにできること

まとめると、赤ちゃんの歯を守るための大切なポイントは「口内環境が酸性に傾かないようにコントロールすること」と「なるべく虫歯菌をうつさないように気をつけること」とです。赤ちゃんの虫歯予防は出産前から始まっていると言われ、赤ちゃんの歯のケアだけではなく、ママもシッカリと努力しなければいけないのです。そのためにできることは、次の通りです。

赤ちゃんの歯を守るコツ

  • 歯磨きなど、食後の歯のお手入れを習慣づけること
  • フッ素を塗るなどの対策をとること
  • 夜、寝る前には歯磨きをすること
  • 食事やおやつの時間は決めること
  • 1歳半から2歳半くらいまでは大人からの虫歯菌感染予防を心がけること

虫歯菌の感染予防に関しては、ジイジやバアバにも説明して理解を求めておくとよいでしょう。

ママが笑顔で働きかければ、赤ちゃんも歯のお手入れをいやがらずにするようになります。市販の歯磨きシートや歯磨きジェルなども利用しながら、ゆったりとした気持ちで赤ちゃんの歯を守ってあげてくださいね。

スポンサーリンク

おすすめコンテンツ