赤ちゃんのとびひ原因と症状に関する記事

赤ちゃんのとびひの症状とは?うつさないための治療&予防

赤ちゃんのとびひの症状とは?うつさないための治療&予防

赤ちゃんのとびひに要注意!ジクジクと痒いとびひの原因や治療法、予防法などを知って赤ちゃんのお肌を守りましょう。

マーミーTOP  >  赤ちゃん  >  赤ちゃんのとびひの症状とは?うつさないための治療&予防

赤ちゃんのとびひを見逃さないために

「とびひ」という名前を聞いたことはあるけど、詳しい原因や症状は分からないというママは多いはず。とびひは、小さな赤ちゃんが感染することもあるほか、一度感染すると治りにくく、最悪の場合は全身に症状が広がる怖い病気です。ひどくなる前しっかり治療するためには、あらかじめとびひの症状や対処法を知っておく必要があります。

ここでは、赤ちゃんのとびひの症状や原因のほか、治療や予防法についてご紹介します。薄くて繊細な赤ちゃんの皮膚トラブルが気になるママさんはぜひ参考にしてください。

とびひとは?

皮膚に発疹がある赤ちゃん

とびひは、正式名称を「伝染性膿痂疹(でんせんせいのうかしん)」といって、細菌に感染することで起こる皮膚病の一つです。乳幼児に多いことから、小さなお子様をお持ちのママは十分に気をつけたいですね。それでは、ここではまず、種類や流行時期などのとびひについての基礎知識についてご紹介します。

とびひの名前の由来

細菌感染によって発症するとびひは、とびひになった部分を触った手で触れることにより他の部分にもうつり、患部がどんどん広がっていくため、火事の際に、火の粉が飛ぶことで別なところに燃え移る「飛び火」に似ていることから、「とびひ」と呼ばれるようになりました。

とびひの原因

とびひは、黄色ブドウ球菌と溶血性連鎖球菌が原因となって起こります。その中でも、乳幼児のとびひのほとんどが黄色ブドウ球菌の感染で、多くの場合、皮膚の傷から細菌が入り込むことで発症します。黄色ブドウ球菌は、ヒトの身体に存在する常在菌で、顕微鏡でみるとぶどうの房のように見えることからこのように名付けられました。

ヒトの身体の中でも、特に黄色ブドウ球菌は鼻の中やのどに多く検出されるほか、ニキビやおでき、水虫などにも見られます。また、食べ物の中で増えると食中毒の原因になることから、赤ちゃんがとびひを発症した場合は、調理の際の手洗いを十分に行いましょう。

とびひの種類

とびひ(伝染性膿痂疹)は、症状によって水疱性膿痂疹と痂皮性膿痂疹の2種類に分けられます。とびひの症状を見逃さないためにも、それぞれの特徴を知っておくこと大切です。

1.水疱性膿痂疹(すいほうせいのうかしん)

乳児や幼児がかかるとびひのほとんどが、黄色ブドウ球菌の感染で起こる水疱性膿痂疹です。細菌が出す毒素によって水ぶくれ(水疱)ができ、水ぶくれや皮がめくれた部分から染み出た液体が付着した部分にうつるのが特徴です。患部はとてもかゆくなるので、赤ちゃんが痒がって患部をひっかいたりしないよう、十分な注意が必要です。

2.痂皮性膿痂疹(かひせいのうかしん)

「痂皮」とはいわゆる瘡蓋(かさぶた)のことで、痂皮性膿痂疹はA群β溶血性連鎖球菌に感染することで起こる、大人に多くみられるとびひです。炎症や腫れがひどく、表面に厚いかさぶたができるのが特徴で、悪化すると患部の痛みのほか、発熱・喉の痛み・リンパ節の腫れなど全身症状を併発します。

流行時期はいつ?

泣く赤ちゃんの着替えをする母親

痂皮性膿痂疹は季節に関係なく発症するのに対して、乳幼児に多い水疱性膿痂疹は気温が高くなる6月~9月に多く、特に夏の暑い時期に流行します。夏場は汗をかきやすくあせもができやすい時期のため、かゆくて引っかいたところから細菌による二次感染が起きてとびひを発症するほか、虫刺され部分をひっかくことでとびひになることもあります。

冬のとびひにも要注意!

一昔前までは、とびひは夏の暑い時期に多くみられていましたが、最近、住宅の保温性が高くなり、暖房設備が充実することで、冬のとびひになる乳幼児が増えています。特に、冬場は肌が乾燥しやすいため、暖房の効きすぎ・厚着によってかいた汗を放っておくと、ちょっとした傷からとびひになってしまうので注意しましょう。

とびひの感染経路

細菌に感染して起こるとびひは、おもに接触感染によって広がります。赤ちゃんの場合は、周囲の大人や兄弟、保育園などでとびひに感染している別の赤ちゃんからうつるほか、鼻水を触った指で皮膚を引っ掻くことで感染することがあります。

一度とびひができると、本人の皮膚で感染が広がるだけでなく、他の人にもうつしてしまう可能性があります。とびひは学校保健安全法で学校感染症に指定されている伝染病のため、症状がひどい時は保育園や幼稚園を休ませたりするなどして、他の子にうつさないように気を付けなければなりません。

赤ちゃんのとびひの代表的な2つの症状

赤ちゃんがとびひにかかった場合、具体的にどのような症状がでるのでしょうか。ここでは、とびひの大部分を占める水疱性膿痂疹について主な症状をまとめました。

水ぶくれや膿がたまった膿疱

赤ちゃんがとびひの初期の段階では、小さな水ぶくれ状の湿疹ができます。それだけなら分かりやすいのですが、もともとあったかすり傷や虫刺されと同じ場所にできるため、意外と気づきにくいため見過ごされがちです。傷が治らず水ぶくれが大きく広がったり、周囲にいくつも水ぶくれができた場合は、とびひの可能性が高くなります。

赤く腫れてジクジクする

水ぶくれは大変痒いので、我慢できずに掻いてしまうと、皮がめくれてジクジクと赤く腫れた状態になります。肌で一部分だけ赤みを帯びていたり、患部から液体が染み出ている場合は、周囲に感染が広がる恐れがあるため、早めに皮膚科を受診して患部の治療を行う必要があります。

とびひの治療方法

とびひの治療で最も重要なのが、原因菌を退治することです。症状が軽い場合は、石鹸できれいに洗うだけでも改善がみられるため、ひどくなる前に病院に行って処置を受けるのが完治への近道です。とびひの治療には次のような方法があります。

塗り薬による症状の改善

包帯とガーゼ

基本的にとびひになった時には、抗菌薬(抗生物質)が入った塗り薬が処方されます。患部に薬を塗って、ガーゼで覆うことで周囲への感染を防ぎます。症状によって、炎症がひどい場合はステロイド薬、かゆみがひどい場合は抗ヒスタミン薬が使われることがありますが、それ自体に抗菌効果がないため、根本的なとびひの治療にはつながりません。

重症の場合は飲み薬の服用も

とびひは爆発的に感染が広がるため、感染した範囲が広く塗り薬による治療が難しい場合は、塗り薬と一緒に飲み薬が処方されます。また、かゆみがひどくてつらい場合は、抗ヒスタミン薬の飲み薬で改善されることから、気になる場合は医師に相談してみるといいでしょう。

とびひを予防するには

赤ちゃんが一度かかると厄介なとびひは、日常的に気をつけていれば予防が可能です。赤ちゃんをとびひから守るためにはどうすればいいか、次の4つの予防法を日頃から心がけましょう。

お風呂に入って体を清潔にする

沐浴する赤ちゃん

とびひを予防する一番の方法は、お風呂に入って体を清潔に保つことです。赤ちゃんの体はプクプクくしているので、関節や皮膚のしわに汗が溜まってかゆくなりやすいもの。汗を洗い落とすことであせもを防ぎ、とびひの原因となる引っかき傷を作らないようにするととびひが起こりにくくなるのです。

また、とびひになってしまった部分も清潔にすることで症状が軽くなるほか、薬の効果が出やすくなります。無添加せっけんを使って優しく洗い、シャワーで汚れや洗剤成分をしっかりと洗い流してあげましょう。

こまめに爪を切る

とびひは皮膚の傷から感染することが多いことから、ひっかき傷を防ぐために爪を短く切っておくのも効果的です。赤ちゃんが自分の顔に引っかき傷をつけてしまうのはよくあることですが、とびひの原因となる黄色ブドウ球菌は鼻の中に多く存在するため、鼻水に触れた指先で顔を引っ掻いてしまうことでとびひができることも。

爪切りを嫌がる時は、無理に一度に爪を切ろうとせず右と左の2回に分けて切ったり、寝ている時やほかのことに夢中になっている間に切ってしまいましょう。ただし、短い方が良いからと言って、深爪にはくれぐれも注意が必要です。

手を清潔に保つ

とびひは基本的に接触感染で広がることから、赤ちゃんの手を拭いたり洗ったりして清潔な状態を保つよう心がけましょう。何にでも興味を示す赤ちゃんの手は、指しゃぶりやいろんなものを掴んだりして想像以上に汚れているものです。汚れた手で体をかくととびひになる可能性が高まるので、外出から戻った際やおもちゃで遊んだ後は手をきれいにすることが必要です。

また、鼻水がたまっていたり鼻がつまっていると、気になってつい触ってしまうので、鼻水が出ているようならティッシュや綿棒、吸引器で取り除いてあげましょう。

4虫刺されに注意する

かゆい虫刺されからとびひになることが多いので、夏場は赤ちゃんが虫に刺されないように気を付けることが大事です。出かける際は肌が隠れる服装を心がけるほか、薄着で外に出る際にはシールタイプやウエットティッシュタイプなどの、赤ちゃんでも使える虫よけグッズ使うことで、できるだけ虫に刺されないようにしましょう。

最近は、デング熱やジカ熱のように蚊が媒介する病気が増えています。とびひ以外の病気を防ぐためにも、赤ちゃんの虫刺されには十分に気をつけたいですね。

スポンサーリンク

おすすめコンテンツ