授乳中の風邪の影響・対処法に関する記事

授乳中の風邪で病院や市販の薬・葛根湯の赤ちゃんへの影響

授乳中の風邪で病院や市販の薬・葛根湯の赤ちゃんへの影響

授乳中の風邪はどんなことに気をつければ良いの?赤ちゃんへの影響は?そんなママさんの疑問を一気に解決いたします!

マーミーTOP  >  赤ちゃん  >  授乳中の風邪で病院や市販の薬・葛根湯の赤ちゃんへの影響

授乳育児中なのに、風邪を引いてしまった…風邪薬は?何科を受診すればいいの?

マスクとティッシュとメガネ

可愛い我が子の子育て。自分一人の時はそれほど気にしなかったけれど、子育て中にはいろいろなことが気になってしまうというママさんも多いですよね。その一つが、ママの風邪です

授乳真っ最中にもかかわらず、ママが風邪を引いてしまったらどうすれば良いのでしょうか。「風邪薬は飲んでも良いの?」「何科を受診すれば良いの?」その他にも、様々な疑問点が浮かんでくるかもしれませんね!

今回はそんな授乳中に風邪を引いていしまった時に考えられる疑問などを、紹介しながら、その時のアドバイスなども紹介していきます。

風邪を引いているのに母乳を飲ませても大丈夫なのかな…?

赤ちゃんを母乳で育ているママさんは、母乳を通して赤ちゃんに風邪が感染してしまうのでは…?と心配になりますよね。結論から言うと、その点は問題ありません。母乳を通して風邪のウィルスが母体から赤ちゃんに感染することはありませんので、安心して授乳を続けてくださいね。

むしろ母乳は飲ませた方がいいのかな?

母乳から風邪ウィルスが感染しないどころか、母乳には風邪を予防する効果もあるのです!母乳は主にタンパク質、炭水化物、脂肪からできています。それらの栄養素と共に、母体の抗体が赤ちゃんに送られています。母乳には赤ちゃんの健康を守るため、免疫力を高める成分も含まれています。つまりママさんの母乳は、ママの体から作られる「ママ由来」の風邪薬と言えますよね。

また、ママさんが風邪を引いた時や、赤ちゃんが風邪を引きそうだと心配に思うことで、母乳の成分により多くの免疫物質が母乳の成分に加わるという研究結果もあります。母乳は赤ちゃんを守るため、その時その場合に合わせてその「成分」を変える事によって、「栄養」に重点を置くのか「病気」の予防につながる成分を多く含めるのかを調整しているのかもしれませんね。

具合が悪く辛い時もあるでしょうが、普段から母乳で育てているというママさんは、是非母乳を続けてあげてください。もちろん、疲れた時には無理は禁物ですよ。

母乳を飲ませる時の注意点ってないのかな…?

ママさんが風邪をひいている時に授乳しても、確かに感染の心配はありません。しかし、心配なのは赤ちゃんのそばで咳き込んだり、くしゃみをしてしまうことで、感染してしまう飛沫感染の方です。感染者の「鼻水」や「咳」「しぶき」に含まれる風邪のウィルスが、そばにいる赤ちゃんに感染してしまうことは十分に考えられます。

そのためママさんは、普段以上に感染対策をしっかりとする必要があります。赤ちゃんは、1番そばにいる分、感染の確率も高くなってしまいます。お子さんと一緒にいる時には、「常にマスクをする」「手洗いうがいはしっかりとする」「ノンアルコールタイプの消毒液をつかって、アルコール除菌するなどを、こまめに行う」など、普段よりも少し気を付けることで、より効果の高い感染予防に繋がりますよ。

間違っても、抱っこしながら赤ちゃんに向かって咳き込むなんて事がないようにしましょうね。また一緒に生活しているパパや同居の家族にも、感染対策を徹底してもらいましょう。赤ちゃんの健康を守るには、家族の協力も必要になります。

ちなみに、うがいをする際に使用するうがい薬は、物によっては赤ちゃんに影響を及ぼすものもあります。「イソジン」なども「長期間に渡る使用は避けること」と記載されておりますので、1日に何度も、何日も使うことは控えたほうが良いようです。うがい薬を使う際には、しっかりと成分や用法を確認し、心配ならば医師に相談してから使うようにしましょう。

授乳中に市販の風邪薬って飲んでも大丈夫なの?

市販の風邪薬

授乳中には薬の副作用が心配だからといって、市販薬どころか、お医者さんすらかからないママさんもいます。しかし、体調悪化や風邪を長引かせてしまう方が良くありません。もしも「風邪の治りが悪い・なかなか治らない」という時には、医師に相談するのが一番です。風邪薬の中には「授乳中の処方は避けるべき」とされているものも確かにあります。ママが薬を体に取り入れる事で、母乳を通じて赤ちゃんにも「風邪薬の成分」が運ばれてしまうことがあり得るからです。

母乳に含まれる薬の成分量は決して多くありませんが、赤ちゃんに危険が及ばないという保証はありません。特に、授乳育児期間中の赤ちゃんは、肝臓や腎臓の機能もまだ大人のようにはうまく機能せず、薬などの影響をダイレクトに受けてしまいがちです。

少しの量だからといっても決して安心は出来ず、少しの量でも毎日体の中に蓄積されていくと、その悪影響を受けてしまう場合もあります。

出産した産婦人科にて産後の病院について何も言われていないなら、普通に内科を受診するようにしましょう。そのうえで診断を受ける際には、医師に授乳中である旨をしっかり相談しましょう。また、その時には、赤ちゃんの月齢や健康状態なども詳しく説明しておくと良いでしょう。しっかりと授乳中であると医師に相談することで、産婦人科じゃなく内科でも、よりリスクの少ない安全に飲める風邪薬を処方してもらえますよ!

ちなみに市販薬の中には「授乳中の服用は控えてください」と明記されている風邪薬があります。また「眠気を引き起こすことがあります」と書いている種類もあります。そういった、商品は授乳育児中に服用してしまったら、赤ちゃんの健康への影響が少なからず考えられると言われています。特に授乳中の使用に関する注意事項が書いていなかったとしても、医者ではない私たちには「その市販の風邪薬が本当に安全なのか」ということは分からないので、手に入りやすい市販薬は飲まずに、病院で処方してもらった授乳中でも飲める薬を飲むようにしましょう。

自然治癒力にたよって「風邪薬を飲まない」という選択肢ももちろんあります。しかしママさんが健康になることが、ひいては赤ちゃんの健康を助けることになるのですから、悪化する前の早い段階で病院の診察を受けるようにしましょう。

葛根湯などの漢方薬は大丈夫なの?

葛根湯も授乳中に飲むのは控えるようにしましょう。漢方薬は、特に初期の風邪に効果的とされ、副作用が少ないイメージもありますが、体の中に取り込むものなので、全くないとは言い切れません。中には「授乳中の服用は避けた方が良い」とされるものもあります。専門の漢方医などに相談するのが良いでしょう。

仕事をしていた時に、疲れたりしていたら飲んでいた栄養ドリンクは?

栄養ドリンクのイラスト

市販の薬などは飲まない方が良いと分かりましたが、では栄養ドリンクなどはどうでしょうか。栄養ドリンクの中には、カフェインを含む種類のものもあります。もちろん少量のカフェインならば、ミルクを介して赤ちゃんに悪い影響はありません。けれど、カフェインの量が一定の量を超えてしまうと、その影響で赤ちゃんが興奮状態になり、眠りが浅くなるということが国立病院機構にて公表されています。そのため大量に飲むのはダメで、母乳を通じて赤ちゃんにカフェインの成分が取り込まれすぎないように、注意する必要があります。

もしも、仕事の時の癖で体調が優れない場合には栄養ドリンクを飲んで、体調が回復していたようママさんだったら、授乳後すぐに飲むなどし、飲んでから授乳までの時間を置くように配慮しましょう。

ちなみに、ある栄養ドリンクの説明書きを読むと「授乳中の滋養強壮」と書かれている種類の商品もあります。授乳中でも問題ないと明記されているものならば大丈夫でしょう。カフェインレスの栄養ドリンクもありますので、成分表はしっかり確認しておくとより安心です。

コーヒーにもカフェインが含まれています

栄養ドリンクと同様に、コーヒーにもカフェインは含まれています。だからといって「1滴もコーヒーを飲んではいけない!」ということではなく、母乳を通じて赤ちゃんに影響を与える可能性があることを知りつつ、1日に飲む量を自分で制限すれば、コーヒーのリラックス効果などを得ることができます。
農林水産省の発表している資料より、授乳中のママのカフェイン摂取上限量は300mgとされています。コーヒーに含まれる一般的なカフェインの量を考慮して、マグカップに換算すると2杯程度とされますので、カフェインが少ないコーヒーに代えるなど工夫してコーヒータイムを乗りきましょう。

風邪が治るまで、ミルクを飲ませたいけどその影響ってないのかな?

風邪が治るまでには、予防のために赤ちゃんを遠ざけたい、パパが面倒を見たい、という方もいらっしゃるでしょう。また風邪薬や栄養ドリンクなどの影響を考え、風邪が治るまでは断乳しなければ、という場合もあります。しかし今まで完全に母乳で育てていたのに、いきなりミルクにすることで何か影響が出ないのか心配になりますよね。安心してください。ミルクで育てること自体に問題はありませんよ。

しかし母乳とミルクならば、母乳の方が赤ちゃんの健康にとっては、望ましいですよね。赤ちゃんに必要な栄養も抗体も絶妙なバランスで含まれている母乳。もしやむを得ない事情があるということでなければ、出来るだけ母乳を続けてあげることをオススメします。

また母乳育児を続けていたのに、急にそれをストップしてしまうと、赤ちゃんだけではなくママの身体にも、影響を及ぼしてしまうこともあります。今まで数時間おきに、母乳を排出していたものがいきなりなくなることで、乳腺炎になってしまう危険性があります。

乳腺炎とは、乳房にある乳腺という管に母乳が詰まってしまうことで、胸にしこりができてしまう病気です。おっぱいが熱を持ちはじめると、「しこり」がどんどんと硬くなってしまいます。ひどくなると高熱や頭痛も併発し、専門の病院での治療が必要となる場合もあます。

乳腺炎を予防するためには、こまめに搾乳する必要があります。搾乳機を使っても良いですし、自力でマッサージしても良いでしょう。とにかく母乳を溜めすぎて詰まらせないよう、しっかり排出しておくことが大切です。

授乳中に風邪を引いてしまった時に病院に頼らない対処法って?

授乳中の風邪を、自宅で治す方法はあるのでしょうか?授乳中かは関係なく出来る、おなじみの方法で対処することができますので、具体的な方法を確認しておきましょう。

育児はパパにも手伝ってもらって、睡眠をとって疲れた体を休めよう!

ママさんにとっては、赤ちゃんの世話はもちろん、自分の健康管理も仕事のうちです。産後数年は、睡眠不足や体力不足から免疫力も弱まっています。体調が悪い時は免疫力が落ちていることから、誰でも風邪をひきやすくなりますよね。具合が悪い時にはあまり無理をし過ぎず、風邪予防に努めましょう。育児は一人で行わなければならない、というわけではありません。身近に頼れる人がいるのなら、時には甘えることも必要ですよ。風邪の時にはパパさんにも積極的に育児を手伝ってもらいましょう。

風邪のウィルスが苦手な、室内環境に設定しよう!

部屋用の湿度計

風邪のウイルスは乾燥した空気が大好きです。適度に加湿を行いウイルスが生きにくい室内環境を整えるのが、部屋の中で風邪のウイルスを「増やさない・舞わさせない」ことによる風邪予防になります。室内の湿度は50%前後に保つこと、こまめに部屋の空気を入れ替えることを心がけましょう。

加湿器を使用したり、洗濯物を室内干しにしたりするのが効果的です。またママさん自身もマスクで吸う息を保湿することで、喉や鼻のケアになります。

「風邪かな…」と思ったら、悪化させないために体を温めよう!

風邪はひき始めが肝心です。「風邪かな…」と思ったら、すぐに風邪予防に努めましょう。普段より厚着をしたり、寝る時にはいつもよりタオルケット1枚でも増やしてみたりするのも良いですよ。また家事や仕事は休みながら行い、出来るだけ安静にするよう努めましょう。首や手足を温めて、温かいスープなどを飲むとリラックス出来て風邪予防にもなります。

体を温める効果のある生姜を食べよう!

生姜

加熱した生姜には、血行を良くして体を温める効果があります。また殺菌作用があり、免疫力も高めてくれるって知ってましたか!生姜は、まさに風邪にはうってつけの食材と言えますよね。生姜を食べることで、外部から侵入したウィルスなどに対するバリア機能が高まります。

しかし生姜と一口に言っても、生の生姜と加熱した生姜では全く成分が異なります加熱した生姜にはショウガオールという成分が含まれており、お腹を温める効果があります。生姜を食べると、その他にも冷え性の改善や代謝アップも期待できます。

一方、生の生姜にはジンゲロールという成分が含まれており、吐き気を止める効果があります。また加熱した生姜とは違い、熱を発散させる作用があるので注意が必要です。風邪で上がった体温を下げたい時には効果的ですが、食べるタイミングを間違って、引き始めに摂取してしまうと、寒気をもよおす可能性があります。

「にんにく」や「スープ」を取り入れて,体を温めよう!

体を温めるためには、いつもの食事にニンニクや温かいスープなどを取り入れるのが良いでしょう。スープには体が温まる冬野菜を入れるとより効果的です。カブや大根、人参やゴボウなどの棍菜もオススメです。生姜やニンニクを入れたスープは、風邪の引き始めには効果抜群のレシピです。

スポンサーリンク

おすすめコンテンツ