おむつかぶれに馬油が効果的に関する記事

おむつかぶれには馬油が効果的!選び方と保管のポイント

おむつかぶれには馬油が効果的!選び方と保管のポイント

おむつかぶれに馬油が使えるとクチコミで話題となっています。効能/高品質な馬油の選び方/保管方法などについて紹介します。

マーミーTOP  >  赤ちゃん  >  おむつかぶれには馬油が効果的!選び方と保管のポイント

おむつかぶれには馬油で対策!使い方/選び方のポイント

赤ちゃんのおむつかぶれが繰り返されている姿を見ていると、本当にかわいそうになってしまいますよね。親としては早く何とかしてあげたいものですが、「赤ちゃんに強い薬を使い続けるのはちょっと心配…」というママも多いのではないでしょうか。

そんな方は、おむつかぶれに馬油を使ってみてはいかがでしょうか。今回は赤ちゃんのおむつかぶれへの馬油の効能、メリットとデメリット、馬油の選び方などについて詳しくご紹介していきます。

馬油ってどんなものなの?

赤ちゃんのむちむちの足とおむつの接写

馬油とはその名の通り、馬の脂肪から作られた天然素材の保湿剤のことです。馬油は人間の皮脂にとても近い成分で作られているため、赤ちゃんの角質層にもよく浸透し、高い保湿力が期待できます
おむつかぶれの原因となる炎症を抑える作用や血行を促進する作用があることから、年齢層を問わず赤ちゃんからお年寄りまで、様々な肌トラブルに活用されています。

馬油は赤ちゃんに使っても大丈夫?

こちらを見つめおむつの交換を要求する赤ちゃん

生まれて間もない赤ちゃんの肌は未成熟でとても敏感な状態。薄くて乾燥しやすい上、紫外線にも弱い赤ちゃんの肌ですが、馬油は天然成分なので赤ちゃんの全身にも安心して使うことができます。また、抗炎症作用や血行促進作用から、赤ちゃんのおむつかぶれやあせもにも効果があるとされています。

赤ちゃんのおむつかぶれに馬油を使うメリットは、天然成分で低刺激なので赤ちゃんの肌に安心して使えることや、手や顔に塗って、万が一赤ちゃんが舐めてしまっても害はないということがあげられます。また、赤ちゃん口に入れても問題ないという点で、ママの乳首ケアに使われることも多いです。

ただし、どんなに高品質な馬油であっても、馬油に含まれるたんぱく質が、赤ちゃんによっては肌に合わないケースもあります。赤ちゃんの肌に合わない馬油を使用し続けていると、かえっておむつかぶれの症状や湿疹を悪化させてしまう場合があるので、おむつかぶれに馬油を使用して異常が見られる場合には、すぐに使用を中止しましょう。
元々赤ちゃんが敏感肌で心配な方は、使用前に肌の目立たない箇所に少量の馬油を塗り、パッチテストを行うようにすると安心です。

馬油のメリット

・天然成分なので、赤ちゃんの口に入っても安心
・低刺激で赤ちゃんの肌に優しい

馬油のデメリット

・赤ちゃんによっては肌との相性が悪く、おむつかぶれが馬油で悪化する場合がある
・独特のにおいやベタつきが気になることもある

馬油選びのポイント

馬油はメーカーによって作り方や精製方法が異なります。同じ「馬油」という名前の商品でも品質が違い、不純物が含まれているものもあります。

不純物が含まれていると、独特のにおいがしたり、皮膚に浸透しにくかったりと、敏感肌の赤ちゃんだと肌トラブルを起こす原因につながりかねませんので、馬油を選ぶ時は、不純物が含まれていない高純度のものを選ぶようにしましょう。中にはビタミンEや蜜蝋などの美肌成分が含まれた商品もありますので、用途に合わせて選ぶといいですね。

また、あんまり値段が安すぎるものは純度が低い可能性があります。高ければ高いほどよいと一概に言えるものではありませんが、安売りされているものには気を付けた方がいいでしょう。
赤ちゃんのおむつかぶれで馬油を使うのであれば、名の知れた馬油ブランドである「薬師堂」のソンバーユなどから試すのがおすすめです。

ソンバーユミニ 30ml

ソンバーユミニ 30ml

薬師堂

価格:1,000円+ 税

言わずと知れた馬油のパイオニア「薬師堂」の無添加ソンバーユです。無香料なので、赤ちゃんへの香りの影響が気になるママも安心して使うことができます。「まずは少しだけ試してみたい」という方には、定番のジャータイプではなく、こちらの持ち運びにも便利な30mlのチューブタイプの購入をおすすめします。

保存方法にも注意!

馬油には防腐剤が使用されていないため、長時間ふたを開けたままの状態にしておくと酸化してしまい、特有の油臭が発生する場合があります。開封後は直射日光と高温多湿を避け、しっかりふたを閉めて保管しましょう。
長期間保管する場合は、冷蔵庫で保存するのがおすすめです。冷蔵庫で保管している馬油を使用する際は、体温で溶かすようにして使用すると浸透が早まります。

馬油でおむつかぶれ対策!使い方は?

馬油の使い方を説明するガイドの女性

おむつかぶれに馬油を使う際に、より効果をアップさせるポイントや注意点についてご紹介していきます。

肌を清潔にしてから使いましょう

馬油を使う前には、肌をきれいにしてから使うようにしましょう。おむつかぶれで馬油を塗布する場合はおむつ替えの後、おしりふきなどで清潔にしてから使います。また、入浴後のタイミングで馬油を塗るのもおすすめです。

米粒大を薄く伸ばして使いましょう

馬油をつける時、あまり量を付けすぎてしまうとベタベタしてしまいます。米粒大くらいの馬油を手のひらにとって、薄くのばすように患部につけましょう。
おむつかぶれでかゆそうなところや赤くなっているところに、しっかりめにつけてあげるようにしましょう。赤ちゃんが下痢をしている時には何度もおしりを拭くことになるので、1日に2~3回、こまめに塗り直してあげてください。

馬油使用の体験談

馬油の体験談を確認する女性

実施にお子さんのおむつかぶれに馬油を使用したという先輩ママの声を集めました。購入を検討されている方は、ぜひ目を通してみてくださいね。

シナモン
34歳

A新生児から使用

出産後、退院して1週間で赤ちゃんのおしりが真っ赤になってしまいました。完母で、1日に10回くらいオムツを替えていたのですが、その度に使用していたおしりふきが赤ちゃんに合わなかったみたいです。

病院の産後1週間検診でおむつかぶれを指摘されたので、あれこれネットで検索した結果、馬油を購入しました。おむつを替えるたびに馬油を使うようにしていたら、2日くらいでおむつかぶれがよくなり、安心しました!

おいもり
29歳

A馬油愛用中

うちの娘は汗っかきで、しょっちゅうオムツの中が蒸れて、あせもやオムツかぶれができるので、馬油が欠かせません。
以前、インフルエンザで入院して数日お風呂に入れず、おまたが赤くなってしまった時も、馬油を塗るとおしっこを弾いてくれて痛みがなくなったようで助かりました。

夏場は予防のために、あせもができる前からオムツの腰まわりとかに馬油をつけることもあります。子供は代謝がいいので、馬油で保湿していればオムツかぶれはすぐによくなりますよ♪

みるく
32歳

Aステロイドから切り替え

4歳と2歳の姉妹がいます。あせもやおむつかぶれができた時に、いつも皮膚科でステロイド薬を処方されていたのですがなかなか湿疹が治らず、ステロイドを使用し続けることに抵抗が出てきたので「それなら…」とオーガニックな馬油を使うようになりました。

肌を清潔にするようにして馬油をつけていたら、湿疹も早く治る気がします。今は馬油を使うことが多く、よほどひどい怪我だけステロイドを使うようにしています。

親子揃ってトラブル知らずの肌に!

馬油には「肌に合う・合わない」の相性はあるものの、赤ちゃんのおむつかぶれからママの乳首ケアやスキンケアまで、年齢を問わず使えることを考えると、コストパフォーマンスの良さが伺えますね。
「子供のおむつかぶれ、何を選ぶか悩む…」「赤ちゃんのためにも肌に優しいスキンケア用品を選びたい!」というママは、ぜひ馬油を取り入れてみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

おすすめコンテンツ

この記事を書いたライター
小森ひなた

小森ひなた

子育てと仕事に頑張る共働き主婦です!ルンバ貯金始めました♪