哺乳瓶の消毒はいつまで必要?に関する記事

哺乳瓶の消毒はいつまで?方法/必要性/やめるタイミング

哺乳瓶の消毒はいつまで?方法/必要性/やめるタイミング

哺乳瓶の消毒は大切だけどいつまでも続けるのは大変!哺乳瓶の消毒をいつまで続けるか、止めるタイミングについて紹介します。

マーミーTOP  >  赤ちゃん  >  哺乳瓶の消毒はいつまで?方法/必要性/やめるタイミング

哺乳瓶を消毒して赤ちゃんの健康を守りましょう

赤ちゃんが生まれて、赤ちゃんとの生活もいよいよスタート!ママのオッパイに頼っていた赤ちゃんが成長するにつれて、哺乳瓶を使う機会が増えてきますね。
その時にふと頭によぎるのが「哺乳瓶の消毒って、いつまですればいいの?」という素朴な疑問。

まわりのママに聞いてみたいけれど「面倒だから消毒をやめたがっているなんて思われたらどうしよう…。」なんて、一人で迷ってしまうことも多いですよね。
今回はママの不安を解消する、哺乳瓶の消毒の必要性消毒をやめる時期などについてご紹介していきます。

哺乳瓶の消毒は一体いつまで必要なの?

おしゃぶりを咥える赤ちゃん

赤ちゃんが使う哺乳瓶の消毒は、赤ちゃんの健康と命を守るためには必要不可欠です。
赤ちゃんはママの体からある程度の免疫を受け取って生まれてきますが、それでも大人の半分程度の免疫力しかありません。
病原菌に対する抵抗力も病気にかかった時の回復力もとても弱く、少しの細菌でも命に危険が及ぶ可能性もありますので、赤ちゃんが口にする頻度の高い哺乳瓶は消毒して、リスクを防いであげてくださいね。

赤ちゃんは生まれた直後からママから受け取った免疫が急激に低下し、3ヶ月を過ぎた頃から徐々に回復して、1歳になることにようやく生まれた頃とレベルに戻ります。
暖かく栄養豊富なミルクは細菌が繁殖しやすいので、安全を期するためには新生児期から生後4ヶ月を過ぎるまではしっかりと哺乳瓶の消毒をすることをおススメします。

4ヶ月を過ぎて赤ちゃんの活動が活発になってきたら、感染症の多い梅雨時や夏場、赤ちゃんの体調が良くないときだけでも消毒をしてあげると安心ですね。

どの消毒方法を選んでも得られる効果は同じ

電子レンジ殺菌

哺乳瓶の消毒方法には、昔ながらの煮沸消毒や次亜塩素酸ナトリウムが微生物と反応することを利用した薬剤消毒、電子レンジを使った電子レンジ消毒などいくつかの方法があります。どの方法が一番消毒効果的かというというのは、難しい問題ですね。

薬剤消毒は、熱に強い芽胞を作る枯草菌などには熱を使う消毒よりも効果が高いなどのように、消毒方法によって特徴はありますが、どの消毒方法も基本の手順を守って消毒をすればどれも高い殺菌効果を発揮します。
「どの消毒方法が一番安全」と考えるよりも、「どの消毒方法が自分に一番合っているか」と考えた方が、消毒方法を選びやすいでしょう。

生後間もないころは育児に大変手間がかかりますから、哺乳瓶の消毒方法も簡単にできるものが一番です。
それぞれの消毒方法のメリット・デメリットを検討して、自分にとって使い勝手の良い消毒方法を選んでいきましょう。

自分にあった消毒方法を選びましょう!

  • 煮沸消毒

専用の鍋にたっぷりのお湯を沸かし、哺乳瓶や乳首を入れて3~5分煮沸して消毒します。
特別な道具もいらず自宅にあるもので消毒ができますが、消毒中はその場から離れられないので手間がかかります。

  • 薬剤消毒

ミルトンなどの次亜塩素酸ナトリウムを主成分とする薬液に哺乳瓶や乳首を1時間以上漬けて消毒をします。
薬剤は一度作れば24時間以内は繰り返して使え、薬液から出してすぐに調乳ができるので簡単ですが、薬液の匂いが気になる人もいます。

  • 電子レンジ消毒

哺乳瓶や乳首を、水を加えた専用のケースに入れ、家庭用電子レンジで加熱して高温スチームを作り、熱消毒をします。
専用のケースはそのまま保管容器にもなり便利ですが、高熱のスチームを利用するため火傷に注意をするなど取り扱いが難しい面があります。

哺乳瓶を安全に洗うポイント

哺乳瓶

哺乳瓶の洗い方ですが、消毒方法と同様にこれもあまり神経質になる必要はありません。
雑菌が好むのは、哺乳瓶や乳首の溝に入り込んで残ったミルクの残りカスです。授乳が終わったら、間をおかずにしっかりと流水を使って丁寧に洗い流してくださいね。

基本的に家族と同じスポンジを使っても問題はないのですが、肉や魚などの生ものに触れたスポンジは衛生状態が悪くなってしまうので、哺乳瓶専用のスポンジがあると安心ですね。
洗剤もしっかりすすげば問題はないのですが、気になるようだったら赤ちゃん用の低刺激な洗剤を使えば安心ですし、あるいは洗剤なしで洗ってもOKです。

洗った後は水滴も雑菌の繁殖場になるので、自然乾燥をせずに布巾で拭いて水滴はとっておきましょう。使ったスポンジもしっかり水を切って乾燥させておけば、次回の調乳時にも安心です。

哺乳瓶を洗う時にあると便利な道具

  • 哺乳びん用のボトルブラシ

丈夫なガラス製はナイロンブラシ、傷が残りやすいプラスチック製の哺乳びんは柔らかいスポンジなど、哺乳瓶によって使い勝手の良い、柄の握りやすいブラシを選びましょう。大小2つあると便利ですよ。

  • 乳首専用のブラシ

乳首の形にあった専用ブラシがあると、ミルクのカスのたまりやすい細かい部分もしっかり洗えます。

哺乳瓶の消毒はなかなかやめられない?

哺乳瓶を使っているママ達は、いつごろまで哺乳瓶の消毒を続けているものなのでしょうか?

2014年にミルクメーカーの森永乳業株式会社が行ったアンケートによれば、「3ヶ月まで消毒をしている」ママは全体の7.8%と少なく、全体の51.8%のママが「7ヶ月以上、哺乳瓶を使い続けている間は消毒を続けている」という回答結果が出ています。
実際には赤ちゃんの免疫機能が向上してくる生後3~4ヶ月頃を目安に、哺乳瓶の消毒をやめても支障はないのですが、意外と長く続けているママが多いようですね。

森永乳業が14年前に行った同様のアンケートでは、今回とは逆に「3ヶ月まで」が全体の38.1%と圧倒的に多く、「7ヶ月以上、または哺乳瓶を使っている間はする」ママは全体の25.4%と逆転する回答が出ています。
この14年間で電子レンジ消毒などの手軽にできる消毒法が普及し、消毒をやめる理由がないから続けていたというママが増えているようです。

哺乳瓶の消毒はいつまで続けても問題はありませんし、衛生意識が高いことは良いことなのですが、赤ちゃんが1歳を迎えるまでは何かと忙しく、ママもまだまだゆっくり休んで、体の回復が必要な時期でもあります。
赤ちゃんの哺乳瓶は生後3~4ヶ月でやめても大きな支障はありませんので、省ける手間は省いて、生活にゆとりを持ってもいいかもしれませんね。

哺乳瓶の消毒どうしてた?先輩ママに調査!

育児書などを見ると「哺乳瓶の消毒はしっかりとしましょう」という記載が目立ちますが、実際のママたちはどのような方法で哺乳瓶の消毒に取り組んでいるのでしょうか?先輩ママの体験談をいくつかチェックしてみましょう。

はもち
34歳

A哺乳瓶の消毒は必要?なんですよね?

二人の子供を持つママです。上の子が生まれたときは病院で「哺乳瓶はその都度消毒をして使いましょう」と指導されていたので、子供が1歳を過ぎて哺乳瓶をやめるまで頑張って消毒をしていました。
しかし…2年後に下の子を産んだ時に、同室になった3人目を産んだママが「哺乳瓶なんて今まで一度も消毒したことないよ」と言っていてビックリ!

他のママにも思い切って聞いたら、離乳食を始めるくらいでやめているママが多かったので、私も下の子の時は6ヶ月でやめました。何の問題もなくスクスク育っています。

マチコ
28歳

A完ミじゃないけど哺乳瓶は毎日使ってました!

男の子一人のママです。私の場合は母乳とミルクと混合保育だったので、哺乳瓶はしっかり洗って消毒をしていました。

でも、4ヶ月を過ぎで息子が寝返りを始めるとあっちこっちを舐めはじめ、落ちたおしゃぶりもアーンとやっているので、「哺乳瓶だけを消毒する意味ってあるのかな?」と疑問を感じて、4ヶ月過ぎ頃から消毒をしたりしなかったりでした。

でも、周りのママは「消毒しっかりしないと!」ってみんなマジメなので、消毒をいい加減にしていることは秘密にしてました。「親の義務よ!」なんて目くじら立ててくるママもいるので…。

ももこ
31歳

A電子レンジ消毒が楽ですよ

哺乳瓶の消毒は、薬剤を使うか煮沸でするか悩んだのですが、子供を産んだ産院で薬剤消毒の試供品をもらったので、初めは薬剤消毒をしていました。でも、思ったより哺乳瓶につく薬の匂いが気になってしまって、途中で断念。

そのころ、ちょうどピジョンの電子レンジ消毒が出始めた頃だったので、まずバックタイプのものを購入して試してみました。そしたらこれがすごく楽!洗ってそのままチンして、終わったら水気を払っておくだけでいいんですもん。

その後、専用ケースも買って子供3人ともお世話になりました。子供が大きくなって野乳ビン消毒をしなくなってからは、子供の肉マンを蒸すために活用してますよ。

神経質に消毒しなくてもOK!ゆったりと育児を楽しみましょう

今、日本は世界の中でも出生児童の致死率がきわめて低い国となっていますが、昔は子供が7歳まで生きることができないことも多くありました。
そういった悲しいことがなくなってきたのは、抵抗力のない赤ちゃんが病原菌に感染しないよう、しっかりと衛生対策をとったからで、哺乳瓶の消毒で命を救われた子供の数はとても多いのです。

ちょっと面倒ではありますが、哺乳瓶の消毒は大切なことだという意識を持って、哺乳瓶だけでなく、赤ちゃんの離乳食が始まったら赤ちゃん用食器も哺乳瓶と同様に消毒をしていきましょう。

ただし、赤ちゃんはいつまでたっても赤ちゃんではありません。哺乳瓶や赤ちゃん用の食器の消毒をやめるということも、育児の上では必要なステップのひとつです。

衛生を保つことは大切ですが、神経質になりすぎてはママの負担が大きくなってしまいます。育児に疲れていて面倒だと感じたら、たま~に消毒をすっぽかしても大きな影響はありません。
消毒の時間を省いた分、赤ちゃんと遊んだり、自分の好きな音楽を聴くなどして、ゆったりとした気分で育児を楽しんでくださいね。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

この記事を書いたライター
波多野愛子

波多野愛子

第一子から15年間保育園に通い続け、まだまだ記録更新中です!