新生児があまり泣かない理由に関する記事

新生児が泣かないのはどうして?よく寝るけど自閉症?障害?

新生児が泣かないのはどうして?よく寝るけど自閉症?障害?

新生児があまり泣かないと、病気なのか障害なのかと不安に感じてしまいます。泣かない理由の見極め方について見ていきましょう。

マーミーTOP  >  赤ちゃん  >  新生児が泣かないのはどうして?よく寝るけど自閉症?障害?

新生児が思ったよりも泣かない!考えられる理由について

「赤ちゃんは泣くもの」「とりわけ新生児は泣いてばっかりが普通」そう思い込んではいませんか?新生児が思ったよりも泣かないとき、どのような理由が考えられるのか見ていきましょう。また、以前に新生児が泣かないことで不安になっていた先輩ママの体験談も紹介します!

泣く理由がない

赤ちゃんが泣くには、たいてい理由があります。お腹がすいていたり、おむつが気持ち悪かったり、なかなか眠れなかったり、抱っこしてほしかったり、ただなんとなく不安に感じたり・・・話すことができない分、言いたいことは泣いて表現しちゃいます。

けれど、赤ちゃんが泣いて自分の思いを表現することよりも、先にお母さんがその思いに気付いて対応をしてあげると、赤ちゃんには泣く必要がなくなってしまいます。いつも快適な環境で、おなかも気持ちも充分に満たされているなら、泣かない気持ちがなんとなく理解できますよね。

我慢強い性格である

赤ちゃんの寝顔

新生児は、まだまだ発育途中ですがそれでも一人ひとりの性格には個性があります。ちょっとお腹が空いただけで大きな声で泣いてしまう赤ちゃんや、少しくらいお腹が空いただけでは泣かない赤ちゃん、お腹が空いたら泣くのではなくて、ぐずぐずと機嫌が悪くなることで表現をする赤ちゃんなど、比べてみれば、個性って新生児の頃から備わっているのですね!

普段あまり、泣くことの少ない新生児は我慢強い性格だからこそ、泣くことが少ないのかもしません。

けれど、我慢強くて泣かない子どもだからといって、お母さんやお父さんに何も要求がないわけではありません。

泣かない性格なんだということを理解してあげて「お腹が空いていないか?」「おむつが濡れていないか?」「快適な環境でねむることができているか?」をこまめにチェックし、泣くこと以外でママにはこうして欲しいと表現しているかもしれないので、その気持ちをすくい取ってあげましょう。

先輩ママの体験談~医師の一言で安心

さくら
32歳

A1ヶ月健診で医師の一言で安心!

私は、子育て初体験で育児休暇を取る前には経理の仕事をしていたから、数字を事細かく守る癖がついてしまっていたのか、新生児期の授乳間隔は母乳だと3時間くらいで、母乳を飲みたくなったり、オムツを取り替えてほしかったら泣くなどで、「大体2時間間隔で泣くよ」とも学生時代の友人が、教えてくれた時間とかがとにかく気になっていました。

いざ子育てをしてみると、授乳間隔などは言われている通りに3時間くらいとかの時間どおりになることが多かったのです。でも「私の息子は、それほど泣かない日々が続いていたんですよね」それで、心配になって病院に相談にいこうかと悩みましたが、もうじき1ヶ月健診だから、その時に相談しようと決めました。

1ヶ月健診で医師に相談してみると「そういう相談は、これまで何度もうけてきました。赤ちゃんにも個性があって泣く回数が多い泣きむしな子もいれば、少ない子もいますよ。僕もこれまでそういう赤ちゃんの個性をいっぱい見てきたら大丈夫です。それと、泣かなくて手のかからない子だからと勝手に思って、放置しすぎるのはダメですよ、愛情をしっかりと与えてください」と言われて、それまでの数日間あれこれ悩んでいたことが解消されました。

病気などで体力がない

泣くことって意外と体力がいるんです。お母さんも自分が泣いた事を思いだして見て下さい。最近だと、我が子が誕生した時かもしれませんね「泣いた後には、お腹が空いてしまったりしませんか?」泣くと、体力を使ってお腹が空いてしまいます。

新生児期は黄疸にかかりやすくて、そのほとんどが一過性の生理的症状ですので、特に心配する必要はありませんが、黄疸にかかっているときはその病気を治すために体力が消耗されてしまっているために、泣くためのエネルギーが残っていない可能性があります。

また、他の病気にかかっていて泣くためのエネルギーがないこともあります。風邪などの感染症のときなどは「お腹がすいていたり・抱っこしてほしい」と思ったりしても、泣く余力が残っていないことが多くあります。

あまり泣かない原因が病気だと分かっているときには、赤ちゃんに余計な体力を使わせないように、赤ちゃんの求めを早めに察知してあげるようにしましょう。まだ、病気が原因かどうかがわからない時には、起こしてみてもなかなか起きずに、寝てばかりいたら病気かもしれないと思って、早めに病院を受診してその原因を突き止めるようにしましょう。

1日のほとんどを寝てばかりいるから

寝ながら微笑む赤ちゃん

新生児期の赤ちゃんは、特によく眠ります。一日の睡眠時間は16時間 ~ 18時間くらいで、中には20時間以上も眠っている新生児もいます。赤ちゃんは寝ながら笑ってママを癒してくれることもあったり、夜泣きがひどくてママを困らせてしまったりします。

新生児の頃は、起きている時間は数時間程度でしかないので、その起きている時間で泣く回数というのは「オムツを替えてほしい時」や「おっぱいを飲みたい時」などの数回程度であって、ママが思っていたほど泣かないことも多いのかもしれません。

先輩ママ体験談~あまり泣かないのは遺伝かな

そばかす
29歳

A良く寝るのもあまり泣かないも遺伝なのかな(^^)

私には、2歳年上の姉でいて私よりも、1年早く結婚~出産しました。姉の子育て体験談によると「新生児もそうだけど、赤ちゃんは泣くことが仕事みたいなもんだから、泣いたら早く対応してあげる。しんどい事もあるけど、寝顔や笑った時の表情に癒される」との事でした。

姉から1年遅れのタイミングで、私も結婚~出産しました。けど、私の赤ちゃんは姉に言われたほど泣かないので、心配になってしまって、姉や母に相談しました。すると母は「それは、心配しなくても大丈夫だよ。昔のあんた達にソックリだよ(笑)、あんたの娘は気が強くて寝てばかりいる私と性格と似ていて、お姉ちゃんの子供なんかは、気が弱くて神経質で寝つきが悪いあんた達のお父さんにソックリだし。」

母にそう言われてからは、私の赤ちゃんは、私みたいに寝るのが大好きで、たまに20時間以上も寝ることもあったりして、ちょっぴり気が強そうで、泣く回数自体は少ないけど・・・一回泣くと「ワァーワァー」と自己主張が強めに泣いてしまうことなんかも、おばあちゃんとママに似ているのかぁ~と妙に納得してしまいました。

サイレント・ベビーの前兆かも・・・

指を咥えながら眠る赤ちゃん

サイレント・ベビーとは「あまり泣かない」「あまり笑わない」などの感情表現が乏しい特徴をもつ赤ちゃんの事をいいます。一般的には、社会的微笑みを見せ始める生後2ヵ月頃からあまり笑わないと、その疑いや傾向があると言われております。

サイレント・ベビーは、生まれついた時からそういう傾向をもっているわけではなくて、赤ちゃんが泣いて自分のどうにかしてほしい気持ちを伝えているにもかかわらず、ママやパパがあまり対応してくれないことで「泣いてムダなのかも・・・」と赤ちゃんに思わせてしまうことが原因でなってしまいます。

サイレント・ベビーになってしまうと、言葉を覚えるのが遅れてしまったり、社会性がなかなか身につかなくなってしまいます。ですから、その疑いがあったら早く気づいてあげて、早急に何かしらの対策をとってあげるべきかもしれません。

対策といっても簡単です。赤ちゃんをいっぱい抱っこしてあげたり、スキンシップをたくさんとってあげたりすることで改善していきます。新生児期の早い時期に、「もしかしたらサイレント・ベビーの兆候があるかも…」と気がついてあげて、対策をとってあげるといいかもしれないですね!

発達障害

子供が乳幼児だった場合、初めての子育てにとまどう親も多く、どこに相談したらよいのかわからないことも多くあります。子どもの発達を多数の専門家を交え、様々な角度から確認できる乳幼児健診の場は、子どもの発達障害の早期発見と、早期支援のためのいくつかの条件がそろっています。

(注1)

発達障害には様々な誤解があって厚生労働省は偏見のないきちんとした理解をもとめています。(注2)

自閉症やアスペルガー症候群などの全ての発達障害に当てはまるわけではありませんが、幼児期になって発達障害と診断される子どもには、新生児期にあまり泣かなかったケースが多いということが報告されています。また「お腹がすいたと」か「おむつがぬれた」などの体に関する気持ち悪さに鈍感なことや、「自分の体に触れられることを嫌がる」ことなどの特徴も、発達障害の子どもが幼児期だった頃に見受けられると報告されています。けれど、発達障害であるのかどうかについては、新生児の時期にはまだ診断することができません。ですから新生児の頃にそういった特徴が仮にあったとしても、デリケートになって気にしすぎる必要はありません。

赤ちゃんに添い寝する母

新生児があまり泣かない理由は「ママが要求を満たせてあげていること」や「個性」や「一過性の病気にかかってしまって体力がない」などの理由で泣かないことがほとんどなので、安心してください。

新生児の頃は心配することが多いかもしれませんが「お腹がすいていないか?」「おむつを交換したほうがよいのか?」、など赤ちゃんが気持ちよく過ごせているかをこまめにチェックし、たくさん抱っこしたり・話しかけたりして愛情たっぷりに育てましょう。

先輩ママの体験談

ネガっ子
36歳

A心配症すぎるかもしれない私・・・でも安心!

友達よりも、結婚と出産が少し遅れた私は、友人からいっぱい子育て談を聞かされていました「赤ちゃんってよく泣くものだよ」とみんなが口々にいうものだから、そんなに疑いを持たずにそうなんだぁ~と思っていました。いざ、自分の赤ちゃんを育ててみると、なんだか思っていたほどには泣かないことが多くて、心配性でネガティブな私はその理由を色々と調べてみたら「もしかしたら、発達障害かもしれない・・・」と思っていました。

1ヶ月健診・3ヶ月健診の度に、医師にしつこく「大丈夫ですか?」と聞いていました。医師の助言ももちろんありましたし、中でも一番大きかったのは「アドラーの心理学」をたまたまネットで知って本を購入してみたところ「心配は自分が創り出している」的な一文があって、ハッと気づいて今までの私の人生を振り返ってみて、そうかもしれないと思えました。

毎日、そんな心配ばかりしていては気疲れして、赤ちゃんの面倒をちゃんとみてあげられないと改心できました。それに、発達障害がどうかを診断できるような年齢になって、診てもらったけど何も問題はありませんでした!

注意!泣かないからと放っておいてよいということではない

新生児の頃の赤ちゃんは「泣くものだと思いすぎてしまうこと」は、先輩ママの体験談などを通じても、なんとなくいけないような気がします。友達やお姉さんの子育て体験だからって、その全てを真に受ける必要なんてないのかもしれません。新生児にだって、個性があっていっぱい泣く子もいれば、泣かない子もいます。また、お母さんが泣く前にきちんと対応してあげていること、病気で泣く体力がないことなども、新生児が思ったほどには泣かない理由です。

赤ちゃんが泣くとお母さんは「どうしよう」「何かしてあげなきゃ」と考えますが、泣かないときは「何もないのね」「満たされているのね」と考えて赤ちゃんを放っておいてしまいがちになります。

そういう考えでいることが、新生児期を過ぎた赤ちゃんがサイレント・ベービーになってしまうことと繫がっているのかもしれません。

もちろん、24時間いつでも赤ちゃんに構ってはあげられませんが、子育ての時期で新生児期は、一番スキンシップや愛情を必要とする時期かもしれませんので、泣くことが多い子であれ、泣かなくことが少ない子であれ、変わらずにたくさん抱っこして赤ちゃんが快適に過ごせているかチェックするようにしましょう。泣いていても、泣いていなくても赤ちゃんには、変わらずに愛情を与えてあげるのが子育てには、大事なのかもしれません。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

この記事を書いたライター
小森ひなた

小森ひなた

子育てと仕事に頑張る共働き主婦です!ルンバ貯金始めました♪