乳糖不耐症のミルクの切替えに関する記事

乳糖不耐症用ミルクはいつまで?ミルクの切り替えと与え方

『乳糖不耐症用ミルクはいつまで?ミルクの切り替えと与え方』

乳糖不耐症のミルクの切り替え方、戻し方、与え方のコツと下痢が続くときのケアについて解説します。

マーミーTOP  >  赤ちゃん  >  乳糖不耐症用ミルクはいつまで?ミルクの切り替えと与え方

乳糖不耐症のミルクはいつまで?乳糖不耐症治療ミルクの与え方

乳糖不耐症の特徴として下痢が続くことが挙げられますが、赤ちゃんの下痢が長く続く様子は、とても可哀そうですね。赤ちゃんがウィルス性感染症や胃腸炎を発症したあとに、下痢の症状が長引くときは、乳糖不耐症の回復を促すためにミルクを調整することもあります。

これは、乳糖不耐症の症状である下痢や嘔吐が、胃腸炎などの炎症で胃腸や消化機能が低下して母乳やミルクを分解吸収する酵素の分泌が著しく低下することが理由です。赤ちゃんの乳糖不耐症とミルクの関係や、ラクトレスミルクの切り替えや期間など赤ちゃんが乳糖不耐症のときのミルクの調節とケアについて詳しく解説していきます。

乳糖不耐症のミルクの与え方・ケア

乳糖不耐症用ミルクで治療中の赤ちゃん

新生児など生まれたばかりの赤ちゃんにとってミルクは主たる栄養源です。しかし、乳糖不耐症は一時的にミルクに含まれる乳糖を分解できずに起こる消化不良。つまり、赤ちゃんの下痢が乳糖不耐症によるものである場合、ミルクが乳糖不耐症を長引かせてしまう原因になりかねないため、ママとしては対応に困ってしまいますね。

乳糖不耐症の時のミルクや赤ちゃんへの授乳はどのようにすればよいのでしょうか?赤ちゃんが乳糖不耐症と思われるときは、ミルクの与え方をはじめとする適切なホームケアを行っていきましょう。

下痢の原因 乳糖不耐症とミルク

風邪やウィルス性胃腸炎などの後に下痢の症状が長引く二次的乳糖不耐症の場合、ミルクを飲んだ後の下痢、嘔吐などが赤ちゃんの症状として挙げられます。

赤ちゃんの乳糖不耐症 症状

●酸っぱいにおいがする便。

●ミルクを摂取したあとに下痢が続く。

●便が泡立っている、水っぽい状態である。

以上のような症状が目立つ赤ちゃんには、基本的には今まで与えていたミルクを切り替えたりといった調整・対応が必要になります。要するに赤ちゃんの二次的な乳糖不耐症は、乳糖を含むミルクや牛乳などの乳製品が消化出来ずに起こる症状ですから、下痢を引き起こしてしまう乳糖を含むミルクや食品を一時的に除去するということです。

下痢が長く続くと脱水症状や栄養不足に陥ってしまいます。特に離乳が完了していない乳児に関しては、栄養の面において適切な専門医師の指示のもとに治療とケアが必要になってきます。

スポンサーリンク

乳糖不耐症の種類

乳糖不耐症の説明をしてくれる医者

赤ちゃんの乳糖不耐症には先天性と後天性の2種類があります。一般的に多いのはウィルス性胃腸炎などから、ラクターゼという乳糖分解酵素の分泌が減少することで乳糖を分解吸収出来ずにミルクを飲んだ後の下痢が続く、という後天性乳糖不耐症ですが、この他にも乳糖分解酵素を分泌できないもともとの体質による場合を先天性乳糖不耐症があります。

ミルクを飲んだ後の下痢の症状が長引いて乳糖不耐症の疑いがある場合は、先天性か後天性かを見極める必要がありますから専門医師への相談のもと治療とケアを進めていきましょう。

乳糖不耐症とミルクの切り替え

いつも赤ちゃんに飲ませているミルクが赤ちゃんの下痢症状の原因であるときは、赤ちゃんの消化負担を軽減し乳糖不耐症の回復を促すための治療用ミルクに切り替えることが多いです。

しかし、乳糖は赤ちゃんの発育に大切な栄養素であるため、乳糖を含まない治療用ミルクを長期的に用いるとなると赤ちゃんの栄養不足が心配になってきます。
赤ちゃんの発育に必要不可欠とも言えるミルクですから、勝手に判断して実施するのではなく、「赤ちゃんが乳糖不耐症であるかどうか」また「ミルクの切り替えが必要なのか」など専門医師の判断が必要です。ミルク切り替え前に赤ちゃんの栄養面について、小児科専門医師、助産師、管理栄養士などに相談し授乳指導を受けるようにしましょう。

乳糖不耐症治療用ミルク

ノンラクトミルク用に新しく購入した哺乳瓶

乳糖不耐症の赤ちゃん用にさまざまな代替ミルクが出されています。タンパク分解乳や、大豆乳のように大豆成分で出来ているミルクや、アミノ酸乳のようにアミノ酸のみで作られているミルクなどがあります。いずれも乳糖不耐症の赤ちゃんのために出されていますが、まれに大豆成分にアレルギー反応が出る場合もありますから注意が必要です。

受診時に無乳糖のミルクが必要と判断されたなら、無乳糖ミルクへの切り替えを指示されますし、病院で出してもらえることもあります。

スポンサーリンク

代替ミルクの摂取期間&ミルクを飲まないとき

いつまでもミルクを飲まないワガママ赤ちゃん

乳糖不耐症用ミルクをあまり飲みたがらない赤ちゃんに手こずるママも多く、乳糖を含まない特殊ミルクはいつまで飲ませるべきかも気になるところでしょう。
赤ちゃんの便の様子や回復を見ながら、だいたい2週間を目安に徐々に普通のミルクもしくは母乳に戻していくのが一般的なようです。

◆◆ 赤ちゃんが乳糖不耐症ミルクを飲んでくれない!

ラクトース無配合のミルクは各メーカーで出されています。ミルクの味は各社で違うこともあるので、赤ちゃんが無乳糖ミルクを飲まないときはいくつかのメーカーを試してみるとよいでしょう。
乳糖の分解消化を助ける処方薬を出してもらって、いつものミルクを飲ませる方法もあります。母乳の場合は、ミルクより赤ちゃんの消化吸収にやさしいこともあり処方薬+母乳継続というケースが多いようです。

乳糖不耐症時のミルクの対応&主な治療方法

●乳糖の分解消化を助ける処方薬を飲ませる

●乳糖を含まないラクトレス、ソーヤミルク、ボンラクトなど特殊ミルクに切り替える

※乳糖を含まない特殊ミルクは薬局などでも購入出来ますが、自己判断は経過や今後のケアに大きく影響しますので、必ず医師の判断と指示のもとで実施することが大切です。

下痢があるときの基本的ケア

赤ちゃんの下痢が続く原因は乳糖不耐症であることがとても多いのですが、普通の下痢と乳糖不耐症の下痢の区別ってとても難しいですね。
下痢の原因が乳糖不耐症であるなら適切な診察・治療が赤ちゃんの回復を促しますが、病院に行くまでに家でのケアも大切です。

以下では、ミルクを主たる栄養源とする月齢の赤ちゃんに下痢の症状があるときのホームケアのポイントを解説していきます。夜間や休日など診察時間外にあり救急ではないときは、ママが適切なケアをしながら、赤ちゃんの様子や症状をしっかりと観察を。

下痢の症状があるときのミルク・離乳食

下痢の症状があり渋い表情をする赤ちゃん

家で経過観察できるレベルの下痢の症状であれば、ミルク量を3分の2から2分の1程度にミルクを薄めるなど乳糖不耐症も視野に入れ乳糖の量を調節して様子をみましょう。下痢の症状があるあいだは水分を多めに、下痢が回復してきたら段階的にルクの量、すなわち乳糖の量を増やして通常のミルクの濃さに戻します。

◆◆ 脱水症状に注意

長引く下痢のときは脱水症状に気を付けましょう。脱水症状を防ぐためには、湯ざましや麦茶赤ちゃん用イオン飲料などで水分補給をさせる方法が一般的です。

赤ちゃんがぐったりしている、顔色が悪い、唇が乾燥している、水分を摂取出来ないなどの場合はすでに脱水症状を引き起こしていると考えられるため速やかに救急対応を行っている病院に連れて行きましょう。

◆◆ おしりかぶれにも注意

赤ちゃんに下痢の症状がみられるときは、おしりのかぶれにも注意してあげましょう。
乳糖不耐症である場合、下痢が長引くことは多くあります。乳糖不耐症のときの下痢は肌荒れを引き起こしやすいため、おむつ替え時はいつもより入念な肌ケアを。

◆◆ 離乳が進んでいる赤ちゃん

離乳食が進んでいる赤ちゃんであれば離乳食中心に栄養を摂取し、ミルクを中断し乳糖摂取量を調節することが出来るため、これだけでかなり改善が期待出来ます。

しかし基本的に離乳食は消化に負担がかかります。離乳食の進み具合はあまり気にせず、冷たいものや繊維の多いものなどを避けて一段階前に戻ってより消化にやさしい柔らかい離乳食を少しずつ与えるようにしましょう。

乳糖不耐症の赤ちゃんのケア

赤ちゃんへの授乳は、赤ちゃんの1日の生活の大半を占めることからも、乳糖不耐症へのミルクの切り替えという対処療法はお母さんにとっても赤ちゃんにとっても大変な作業です。回復の経過を見ながらですから、長期的に根気よく治療を進める必要があります。
一日も早く回復することが、赤ちゃんの発育を順調に進めることになりますから焦らずにケアにあたることがとても大事です。

スポンサーリンク

スポンサーリンク