赤ちゃんの歯磨きをガーゼでに関する記事

【赤ちゃんの歯磨き】ガーゼを使う方法/嫌がるときの対策

【赤ちゃんの歯磨き】ガーゼを使う方法/嫌がるときの対策

せっかく生えた赤ちゃんの新しい歯、できればきれいなまま虫歯になって欲しくないですよね。赤ちゃんの歯磨きはガーゼで優しく!正しいケア方法やコツを知って、これからの歯磨き習慣を身につけさせましょう。

マーミーTOP  >  赤ちゃん  >  【赤ちゃんの歯磨き】ガーゼを使う方法/嫌がるときの対策

赤ちゃんの歯磨きはガーゼから!回数/方法/コツを解説

赤ちゃんの歯が生えてくると、パパやママはその成長の証に喜びを感じることでしょう。でも、成長とともに悩みも増えるように、歯が生えると「虫歯にならないかな?」「でも…歯磨きってどうすればいい?」と気になってしまいますよね。

赤ちゃんの初めての歯のケア方法としては、ガーゼを使った歯磨きがおすすめです。良い歯磨き習慣を身に付けるために知っておくと安心な、正しいガーゼ歯磨きの方法やコツを紹介していきます。

赤ちゃんの歯のケアはいつから?

下の前歯が生えた赤ちゃん

個人差もありますが、生後6カ月頃になると下の前歯が2本生えてくる赤ちゃんが多いです。本当に小さい歯ですよね!ちょうどこの時期に離乳食を始めるママも多く、より虫歯が気になってしまうのではないでしょうか。

また、この2本の歯が生え揃った頃に、歯のケアを意識し始めるママも多いようです。ケアといっても大人のように歯ブラシで磨くのではなく、授乳や離乳食の後に、湯さましを飲ませて口の中をすっきりさせてあげたり、ガーゼで歯を拭いてあげたりすることから徐々に始めていきます。

ガーゼを使った歯磨きについて

ガーゼを使った歯磨きの目的

ガーゼを赤ちゃんの口の中に入れる

虫歯が心配だからといって、いきなり大人と同じように歯磨きをしては赤ちゃんもびっくりしてしまうことでしょう。赤ちゃんのよだれはたくさん分泌され、このよだれが歯を守ってくれる役割をしているので、歯が生えたからといってすぐに虫歯になることはありません。

まずはガーゼで、赤ちゃんが口の中に食べ物以外のものを入れられることに慣れさせましょう。赤ちゃんなりの歯磨き習慣を身につけさせ、難なくガーゼから歯ブラシに移行できるようにすることがガーゼによる歯磨きの一番の目的でもあります。

ガーゼを使った歯磨きの回数/方法

大人と同じように、食事の後、すなわち授乳や離乳食の後と就寝前の1日5~6回ケアするのが良いでしょう。「食事の後」「就寝前」と決めておくとおのずと時間も決まって来るので、良い習慣づけになりますよ。ケアの手順としては以下のとおりです。

ガーゼを使った歯磨き

手順

  • 赤ちゃんをママの膝の上に仰向けに寝かせる。
  • ママの人差し指にガーゼを巻く。
  • ぬるま湯(水でも可)で人差し指ごとガーゼを濡らす。
  • 赤ちゃんの歯をやさしく拭いてあげる。

ガーゼを使って歯磨きするときの注意点

赤ちゃんの口の中はデリケートですから、ガーゼで歯を磨く際に注意して欲しいことがあります。以下の3点に注意し、安全に歯磨きできるよう心がけましょう。

  • 歯を拭く際にはガーゼをしっかり握り、誤って飲み込ませないようにする
  • 口の奥まで指を入れてしまうと、反射的に吐いてしまう可能性があるので気をつける
  • 上唇小帯という上唇の裏側から歯茎に繋がるスジは傷つきやすいので、強く触らないようにする

ガーゼを清潔に保つには?

赤ちゃんの口の中に入れるものなので、ガーゼはいつでも清潔に保っておきたいですよね。一回一回使う度に洗うことが大切です。でも、水洗いするだけだと却って菌の繁殖を招いてしまうこともあります。普通に洗濯機で洗濯するのも良いですし、使い捨てのガーゼを使うとより安心ですね。

ガーゼを嫌がったときの対策方法

姿勢を変えてみる

膝の上に仰向けに寝かせておこなうのがママにとってはやりやすいかもしれませんが、それで嫌がるようなら姿勢を変えてみましょう。
お座りの姿勢が好きな子もいますし、授乳のときと同じ姿勢にすると、意外にすんなり口を開けてくれますよ。

たくさん褒めてあげる

ガーゼで磨くのを嫌がって、口を開けなかったりガーゼを噛もうとしたりする子もいます。そんなときは、決して無理強いしないでください。最初は口の周りを拭くだけにして慣れさせるようにしましょう。
嫌がらずに拭かせてくれたら「偉かったね」「きれいになったね」と褒めてあげましょう。

とにかく楽しそうにしてみる

抱きかかえた赤ちゃんに笑いかける母親

ママが「歯を磨かなくちゃ!」と使命感に燃えてしまっていては、赤ちゃんにとってもママにとっても歯磨きが苦痛になってしまいます。
歯磨きを赤ちゃんとの楽しいスキンシップと考えて、歌いながらするなど遊び感覚でチャレンジしてみましょう。

湯さましを口に含ませるだけでもOK!

湯冷ましを赤ちゃんの口に入れる母

どうしても口の中を拭かせてもらえない場合は、湯さましを口に含ませるだけでもOKです。ストローや哺乳瓶だとすぐに飲み込んでしまうので、コップを使うと良いですね。コップを傾けて口に含ませると、口から少しこぼれることもありますが、タオルを顎の下に挟んでおくと気になりませんよ。

ガーゼを使った歯磨き、次のステップは?

上下の前歯が生え揃ってきたら、本格的な歯のケアが必要になってきます。ガーゼでの歯磨きにも慣れてくる頃なので、赤ちゃん用の歯ブラシを手に持たせてみるところから始めてみましょう。
歯ブラシを口の中に入れても大丈夫なようなら、歯を一本一本磨いていきましょう。

歯ブラシでの歯磨き習慣が身について来たら、喉に刺さらないよう、歯ブラシをくわえたまま歩かせないように注意することが大切です。喉突きを防ぐガード付きの歯ブラシを使用すると安心ですね。

スポンサーリンク

おすすめコンテンツ