赤ちゃんニコッ鼻水の吸い方に関する記事

赤ちゃんが嫌がらない鼻水の上手な吸い方と吸引器の種類/特徴

赤ちゃんが嫌がらない鼻水の上手な吸い方と吸引器の種類/特徴

赤ちゃんの鼻水は吸い方が難し~い!とお悩みのママとパパ。諦めて鼻水を放置してると病気になる可能性があります。ちょっとの工夫と上手な吸入方法で、我が子を中耳炎や蓄のう症から守りましょう。

マーミーTOP  >  赤ちゃん  >  赤ちゃんが嫌がらない鼻水の上手な吸い方と吸引器の種類/特徴

赤ちゃんの鼻水の吸い方を間違えるのは危険!嫌がらせない安全な方法

赤ちゃんは自分で鼻をかめないので、鼻水はママとパパがとってあげる必要があります。トライしたものの上手く吸えずに鼻水が残ってしまうと中耳炎や副鼻腔炎になってしまう恐れがありますので、上手な吸い方を覚えることが大切です。

「子供は風の子だから大丈夫でしょ」と放置して中耳炎になると、赤ちゃんはあまりの痛さに泣き叫び、最終的にママやパパもぐったりする羽目になります。

分かってはいるけど中々上手に吸えない場合、買ったばかりの鼻水吸引器を前に「もしかして壊れてるの!?」と心配になりますが、ほとんどが使い方の問題です。もしどうしてもうまく吸えない場合は、鼻水吸引器を見直すことも必要です。

赤ちゃんの鼻水を吸う前の準備

赤ちゃんを入浴させる母

鼻水・鼻づまり以外の症状がない赤ちゃんの場合、吸引前に入浴させましょう。適度な湿気があると、ドロッとした鼻水や鼻の奥にへばりついた鼻水は取りやすくなります

赤ちゃんの鼻水には透明でサラサラした鼻水、透明でドロッとした鼻水、黄色や緑色・茶色で粘り気のある鼻水の3種類があります。
透明でサラサラな鼻水は簡単に吸引できますが、鼻の奥にドロッとへばりつく鼻水は吸い出すのが困難です。

鼻水吸引前の事前準備

  • 鼻水・鼻づまり以外の風邪症状がない場合は、入浴させましょう
  • 入浴できない場合は、蒸しタオルを鼻の下にしばらく当てましょう
  • 部屋を加湿しましょう

赤ちゃんの鼻水を吸う前の心得&上手な吸い方

吸引器で赤ちゃんの鼻水を吸う母親

鼻水吸引器は、簡単にいって掃除機です。ですから角度が悪いと鼻水ではなく鼻に吸い付き、鼻の粘膜を傷つける恐れがあります。赤ちゃんは一度吸引器で嫌な思いをすると、次から嫌がって泣いたり暴れたりします。そうなると厄介ですので、赤ちゃんの鼻水の吸い方では、怖がらせないことがとても大切になります。

赤ちゃんの鼻水を吸入する前に知っておきたい心得

鼻水の吸入は赤ちゃんに遊びだと思ってもらうことが重要です。一人では怖がらせてしまいそうな場合は、パパとママと2人で協力して次の3点に気をつけて行いましょう。

  • ママは笑顔でいましょう
  • 嫌がったら少し時間を空け、その場で無理にやるのはやめましょう
  • 強い圧で吸引しないようにしましょう!

赤ちゃんの鼻水の上手な吸い方

上手に鼻水を吸えないのは、角度が悪いからです。吸引器の先端の角度を吸いながらゆっくり変えることで、ヒットポイントを探しましょう。

  • 赤ちゃんの鼻の穴に、吸引器の先端を下から軽く当てる
  • 角度を変え、吸引器が水平になるようにする
  • 少しづつ吸引器を下に向け、鼻水を吸う場所を探す
  • 2と3を繰り返し、鼻水が良く出る場所を探す
  • 吸い終わったら濡れたガーゼで、赤ちゃんの鼻を拭いてあげる

※黄色や緑・茶色のドロッとした鼻水がへばりついていたり、赤ちゃんが泣いて暴れてどうしても取れない場合は、耳鼻咽喉科か小児科を受診して取ってもらいましょう。

どっちがいいの?鼻水吸引器の種類と特徴

昔はお母さんが口で直接赤ちゃんの鼻水を吸い取っていましたが、今では赤ちゃんとママが互いにウィルスや細菌をうつし合うことを懸念する声もあり、市販の鼻水吸引器をつかうママが増えています。
鼻水吸引器は大きく分けて2種類ありますので、ご家庭にあった方を選びましょう。

口で吸いこむ鼻水吸引器は、リーズナブルで手に入れやすい

チューブ式の鼻吸い器は価格が安く、お手軽に使えます。ただしドロッとした鼻水の場合は吸いづらく、ヒットポイントを探すまでに時間がかかるため、赤ちゃんが嫌がる場合もあります。透明でサラサラした鼻水のときの使用がオススメです。

ママ鼻水トッテ

ママ鼻水トッテ

丹平製薬

チューブ式の鼻水吸引器です。吸引器の先端を赤ちゃんの鼻の穴に当て、ママが反対側のチューブから空気を吸い込み、赤ちゃんの鼻水を中央のケースに吸い出す仕組みです。

電動鼻水吸引器は、効果だけど納得の高性能

口での鼻吸い器と違って赤ちゃんの風邪がママにうつる心配もなく、電動なので楽々。安全にたくさんの鼻水を吸引できます。赤ちゃんの育児では風邪をひくたびに鼻水に悩まされるママも多いのですが、ティッシュで拭く感覚で鼻水を吸えば、鼻の下が赤くなってしまうことも防げます。

メルシーポット

メルシーポット

シースター株式会社

口で吸う鼻水吸入器に比べて価格は高価ですが、その分吸引力がパワフルなため頻繁に耳鼻科通いをする煩わしさから解放されます。スイッチを入れたら赤ちゃんの鼻に軽く入れるだけなので、操作はとっても簡単。
しかもコンパクトな形状ですので持ち運びも便利で使った後は水洗いができ、多くの耳鼻科医が推奨しています。

スマイルキュート

スマイルキュート

株式会社 興伸工業

持ち手がついているので持ち運びなどにも便利。吸引圧がわかるようになっているので、安心して使えます。静音設計ですので大きな音に驚く赤ちゃんに優しい商品です。

SEASTERの「メルシーポット」や興伸工業の「スマイルキュート」に代表される、電動の鼻水吸引器。口での鼻吸い器を苦労しながら使っていたママからすると、もっと早く使えば良かった!との感想が多く聞かれます。

鼻水吸引器って何歳まで使えるの?

「鼻がかめるになったら使わない」ということはないでしょう。3歳や4歳でも使っている子は多いです。また、大人も使えます。
子供のうちは風邪を引きやすく鼻水が出ていることも多いので、活用する機会は思っている以上に多かったというご家庭も少なくありません。

この記事に関連した特集ページ