赤ちゃんの花粉症の予防法に関する記事

赤ちゃんの花粉症はいつから?防ぐためにした5つの対策

赤ちゃんの花粉症はいつから?防ぐためにした5つの対策

赤ちゃんは花粉症になるの?というママの疑問にお答えします。早めの対策で赤ちゃんをつらい花粉症から守りましょう。

マーミーTOP  >  赤ちゃん  >  赤ちゃんの花粉症はいつから?防ぐためにした5つの対策

赤ちゃんの花粉症は親に防げる?環境への配慮の有無が影響する

赤ちゃんのパパやママが花粉症で悩んでいる場合、「子供にも遺伝するのでは?」と心配になり、鼻水や目のかゆみなどのつらさを赤ちゃんには絶対に経験させたくない!と思うでしょう。

残念ながら花粉症の最大の原因となっている「アレルギー体質」のほとんどが遺伝ですが、花粉症の家族がいても花粉症の苦痛を体験しない人もいます。

花粉症は体質以外に住環境や生活環境などの条件が重なって起こるため、赤ちゃんのうちから生活環境などに注意すれば花粉症を防げると考えられています。

赤ちゃんの花粉症はいつから?早ければ1歳から

杉花粉で鼻を押さえる女性

花粉症は、「IgE抗体」と呼ばれるアレルギー抗体が体内に溜まって、コップの水が溢れるように体内の抗体が一定量を超えたときに症状が現われます。

生まれて初めて経験する花粉の季節には、赤ちゃんに蓄積されている抗体の量が少ないことから、基本的には新生児が花粉症を発症することはないといえます。

花粉症が起こるメカニズム

私たちの身体では、花粉のようなアレルゲンが体内に侵入すると、それを異物とみなして排除するために、センサーの役割を果す「IgE抗体」が作られます。

花粉が侵入するたびに蓄積されたIgE抗体が一定量を超えると、皮膚や粘膜などの細胞から炎症性の物質が分泌されることによって、くしゃみ・鼻水・目のかゆみなどが起こるのです。

ママが見ていない時に赤ちゃんがかゆいから目を擦ることで目が充血してしまうことが多くなります。花粉症は花粉を異物とみなして過敏に反応する体質の人に起こるもので、その体質は生まれながらに決まっています。

ここ数年で花粉症の低年齢化が進み、早い子では1歳を過ぎたあたりから花粉症を発症する可能性があることから、赤ちゃんのうちからIgE抗体を増やさないための工夫が大切です。

新生児は鼻の粘膜が敏感でくしゃみが出やすく花粉症やアレルギーを疑いがちですが、部屋を清潔に保ち温度や湿度を注意して見守ってあげる必要があります。

赤ちゃんが花粉症体質かは調べられる!1歳を過ぎたら小児科医に相談して

一般的に花粉症の検査をするためには、赤ちゃんでも血液検査が必要になります。ところが、赤ちゃんの小さな身体から血液を採取することはとても難しく、また赤ちゃんにとって身体的にも精神的にも大きな負担になります。そのため、赤ちゃんの花粉症の検査は、かかりつけの医師に相談のうえ、血液の採取が可能な1歳を過ぎてから受けた方が安全だといえます。

赤ちゃんを花粉症にしなために親がしたい5つの対策

赤ちゃんが花粉症になるのかどうかは、体内のIgE抗体の量が鍵を握っているということが分かりましたが、赤ちゃんが将来花粉症にならないためにはどうすればいいのでしょう?

1花粉の飛散量が多い日は外出を控える

空気が乾燥している日や風の強い日のほか、気温が高い日や雨上がりの翌日のお天気がいい日は、花粉の飛散量が普段より多くなることから、そのような日はできるだけ外出を控えて、体内への花粉の侵入を防ぎましょう。また、午前中よりも午後のほうが花粉は多く舞うことから、お散歩や外出は午前中に済ませておくと良いです。

最近では、テレビの天気予報でも花粉の飛散量を紹介してくれますが、正確な状況を知るためにはスマホのアプリがおすすめです。花粉の時期は、次のようなアプリを使って外出する前の花粉量のチェックを習慣づけましょう。

花粉症チェッカー

花粉症チェッカー

スギやヒノキなど季節ごとに変わる花粉の飛散量をチェックできるアプリです。最大5か所まで地点登録できるので、自宅や実家、職場などニーズに合わせて活用できるはず。花粉量が一目で分かるので、お出かけ前の忙しい時間でも簡単にチェックすることができます。

2花粉が付着しにくい服装で出かける

外出の際は、花粉の付着しやすいニットやフリース素材はなく、ナイロンやポリエステル、デニムなどの花粉を払い落しやすい素材の服がおすすめです。また、髪の毛は花粉がからみやすいため、帽子やおくるみでしっかりガードしましょう。さらに帰宅した際は、帽子や服に付いた花粉をしっかりはらってから家の中に入ることや、必ず手洗いや洗顔をすることを徹底する必要があります。

また幼児になると1歳半から着用できるマスクがあり、そのマスクで花粉対策をすることができるようになります。

はじめてのマスク

はじめてのマスク

ピジョン

1歳半から使える幼児用のマスク(3枚入り)。立体的なドーム型のノンワイヤーマスクなので、呼吸がしやすく着用時の不快感が少ない、クマのイラストがカワイイ商品です。ただし1歳半以上でも呼吸器障害のある幼児や就寝時は使用できません。着用後にベビーカーや抱っこ紐おんぶ紐、車の中で寝てしまいそうになったら外しましょう。

3室内に花粉が入り込まないようにする

花粉がたくさん飛散している日に窓を開けたり、洗濯物や布団を外に干すと、花粉は簡単に家の中に入ってきてしまいます。そのため、花粉の時期は洗濯物を屋内に干し、日中は換気扇の使用を控えることをおすすめします。

また、花粉に効果がある空気清浄機を購入する際は、加湿機能が付いたタイプを選ぶと、加湿によって花粉が湿気を吸うことで、重くなって床に落ちるので一石二鳥だといえます。花粉を通さない網戸フィルターや、花粉を吸着してくれるカーテンも花粉症対策に役立ちそうですね。

ミラー・花粉キャッチレースカーテン

ミラー・花粉キャッチレースカーテン

ニトリ

空気中の花粉をキャッチしてくれるカーテンです。洗濯機で洗うことで付着した花粉を落とすことができます。

4こまめに部屋の掃除をする

赤ちゃんがハイハイする時期になったら、床の掃除をしっかり行いましょう。本体排気式の掃除機を使って掃除をすると、吸い取った花粉がそのまま排気されてしまう恐れがあるので要注意。花粉が気になる場合は、花粉を通さない高性能フィルター付きの掃除機や、排気循環式の掃除機の使用が望ましいといえます。

また、カーペットには花粉が付着しやすいことから、赤ちゃん用のジョイントマットにすることで、掃除がしやすくなります。洗い流せる素材なら、赤ちゃんが食べ物をこぼしてもさっと洗えるので便利です。

くみあわせマット(ブラウン&ベージュ)

くみあわせマット(ブラウン&ベージュ)

西松屋

ほどよい厚みのジョイントマットです。柔らか素材なので、赤ちゃんの安全対策や防音対策にもおすすめ。さっと拭くだけで汚れが取れます。(4枚組)

5乳酸菌やビフィズス菌を摂取する

乳酸菌やビフィズス菌を継続して摂ると免疫機能が高まって、花粉に過敏に反応する症状が緩和されることが分かっています。離乳食を開始したら、赤ちゃん向けのヨーグルトや無糖のヨーグルトにバナバやすりおろしリンゴで甘味を付けて食べさせてあげましょう。

ヨーグルトはちょっと苦手で…という赤ちゃんには、栄養補助食品をミルクなどの混ぜて飲ませるという方法があります。母乳で育った赤ちゃんが離乳食を開始すると腸内のビフィズス菌の割合が低くなることから、離乳食が始めてお腹の調子が悪くなったという赤ちゃんにも栄養補助食品はおすすめです。

赤ちゃんのビフィズス

赤ちゃんのビフィズス

森永

離乳初期以降の赤ちゃんの腸内環境を整えることを目的として開発された栄養補助食品です。ミルクや白湯に混ぜるだけなので、簡単に飲ませることができます。(2箱セット)

赤ちゃんの花粉症と間違えやすい!鼻水やくしゃみのその他の原因

花粉が飛散する時期だからといって、赤ちゃんの鼻水やくしゃみが必ずしも花粉症の症状だとは限りません。特に花粉症シーズンは季節の変わり目なので、風邪が流行りやすい時期でもあります。

他の病気が疑われる場合は、赤ちゃんの症状をしっかりチェックして正しい処置を行う必要があります。花粉症と間違えやすい、くしゃみや鼻水が出る病気には次のようなものがあります。

ウイルス性の病気

一般的に風邪と呼ばれている病気は、正式に「風邪症候群」といって、鼻やのどの粘膜がウイルスに感染して炎症を起こす病気です。そのため、くしゃみや鼻水のほか、のどの痛みや咳、発熱などの症状がみられます。そのほかにRSウイルスに感染すると、鼻水のほかに38℃前後の高熱が出る場合があります。

また、いわゆる「夏風邪」の原因といわれているエンテロウイルスなどに感染して発症する手足口病の初期症状やヘルパンギーナの症状も、かかり始めは風邪に似た症状が見られるため、経過をしっかりと観察して発疹などの症状を見逃さないように注意しましょう。

副鼻腔炎

副鼻腔炎とは、眉間から頬にかけての鼻の周囲にある「副鼻腔」という空洞が細菌に感染して起こる炎症のことです。赤ちゃんの場合は、風邪や鼻炎による炎症が副鼻腔に広がる場合が多く、急性の副鼻腔炎が続くと慢性副鼻腔炎(蓄膿症)になる恐れがあるため注意しましょう。

花粉症などのアレルギー症状によって出る鼻水は、透明でサラサラしているのに対して、副鼻腔炎の場合はドロドロした黄色や緑がかった色の鼻水が特徴です。

アレルギー性鼻炎

泣く赤ちゃん

ダニの死骸や分、カビ、ほこりなどハウスダストやペットの毛などの、花粉以外のアレルゲンが原因のアレルギー反応によって鼻水やくしゃみが出ている可能性も考えられます。

アレルギー性鼻炎は、花粉症と違い一年中症状が起こるほか、寒暖差が激しいときに起こる場合もあります。

アレルギー性鼻炎を防ぐには、花粉症と同様にアレルゲンを体内に入れないことが大切です。そのため、部屋の掃除をこまめに行い、日頃から食事や運動によって免疫力が付けておく必要がります。

花粉症かなと思った症状でも、ぐったりしている、熱が上がったり下がったりする、嘔吐や下痢を伴う場合は、他の病気が疑われるため早めにかかりつけの小児科を受診しましょう。

赤ちゃんの鼻水への3つの対処!ママやパパが楽にしてあげよう

赤ちゃんは鼻の穴の小さいので、鼻水や鼻づまりがひどいと呼吸がとても苦しそうですよね。そんな症状をなんとかしてあげたい!というママに、いくつか鼻水の対処法をご紹介します。

上半身を高くして寝かせる

枕やクッションを頭の下に置いて、上半身を高くして仰向けに寝かせることで、鼻水が鼻の奥に入ることを防ぎ鼻づまりが軽減されて楽になります。仰向けを嫌がるようなら、横向きにしても良いし、抱っこもなるべく縦抱きにしてあげるようにすると良いでしょう。

鼻水を吸ってあげる

鼻水吸い取り器を鼻に当てられる赤ちゃん

赤ちゃんは自分で鼻をかめないので、放っておくと鼻水がどんどん鼻の中にたまって、鼻づまりがひどくなってしまいます。赤ちゃんの鼻水が気になる場合は、赤ちゃん用の鼻水吸引器でこまめに鼻を吸ってあげましょう。赤ちゃんが嫌がらない鼻水の吸い方を身につけると、遊び感覚で楽しくスキンシップができますよ。

母乳の点鼻

母乳には抗炎症作用があるので、母乳を数滴鼻の中に垂らしてあげると鼻の粘膜の炎症が抑えられて、鼻水や鼻づまりの症状を緩和してくれます。通常の点鼻薬は嫌がる赤ちゃんでも、馴染みのある大好きなママの母乳なら大丈夫という赤ちゃんも多いので、ぜひ試してみてください。