赤ちゃんの首すわりはいつ?に関する記事

赤ちゃんの首すわり時期と判断基準&首すわりを促す練習法

赤ちゃんの首すわり時期と判断基準&首すわりを促す練習法

赤ちゃんの首すわりはいつ?首すわったと判断する基準は?練習法はあるの?など、首すわりについてのママの疑問にお答えします。

マーミーTOP  >  赤ちゃん  >  赤ちゃんの首すわり時期と判断基準&首すわりを促す練習法

赤ちゃんの首すわりはいつ?首がすわる時期と判断基準

赤ちゃんの成長を日々感じることは、毎日の育児の中でママにとっても励みになりますよね。手足をバタバタしたり、布団をキックしたりするようになると、次に気になるのが首すわりです。首がすわったかどうかは、赤ちゃんの大切な成長の目安となることから、赤ちゃんの首すわりの時期が気になるというママは多いはず。しかし、どのような状態を「首がすわった」というのか、意外に知られていないのです。

ここでは、赤ちゃんの首すわりの時期と首すわりの判断基準のほか、首がすわりの前後におすすめの抱き方や首すわりが練習方法について解説していきます。「まだ首がすわらないの?」と心配し過ぎてしまうよう、首すわりについての正しい知識を身につけましょう。

赤ちゃんの首がすわる時期とは

早い赤ちゃんでは生後3ヶ月頃から首が安定し始めますが、一般的に赤ちゃんの首すわりの時期は生後4~5ヶ月です。
母子手帳に首がすわった時期を記載するページがあるので、できるようになった日はしっかり覚えておいた方がよいでしょう。赤ちゃんの成長には個人差もあるため、「うちの子はまだ首がすわらない」と焦る必要はありませんが、他にも寝返りやお座りなどで発達の遅れが見られる場合は、かかりつけ医や保健師さんに相談してみるとことも大切です。

赤ちゃんの首すわりは何で判断するの?

うつ伏せで少し首を上げている赤ちゃん

「首すわり」とは、支えがなくても首がグラグラしないことをいいます。赤ちゃんを抱っこした時に、首がぐらつかずに安定していれば「よし、首すわった!」と思われがちですが、実はそれだけでは完全に首がすわったとは言えません。

首すわりの目安となるのは、自分の意思で首を動かせるかどうかということです。これを確かめるためは、次のような判断基準があります。

  • うつぶせにすると、自分の力で頭を持ち上げることができる
  • 仰向けの状態から身体を起こそうとすると、首をしっかり支えることができる
  • 縦抱きをしたときに身体を傾けると、首を真っすぐに保つことができる。

これらは3ヶ月検診でもチェックされることなので、目にしたことがあるというママもいるかもしれませんね。ママが行うときには、赤ちゃんの安全に気をつけましょう。また、まだ首すわりの兆候が見られない赤ちゃんには絶対に行わないでください。

首すわり前後の抱っこのしかた

赤ちゃんの首がすわらないうちは、首がぐらつかないよう慎重に抱っこしていた赤ちゃんも、首がすわることによって楽に抱っこができるようになります。どのように抱っこのしかたが変わるのか、時期別にみていきましょう。

首すわり前の赤ちゃんの抱っこ

赤ちゃんを横抱きしている母親

首がすわる前の抱っこは横抱きが基本ですが、中には縦抱きが好きな赤ちゃんもいることから、安全な抱き方をすれば縦抱きでもOKです。しかし、首すわり前に長時間赤ちゃんを縦抱きすることは、赤ちゃんに負担がかかることから、赤ちゃんの様子を見ながら無理のないように行ないましょう。

また、抱っこ紐やスリングなどは、首がすわらないうちは基本的に横抱きで使用する必要がありますが、首をしっかりと支えることで使用が可能なタイプもあります。その場合でも、必ず取扱説明書をよく見て安全に使用するようにしてください。赤ちゃんが嫌がるようなら無理に使用することはやめましょう。

首がすわりかけの赤ちゃんの抱っこ

首がすわりかけの時期は、新生児の頃よりもずいぶん首がしっかりと安定してきて、短い時間なら首を支えなくても抱っこできることも。ただし、赤ちゃんが自力で首を動かせるようになるには、まだ完全な状態とはいえないので、首がすわりかけの時期だからこそ、無理をせずに首を支えて抱っこしてあげることが大切です。

首すわり後の赤ちゃんの抱っこ

ママに縦抱きされている赤ちゃん

赤ちゃんの首が完全にすわったら、今までの頭や首を支えていた抱っこから、腰を支える抱っこができるようになる時期です。生後6~8ヶ月頃になると赤ちゃんの腰もすわり始めます。それまでは、首はすわっているとはいえ、赤ちゃんの頭は大きい分身体のバランスを崩しやすいため、赤ちゃんの状態を見ながら抱っこをしてあげましょう。

さらに、首や腰がしっかりしてくるとおんぶができるようになります。おんぶによって赤ちゃんの視界が変わるため好奇心が刺激されるし、ママは両手が自由になるので家事がはかどります。行動範囲もグンと広がるので育児がもっと楽になりますよ。

赤ちゃんの首すわりを促す動作

赤ちゃんの成長は十人十色。中にはゆっくりマイペースな赤ちゃんもいます。ママとしては「まだ首がすわらないの?」と焦ってしまうかもしれませんね。そんな時はイライラせずに、次に紹介するような動きを日常生活に取り入れて、楽しく赤ちゃんの首すわりを促してあげましょう。

動くものを目で追う

ベッドに仰向けで寝ながらベビーメリーを目で追いつつ手を伸ばす赤ちゃん

赤ちゃんのお気に入りのおもちゃやカラフルな色のおもちゃを、赤ちゃんの目の前で左右に動かしてみましょう。生後1ヶ月を過ぎた頃から、赤ちゃんは目の前のものを目で追うようになるので、赤ちゃんがおもちゃを目で追うときに首を左右に動かそうとすることで、自然と首周りの筋肉のトレーニングにつながります。

縦抱きで授乳する

縦抱きで授乳する際、赤ちゃんはおっぱいを吸うために顔を安定させようとするので、首周りの筋肉が強化されます。さらに、大人と一緒で横になっておっぱいを飲むよりも、体を起こした状態の方が飲みやすいし、ゲップも出やすくなります。

また、縦抱きならママが楽な姿勢で授乳できるうえ、おっぱいの吸い残しの予防につながるなど、縦抱きはママにとっても赤ちゃんにとっても嬉しいことばかり。正しい抱き方をマスターして安全な方法で縦抱きをすれば、赤ちゃんは確実に首すわりを習得するはずです。

首すわりに効果的な練習方法

赤ちゃんが首すわりを上手になる練習をしたい、というママには「うつぶせ運動」がおすすめです。赤ちゃんのうつぶせは危険!と思われがちですが、正しいやり方でうつ伏せ運動をすれば赤ちゃんの首すわりの練習につながるのです。ここでは安全に首すわりの練習をするための、うつぶせ運動の練習方法や注意点をご紹介します。

赤ちゃんのうつぶせ運動練習

うつ伏せで寝ている赤ちゃんの足と股

うつぶせの練習といっても何から始めたら良いか分からないママもいることでしょう。赤ちゃんのうつぶせ運動の手順としては次の通りです。赤ちゃんの様子を見ながら最初は少しずつから始め、一日におこなう回数や時間をだんだん増やしていくようにしましょう。

うつぶせ運動のやり方

  • マットやカーペットの上で赤ちゃんうつぶせにします
  • うつぶせにした状態で30秒くらい様子をみます
  • 片手を股の間に入れお腹を支えながら、もう片方の手で頭を支え、ゆっくりと仰向けに戻します
  • 慣れてきたら、少しずつ時間を延ばしていきます

うつぶせにしている時に、名前を読んであげたりガラガラなどで興味を引いてみると、赤ちゃんは一生懸命首を持ち上げようするはずです。

また、うつぶせにするのが怖いという場合は、ママが赤ちゃんを抱っこした状態で仰向けになるのがおすすめ。ママのお腹の上で赤ちゃんをうつぶせの状態にして、それから、徐々にマットや床の上でうつぶせにできるように慣れさせていきましょう。

うつぶせ運動にはどんな効果があるの?

うつぶせ運動をすることで、赤ちゃんの首や胸の筋肉、背筋が強くなるので、首すわりや寝返りが早くできるようになると考えられます。さらに、便秘解消や肺機能の強化、運動神経の発達を促す効果もあるので、ぜひとも実践していきましょう。

うつぶせ運動の注意点

うつぶせと聞くと「赤ちゃんが呼吸できないのでは?」と不安に感じて、赤ちゃんをうつぶせにすることをためらってしまうママもいるかもしれません。しかし、危険なのはうつぶせのまま放置することであり、きちんとやり方を守ることでよい効果を得られるはずです。赤ちゃんの危険な目に合わせないためにも、次の注意点をしっかり守って安全に行いましょう。

  • うつぶせの状態で目を離さない
  • 機嫌が悪い時はおこなわない
  • 苦しそうにしていたらすぐに止める
  • 布団の上など柔らかい場所では行わない
  • 授乳直後は避ける
  • うつぶせのまま寝かせない
  • うつぶせ運動をする際は、赤ちゃんの周りに物を置かない

中にはうつぶせを嫌がり、数秒で泣き出す赤ちゃんもいると思います。そんな場合は、訓練のように無理に行う必要はありません。うつぶせ運動は首すわりのために絶対にしなければならないものではないので、ママと赤ちゃんの毎日のスキンシップの一つと考えて、楽しみながら続けることが大切です。

スポンサーリンク

おすすめコンテンツ