赤ちゃんの逆さまつげに関する記事

赤ちゃんの逆さまつげはいつ治る?目やに涙目の症状に注意

赤ちゃんの逆さまつげはいつ治る?目やに涙目の症状に注意

赤ちゃんの逆さまつげについてご紹介します。逆さまつげは赤ちゃんに起こりやすいので、病気の悪化や併発を防ぐためにも詳しく知っておきましょう。いつも、ぷにぷにのお顔にくりくり目のかわいい赤ちゃんでいてもらうには予防することも大切です。

マーミーTOP  >  赤ちゃん  >  赤ちゃんの逆さまつげはいつ治る?目やに涙目の症状に注意

赤ちゃんの逆さまつげは手術するの?目やに涙目の症状に注意

赤ちゃんの目は黒目が大きくてくりくりでかわいいですよね。そんな赤ちゃんの目の病気のうち、起こることが多いものの一つが逆さまつげです。逆さまつげになると、赤ちゃんが目をかゆがったり充血したりします。手術が必要な場合もあるので、しっかりとした知識を持っていたほうが安心ですよね。

赤ちゃんが逆さまつげかも…と思ったときに焦らず対応できるように、逆さまつげの原因や症状、注意点や併発する病気などについてご説明します。

赤ちゃんが逆さまつげになりやすい原因

まつ毛が長い赤ちゃん

まつげは、空気中のゴミやほこりなどの異物から目を守る役割をしています。そのため、通常だと上まぶたのまつ毛は上向きに、下まぶたのまつ毛は下向きに生えていますが、逆さまつげは逆方向に向かって生えている状態のことをいいます。逆さまつげの原因として、まつげの毛根側の問題とまぶた側の問題があります。赤ちゃんの場合、まぶた側の問題が原因となることが多いです。

赤ちゃんのまぶたは、大人と比べて脂肪が多くぽっちゃりしているので、下まぶた全体が眼球の方向へ向いていることが多いです。そのため、まつげが内側に入りやすいのですが、成長とともに脂肪が減ることで、徐々にまつげが外側を向くことが期待できます。

また、赤ちゃんのまつ毛は柔らかいので、まつ毛が眼球にあたっても角膜炎や結膜炎を起こしにくいことから、気づきにくいことが多いです。逆に、症状が出ないことで親も気付けずに悪化することもあるので、子どもの状態を把握しておくことが大切です。

赤ちゃんの逆さまつげはいつ治る?自然治癒する?

赤ちゃんの逆さまつげがいつ治るのか、不安に思うママも多いかもしれません。多くの場合、成長とともに自然に治ることがほとんどなので安心してください。

赤ちゃんは、顔の筋肉が未発達なために脂肪が多く、顔がふっくらしています。まぶたにも脂肪が多いため逆さまつげになることも多いのですが、成長に伴ってふっくらした顔がほっそりしてまぶたの脂肪も減ってくることから、1~2歳で改善するケースがほとんどです。慌てなくても大丈夫ですが、赤ちゃんの様子を注意してみておくようにしましょう。

赤ちゃんの逆さまつげは下まつげに多い?

目薬

赤ちゃんはまぶたの筋力が弱く、下まぶたが眼球よりも上にある状態なので、上まつ毛よりも下まつげが逆さまつげになるケースが多いです。下まぶたの内側のまつげが角膜に当たってしまいやすく、炎症を起こすこともあります。

目やにが出たり充血することもありますが、多くの場合、目薬をさすと数日で治ります。目薬もささずに時間とともに自然に治ることも多いようです。

逆さまつげの種類

逆さまつげには、原因別にふたつの種類があります。そのふたつの種類をご紹介します。

睫毛内反(しょうもうないはん)

寝ている赤ちゃん

皮下脂肪が多いために、まつげが下向きに生えてしまうことを睫毛内反といいます。これはまぶた側の原因です。赤ちゃんの顔は筋肉が未発達なので、脂肪のほうが多くなっています。まぶたにも脂肪が多いため、まつげが下向きに生えている赤ちゃんは多く、平均よりもぽっちゃりしているような赤ちゃんは、特に睫毛内反になりやすい傾向があります。しかし、顔の筋肉の発達とともに脂肪が減っていくので、2~3歳頃までには自然に治ることが多いです。

睫毛乱生(しょうもうらんせい)

全部のまつげではなく、一部のまつげだけが内側に向かって生えてしまうことを睫毛乱生といいます。睫毛内反のように皮膚や皮下脂肪には関係がなく、不規則な向きに生えてくる毛根側に問題があります。

逆さまつ毛の症状は?

赤ちゃんが逆さまつげになった場合、以下のような症状があらわれます。逆さまつげは成長とともに自然に治ることが多いので、経過観察と言われる可能性が高いですが、放置していて他の病気を併発することもあるので、一度眼科か小児科を受診するといいでしょう。

瞬きが多い

目に違和感があるため、瞬きが多くなります。あまりに瞬きが多い場合は、逆さまつげや他の目の病気の可能性があるので、病院に連れていくことをおすすめします。

光をまぶしく感じる

まつげが目に入るなどして角膜が傷ついている場合、日光や蛍光灯の光をまぶしく感じてしまいます。

頻繁に目をこする

まつげが目に入ることで、かゆみや痛みなど違和感があるため、頻繁に目をこすってしまいます。目をこすりすぎると炎症のもとになるので、こすりすぎないようにしてあげてください。

目やにが出る

炎症を起こした場合、目やにが出ます。目やにがひどい場合は目薬をさして経過観察が必要なので、病院に行くことをおすすめします。

涙目

まつげが目に入って角膜が傷つき、炎症になることで涙がよく出るようになります。

目が充血する

炎症により目が充血します。目やにと同様、目薬をさして経過観察が必要です。病院に行くことをおすすめします。

痛み

角膜が傷ついていると痛みがあります。目をこすると悪化することがあるので、こすりすぎないようにしてあげましょう。

逆さまつげと併発が考えられる病気

赤ちゃんは、何もわからずに目をこすったり触ったりしてしまいます。このとき雑菌や細菌が入ってしまうと、他の病気を併発してしまうこともありますよ。以下が逆さまつげとの併発が考えられる病気です。

結膜炎

目が赤く充血している赤ちゃんのイラスト

まつげが黒目に当たることで結膜炎になることがあります。結膜とは、まぶたと眼球の表面をつなぐ役割をしている薄い膜のことです。感染やアレルギーなどで、結膜が赤く充血する炎症のことを結膜炎といいます。

誰にでもよくみられる病気ですが、軽いものから後遺症を伴うようなものまであります。特に乳幼児は抵抗力が弱いので感染症を引き起こして失明に至ることもあります。

結膜炎にはいくつか種類があるのですが、ウイルス性結膜炎や急性出血性結膜炎は伝染力が強く、人に感染しやすいので注意が必要です。

角膜炎

黒目の表面の角膜の炎症を総称して角膜炎といいます。外傷やウイルス、細菌感染など原因はさまざまですが、視力の低下や痛みといった症状があらわれます。白目の部分の炎症が結膜炎であるのに対し、黒目の部分の炎症が角膜炎です。通常は目薬で治りますが、点滴や内服薬が必要な場合もあります。病巣が深い場合には角膜の切除や移植が必要になることもあるので甘く見てはいけません。

感染症

熱があって体温計を咥えている赤ちゃん

成長しても逆さまつげが治らない場合、放置しておくと感染症になることがあります。ひどい場合、失明に至ることもあるので注意が必要です。感染症結膜炎の場合、発熱やのどの痛みが伴うこともあります。安易に風邪だと自己判断せず、様子を見ましょう。

視力低下

まつげが黒目に当たって炎症を起こすことで角膜が傷つき、視力が低下することがあります。乱視や近視になることもあるので注意が必要です。

赤ちゃんの逆さまつげや涙目への注意点

逆さまつげは成長とともに自然に治ることが多いですが、赤ちゃんにとっては目に違和感がある状態が続いているので、汚れた手で目をこすってしまうこともありますよね。以下の逆さまつげの赤ちゃんへの注意点を守りましょう。

1赤ちゃんの爪を短く切る

爪が長いと、目をこすったときに眼球を傷つける恐れがあります。予防のためにも普段から短く切りそろえておくようにしましょう。

2赤ちゃんの前髪も短く切る

前髪が目に入ったり、まつげを押すことで眼球に傷がつきます。炎症にならないように、目に入らない長さに切っておきましょう。

3逆さまつげは抜かない

まつげを抜いた後の毛穴から細菌が入り、感染症を引き起こすことがあります。また、赤ちゃんのまつげを抜くのは難易度が高く、目に傷をつけてしまうこともあるので、自分の判断でまつげを抜かないようにしましょう。

赤ちゃんの逆さまつげへは何科に行けばいい?

眼科の看板

赤ちゃんの逆さまつげは何科を受診すればよいか迷うママもいるかと思います。目やにが出たり涙目などの症状があれば、小児眼科を受診してください。近くにない場合は、眼科でも大丈夫です。もし手術となった場合は、美容整形外科や皮膚科を紹介してもらうことになると思いますが、手術に至らないことのほうが多いので、初診は小児科や眼科で大丈夫です。

赤ちゃんの逆さまつげの治療方法

赤ちゃんの逆さまつげの治療法は、原因や重度によって違います。ふたつの治療法についてみていきましょう。

1目薬で様子を見る

赤ちゃんの逆さまつげは自然に治ることが多いので、目やにや充血程度で、眼球に問題がないようであれば目薬で目に雑菌が入らないようにします。しばらく様子を見ましょう。

2局部麻酔で手術

手術担当医

まつげが目に当たったり目をこすったりしたことで、角膜が傷ついていたり視力が低下している場合は、治療が必要になることがあります。成長とともに自然に治ることが多い赤ちゃんの逆さまつげですが、あまりに頻繁に炎症を起こすような場合は手術を行う必要があります。

手術の方法は、まぶたを切らない埋没法と、まぶたを切る切開法があります。より確実性が高いのは切開法ですが、重度でない限り埋没法でも十分にまつげが上を向くことがほとんどです。また、もともと二重の人は、切開法でないと効果が得られません。美容整形のプチ整形と同じような手術になるので、逆さまつげを治すことで二重にもなる一石二鳥な点もあります。

大人の場合は局所麻酔で手術をしますが、子どもは局所麻酔だけでは難しいため、動かないように全身麻酔で行うことが多いです。また手術の場合3~5日程度入院するケースもあります。

埋没法の手術

埋没法の場合の手術時間は10~20分ほどで、腫れも少ないため、大人であれば翌日からメイクをすることもできます。デメリットとしては糸で留めているだけなので元に戻りやすい点ですが、やり直しがきくので切開法に抵抗がある人はまず埋没法を試してみるのもいいかもしれません。

切開法の手術

切開法の場合の手術時間は1時間程度で、腫れや痛みが引くまで2週間~1ヶ月ほどかかるため、その間はメイクもすることはできません。埋没法のように元に戻ることはなく、半永久的に維持することができます。

逆さまつげを手術する時の注意と費用の相場

健康保険証を渡す看護婦

基本的には健康保険が適用されるので3割負担となります。自身で負担する費用は病院によって、手術方法によって全く異なりますが、片目で5000~6000円程度です。逆さまつげの状態がよくない場合や、二重まぶたにしたいなどの美容整形を意識した場合などは、保険が適用されないことがあるので事前確認が必要です。

逆さまつげの手術だと健康保険が適用されるので、逆さまつげの手術だということにして二重にしようと考える人がいるかもしれません。ですが、お医者さんは逆さまつげかどうかを簡単に見抜くことができますよ。もし、二重にするのが最優先であれば、赤ちゃんが成長した後に、美容整形外科に行って手術を受けるようにしましょう。

逆さまつげの手術ということにした場合、格安で理想の目を手に入れることができるかもしれませんが、健康保険が適用されるということは、他の国民の税金や保険料を使っているということです。もしやろうと思っている人がいるとしたら、倫理的にどうなのか考える必要がありそうです。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

この記事を書いたライター
小森ひなた

小森ひなた

子育てと仕事に頑張る共働き主婦です!ルンバ貯金始めました♪