赤ちゃんのしゃっくり止め方に関する記事

赤ちゃんや新生児のしゃっくりの原因!止め方や減らす方法

赤ちゃんや新生児のしゃっくりの原因!止め方や減らす方法

赤ちゃんや新生児はしゃっくりが多く吐き戻しにも繋がるため心配!こちらでは生後しばらくしやっくりが多い3つの原因や止め方、減らす方法、しゃっくり中の授乳やいつまで多い時期が続くかを先輩ママの体験談と共に紹介。

マーミーTOP  >  赤ちゃん  >  赤ちゃんや新生児のしゃっくりの原因!止め方や減らす方法

赤ちゃんの「しゃっくり」って何?一言でいうと横隔膜のけいれん

横隔膜

赤ちゃんのしゃっくりは、横隔膜(おうかくまく)のけいれんによって起こる現象です。大人でも急な寒さや暴飲暴食など体のストレスや驚きでしゃくりがでますが、新生児や赤ちゃんは体が未熟なのでちょっとした刺激ですぐにしゃっくりが出ます。

赤ちゃんはしゃっくりを胎児の時からママのお腹の中でしていきましたが、胎児の場合は一説によるとママの体の中から離れて自力で呼吸する練習なのだとか。

赤ちゃんのしゃっくりは基本的に心配する必要がない自然現象ですが、何日も止まらない場合は体の異常が隠れていることもありますので、たかがしゃっくりと侮らずかかりつけの小児科医に相談してみましょう。

新生児や赤ちゃんにしゃっくりがよく出る3つの原因

ミルクを飲んでる赤ちゃん

新生児や赤ちゃんのしゃっくりは大人よりも横隔膜が未熟なことが原因ですが、大人に比べてストレスが少ない環境で過ごしているはず。

それでもしゃっくりが頻繁に出る原因は次の3つが多いです。授乳後や寝起きなど赤ちゃんのしゃっくりが出るタイミングを観察し、原因が当てはまっていないか確認してみましょう。

1ミルクや離乳食の飲み過ぎ食べ過ぎで胃がふくらだから

新生児や赤ちゃんはミルクや離乳食の「食べすぎ」や「飲みすぎ」の刺激でしゃっくりが出ることがあります。

一気に飲んだり食べたりするのは吐く原因にもなるため、なるべく適度な量を赤ちゃんに与えて、食べ過ぎ飲み過ぎに気を付けてあげましょう。

2おむつが濡れていて体が冷えたから

赤ちゃんのおむつが濡れていると、しゃっくりをすることがあります。私がNICU(新生児集中治療室)に勤務していた時の経験ですと、「しゃっくり」をしていた新生児のほとんどのおむつが濡れていました。

オムツが濡れていたことだけが原因ではないかもしれませんが、おむつが濡れていると濡れた部分が冷えてしまい、そのまま放置すると赤ちゃんの体温が少し下がります。

この体温変化が刺激となり、しゃっくりが起きることもありますので、授乳の前後でおむつが濡れていないかを必ず見てあげましょう。

授乳の前後でおむつが濡れていないかを見てあげると、赤ちゃんのしゃっくり予防につながります。

3授乳時に空気も飲み込んで胃がふくらんだから

ゲップが出そうな赤ちゃん

新生児や赤ちゃんの空気の飲み込みもしゃっくりの原因となります。空気が胃にたまりふくらむと、近い位置にある横隔膜に刺激を与えます。

しゃっくりは赤ちゃんにとって特別なものではなく、それほど苦しがることもないので機嫌が良ければ放置してもほとんどの場合は大丈夫。あまり心配しすぎないようにしましょう。

赤ちゃんが授乳後にしゃっくりするのはなぜ?横隔膜が胃に押し上げられるから

母乳やミルクを飲んだ時には、栄養をとり入れたぶん胃がふくらみます。胃と横隔膜はとても近い位置で接しています。ですから胃がふくらむと、横隔膜は押し上げられるという刺激を受けてしまいます。体の中は、専門的教育を受けていないとなかなか想像するのが、難しいかもしれませんが赤ちゃんの体の中って、内臓がぎゅっと詰まっているんだなというイメージです。

赤ちゃんがしゃっくりをした後に吐くのはなぜ?胃の形がまだ真っすぐだから

赤ちゃんがしゃっくりをした後に吐いてしまうことも時々あります。赤ちゃんの胃の形は大人のように曲がりくねった構造ではなく直線状の構造のため、しゃっくりやゲップをした勢いで胃の中のモノが真っすぐに吐き戻されるのです。

特に新生児は吐き戻しが多くしゃっくりでミルクを吐くこともよくあるので、回数が多い場合は吐き戻し防止ピローなどを使って対処するとよいでしょう。

赤ちゃんがしゃっくり中も母乳やミルクをあげていい?気にせず飲ませて!

赤ちゃんは、しゃっくりするたびに小さな体を「ビクっ!」とさせるので、ママは「授乳は控えた方がいいのかな…」と思うかもしれませんが、授乳はしても大丈夫です。胃の中に、何かが入ることでしゃっくりが止まることもあって、心配せずにあげてくださいね!

私も自分の子どもが赤ちゃんの頃に、しゃっくりが出ていたら母乳をあげていました。飲んでいる時に自然に止まることがほとんどでしたので、だんだん気にしなくなりました。

授乳中にしゃっくりが出始めたら、それは母乳やミルクの飲みすぎや空気を、沢山飲み込んでしまったかもしれません。途中でげっぷをさせて休憩させてあげてください。

赤ちゃんのしゃっくりが出やすい時期はいつまで?新生児は多く1歳前後に減る

がぶ飲みしてる子供

生後0~6カ月がしゃっくりの最も多い時期です。産まれてから数ヶ月しかたっておらず、体はまだ未熟な赤ちゃん、そんな赤ちゃんの横隔膜は、わずかな刺激に対しても敏感に反応してしまいます。赤ちゃんが成長するにつれて、横隔膜も色々な刺激に対して強くなり、しゃっくりは出にくくなっていきます。

しゃっくりが出にくくなくなるのは、赤ちゃんの発育のスピードによって違ってきますが「1歳前後にしなくなった!」というママの意見が多いようです。これは離乳食が進んで、「消化機能」や「呼吸機能」がしっかりと成長したからかもしれませんね!

中には1歳半でも、しゃっくりを頻繁にしているという幼児もいますが、食べたり・飲んだりする時に空気も一緒に飲み込んでいる事がその原因かも知れません。「早食い」や「ガブ飲み」に注意し、急に胃の中にモノがたくさん入って、強い刺激を与えてしまわないように、ゆっくりと食べさせるようにしてみてください。

赤ちゃんのしゃっくりの止め方は?家庭でできる6つの対処法

赤ちゃんにしゃっくりが出てしまったら、どうしたら止められるのでしょうか?しゃっくりは体の中の横隔膜という部分がびっくりして起こります。

赤ちゃんのしゃっくりの止め方を調べてみると、大人の場合は急に驚かせてびっくりさせるとか、脳天に息を吹きかけるとか、本当に止まるのかわかりませんが沢山の方法ってありますよね!

ただし赤ちゃんの場合はしゃっくりを止めるのに大人のようにびっくりさせるわけにはいかないので、逆の発想で横隔膜を落ち着かせてあげると自然と止まることが多いです。

1おっぱいやミルクを飲ませる

哺乳瓶を咥える赤ちゃん

これは、よく聞くオーソドックスな方法ですので、知っているママも多いでしょう。しゃっくりをしながら飲むと、赤ちゃんがむせてしまいそうですが、鼻が詰まっていなければ鼻で呼吸するので大丈夫です。大抵はこれで止まります。
「さっき授乳したばかり…」という場合は、麦茶や人肌くらいの湯冷まし、お茶などを少し飲ませてあげましょう。胃への刺激でしゃっくりが止まることがあります。

2ゲップをさせる

赤ちゃんを抱っこして背中を叩く

赤ちゃんはおっぱいを飲むときに空気も吸ってしまうため、吸った空気がお腹に溜まり、しゃっくりが出ている場合があります。授乳後のゲップと同様に、縦抱きをして頭を肩に持たせかけ、背中をトントンと叩いてあげたり、下から上に優しくさすってあげたりしましょう

3おむつを替える

オムツを替えられる赤ちゃん

おしっこが出たり、おむつが濡れたままになっていたりすることで、体温が下がってしゃっくりが出ている可能性もあります。あまり関係がないように思うママもいるのですが、実際に「おむつを替えてみたら、しゃっくりが止まった」と言うママもいますので試してみましょう。

4体を温める

赤ちゃんのお腹に掌を置く母親

体温が下がっているためにしゃっくりが出ている場合があります。おむつを替えても止まらない時は、体を温めてあげるとよいでしょう。蒸しタオルや温めた手のひらを赤ちゃんのみぞおちに当てると、効果的に温めることができます。
蒸しタオルはやけどしないように温度をよく確かめてから当てましょう。

5うつぶせにする

うつ伏せになった赤ちゃん

これは月齢の低い赤ちゃんには危ないのでやめましょう。首がすわって、自分で寝返りができるようになったくらいの赤ちゃんを注意してうつ伏せにしてみると、首を持ち上げるのに一生懸命になって止まることがあるそうです。苦しそうな場合には無理をせず、すぐに仰向けに戻してあげましょう

6どうしても止まらない時は笑わせる!

笑う赤ちゃん

最後に、何をやってもしゃっくりが止まらない場合は、「気をそらす」という方法があります。赤ちゃんがしゃっくりをするタイミングを見計らって、ママも「ひっく」と言ってみてください。赤ちゃんにうけること間違いなしです。赤ちゃんと一緒に笑っているうちに、いつの間にかしゃっくりは止まっているかもしれません。

赤ちゃんのしゃっくりが止まらない!みんなの体験談

赤ちゃんのしゃっくりがとまらない、あるいは頻繁に出る場合はとても心配になりますが、多くのママがしゃっくりに悩みますので、先輩ママの体験談を参考に落ち着いて対処しましょう。

さなさな
32歳

しゃっくりはおむつが濡れているから?

長女を産んで自宅で育児を、はじめた直後からしゃっくりに悩んでいました。なんで、こんなに頻繁にするのだろうと思っていました。1か月健診の時に看護師さんから「おむつが濡れているとしゃっくりが出ることが多いですよ」と教えてもらい、授乳後にしゃっくりをしてしまう時には、看護師さんに言われた通りに、おむつに注意していたらやっぱりオシッコが出ていました!それからは頻繁にチェックしています。

TAKAKO
25歳

げっぷが出せるようになったら自然としなくなりました

授乳後にげっぷが、なかなかうまく出せなくて、しばらく抱っこしてから寝かしていました。その直後からしゃっくりをよくしてしまうのです。助産師さんに、肩に抱えてげっぷを出すのではなく、膝に座らせてする方法を教えてもらい、げっぷをうまく出せるようになったら自然と「しゃっくり」をしなくなりました。

くるみっち
34歳

止まらなくても大丈夫でしたよ

私の子どもは思い出してみると赤ちゃんの時には、しゃっくりをよくしていました。全身を「ビグっと!」させるので最初は、驚きましたがそんな風にして何回もやっていたので、私も慣れてしまってそのままにしていました。機嫌も良くて元気だし、吐いたりする訳でもないし、気付くと自然と止まっていたのであまり気にしなくても良いと思います。

赤ちゃんのしゃっくりを減らす3つの方法!お世話を見直して

しゃっくりが多い新生児や赤ちゃんには、横隔膜への刺激を少なくできる3つの方法でしゃっくりを出にくくしてあげましょう。

1ミルクや母乳を飲むペースを落としてあげる

よわよわしい新生児でも授乳の際は勢いよくゴクゴク飲む子がいるため、授乳のさいは一気飲みをさせないようにし、適度にゲップもさせながら休憩を入れて、飲ませるようにしましょう。

離乳食を開始した赤ちゃんの場合も、飲み物を「ゴクゴク」飲んだり早食いしたりすると、しゃっくりが出やすくなるので一度にたくさん頬張らないように、しっかり噛んでから飲み込むのを確認して次のひと口を与えましょう。

母乳やミルクを飲むペースを落とす方法

  • ミルクの場合
    哺乳瓶の乳首の形状や固さを変えることで、ミルクの出方が変わります。メーカーや商品によって同じ丸形やクロスカットでも出方が違いますので、現在使っているものよりも出にくいものを選びましょう。
  • 母乳の場合
    しっかりと乳首をくわえさせておっぱいと口の隙間を出来るだけなくし、途中休憩をしてゆっくりあげましょう。

2冷たすぎる飲み物や食べ物を与えない

新生児の頃は母乳やミルクなので熱すぎや冷たすぎはありませんが、赤ちゃんが離乳食を食べる頃になるとしゃっくりを出やすくなる冷たい食べ物や飲み物を与えがちになります。

食事や飲み物の熱さに気を付けるのはもちろん、冷蔵や氷入りの冷たすぎる飲み物や食べ物は控え、ほどよい温度にしてしゃっくりが出るのを防いであげましょう。

3哺乳瓶を変えたり傾きを45度にしたりして授乳する

赤ちゃんのしゃっくりは授乳時に飲み込む空気の量の多さとも関係するため、ミルク育児や混合育児の場合は哺乳瓶の角度をおよそ45度に傾けて空気を一緒に飲み込みにくくしてあげましょう。

その他にも、空気を飲み込みにくい哺乳瓶を使うとしゃっくりやゲップが出にくくなるため、吐き戻しやうなりも減りやすくなります。

赤ちゃんのしゃっくりの心配はほどほどに!心配し過ぎず見守って

新生児や赤ちゃんのしゃっくりは成長に伴い少しずつ回数が減りますが、特に新生児はミルクを吐く原因になるため赤ちゃんの体も心配になり、ママやパパもお世話が大変でしょう。

確かに赤ちゃんのしゃっくりが何日か続いている、しゃっくりが多く機嫌が悪くて元気がないといった場合は一度出産した産院や小児科医に相談すると安心ですが、しゃくりはよくあることなのであまり心配する必要はありません。

むしろ赤ちゃんがしゃっくりする度にママが不安な表情を浮かべる方が問題!ママの不安が赤ちゃんに届くと不機嫌になったり体調を崩したりすることがあります。

親の責任を重く受け止め過ぎずに育児を楽しむことを考え、新生児がしゃっくりする姿を動画で撮影して記念に残すなど、笑顔で明るくあかちゃんを見守る余裕を大切にしましょう。

おすすめの記事