赤ちゃんへの麦茶の飲ませ方に関する記事

赤ちゃんへの麦茶の飲ませ方!安心できる作り方や量の目安

赤ちゃんへの麦茶の飲ませ方!安心できる作り方や量の目安

赤ちゃんへの麦茶の飲ませ方を知っておくと、暑い夏や空気の乾燥が心配な冬場を安心して乗り切れます。そろそろ飲ませたいけどいつから飲める?赤ちゃんに与えるための正しい作り方や飲ませる量、喜んで飲んでくれるタイミングとは?

マーミーTOP  >  赤ちゃん  >  赤ちゃんへの麦茶の飲ませ方!安心できる作り方や量の目安

赤ちゃんは麦茶をいつから飲める?ベビー麦茶は生後1ヶ月から

真夏日に外出する赤ちゃん

市販のベビー麦茶の中には「生後1ヶ月ごろから幼児まで」と記載された商品もありますが、できれば離乳食が始まった生後5~6ヶ月から与える方が好ましいです。

早い時期から赤ちゃんに麦茶を与えても、母乳やミルク以外は受け付けないことが多いです。

薬を飲ませるために水が飲めたほうがい良いという意見もありますが、麦茶で薬は飲めないため早い段階から慣らさなくても大丈夫です。

麦茶を早くから与えてミルクや母乳の授乳量が減るのは問題!

もし赤ちゃんが麦茶やイオン飲料を気に入ってたくさん飲んだとしても、母乳やミルクの授乳量が減ってしまう恐れがあります。

離乳食を始める前の赤ちゃんの栄養は全てミルクでまかなわれますので、授乳量の減少は赤ちゃんの体調や成長に影響します

そのため完全母乳の場合も混合の場合もミルク育児の場合も、離乳食を始める時期に麦茶を与えるママが多いです。

低月齢の赤ちゃんに麦茶を飲ませる必要はナシ!水分は母乳やミルクで足りる

白湯を飲んでいる赤ちゃん

新生児など低月齢の赤ちゃんの白湯や麦茶は、離乳食が始まるまで基本的に必要ありません

1日に必要な赤ちゃんの水分摂取量は、新生児が1kgあたり60~80ml、赤ちゃんが1kgあたり100~120mlと言われています。

離乳食を開始するまでは母乳育児でもミルク育児でも、基本的に一日に必要な水分は母乳やミルクで足りています。水分不足が疑われる状況や異変がなければ、麦茶や白湯で水分補給をする必要はありません。

水分不足が疑われる状況

 
      
  • おしっこの回数や量がいつもより少ない
  •   
  • 肌や唇が乾燥している
  •   
  • 泣き声が弱く元気がない
  •   
  • 発熱が続いている
  •   
  • 泣いても涙が出ない
  •   
  • 寝ているのに頭の上の大泉門が凹んでいる
  •   
  • 飲ませても水分がとれない など
  •  

もしこうした異変が見られた場合は、麦茶ではなくベビー用の経口補水液をスプーン1匙ずつ飲ませ、口から水分が摂れずぐったりしていたら、すぐに医療機関を受診しましょう。

赤ちゃんのいる家庭では、いざという時のために少なくとも1本はベビー用経口補水液を常備しておきましょう。

麦茶はカフェイン&タンニンレス!赤ちゃんの日頃の水分補給におすすめ

麦茶はカフェインやタンニンを含まないので、離乳食と一緒に日常的に飲むお茶として赤ちゃんにも安心して与えられます。

同じ茶色でもほうじ茶やウーロン茶はカフェインやタンニンが入っていますし、市販の「ベビーほうじ茶」にも少量ですがカフェインが含まれています。

ベビー麦茶は大人用の麦茶と抽出液の濃度が違い、薄めてあります。一方伊藤園の健康ミネラル麦茶は1歳未満の赤ちゃんを対象とした「乳児用規格適用食品」なので、薄めなくても大人から赤ちゃんまでそのまま飲めてミネラルも同時にとれます。

汗をたくさんかいた赤ちゃんへの「麦茶や白湯だけの水分補給」は危険!

赤ちゃんだけでなく幼児や大人も、たくさん汗をかいたあとの水分補給が麦茶や水だけだと危険です。

飲んだ水分を体内にしっかり取り込むためには、「塩分(ナトリウム)」や「糖」を一緒にとる必要があります

ナトリウムは体内に水分を保ち、糖は水分とナトリウムの吸収を促進する働きがあります。麦茶にもナトリウムなどのミネラルは含まれていますが、大量に汗をかいた時は麦茶だけだと充分なナトリウムや糖をとれません。

離乳食前の赤ちゃんは食事から糖やナトリウムをとれないため、日頃の水分補給には塩分や糖分を含んでいる母乳が最適。

離乳食を開始した生後5~6ヶ月以上の赤ちゃんの場合、離乳食にナトリウムや糖が含まれているので、食事と一緒に麦茶で水分をとらせるのが好ましいです。

また気温や汗のかきかたによっては、ベビー用イオン飲料やベビー用経口補水液を利用する方が望ましいこともあります。ただしイオン飲料の飲ませ過ぎも好ましくないため注意して下さい。

赤ちゃんの水分補給は喉が渇く前がベスト!

赤ちゃんの体内にナトリウムが不足すると、濃度をそれ以上薄めないために麦茶などの水分を飲みたがらなくなることがあります。

ところが言葉を話せない赤ちゃんの場合、麦茶の味が嫌で麦茶を飲まないのか、既にナトリウムが不足しているのかが分かりにくいです。

体調の異変に注意すると共に、おむつ替えや着替えのタイミング、汗をかいた後、車から降りた後など早め早めでこまめに水分補給をし、気温や汗の量など状況によっては麦茶からイオン飲料に変えましょう。

赤ちゃんへの麦茶の飲ませ方!赤ちゃんが慣れるまではスプーンで与える

麦茶は私たちにとっては普段から慣れている飲み物ですが、赤ちゃんにとっては初めて口にする味のため、ママに飲ませてもらう時には「どんな飲み物なんだろう?」と、デリケートになっています。

赤ちゃんが麦茶に慣れるまでの飲ませ方!スプーン1さじからスタート

麦茶のコップの中に入っている赤ちゃん用スプーン

麦茶の飲ませ方は離乳食と同じです。赤ちゃん用の小さめのスプーンを使って、最初は1口飲ませてあげてください。

ただしスプーンを口に入れると舌で押し戻してしまう場合は、スプーンを口の奥に入れ過ぎている可能性がありますので、離乳食はいつからはじめるとよいか開始サインを確認してみましょう

離乳食開始に適している時期がきている場合は、麦茶を入れたスプーンを上唇の上にのせてあげて、赤ちゃんが吸い付くのを待ってあげてください。

スプーンで飲んでくれるようになったら哺乳瓶で与える

哺乳瓶

スプーンでも飲んでくれるようになったし、もっと麦茶の量を沢山飲んで欲しいママは、ミルクを飲んでいた哺乳瓶を使ってみるとスムーズに飲んでくれます。

あるいは、赤ちゃんの外出時にも便利なスパウトやストローが付属しているストローマグのセットには色々な人気商品があるので、まずはスパウトを利用し、生後8ヶ月頃からストロー、1歳頃からコップの練習をしてみてもよいでしょう。

ちなみに体験談を見ても赤ちゃんがストローで飲めるようになる時期には個人差がありますので、ちょいちょい試してみるのがおすすめです。

赤ちゃんに与える麦茶の量は?1回に10~30mlが目安

赤ちゃんが麦茶ばかりを飲んで母乳や離乳食からとる糖や塩分が減ってしまうと、飲んだ水分を体内に取り込めなってしまいます。これでは赤ちゃんに麦茶を飲ませても意味がありません。

赤ちゃんに麦茶を飲ませる時は、月齢にもよりますが1回10ml程度で十分。多くても30ml程度に留めましょう。夏場などに喉が渇いて一度に沢山の水分を欲しがる時は、母乳やミルクを与えた方が安心です。

赤ちゃんの麦茶の作り方!大人用のパックを煮出してから薄める

赤ちゃん用の麦茶の作り方として、大人が普段飲んでいる麦茶のパックを煮出すると、赤ちゃん用の麦茶を代用できます。

そのままでは赤ちゃんには濃く、苦く感じて飲まないこともあるので、薄め方は大人の麦茶に沸騰したお湯を足してから氷水につけて人肌に冷ますだけ。

薄めることで赤ちゃんにとっては飲みやすい麦茶ができます。慣れてくると大人用の麦茶をそのまま飲めるようになりますから、最初は赤ちゃんが喜んで飲んでくれる薄さであげましょう。

赤ちゃん用の麦茶は冷蔵庫で保存できる!飲み残しは与えない

沸騰しているヤカンのイラスト

赤ちゃん用の麦茶は冷蔵庫で保存できますが、作ってから24時間以内の新しいものを与えましょう。飲み残しは雑菌が繁殖するので与えないで下さい。

冷やしておいた大人用の麦茶を温めなおし、沸騰したお湯で薄めてから冷やして飲ませれば、赤ちゃん専用の麦茶を作らなくてもいいので楽です。

長期保存には市販のペットボトルや粉末を利用する

麦茶を備蓄や外出用などで保存したい場合は、ドラッグストアで市販されているペットボトルや粉末のベビー用麦茶、伊藤園の健康ミネラル麦茶のペットボトルを買い置きしておきましょう。

ペットボトルのベビー麦茶は残すことが多いので、赤ちゃんに与えた後でママやパパも味見をして、自分で作るときの薄め方の参考にしましょう。

赤ちゃんに水出し麦茶を飲ませないで!

煮出し麦茶を作る時は水道水でも一度沸騰させますが、水出し麦茶は赤ちゃんにそのままの水道水やミネラルウォーターを飲ませることになるため早すぎます。

水道水は殺菌されているとはいえ、赤ちゃんの未発達な胃腸には負担が大きくなります。ミネラルウォーターは含まれているミネラルによって赤ちゃんがお腹を下す恐れがあります。

水出し麦茶は冷蔵庫に入れておけば簡単に作ることができますが、赤ちゃんはまだ冷たい麦茶を飲むことはできないので、赤ちゃんの健康のためにも水出しは我慢して白湯と同様に沸騰させて作る煮だし麦茶か、市販の麦茶を与えるようにしましょう。

赤ちゃんにおすすめの市販の麦茶!自家製用と保存用3選

各飲料メーカが、赤ちゃんが飲んでも、健康に害のないように配慮し商品開発した、赤ちゃん用の麦茶の商品をいくつか紹介していきます。赤ちゃんに、どんな種類の麦茶を飲ませたらいいのか迷った際には、参考にしてください!

健康ミネラルむぎ茶 こどもむぎ茶 紙パック 125ml (3本パック)

こどもむぎ茶(3本パック)

伊藤園

大人もCMを通じたり、スーパーなどの店頭で、よく商品名を聞いたり、実物を見たりする機会の多い、伊藤園の健康ミネラルむぎ茶のベビー用です。
ノンカフェイン、無香料、無着色で、生後1か月の赤ちゃんから、そのまま飲ますことができます。大麦と麦芽のブレンド麦茶なので、すっきり香ばしい味わいに、赤ちゃんも癖になってしまうかもしれません。

https://www.itoen.co.jp/products/detail.php?id=70

ペットボトル飲料 ベビー麦茶 500ml

ベビー麦茶 500ml

Pigeon

国産の大麦を100%使用した、ベビー麦茶です。香料、保存料、着色料も無添加なのに、加えて厚生労働省が選定したアレルギー物質27種類が含まれていないため、アレルギー検査前の赤ちゃんにも安心して飲ませる事ができます。(注1)
赤ちゃんが飲みやすいように、苦味が少なくされているのもポイントです。ペットボトル飲料なので、持ち運びや保存に便利です。

http://products.pigeon.co.jp/item/index-1638.html

ベビーのじかん むぎ茶

ベビーのじかん むぎ茶

WAKODO

赤ちゃんにとっては、飲みやすい味に丁度いい甘さ加減で、ごくごく飲めちゃうベビー麦茶です。飲み過ぎてしまってもカロリーゼロのため、体重が増えすぎてしまうこともありません。カフェインやタンニンも入っていないし、ママ達の口コミでの評判もよくて、安心して飲ませる事のできるベビー用の麦茶です。

https://www.wakodo.co.jp

赤ちゃんへのスムーズな麦茶の飲ませ方!おすすめのタイミングとは?

色々なベビー麦茶も分かったし、あとは、いつ、飲ませてあげるかが大切ですよね。赤ちゃんが麦茶を飲んでくれるお勧めのタイミングを紹介します。

赤ちゃんののどが渇くお風呂上がりに飲ませよう

お風呂上がりは体の水分が思った以上に失われてしまいます。そのためお風呂上りに市販のベビー用麦茶か、ママが作っておいて麦茶を少し飲ませてあげると、喉の渇きに麦茶の味がこたえてくれ、麦茶の味を気に入ってくれやすいです。

虫歯予防のためにも離乳食後に飲ませよう

離乳食を食べた後麦茶を飲む赤ちゃん

お口の中に離乳食の食べカスが残っていると、虫歯の原因になってしまいます。食後に殺菌作用のあるお茶を飲んで、お口を綺麗にすることを小さい頃から習慣付けておくと、成長してからも虫歯になりにくい口内環境を保つことができます。

お昼寝後や朝などの寝起きに飲ませよう

人間は寝ている時にも汗をかきます。その量は一晩で300mlと国立病院機構が発表しています。赤ちゃんも大人と同じように寝ている時に、量は少ないけど汗をかきます。

お昼寝や夜寝て起きると、動いていなくても汗をかいてしまっていることが分かりますよね。汗をかいたということは、体内の水分が失われたということですから、喉が渇いているということです。

大人でも麦茶の味が恋しくなる暑い季節には、寝ている間にかく汗の量が多くなってしまい喉の渇きも強まります。寝起きは水分補給のためにも、赤ちゃんに麦茶を飲ませてあげる良いタイミングと言えます。

この記事を書いたライター
小森ひなた

小森ひなた

子育てと仕事に頑張る共働き主婦です!ルンバ貯金始めました♪

おすすめの記事