新生児のミルクの飲み過ぎ対策に関する記事

新生児のミルク飲み過ぎはトラブルに!?見極め方/対策

新生児のミルク飲み過ぎはトラブルに!?見極め方/対策

新生児のミルクの飲み過ぎについて解説します。ミルクを飲んでくれるのは嬉しいけど、飲みすぎるのは不安というママ必見です。

マーミーTOP  >  赤ちゃん  >  新生児のミルク飲み過ぎはトラブルに!?見極め方/対策

新生児のミルクの飲み過ぎに注意!飲みすぎない対策は?

目安量をはるかに超えた量のミルクを飲んでしまう赤ちゃんに対し、ママは嬉しい反面、心配に思うことも多いもの。
飲みすぎることで赤ちゃんの体に悪影響があるのではないか、肥満になってしまうのではないかと気になってしまう方も少なくありませんよね。

今回は、新生児のミルクの飲み過ぎによる症状/飲み過ぎの見分け方/対策方法などについて詳しく解説していきます。

赤ちゃんが泣くたびにミルクを飲ませてしまうママもいると思いますが、ミルクの飲み過ぎによって引き起こされる症状もあるようです。対策を行った先輩ママたちの体験談も紹介しますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

新生児のミルクの量の目安は?

ミルクを飲む赤ちゃん

ミルクは母乳よりも腹もちが良く、赤ちゃんに与える際には吐いてしまわないよう、3時間ほど間隔をあける必要があります。
以下は完全ミルクの場合の目安なので、母乳と混合の方はミルクの量を調整するようにしましょう。

新生児のミルクの量1回分の目安

・生後0日~7日…生後日数×10ml+10ml(例:生後4日の場合、40ml+10ml=50ml)
・生後7日~2週間…80ml~100ml
・生後2週間~1ヶ月…100ml~120ml

ミルクを飲む量には個人差があります

ミルクを飲み過ぎると肥満になるのではないか、どうして毎日飲む量が一定ではないのか心配になるママも多いのですが、赤ちゃんの体格や成長速度はそれぞれ異なります。
また、その日の体調などによって飲む量が変化することも少なくありません。

ただし、新生児が1日1,000mlを大きく超えた量のミルクを飲んだり、授乳後、大量に嘔吐したりする場合には、新生児のミルクの飲み過ぎを疑うべきかもしれません。
1週間のトータルでミルクを飲んだ量が極端に多すぎないかどうかや、赤ちゃんの成長の度合いなど、ママがこまめにチェックし、必要に応じて医師に相談することが大切ですね。

新生児のミルクの飲み過ぎを判断するポイント

・1日に何回かミルクを吐くことがある
・下痢、便秘などの症状が見られる
・授乳中にミルクが口から漏れている
・ぱんぱんにお腹が膨れて苦し気に泣く

新生児の赤ちゃんが泣くのはミルク不足だけが理由じゃない!

泣く赤ちゃん

「さっき飲んだのにまた泣いてる…おかしいなぁ」と思いながらも、赤ちゃんが泣くたびに、ついミルクやおっぱいを飲ませてしまうママは少なくありません。

しかし、お腹が苦しい/おむつが濡れている/眠い/抱っこしてほしい/暑い/かゆい/さみしい/不安など、赤ちゃんが泣く理由には、お腹が空くこと以外にもたくさん考えられます。
赤ちゃんが泣く度にミルクを飲ませてしまう場合、飲み過ぎによる弊害を考慮しながら、赤ちゃんが泣く本当の理由を考え直してみる必要があるかもしれません。

新生児のミルクの飲み過ぎによる影響

完全母乳や混合育児のママは、新生児の赤ちゃんが泣くたびに「自分の母乳が足りないのでは…?」と心配になりがちです。
さらに周りから「おっぱいが足りないのかもね、ミルクを飲ませたら?」と、母乳不足を指摘されているような言葉を聞くと、「ミルクを追加しなくちゃ!」と慌ててしまうこともあるでしょう。

しかし、ミルクを飲ませ過ぎた場合、新生児の赤ちゃんを余計に苦しめてしまう症状が現れることも少なくありません。

ミルクの飲み過ぎで現れる症状

・便の量が増えてしまうことによるお尻かぶれ
排便回数が増えてしまうことによる切れ痔や血便
・ミルクの与えすぎによる肥満体型

ミルクが欲しくて泣いたわけではないのに、泣くたびに飲ませていると育ち過ぎや肥満の原因になります。

また、赤ちゃんの肛門も肌と同じように大変デリケートですから、ミルクを飲む量が多ければ便の回数も増え、うんちの回数が増えることで切れ痔や血便、おしりかぶれを招いてしまうケースもあります

赤ちゃんは切れ痔が痛くて泣いているのに、更にミルクを飲ませてしまうといった悪循環に陥ることのないよう、新生児のミルクの飲み過ぎにはくれぐれも気を付けてあげてくださいね。

新生児の満腹中枢について

吸い付く赤ちゃん

新生児の赤ちゃんの満腹中枢は未発達で、目の前に乳首があると吸いつく生理的反射(吸てつ反射)があるため、お腹がパンパンでも吸ってしまいます。
赤ちゃんのミルクへの反応が良いとママの方も「やっぱりミルクが欲しかったのね」と勘違いして、結果的にミルクの飲み過ぎにつながってしまう…というわけなのです。

満腹中枢の発達速度には個人差があると言われており、徐々に満腹中枢が発達してくると、新生児の赤ちゃんも満腹感がわかるようになるので、一度に飲むミルクを飲む量が減ることもあります。
ミルク量が減るとママとしては心配になりますが、授乳中は赤ちゃんの様子を見ながら、無理にミルクを飲ませることのないよう授乳を切り上げましょう。

先輩ママに聞く!ミルクの飲み過ぎ対策どうしてた?

新生児の赤ちゃんがミルクの飲み過ぎにならないために、先輩ママたちはどのような飲み過ぎ対策を行っているのでしょうか?
赤ちゃんのミルクの飲み過ぎに悩んでいた先輩ママの体験談をご紹介しますので、飲み過ぎ防止の参考にしてみてくださいね。

グーチョキ
33歳

Aおしゃぶりが役立ちました

うちの子の場合、眠くてグズって泣くたびに母乳やミルクを飲ませてしまっていたのですが、1ヶ月検診の時に担当の先生から「新生児は満腹中枢が発達していないから、与えるといつまでも飲んじゃうんだよ」と言われました。
それを聞いてからは、ある程度コントロールしなければいけないと思い、グズって大泣きしたときはおしゃぶりを使いました。うちの子の場合はおしゃぶりがとても役立ちました。

かつどん
30歳

A哺乳瓶の吸い口のサイズを変えてみました

食欲旺盛な我が子は、ミルクをグビグビ短時間で飲んでしまい、「足りない!」と言わんばかりに大泣きする子でした。
そこで、あまりにも一気に飲むので何か工夫はできないかなと思い、哺乳瓶の吸い口の穴のサイズを小さいものに替えてみました。
その結果、穴が小さくなったせいか一気に飲むことはなくなり、時間をかけて飲むようになって、時間をかけて飲む分、満足感が得られやすくなったようです。
哺乳瓶の乳首ってなかなか注目することって少ないですが、ミルクの飲み過ぎが気になる方は、一度見直してみてはいかがでしょうか。

デイジー
28歳

A歩き始めたらスリムになりました

長女を出産したとき、母乳があまり出なかったのでほぼミルクで育てていました。ミルクの目安量をはるかに超えたミルクを飲ませていました。

歩き始める赤ちゃん

飲み終わるとギャン泣きして催促されるので仕方なく飲ませていましたが、体重増加量が大きすぎて、肥満児になるのではないかと心配したものです。
しかし、離乳食を始めたり、歩き出した頃からどんどん体型がスリムになっていったので、「ミルクの飲み過ぎ=小児肥満になる」とは限らないのかもしれないなと思いました。

もも
30歳

A白湯やミネラルウォーターも

3歳の息子のママです。ミルクの時間以外は、どんなに泣いてもむやみにミルクを与えることはせず、できるだけ代替えとして白湯を飲ませたりしました。
その子その子にも味の好みがあると思うので、他にも赤ちゃん用のカフェインレス麦茶やミネラルウォーターなど、いくつかミルクに変わる飲み物を常備しておくと便利ですよ。

スポンサーリンク

おすすめコンテンツ