赤ちゃんの目の充血の原因に関する記事

赤ちゃんの目の充血で病院に行くべき片目のみ・目やに症状

赤ちゃんの目の充血で病院に行くべき片目のみ・目やに症状

赤ちゃんの目の充血は異変を知らせるサイン。充血以外の症状から原因を探ると、病気の早期発見ができ、重症化を防げます。

マーミーTOP  >  赤ちゃん  >  赤ちゃんの目の充血で病院に行くべき片目のみ・目やに症状

赤ちゃんの目が充血するのはどうして?病院にいくべき目安や症状について!

赤ちゃんの目が充血している!そんな時は病院に行くほどのことなのか、放っておいても自然に治るのかいまいち判断に苦しむこともありますよね。赤ちゃんの身体はとても繊細で、少しの刺激や変化ですぐに異変が表れてしまいます。そんな変化にママが素早く気づくことで、病気の重症化を防ぐことができることがあります。

赤ちゃんの目が充血している場合には、赤ちゃんの身体に目以外で、どんな異変があるかを調べてみる必要があります。発熱はないか、発疹はないか、まつ毛が刺さっていないか。ママも多少の予備知識があれば、単なる眠気からくる充血なのか病気なのかを、いち早く判断することができます。目の充血は放っておくと、重症化してしまう事もあったりしますので注意してあげましょう。

そこで、今回は赤ちゃんの目が充血してしまう原因や、目の充血が症状として出る可能性のある病気、充血を悪化させないための対処法などをまとめてご紹介いたします。赤ちゃんの目が充血していることに気づいた時には、ぜひ参考にしてみてくださいね。

そもそも赤ちゃんの目って充血しやすいです

寝ている赤ちゃん

そもそも赤ちゃんの目が大人に比べて充血しやすいことをご存知ですか?赤ちゃんは目の角質層の保護機能がそれほど強くありません。また体力がないため、遊びまわって疲れるとすぐ眠気に襲われて、つい目をこすってしまうことも多くあります。こすった刺激で目の角質層が傷つき、すぐに充血してしまいます。

さらに、赤ちゃんは目に関する病気によっても充血することがあります。乳児期は、結膜炎や逆さまつげなどになりやすい時期でもあるのです。赤ちゃんの目に異変を感じたら、ただ単に眠くてこすってしまっただけなのか、何かしらの病気のせいで充血しているのかを見極める必要があります。

そもそも目が充血してしまうのはどうして?

目の充血は、目の毛細血管が切れて出血することで起こります。白目の部分がまだら模様に赤く充血している場合には、毛細血管から血がにじんでいる状態にあります。

出血というと少し危ないイメージがありますが、毛細血管は興奮するなどちょっとしたことでも切れやすいので、心配する必要はありません。もしも、切れたとしてもすぐに新しい毛細血管が作られるため、充血していること自体を問題視しなくても大丈夫です。

しかし、目を充血させている原因が、病気に関わっている場合にはそうはいきません。原因を突き止め早急に治療につなげていく必要があります。

赤ちゃんの目の充血に病気が関わっている場合

目を擦っている赤ちゃん

赤ちゃんの目の充血は、病気が関わっているケースもあります。病気の場合は、充血の他にも「涙目が続いている」「目ヤニが多いかどうか」「かゆそうに目を頻繁に擦っているかどうか」などの症状を確認してあげて下さい。赤ちゃんの様子を総合的に判断して、充血以外の異変を感じたら病院へ行くようにしましょう。

結膜炎

結膜炎とは、目が炎症を起こして充血する病気のことです。その原因によって「細菌性結膜炎」や「ウィルス性結膜炎」、「アレルギー性結膜炎」や「流行性角結膜炎」などさまざまな種類に分けることができます。そんな「結膜炎」の種類と症状を詳しく解説していきます。

細菌性結膜炎

日本小児学会によると、細菌性結膜炎は肺炎球菌や黄色ぶどう球菌、表皮ぶどう球菌などが原因で発症します。目の充血に加えて黄ヤニが出たり、かゆみなどの症状が出たりすることが特徴です。また、最初は片目だけでも、数日後には両目に感染しているケースが多いです。

引用元:日本小児学会

お子さんの目が充血しているだけではなく、黄色い目やにが出たり、目のまわりを痒そうにしてかいていたら、
細菌性の結膜炎かもしれないことを疑いましょう。

ウィルス性結膜炎

日本小児学会によると、ウィルス性結膜炎はアデノウィルスなどのウィルスが原因で起こります。「はやり目」や「プール熱」とも呼ばれる病気もウィルス性結膜炎によるものです。急激に目が充血してしまったり、涙目に成ってしまったり、目ヤニがたくさん出てしまったりするのが特徴です。

引用元:日本小児学会

目の充血がひどくて、目やにが沢山あって、瞳が潤みがちであったら、ウィルス性の結膜炎を疑いましょう。

流行性角結膜炎

国立感染症研究所の研究報告によると、流行性角結膜炎はアデノウィルスが原因のウィルス性結膜炎です。「はやり目」とも呼ばれ、人や物を介して感染します。非常に感染力が高いのが特徴で、赤ちゃんは重症化しやすいので注意しましょう。耳の手前にあるリンパ節が腫れ、痛みを伴うこともあります。

引用元:国立感染症研究所

目が充血しているだけでなく、耳の横のリンパ節が腫れていたら流行性角結膜炎を疑いましょう。

逆さまつげ

まつ毛が長い赤ちゃん

逆さまつげは赤ちゃんに起こりやすく、まつげが眼球の方に向いてカールしてしまっている状態にあります。まつげは、本来ほこりなどを目に入れないためやや上向きにカールしているはずなのに、カールが逆さだと目を閉じた時に、目にチクチクささって、角質の部分を傷つけてしまっています。

赤ちゃんの場合には、まつげが逆さに生えてくることはよくある事です。大抵自然に治るものなので心配はありませんが、眼球を傷つけたり目をこすって爪で引っ掻いてしまったりする、癖のあるお子さんの場合には対処が必要です。赤ちゃんが目をこすっている時に痛そうにしていたら、逆さまつげになっていないかチェックし、お医者さんに相談すると良いでしょう。また中には、逆さまつげが自然には治らず、目を傷つけ続けてしまうケースもあります。そんな時は病院で根本的な治療をしてもらうのが1番でしょう。

鼻涙管閉塞症(びるいかんへいそくしょう)

日本眼科学会によると、鼻涙管(びるいかん)とは、目頭ある涙点というミクロな穴から、涙が吸い寄せられた際に鼻へ流れていけるように通る管のことをいいます。その鼻涙管が詰まってしまうと、本来鼻を通るための涙が目にたまり、常に目が涙で潤んだ状態になってしまいます。そのため、鼻涙管が詰まると、目やにも溜まりやすくなってしまいます。

中には生まれた時から、片目だけ鼻涙管が開いていない赤ちゃんもいます。その場合は「先天性鼻涙管閉塞」と呼ばれます。どちらの場合にも自然に完治しますが、中には治らずに治療が必要なケースもあります。また「先天性鼻涙管閉塞」のほとんどのケースは片目のみに発症しますが、稀に両目に症状が現れるケースもあるようです。片目が充血していたり、片目のみ目やにが多い場合には、鼻涙管閉塞症を疑い病院で診察を受けるようにしましょう。

麻疹

麻疹になった赤ちゃんのイラスト

普通の風邪の症状に加えて「目ヤニ」や「目の充血」がみられた場合、麻疹を疑う必要があります。赤ちゃんは重症化しやすく、全身に発疹が広がってしまうこともあります。また高熱も伴うこともあって、咳こんでしまう状態も長く続きます。麻疹は空気感染や飛沫感染などあらゆる方法で感染する非常に強いウィルスで、重症化してしまうケースもあるため十分に注意が必要です。
赤ちゃんへの麻疹の予防接種は1歳からは無料で受けることができますが、家族が麻疹にかかってしまった場合には、1歳未満でも麻疹の予防接種を検討して方が良いかもしれません。麻疹の予防接種は有料でよければ6ヶ月から受けることができますから、不安な場合は病院で相談するようにしましょう。

川崎病

国立循環器病研究センターによると、川崎病は日本人などのアジア系の人種に多い病気です。原因はまだ特定されてはいませんが、川崎病は目の充血、発熱、発疹、首のリンパ節の腫れ、手足のむくみなどの症状が現れるのが特徴です。また舌がいちごのように真っ赤になってしまいます。川崎病になってしまうと、心臓に疾患を伴うことがあり、その場合には命の危険性もあります。

引用元:国立循環器病研究センター

川崎病は、両目の充血、38度以上の発熱が5日以上続く、発疹、首のリンパ節が片側だけ腫れる、手足の腫れや掌・足の裏が赤くなる、舌が苺のようになる、などの6つの指定された症状のうち5つ以上が該当すると、高い確率で診断されます。

花粉症

赤ちゃんでも花粉症になります!くしゃみや鼻水と共に、目の痒みが強いと、赤ちゃんは痒くて目をこすってしまい、目が充血してしまいます。ママの見ていない所で目を擦っていると、急に目が充血してビックリ!ということもあるので、くしゃみをしたり鼻がぐずっていないか確認してあげましょう。
赤ちゃんも大人と同じく花粉症の検査をすることができますが、血液検査が必要となります。赤ちゃんの血液検査は1歳を超えてからの方が安全なので、1歳未満の赤ちゃんだとしても、まずは病院で花粉症の診察を受けてみましょう。

赤ちゃんの目が充血している時に家庭でも出来る対処法

目が充血していて眠そうにしていたら、あやしてあげる

あくびして眠そうな赤ちゃん

目が充血している時は、眠くて目をこすってしまっただけという場合もあります。そんな時はあやして静かに寝かせてあげるのが良いでしょう。また、赤ちゃん爪をこまめに切って、手を清潔にしてあげることも大切です。手でこすってしまうことで目や肌を傷つけたり、菌が目に入ってしまったりすることを防止する効果があります。赤ちゃんの手はヨダレのついた状態でいることが多いため、雑菌がつきやすいので少しでも清潔に保つようにしてあげて下さい。

目をこすっている仕草をみたら早めに気づいてあげる

赤ちゃんが目をこすっている場合は、病気なのかそうでないかを見極めることが肝心です。眠かったり痒かったりしてかいているだけならば問題はありません。しかし何かの病気に伴って、目の充血やかゆみを引き起こしている場合もあります。

そこで目の充血の他に熱や発疹、目ヤニの量や色などをチェックしてあげましょう。赤ちゃんの異変に、早めに気がついてあげることで、対処もスムーズにすることができますよ。

スポンサーリンク

おすすめコンテンツ