差し乳・溜まり乳の特徴とはに関する記事

差し乳が母乳の出ない原因?差し乳ママの母乳不足の解消法

差し乳が母乳の出ない原因?差し乳ママの母乳不足の解消法

差し乳だと母乳が出にくいって本当?差し乳・溜まり乳の特徴や知っておきたい差し乳のデメリット、母乳がスムーズに出る差し乳になるにはなどをご紹介します。あなたのおっぱいタイプはどちら?母乳が出にくいことでお悩みのママは参考にしてください。

マーミーTOP  >  赤ちゃん  >  差し乳が母乳の出ない原因?差し乳ママの母乳不足の解消法

差し乳が母乳の出ない原因?差し乳と溜まり乳どっちがいいの

母親に抱っこされている生まれたばかりの新生児

出産後の母乳の出方によって、差し乳や溜まり乳などの呼び方をすることがあります。初めてお産を迎えるプレママさんは、聞いたことのない言葉かもしれませんね。一体どのようなおっぱいのことを言うのでしょうか。

今回は、差し乳と溜まり乳との比較や、差し乳のデメリット、母乳を出す方法などをまとめました。先輩ママの体験談もありますので、これから出産を迎える方はぜひ参考になさってくださいね。

差し乳とは?溜まり乳との違い

差し乳や溜まり乳(張り乳)というのは、ママのおっぱいのタイプのことです。医学用語ではないのですが、母乳の出方の違いによって、このように呼ばれているようです。2つのおっぱいのタイプには次のような特徴があります。

差し乳の特徴

  • おっぱいが張らない
  • 搾乳しても母乳が出にくい
  • 授乳をはじめると母乳が湧き出るような感覚がある

溜まり乳の特徴

  • いつもおっぱいが張っている状態
  • 普段から乳首から母乳が滲み出てくる
  • 乳腺炎になりやすい

一般的に、普段はおっぱいの張りがなくても、授乳をはじめると母乳が出てくるのが「差し乳」で、常におっぱいに母乳がたまっているのが「溜まり乳」だといわれています。

搾乳器

「差し乳は母乳の出が少ない」とも言われますが、そんなことはありません。搾乳器などで絞った時に出てこないだけで、赤ちゃんが吸うとちゃんと出てきます。赤ちゃんが乳頭をくわえると、脳からプロラクチンやオキシトシンという、母乳に関係したホルモンが出て、母乳が押し出されるのです。

このように、差し乳でも溜まり乳でも、赤ちゃんに必要な母乳はちゃんと作られています。赤ちゃんに必要な分の母乳が出ていれば、差し乳でおっぱいが張らなくても大丈夫なのです。

知っておきたい差し乳の3つのデメリット

おっぱいが張りにくく、おっぱいトラブルが少ない差し乳は、溜まり乳ママにとっては理想のおっぱいですよね。とはいえ、差し乳にはメリットだけではなく、デメリットもいくつかあります。差し乳の3つのデメリットは次のとおりです。

1母乳が足りているか分かりにくい

差し乳ママは、赤ちゃんに母乳が足りているか、よく分からないというデメリットがあります。母乳が出やすい溜まり乳と違って、おっぱいの張りを感じにくいのが差し乳の特徴。そのため、母乳がどのぐらい出ているのか分からず、母乳の量が少ないのではないかと感じるママが多いのです。

体重計に乗ってる赤ちゃんのイラスト

もし、母乳が足りているか不安な場合は、赤ちゃんの体重を定期的に測ってみるとよいでしょう。ちゃんと飲めていれば、順調に体重が増えていきます。家庭にある体重計に、赤ちゃんを抱っこして乗り、ママの体重を引き算すると簡単に分かります。赤ちゃん用の体重計をレンタルしてもよいですね。

また、母乳が足りないからといってミルクとの混合にすると、哺乳瓶に慣れてしまって乳頭混乱を起こす場合があります。哺乳瓶の乳首は、ママのおっぱいよりも軽い力で吸えるので、楽だと感じた赤ちゃんは余計母乳を飲まなくなってしまいます。母乳を吸ってくれないと、ママの体が母乳を作らなくなるという悪循環になってしまう恐れも。

このようなことから、差し乳の場合は、体重増加をチェックし、明らかにおっぱいが足りていない場合にミルクを足したほうがよいでしょう。母乳を先に飲ませてから、哺乳瓶でミルクを与えると、乳頭混乱を起こしにくいですよ。

赤ちゃんの体重増加の目安

体重増加の目安は、母子手帳についている成長曲線を使うと分かりやすいです。赤ちゃんの体重がきちんと増えており、成長曲線の内側に入っていれば、順調に成長しているので問題ありません。

2授乳に時間がかかる

差し乳ママは、授乳に時間がかかる傾向があります。差し乳は、乳腺に母乳が溜まっていないので、赤ちゃんがおっぱいをくわえてから母乳が作られます。新鮮な母乳が作られるのはよいのですが、母乳が出るまでに時間がかかりやすいというデメリットがあります。なかなか母乳が出ないと、お腹を空かせている赤ちゃんがぐずってしまうこともあり、親子でイライラする原因となってしまうのです。

授乳時間を短縮するには、短い間隔で左右のおっぱいを交互に飲ませてみるのが効果的です。おっぱいにたくさん刺激を与えることで、母乳が出やすくなることがあります。

3母乳を保存しておくことができない

赤ちゃんを連れて外出するお母さんのイラスト

差し乳ママは、保存するほどの母乳が出ないことがあります。例えば、薬を飲む場合や外出の場合など、ママが授乳できない時に、搾乳しておいた母乳があると便利ですよね。しかし、差し乳の場合、おっぱいに母乳が溜まっているわけではないので、搾乳してもあまり出てきません。そのため、母乳の保存が難しいのです。

差し乳ママが母乳を絞って保存したい場合は、授乳中に搾乳をしてみましょう。赤ちゃんが吸ったあとは、母乳が作られている状態なので、ただ絞るよりもスムーズに搾乳することができるはず。また、搾乳する前に乳頭マッサージをしたり、母乳が溜まりやすい起床後の時間に搾乳したりするのも効果的です。

溜まり乳のママはどうしておっぱいが張るの?

おっぱいが張りやすいママは、赤ちゃんが飲む母乳の量に対して、作られる母乳の量が多い母乳過多の状態です。おっぱいの中が、母乳でいっぱいになってしまうことでおっぱいが張ってしまうのです。

しかし、授乳だけでは母乳がたまってしまうからといって、搾乳をしすぎるのはタブーです。おっぱいが空の状態になることでどんどん母乳が作られてしまうため、かえっておっぱいが張ってしまいます。あまりに張りが強い時は、母乳外来でマッサージを受けることをおすすめします

母乳がスムーズに出る差し乳になるには

差し乳でも、母乳がスムーズに出るようになるといいですよね。次のような方法を実践することで、差し乳のママの母乳の出が良くなるので、ぜひ試してみてください。

頻回授乳を続ける

母乳を出やすくするために、頻回授乳を続けましょう。産後間もなくは、授乳のリズムが整っていないため胸が張りやすい状態です。間隔をあけずに授乳すると、赤ちゃんにおっぱいを吸われることで、作られる母乳の量が増えていきます

おっぱいを温める

母乳をスムーズに出すには、おっぱいを温めるのがおすすめです。母乳は、そもそも乳腺にある腺房という部分で、血液をもとに作られています。そのため、おっぱいを温めることで血行がよくなると、腺房に取り込まれる血液の量も増えるため、母乳の量が増えるというわけです。

しっかり水分補給する

水の入ったコップのイラスト

授乳中は、しっかり水分補給をすると母乳の出がよくなります。母乳の80%以上は水分のため、たくさん母乳を作るためには水分をたくさん摂る必要があるためです。1日2リットルをめどに、こまめな水分補給を行いましょう。

差し乳ママはうつ乳に注意!

お母さんのおっぱいを飲んでる赤ちゃん

差し乳は、溜まり乳に比べて乳腺炎になりにくいといわれていますが、絶対に乳腺炎にならないというわけではありません。特に、左右のおっぱいがそれぞれ差し乳と溜まり乳という混合タイプの場合は要注意。授乳をする時に、おっぱいの張りを感じる溜まり乳の方ばかりを吸わせがちになります。

そうなると、あまり吸わせていないおっぱいに母乳が溜まったままとなり、乳腺炎一歩手前のうつ乳になる可能性があるのです。差し乳で母乳の量が少ないからといって、授乳回数を減らすのもうつ乳の原因となります。毎回きっちり授乳を行い、うつ乳を予防しましょう。

あかね
20代前半

溜まり乳から差し乳に変化!

泣いている新生児

私は溜まり乳で、出産直後からおっぱいがパンパンに張って、たくさん母乳が出る状態でした。でも、新生児期って一度に量を飲まないので、飲み残しがおっぱいに溜まって乳腺炎になってしまったんです。熱が出たり、痛いおっぱいマッサージを受けたり、大変でした。

それでも頑張って授乳を続けていたら、授乳リズムが整うにつれて、差し乳に変わったんです。赤ちゃんが吸うタイミングで、ちょうどいい量が出るようになったので、おっぱいの張りで困ることはなくなりました。

ひろちゃん
30代後半

差し乳で授乳が大変…

「子どもを産むとおっぱいが張る」と聞いていたのに、私の場合は張った感じがしませんでした。授乳をしても、おっぱいが足りているか常に不安で。赤ちゃんの体重を測ってみると、ちゃんと増えているので、いわゆる差し乳タイプと気付きました。

張って痛いということはないのですが、家族に頼んで外出する時など、母乳を絞って保存しようと思っても出てこないので困るんですよね。私が病気をして、母乳育児を中断したら、おっぱいが出なくなるんじゃないかと思って心配です。

スポンサーリンク

おすすめコンテンツ

この記事を書いたライター
小森ひなた

小森ひなた

子育てと仕事に頑張る共働き主婦です!ルンバ貯金始めました♪