に関する記事

新生児黄疸の症状・長引く原因と光線治療などの費用は?

新生児黄疸の症状・長引く原因と光線治療などの費用は?

新生児に見られる黄疸は、全てが自然に治るわけではありません。長引く理由と病院での治療法や費用について説明します。

マーミーTOP  >  赤ちゃん  >  新生児黄疸の症状・長引く原因と光線治療などの費用は?

新生児期の黄疸の原因~自然に治る場合

産まれて間もない赤ちゃんのほとんどは黄疸(新生児黄疸)になってしまいます。なぜ、産まれてから間もない赤ちゃんが黄疸になってしまうのかを紹介します。多くの場合は、自然と黄疸が治まるので安心していただきたいのですが、いつまでも長引く場合は病気の可能性が考えられるので注意が必要です。まずは、新生児黄疸ってどういう症状が表れるのかをみていきましょう。

新生児黄疸ってそもそもどんな症状

赤血球

ママのお腹にいる時の赤ちゃんも生きていくためには酸素が必要です。酸素量が限られているママの胎盤内では、酸素と効率的に結びつきやすく、酸素を体内に運搬させてくれる赤血球が血液中の大部分を占めております。産まれて間もない赤ちゃんが泣いてしまうと、すぐに顔の色が赤くなってしまいます。これは、泣いて興奮したことにより、集まってきた赤血球中心の赤い血液が、まだ薄い皮膚を流れてきたら、その赤い血液の色が皮膚からも透けて見えることで、顔が赤くなって見えます。

生後2~3日ころから、その赤血球の成分が分解されてビリルビンという黄色い色素をもつ物質に分解され、体に残り全身を流れて目や肌が黄色くなってしまうことを新生児黄疸といいます。

生理現象により黄疸になってしまう。

産まれて間もない赤ちゃんは母体内にいる間の影響を受け、まだ血液のほとんどが赤血球のままです。
その赤血球は生理現象で、ビリルビンという黄色い色素をもった物質に分解されます。そのビリルビンは、肝臓でうまく処理されて、体の中には蓄積されていかないのですが、産まれてから数日しかたっていない新生児は、肝臓の機能もまだ未熟なため、そのビリルビンを全て分解することが出来ません。その肝臓で分解されずに、体の中に残ってしまってビリルビンが、新生児の皮膚や目の色が、黄色がかってしまう原因となります。

母乳性黄疸

母乳の成分に含まれている物質が、新生児の肝臓の酵素の働きを弱めてしまいます。肝臓は体の中の化学工場とも呼ばれていて、体の中で様々な物質の合成や解毒作用をになっております。その際には、酵素の働きも大きくて、酵素の働きが弱まってしまうと、肝臓の機能も低下してしまいます。

肝臓の機能が弱まってしまうと、黄疸の原因物質であるビリルビンの処理する能力が弱まってしまって、体に残ったままとなるので、黄疸の症状があらわれてしまいます。

新生児期と黄疸のモデルケース

新生児期には、ほとんどの赤ちゃんに生理的現象としての黄疸(新生児黄疸)が見られます。生理的現象による黄疸や、母乳性黄疸の場合は、ほとんどの場合は自然と治ってしまいます。

生後2~3日ごろから~生後30日目までの新生児期の黄疸のモデルケースを見ていきましょう。

生後2~3日目:赤血球が多い状態で生まれたので黄疸に!

生後間もない赤ちゃんは生まれたときは赤血球が多い状態で生まれ、その血液中に多く含まれている赤血球がビリルビンに分解され、肝臓で処理しきれなかったビリルビンが大量に体内に残り、体が黄色くなってしまうことが、新生児黄疸でした。

新生児黄疸』は生理的現象ですので、ほとんどの赤ちゃんに見られます。早い赤ちゃんでは生まれた翌日から見られますが、大抵の場合は生後2~3日目に発症します。

生後7~10日目:症状が落ち着き、黄疸が消える

血液に含まれていた余分な量の赤血球がじょじょに少なくなり、体にたまっているビリルビンの量も少なくなって、体内のビリルビン濃度も下がっていくと黄疸症状も消えていきます。ほとんどの赤ちゃんの場合は、生後7~10日目ちょうど産院を退院するころに、黄疸症状が消えてピンクがかった肌色になります。

生後20~30日目:母乳栄養の場合も黄疸が消える

母乳を飲む赤ちゃん

この時期に新生児黄疸の症状が見受けられる場合は、生理的現象としての新生児黄疸とは別な『母乳性黄疸』の疑いが強まります。新生児が一回や一日に母乳を飲む量が増えていき、それにともなって母乳に含まれる成分の影響で、肝臓の働きが弱まってビリルビンを処理する能力が低下してしまい、体に蓄積してしまって、新生児黄疸の症状があらわれます。

ミルクをまったく使用しない完全母乳栄養の場合は、生後20~30日目くらいまで『母乳性黄疸』症状が見られることもあります。母乳性黄疸の症状の疑いがあるからとっては、栄養豊富で免疫成分まで含まれている母乳の量を、急に少なくする方が赤ちゃんの健康状態に悪影響を与えてしまいます。赤ちゃんの肝臓の機能が強まったり、血液中の赤血球の濃度がじょじょに低下していくにつれて、母乳をたくさんの飲んだとしても、十分にビリルビンの処理が肝臓でされて、黄疸の症状はおさまっていきます。

新生児黄疸が長引いた時の対処法と病気が原因の可能性

新生児期を過ぎても黄疸が長引いてしまったら、不安になってしまいますよね。その対処法を紹介します!そして、その対象法を試してみても黄疸の症状がおさまらずに、病院でビリルビン値の検査をしてみたら基準値を超えてしまって、長引く原因が病気と診断されしまうこともあるかもしれません。

長引いた時の対処法

母乳性黄疸も生後20~30日位で落ち着きますが、それ以上もその症状が続いてしまって、あまりにも長く感じられる場合は、医師と相談して母乳だけで栄養を与えずに、ミルクも飲ませる混合栄養に切り替えるなどの処置を行うことができます。

また、医学的には確立している訳ではなくて、判断が解れてしまいますが、日当たりのよい部屋で寝かせたり、積極的に日光に当てたりすることで黄疸が早く引くことも報告されております。日光浴をして、気持ちよくリラックスした状態だと、肝臓の機能が高まるのかもしれません。

長引く理由が病気の可能性もあります。

新生児黄疸の症状がなかなかおさまらない場合には、何かしらの病気が原因であることも考えられます。病院では、ビリルビン値の検査をして基準値におさまっているかどうか、黄疸症状の強さなどを判断し病気がどうかを調べていきます。

新生児肝炎症候群

お尻を拭かれる赤ちゃん

新生児肝炎症候群とは、新生児の体の中に胆汁がたまってしまって、肝臓でのビリルリンの処理能力が低下してしまうなどの肝障害を伴わせる病因の総称です。まだ、その原因は特定されている訳ではなくて、感染症や内分泌疾患などのさまざまな病気が関わっていると思われているので、症候群とまとめられています。

症状としては、黄疸や白っぽい便(母子手帳にうんち色のページで確認できます)や体重がなかなか増えないことが報告されています。病院では、ビリルビンの値が正常であるかどうかや、肝機能検査などを行い新生児肝炎症候群であるかを診断します。

胆道閉鎖症

国立成育医療研究センターによると、胆道閉鎖症は、肝臓で作られた胆汁の通り道である胆道がふさがれたり、通りにくかったりして、胆汁がどんどんと溜まってしまって、胆汁をつくっている肝臓の働きが低下するなどの悪影響を体に及ぼしてしまう病気です。

引用元:胆道閉鎖症(たんどうへいさしょう)パパ・ママの質問のお部屋

胆道閉鎖症による黄疸の症状は、新生児黄疸を引き起こすとされる母乳性黄疸とは異なる色素をもったビリルビンのタイプが影響してくるので、肌の色が黄緑がかっていたり、胆汁が胆道をスムーズに流れていかない事により、うんちやおしこの色が薄くなってしまいます。

母乳性黄疸は、治療をしなくとも治ることもありますが、胆道閉鎖症が原因で黄疸の症状などがあってしまう場合は、胆汁が流れやすくなるように手術する必要があります。

血液型不適合が原因で黄疸になってしまう

ママと赤ちゃんの血液型が異なっていると、その組み合わせ方(ABO式:ママがO型 赤ちゃん A型やB型)によっては、2%以下の確率で新生児が黄疸になってしまうことがあります。ママと赤ちゃんの血液型が違っていて、ママの体の中に妊娠中に胎児側の血液が入り込んでしまうと、その血液に対する抗体がママの体の中にできてしまいます。その抗体が、胎盤を通じて赤ちゃんの体の中にも入ってしまうと、赤ちゃん側の赤血球と反応してしまって、黄疸の原因物質であるビリルリンが体の中に放出されてしまって、黄疸の症状があらわれてしまいます。

ABO式の血液型でママと赤ちゃんの血液型が異なっていることよりも、Rh式での血液型がママと赤ちゃんとで違っている方が、黄疸の症状などが重くなりやすいと言われております。

血液型不適合が原因で黄疸になってしまうケースは、第2子の出産で多く報告されていて、それは第一子の妊娠時に抗体ができてしまったことと関係しております。第一子の場合でも、ママが過去に輸血を受けていることや、すでに抗体ができてしまっている時には血液型不適合が原因で黄疸になってしまうこともあります。

厚生労働省の研究報告によると黄疸の早期発見・治療ができなければ、核黄疸などの症状が重くなりやすいことが指摘されております。

引用元:稀な血液型不適合による核黄疸発症について

血液型不適合が原因で黄疸になってしまう場合でも、産まれてからすぐに黄疸の症状が伴います。また、黄疸の症状以外にも貧血状態があるケースでは、溶血性黄疸の疑いもあります。が、ほとんどの場合は、産科に入院している間に、検査を受けてその病気が原因であるかの判断がなされるので、早期発見・治療につなげることができます。

溶血性黄疸

溶血性黄疸とは、赤血球の破壊スピードが何らかの原因で早まってしまうことで、肝臓で処理しきれない大量のビリルビンが体に蓄積してしまって、黄疸や貧血の症状を引き起こしてしまうものです。

その原因として、「血液型不適合」や「赤ちゃんの赤血球の先天性異常」や「感染」によるものがあげられ、
割合的に多いのは「血液型不適合」によるものです。

病気が原因で黄疸が長引くことを放置すると、核黄疸のリスクが高まります。

竹峰久雄氏などの核黄疸発症に関する研究によると、母体の抗体検査を重要性などが指摘されており、血液型不適合による黄疸の早期発見や病状の悪化を防ぐことに結びつくことが指摘されております。また、早期発見や早期治療が叶わなかった時には、核黄疸のリスクが高まることも報告されています。

引用元:稀な血液型不適合による核黄疸発症について

核黄疸は、体にじょじょに蓄積していったビリルビンが、脳内までに入り脳の中に居座ることで、脳内の神経細胞を邪魔したり・傷つけたりし、発熱やけいれんや脳性まひを引き起こしてしまったりする病気です。

核黄疸になる前に、その原因が溶血性黄疸などと特定できて、治療に取り掛かることができれば、核黄疸になるリスクは少なくなります。

黄疸治療が必要かどうかの判断

『新生児黄疸』も『母乳由来の黄疸』もどちらも自然に症状が治まるものですが、まれに治療が必要な黄疸もあったりします。治療が必要かどうかをどのように見極めるのか、溶血性黄疸などの病気が黄疸の原因である時の場合には、どのような処置を行うのかを見ていきましょう。

退院後に黄疸症状が強くなるときは病院に!

看護師にミルクを飲ませてもらう赤ちゃん

新生児黄疸は生後2~3日目に発症して、生後7~10日目ころに症状が消えていくのが一般的です。初めは強く出ている黄疸症状も、日が経つにつれ目立たなくなっていきます。ですが、退院後に黄疸症状が強くなった場合は、自然に治るのが難しいこともあります。

「だんだん皮膚全体の黄疸症状が強くなることが観察される場合」「白目の部分に黄疸症状が日増しに範囲を広げる場合」には、すぐに病院に連れて行きましょう。血中ビリルビン値を測定したうえ、適切な処置や黄疸の原因の特定や治療や看護に結びつきます。

溶血性黄疸などの治療法と先輩ママの体験談

溶血性黄疸などの病気が原因での黄疸の治療法と、自分の子どもがその治療の経験を受けたことのあるという先輩ママの体験談も紹介します。

光線治療

医学的には血清ビリルビン値が15mg/dl以上になると『高ビリルビン血症』と判断し、治療が必要になります。ひとくくりで15mg/dl以上が『高ビリルビン血症』であると、決めることはできなくて、2500g以下で生まれた場合は、12mg/dl以上を高ビリルビン血症と判断します。

高ビリルビン血症と診断された場合は、赤ちゃんにアイマスクをし、保育器の中にいれて、特殊な波長の緑色のライトの光をあてます。この光をあてることで、ビリルビンを水に溶けやすくすることが『光線治療』の狙いです。

黄疸の症状が深刻な場合は、生後2~7日目であっても高ビリルビン血症と医師が判断して光線療法を実施します。1日で効果が出ることもありますが、まだ生後まもなく長時間光を当て続ける体力も備わっていないので、数日に分けてビリルビン値が正常値に戻るまで光を当てるあることもあります。

元ガングロ娘
34歳

A私はああいう光は当たり慣れていたけど、娘だと心配でした。

生後間もなくなんですけど、黄疸の症状が強く出ていたので、検査したら私の娘のビリルビンが基準値よりも高かったらしくて、その治療のために光治療を受けることになりました。医師には「その光には害はありませんか?生後間もない子に当てても大丈夫ですか?」と聞いたら、医師は「何日も光を当てる訳ではありませんし、技術も進歩していて害はありませんし、お母さんもそばにいても見守っていても大丈夫なので心配はありません。むしろ治療が遅れた方が、核黄疸になってしまい後遺症がでてしまうケースもありますので、しっかりと管理ができる病院での治療が望ましい」と言われて。その治療を受けることになりました!

娘はアイマスクをして、保育器の中に入れられて、緑色の光を浴びていました。その後血液検査をして、ビリルビンの値が基準値を下回ればよいのですが、うちの娘は何度かやってようやく基準値を下回ってくれました。

娘の黄疸の治療が一段落するまでは、不安がいっぱいでしたが、何だかその不安がなくなると、私が昔通っていた日サロでは、同じような事をしていたなと思える余裕が出てきました。

交換輸血

交換輸血は、溶血性黄疸が黄疸の原因であり、光線療法を実施してもビリルビン値が下がらないようなケースで、適応基準を満たす場合に実施されます。赤ちゃんの体の血液と輸血用血液とを入れ替える方法をとります。赤ちゃんの抗体と反応しやすい赤血球が多く含まれている血液自体を交換する目的でおこなわれます。

ガンマグロブリン大量点滴療法

『ガンマグロブリン大量点滴療法』は交換輸血に代わる治療法として医療機関で取り入れらており、近年ではその治療法が増えていくとともに、交換輸血で行う治療法は減少しています。

ガンマグロブリンは、血液中に含まれているタンパク質の一種であります。体内にガンマグロブリンを取り入れることは、赤血球がビリルビンに変化するのを仲介する物質に、ガンマグロブリンを前もって反応させることで、赤血球がビリルビンに変化していく量を減らす狙いがあります。

新生児黄疸の治療費

病院の新生児室

新生児黄疸から溶血性黄疸を発症した場合の治療は、全て保険適用内となっています。「光線療法」や「交換輸血」や「ガンマグロブリン大量点滴療法」のいずれを治療法でも、通常の医療保険と額によっては高額医療費申請の対象となっています。

また、自治体によっては乳幼児医療証が発行されますので、治療費が無料~1割負担で済むこともあります。3割負担の場合は入院日数によっても異なりますが、自己負担分が2万円~20万円となることが一般的です。また、普段お世話になっている病院の会計係や医療相談窓口に直接伺ってみることもおススメです。

新生児期には黄疸の症状はつきものです。

生後間もない赤ちゃんは、ママの体の中にいるときには酸素をうまく取り入れるため、どうしても赤血球が多い血液成分でいる必要があって、多くの赤ちゃんは産まれてすぐにその赤血球の多さが原因で、生理的な黄疸現象がおこってしまいます。また、母乳に含まれている成分が、肝臓の機能を弱めてしまい黄疸になることもあって新生児期には黄疸の症状が出やすくなってしまいます。

黄疸の原因がそれらであったら、ほとんどのケースでは新生児期に自然と治まっていきます。「黄疸はいつまで出てるの?」と思う人もいるかもしれませんが、完全母乳の場合でも生後1か月もすれば、黄疸は落ち着きます。もしも、黄疸の原因がママと赤ちゃんの血液型の違いによる原因であったら、光線治療などで症状が改善していきますから不安になることもありません。

多くの新生児が黄疸になるということは、それを不安に思うママがいたりして、その不安を少しでも和らげてあげようと、日々医療関係者を中心として、黄疸の研究が進んでいます。ですから「ガンマグロブリン療法」などの、以前はなかった治療法が生まれてきてます。

また、新生児の黄疸の治療費も全て保険適応されますし、自治体によっては無料であったりもしますので、黄疸について何か不安があっても、その不安を和らげてくれる人々がいて、制度も整っていると思って安心していきましょう。

スポンサーリンク

おすすめコンテンツ