カンガルーケアの安全性に関する記事

カンガルーケアのメリットとデメリット/事故の危険性は?

カンガルーケアのメリットとデメリット/事故の危険性は?

カンガルーケアはバースプランにも取り入れられていますが、その安全性は?メリットやデメリット、体験談等をご紹介します。

マーミーTOP  >  赤ちゃん  >  カンガルーケアのメリットとデメリット/事故の危険性は?

カンガルーケアとは?メリットとデメリット/体験談まとめ

赤ちゃんが生まれたら「できるだけ母乳で育てたい」と希望する女性は多いですが、実際始めてみると母乳が出ない、上手に飲んでくれないなど、母乳育児にはいろいろと困難がつきものです。

そんな母乳育児のファーストステップとして行われているのがカンガルーケア
カンガルーケアは、出産の感動とママの母性を高めて母乳育児をすすめる手法なのですが、方法を間違えると赤ちゃんに危険が及ぶことも指摘されており、カンガルーケアをバースプランに取り入れるべきか否か悩んでいる産前のママも多いようです。

今回は、カンガルーケアの行い方などを踏まえて、メリットとデメリット、先輩ママ達の体験談をご紹介していきます。

カンガルーケアってなに?

新生児部屋

カンガルーケアとは、生まれたばかりの赤ちゃんをママが胸元で抱っこして、肌を触れ合って親子の体面を行う産後ケアのことです。
お腹の袋の中で大切に、大切に赤ちゃんを育てるカンガルーのママのように、赤ちゃんとママがお互いに温かさを実感できることから、カンガルーケアと呼ばれています。

出産後のカンガルーケアで重要視されるのは、赤ちゃんとママがしっかり肌を密着させることです。
このときに赤ちゃんがママの乳房を探して口元を動かし、自力でオッパイを探そうとするしぐさがみられるので、出産直後の親子のセレモニーとして取り入れている産院も多いようです。

カンガルーケアが始まったキッカケ

日本ではカンガルーケアが親子の最初のコミュニケーション手段として定着していますが、実はカンガルーケアは、低体重児を保育器の外で安全に成長させるために考えられた手法です。

カンガルーケアが始まった1979年当時の南米コロンビアでは、貧困のために保育器の数が足りず、複数の赤ちゃんが同じ保育器を一緒に使用することで感染症の罹患率が高い状態でした。
そこで、コロンビアの首都ボゴタの病院スタッフが、低体重児をママの体温で温めながら保護し、安全に保育器から出して成長させるためにカンガルーケアが生まれたといいます。

ボゴタでのカンガルーケアは感染症から赤ちゃんを守るだけでなく、出産後すぐに赤ちゃんと離されて愛情形成ができないママへ良い影響を与え、養育遺棄を防ぐ効果がありました。

その効果は次第に欧米にも広がっていき、欧米では低体重児に対してだけではなく、むしろ正産期で生まれた赤ちゃんとママの初めてのコミュニケーション手段として取り上げられるようになりました。

日本国内でも、1995年に横浜市の西部病院周産期センターで低体重児に対しカンガルーケアが試験的に導入されたことをきっかけに、それぞれの施設での試行錯誤の末、NICUを中心にだんだんと広まっていきました。

カンガルーケアはどうやって行われるの?

新生児を抱き上げる手

カンガルーケアは、赤ちゃんの安全を第一に行われるものです。
基本的にママの希望があり、お医者さんが生まれた赤ちゃんの状態を確認し安全であると判断した場合のみ、医師や看護婦さん、助産婦さんの付き添いのもとで行われます。

赤ちゃんが生まれるとすぐに口や鼻から羊水を取り除き、お医者さんが体温や呼吸に異常がないかを確認します。
その上で問題がなければ、赤ちゃんは胎脂のついた裸のままか薄いタオルに包まれて、ベッドを軽く起こした分娩台のママの元に連れられてきます。

出産前からカンガルーケアを希望する場合には、邪魔にならないように髪はあらかじめ結んでおくとよいですね。
眼鏡が必要な人は看護師さんに頼んで、分娩室に眼鏡を持ち込ませてもらいましょう。

看護師さんがママの分娩着の胸元をはだけさせて赤ちゃんを抱かせてくれ、しっかり肌を密着させて赤ちゃんを暖めます。
赤ちゃんは本能的に乳首を探してパクンとくわえますので、優しく赤ちゃんに話しかけてあげてスキンシップをとりながら、初めての我が子との触れ合いを楽しみましょう。

カンガルーケアにかかる時間はどれぐらい?

カンガルーケアにかかる時間は、病院や産院によってまちまちで、あらかじめ決められているケースもあります。

産後の疲れがひどいママや体温が低い赤ちゃんの場合は短時間で切り上げることもありますし、出産経験のある慣れたママの場合には、産後処理をして分娩室を出る間中赤ちゃんを抱かせてもらうこともあるようです。

出産で疲れている場合や、赤ちゃんの状態に不安を感じている場合には、ママからケアを切り上げて遠慮なく赤ちゃんをスタッフにお願いしましょう。

カンガルーケアによるメリットは素晴らしい!

裸の新生児

直接肌と肌を合わせるカンガルーケアの利点は、赤ちゃんとママの両方に良い影響を与えることです。

生まれた赤ちゃんは心地よい羊水の中から突然出されて慣れない呼吸をしなくてはならず、苦しいお産を終えたママも緊張して、とても敏感な状態になっています。
カンガルーケアを通じてママも赤ちゃんもリラックスして、新しいスタートを切れるとよいですね。

親子の愛情を深める

カンガルーケアは肌を密着させることで体温を交わし、近い場所で視線を交わし合うことで赤ちゃんの中にもママに対する愛情が生まれます。

また、目で見るだけでなく、小さなか弱い命の体温を感じることはママの母性を強く刺激します。待ち望んだ赤ちゃんの顔をしっかり見て抱き留めることは、ママにとっても何より嬉しいことですね。

低下しがちな赤ちゃんの体温を保つことができる

体温の低下は赤ちゃんの心拍や呼吸数の低下リスクを高めるのですが、産後のカンガルーケアは、ママの体温を分けることで赤ちゃんの体温を一定に維持することができます。

カンガルーケアには、体温をサポートすることでリスクを回避するだけでなく、呼吸をスムーズにさせることで赤ちゃんの穏やかな成長を促してくれる効果があるのです。

赤ちゃんもママもリラックスできる

生まれたての赤ちゃんにとって、外の世界はとても不安で不快なものですが、カンガルーケアで子宮の中と同じ暖かさとママの心音を感じさせてあげれば、赤ちゃんも安心して外の世界や呼吸の仕方を学んでいくことができます。

ママにとっても出産は辛い経験で、産後は強いストレスが残った状態ですから、あたたかな我が子に触れることでママ自身の疲れを癒し、子育てに前向きになる効果も期待できます。

赤ちゃんの免疫力を向上させる

生まれたばかりの赤ちゃんは体力と共に免疫力が低い状態です。母乳は出産直後からすぐ分泌されるわけではありませんが、ママの身体のたくさんの免疫物質が含まれており、この母乳の免疫は赤ちゃんの命を守ってくれます。

赤ちゃんは無菌状態の子宮で成長し、出産後、様々な雑菌に晒されます。
赤ちゃんにとってはカンガルーケアのママとの触れ合いが、最初の雑菌との触れ合いです。ママの皮膚の常在菌が赤ちゃんに移ることで、赤ちゃんの身体が雑菌に強くなる効果も期待できるのです。

母乳育児に取り組みやすくなる

母乳を飲む赤ちゃん

生まれたばかりの赤ちゃんは本能的に母乳を求め、乳首に強く吸い付きます。
外の世界に慣れようと反応も鋭く学習効果も高いので、この時期にママの匂いや乳首を覚えることで哺乳力が強くなり、成長のサポートとなります。

また、ママにとっても、早期に乳首を赤ちゃんに刺激してもらうことで母乳の出が良くなり、母乳育児の最初の関門を突破することで自信がつきます。ママ自身が母乳育児に前向きになれるという高いメリットがあるのですね。

一方で危険な面も!カンガルーケアのデメリット

メリットが高いと言われるカンガルーケアにも、やはりデメリットがあります。
実際に赤ちゃんに危険が及ぶ事例も起きていて、メリットよりもリスクを重視してカンガルーケアを導入していない病院があるのも確かです。

生まれたばかりの赤ちゃんは身体の機能が万全とは言えませんので、カンガルーケアは日本産婦人科医会の作成したガイドラインを参考にしながら、医療スタッフの協力を得て行うことが大切です。
カンガルーケアを希望する場合には、事故が起きているという事実やリスクをしっかり理解して、お医者さんと十分に打ち合わせを行う必要があるでしょう。

温度管理を怠ると乳児が低体温に陥る可能性がある

赤ちゃんは子宮という常に温度が保たれた中で生育するので、生まれたばかりの赤ちゃんは外界の温度変化についていくことができず、きちんと温度管理をしてあげないと低体温に陥りかねません。

適度な空調管理をしていない、裸の上からバスタオルをかけるなどの適切な保温対策をしていない、ケアの時間が長すぎるなど、誤った方法のカンガルーケアによって赤ちゃんに危険が及ぶ可能性もあることを理解しておきましょう。

赤ちゃんの異常の発見の遅れに注意が必要

保育器の中の赤ちゃん

赤ちゃんは心肺機能、呼吸機能ともに未熟で、いつ状態が急変するか予測することができません。この時期の赤ちゃんの呼吸に乱れが生じたら、早期に適切に対処する必要があることはいうまでもありません。

また、子宮の中の赤ちゃんは羊水を飲み込んでいて、出産後に呼吸と共に一気に排出を始めるのですが、分娩時にも様々な分泌物を吸い込んでいますので、赤ちゃんは生まれてすぐに口や鼻の吸引をしてあげないと呼吸を詰まらせてしまいます。

赤ちゃんにとって、カンガルーケアは最もリスクの高い時期のケアです。
赤ちゃんの状態をチェックできる医療スタッフが目を離してしまい、赤ちゃんの状態に気づくのが遅れて事故が起こることのないよう、出産前に病院側とじっくりと打ち合わせる必要があります。

事故が起きるとママの心にトラウマを与えてしまう

カンガルーケアのリスクというと、赤ちゃんのことばかりが注目されがちですが、ママに対するリスクも見逃せません。ここでいうリスクは命に対する危険ではなく、不測の事態が起きてしまったときのママのメンタルに与えるダメージです。

待ち望んでようやく抱きしめた我が子に万が一のことが起きてしまったら、ママの悲しみは計り知れません。
致命的なトラウマを抱え込まないためにも、カンガルーケアをするときには医療スタッフと連携して、充分に注意を払いましょう

カンガルーケアを行った先輩ママの体験談

出産時、カンガルーケアを実際に行った経験のある先輩ママ3人から、当時の詳しいお話を伺いました。
「感動したし、やってよかった!」という声がある一方で、中には「初産で疲労のためか、感動とは程遠かった…」なんて意見もあるようですよ。

高野
36歳

A子供4人ともカンガルーケアをしました

私は4人の子供のママですが、長男の病院でも、次男から下の子供を産んだ病院でもカンガルーケアをさせてもらいました。
生まれたばかりの我が子と触れ合うことは、やっぱり感動する体験です。
ただ、年代によってカンガルーケアの仕方や考え方が違うようで、長男の時には特にカンガルーケアという説明はなくて、「抱っこしてみる?」と助産師さんに言われてへその緒のついた状態で赤ちゃんを抱っこしましたし、第3子の時は分娩室に入った段階での意思確認があり、第4子の時にはカンガルーケアの同意書を書きました。
赤ちゃんが乳首に吸い付くと言われていますが、うちの子たちはそんなに強く吸い付いたという感じはしなかったですね。
でも、助産師さんがギュッと絞って出た黄色がかった母乳を、赤ちゃんがぺろぺろと舐めていて、「生きているんだ!」と実感しました。
長男の時は黄疸がひどくて、産後4日目に保育器に入ることになってしまいましたが、カンガルーケアで赤ちゃんの温かさを知ったからこそ離れている辛さに耐えられたと思います。

ゆみ
28歳

A母性の目覚めは個人差があります

やんちゃ盛りの女の子、男の子二人のママです。
子供達を産んだ病院はカンガルーケアや母乳育児に熱心なところで、中期の検診と後期の検診でカンガルーケアを勧められて、私も興味がありましたので初産の時にカンガルーケアをお願いしました。
ただ、初産の時は陣痛が来てから2日もお産が進まず、赤ちゃんを産んだ時は本当にヘトヘトになっていて…。
正直カンガルーケアでよく聞く、「感動して涙が出た」とは程遠い状態でした。
カンガルーケアが人気なのは、なんだか周りに「早いうちに親子の絆を深めなきゃ」みたいな雰囲気もあると思うんですよね。
私が赤ちゃんの顔を見てしみじみと幸せを感じたのは、自分の身体が落ち着いて、赤ちゃんが本格的に母乳を吸い出した生後3日目の夜のことで、母性の目覚めにも個人差があって、タイミングを合わせることも大事なのだと思います。
その後カンガルーケアの事故の報道もあったので、リスクがあるならと思って二人目はカンガルーケアを希望しませんでした。
カンガルーケアをした子もしなかった子も愛情に変わりはありませんし、どちらも母乳で差は出ませんでした。

とのとの
41歳

Aお姉ちゃんにも効果的でした

私が次男を産んだ産院ではお医者さん達から難しい説明もありませんでしたが、生まれてすぐのほんの5分程度、生まれた直後の赤ちゃんを「はい、ご対面ね」と胸に乗せてもらいました。
思い返せば、あれもカンガルーケアだったのかなと思います。あっという間のことでしたが、やっぱりうれしいし感動しますね。
次男は長女が自我の芽生えた5歳を迎えたばかりの頃に生まれたのですが、生まれる前から赤ちゃんに嫉妬していました。
生まれた次男を見てもむくれていたのですが、助産師さんに抱かせてみたらと勧められて、お姉ちゃんを私の隣でベッドに座らせて、支えてやりながら長女に次男を抱っこさせてみたんです。
そうしたら、長女の顔が輝いて、大喜び!それからは赤ちゃんべったりの面倒見の良いお姉ちゃんになってくれました。
カンガルーケアは出産直後というイメージがありますが、服を着ていても早い内の赤ちゃんとの接触は家族にも愛情を芽生えさせて、家族の絆を強くするんですね。

カンガルーケアへの不安がある場合は事前にしっかり確認を!

育児に関してはメリットがあると聞かされると「是非やらなきゃ!」と気負ってしまいがちですが、カンガルーケアは赤ちゃんの命にかかわる事故の報告もありますので、行うかどうかは慎重な判断が必要です。

不安がある場合にはお医者さんや看護師さん、助産師さんに相談して、ガイドラインなどをもとに安全性をしっかり確認しておきましょう。

カンガルーケアのメリットやデメリットを十分理解した上で、リスクを最小限に抑える方法で、赤ちゃんの様子を見ながらチャレンジしていけるとよいですね。

スポンサーリンク

おすすめコンテンツ

この記事と関連性の高い記事