乳糖不耐症の赤ちゃんのケアに関する記事

乳糖不耐症の赤ちゃんの病院受診の目安&回復までの自宅ケア

乳糖不耐症の赤ちゃんの病院受診の目安&回復までの自宅ケア

乳糖不耐症は赤ちゃんの場合医師の診察と適切なケアで回復していきます!乳糖不耐症の赤ちゃんの症状やホームケアの方法をご紹介

マーミーTOP  >  赤ちゃん  >  乳糖不耐症の赤ちゃんの病院受診の目安&回復までの自宅ケア

乳糖不耐症の赤ちゃんのホームケアの方法/症状と受診の目安

赤ちゃんが風邪や胃腸炎をひいたあと、下痢や嘔吐の症状が続くときがあります。
これらは一時的な『乳糖不耐症』であることが多いのですが、乳糖不耐症の治癒は消化器官の回復に伴うため、回復までにある程度の期間を要することも多くあります。母乳やミルクが主たる栄養源である赤ちゃんですから、一日も早い回復を…という気持ちを持つママも少なくないでしょう。

赤ちゃんが乳糖不耐症になる原因や、乳糖不耐症の赤ちゃんのホームケアの方法等を探って行きたいと思います。

乳糖不耐症が赤ちゃんに起こる理由~多くは二次的乳糖不耐症~

ミルクが欲しくて母親に甘える赤ちゃん

赤ちゃんが乳糖不耐症を起こすのは、風邪や胃腸炎のあとであることが大半です。
消化器官の発達が未熟な赤ちゃんは、風邪や急性胃腸炎などの感染症の二次的症状として乳糖不耐症を起こしやすいと言えます。

乳糖と乳糖分解酵素

ミルクや牛乳に含まれる糖質を『乳糖(ラクトース)』と言います。乳糖は、酵素によってブドウ糖とガラクトースに分解され体内に吸収されます。この乳糖を分解出来ない状態が『乳糖不耐症』であり、赤ちゃんが消化不良や下痢を起こす原因です。

ウィルスや細菌による急性胃腸炎の影響で腸の粘膜がただれたり傷つけられると、ミルクや牛乳に含まれる乳糖を分解、消化吸収する役割を担っている『ラクターゼ』の分泌が妨げられ、結果その症状として下痢や消化不良が現れるのです。

乳糖不耐症 先天性と後天性

そもそも歴史的に乳製品を取ることの少なかった日本人は牛乳でお腹を壊してしまう人は多く、赤ちゃんの乳糖不耐症も先に説明したとおり、その多くは体調を崩したあとに消化酵素が出なくなってしまう一過性の後天的な乳糖不耐症ですが、ごくまれに先天的な乳糖不耐症をもつ赤ちゃんもいます。

ウィルス性胃腸炎などのあとに下痢が長引く…などの症状の二次性乳糖不耐症は後天的なものであるのに対し、先天的な乳糖不耐症とは体質的に消化酵素が分泌されません。生まれて間もない赤ちゃんがおっぱいを飲み始めてすっぱいにおいのする水っぽい便を頻繁にする…などは先天的な乳糖不耐症も疑われます。

乳糖不耐症の赤ちゃんの症状

乳糖不耐症に耐え父親にしがみつく赤ちゃん

生まれて間もない赤ちゃん、生後3か月頃までの赤ちゃんは授乳を終えてゲップを出す度に吐き戻すことが多々あります。月齢の小さい赤ちゃんに多い気になる症状のひとつであり、しっかり飲ませたのに、こんなに吐いて大丈夫?なんて心配になってしまうこともあるでしょう。もうひとつ、赤ちゃんのうんちは柔らかく、たびたび下痢もします。

下痢や嘔吐が頻繁にあるのは、あかちゃんはまだ体の消化器官などの機能が完全ではないためと言うこともできますが、あまりに嘔吐や下痢を繰り返すのならやはり注意が必要です。それらの症状が風邪等の感染症のあとに続いているようなら、乳糖不耐症に陥っている可能性は高いと言えます。

下痢

赤ちゃんの下痢の原因は、食べ過ぎや冷たいものを食べたり飲んだりしたことなどによるお腹の冷え、風邪のウィルスや菌がお腹に入ってしまった場合等々、様々なパターンが考えられます。
これらによって起こる下痢ならたいてい一週間ほどで治まることは多いのですが、期間が長引く下痢は乳糖不耐症の可能性があります。

赤ちゃんの長引く下痢の症状は、栄養不足や水分不足などを引き起しやすいため、適切な対応とケアが必要です。

乳糖不耐症の下痢

赤ちゃんがミルクや乳製品をとった約1時間後に下痢が見られ、かつ何日か続いているなら乳糖不耐症の可能性も高いでしょう。

乳糖不耐症以外の下痢

下痢の腹痛で泣きじゃくる赤ちゃん

赤ちゃんや小さな子供の下痢の原因は乳糖不耐症以外にも、細菌性、ウィルス性の腸炎により起こる下痢も多く見られます。

◆◆ 細菌性

主にサルモネラ菌や、腸炎ビブリオによる細菌性下痢症の下痢の特徴は、水様で粘液やうみが混じったり、血便が出ることもあります。便が腐敗したようなにおいがすることもあります。原因菌により嘔吐も伴います。

◆◆ ウイルス性

主にアデノウイルス、ノロウイルス、ロタウイルスなどにより引き起こされるのがウイルス性下痢症です。原因となるウイルスによって下痢の特徴に違いが見られます。冬に起こる小児の下痢はロタウイルスによる胃腸炎であることが多く、その場合の下痢は水様下痢で色は白~黄色の薄い色をしていることがほとんどです。

嘔吐

新生児から生後3か月ぐらいの赤ちゃんは、胃の発達も未熟で胃の入り口の筋肉が弱くしっかり閉じていない状態にあります。このため咳やゲップなどの少しの刺激でも簡単に胃の中のものを吐き戻してしまいます。赤ちゃんがすぐに母乳やミルクを口から吐いてしまうのは、未発達な胃を原因とするいつ乳であることが多いです。

これに対し、急性胃腸炎など消化不良が起こっているときの嘔吐は勢いがあります。乳糖不耐症でも嘔吐がみられることもあります。

吐乳…病気の可能性も

吐乳が多い顔がそっくりの双子の赤ちゃん

赤ちゃんが勢いよくミルクを吐くことを吐乳といい、病気が疑われます。
嘔吐と同時に発熱や下痢などの症状がみられるときは、急性胃腸炎も疑われますので小児科を受診しましょう。その他にも嘔吐の症状がみられる胃や腸の病気はたくさんあります。

次の場合は緊急処置が必要であると考えられるため、至急医療機関を受診しましょう。

  • 勢いよく嘔吐する
  • 嘔吐(と下痢)が高頻度で起こる
  • 体重が増えないまたは減少傾向
  • 嘔吐物が黄色や緑色っぽい
  • 激しく泣き叫ぶ

いつ乳(溢乳)

ミルクが溢れて母親に拭かれる赤ちゃん

赤ちゃんの授乳を終えたときに、背中をトントンしてゲップを出したり、赤ちゃんを横に寝かせたときに、口からたらーっとミルクが出てしまうことを『いつ乳』と言います。
これは、先に述べた赤ちゃんの胃の未発達のためで、この場合の嘔吐に心配は要りません。ミルクを飲んだ後赤ちゃんを横にする前にげっぷを出してあげることで予防します。

◆◆ 赤ちゃんが『いつ乳』したら

「いつ乳」は赤ちゃんの胃の筋肉が発達してくるまで(だいたい生後から3か月)続くため、ケア方法は知っておくと良いでしょう。赤ちゃんがミルクを吐いたら、吐いたミルクで窒息しないようにまず横向きに寝かせます。ミルクが口内に残り、赤ちゃんが苦くて嫌がるようでしたらガーゼなどで拭きとってあげましょう。

また、授乳後はしっかりとゲップをさせましょう。優しく縦抱きをして背中をやさしくトントンしたりさすってあげます。ミルクを飲んだ後に寝かせる時、バスタオルなどでベッドに傾斜を付けて頭を少し高くしてあげるのもいつ乳を予防できる良い方法です。

乳糖不耐症の赤ちゃんのホームケアと受診

乳糖不耐症の疑いがあり自宅ケアされる赤ちゃん

乳糖不耐症というのは、乳糖を多く含むミルクや牛乳などの乳製品に含まれる乳糖を分解吸収出来ずに起こる諸症状がある状態ですから、対応は乳製品の摂取を一時的に控えることで胃腸の回復を促す方法を取ります。
ただ、授乳期間にある赤ちゃんにとってミルクは主なる大切な栄養源であるため、むやみにこれをとめると栄養を摂れないわけですから、月齢の小さい赤ちゃんほど適切な対応とケアが必要となってきます。

病院での治療方法/基本

乳糖不耐症の赤ちゃんの病院での治療も基本的には『胃腸の回復を待つ・促す』。
具体的な方法としては、乳糖分解酵素薬をミルクや母乳に混ぜて与える、乳糖を含まない治療用ミルクへ切り替えるなどして、消化器官の負担をできるだけ軽減することになります。
母乳育児の場合は処方薬を使いながら授乳継続をすることが多いですが、ミルクの赤ちゃんの場合、無乳糖のミルクを病院で出されたりすすめられたりします。

無乳糖のミルクは市販薬局で購入することも出来ますが、乳糖は赤ちゃんの発育に重要な栄養素です。また、無乳糖のミルクには豆乳と、牛乳のタンパクを調整して作られたものがあり、大豆アレルギーへの注意も必要であるため、ミルクの切り替えはお母さんの安易な使用するのではなく、専門の医師の指示に従うことがとても大事です。

乳糖不耐症の赤ちゃん 受診のタイミング

それまで元気だった赤ちゃんが下痢を繰り返す様子は、とても心配ですね。赤ちゃんの場合下痢や嘔吐により脱水症状を引き起こしやすく、体重増加不良や発育障害にまで影響が及ぶケースもあるので気になる症状が続いたら早めに専門医師に相談し、検査と適切な判断のもと治療を受けましょう。

下痢やおう吐の症状から見る受診のタイミング

下痢が続き体調が良くない赤ちゃん

下痢をしていても高熱がなく、水分をしっかり補給出来て赤ちゃんの機嫌が良く遊んだりしていれば急いで病院を受診する必要はありません。しかし、通常は受診を急ぐ必要はないとされる乳糖不耐症でも、下痢や嘔吐が続く時は赤ちゃんの体力が落ちていることが考えられますし、未発達な消化器官をもつ赤ちゃんの場合は症状が長引きがちで適切な処置が必要です。

『下痢が3日~一週間程度続いたら』または『下痢以外にも嘔吐など心配な症状がある』等を受診の目安にすると良いでしょう。

◆◆ 症状を正確に伝えましょう

赤ちゃんのうんちの様子がおかしい、下痢がずっと続いているという場合は、小児科を受診しましょう。受診の際は、赤ちゃんの便がついたおむつを持って行くと医師が診断しやすいのでそのようにしましょう。また、便の回数や色、においなどの状態、嘔吐や発熱など下痢以外の症状についても専門医師に伝えましょう。

乳糖不耐症の赤ちゃんのケア

赤ちゃんが乳糖不耐症のときは、医師の指示指導をもとにホームケアをしていきます。赤ちゃんの機嫌が良く食欲がある、水分がしっかり補給出来ている、下痢をしながらも体重は増えていること、意識がはっきりとしているなど、赤ちゃんに元気や体力がある様子が見られたら、ママのケアも効果てき面です。乳糖不耐症の赤ちゃんケアで、家庭で特に気を付けたいことをご紹介します。

長引く下痢のホームケア

体調回復のケアに飽きて母親の手を握り甘える赤ちゃん

◆◆ おしりかぶれに注意

乳糖不耐症の赤ちゃんは、便が通常より酸性に傾いているため、下痢が続くとすぐにおしりがかぶれてしまいます。おむつがえのときはぬるま湯を含んだガーゼでやさしくきれいにおしりをふき取り、少し肌が渇くのを待っておむつをあててあげると良いでしょう。

◆◆ 脱水症状に注意

小さい子供ほど下痢の程度により脱水症状も起きやすいため、水分補給も大切です。白湯やイオン飲料をこまめに与えて脱水を防ぎましょう。

離乳食の赤ちゃんの場合

乳糖不耐症の孫のため離乳食にも気を使うおばあちゃん

◆◆ 離乳食を始めたばかりの赤ちゃん

離乳食を始めている赤ちゃんの場合、下痢の時は消化機能が低下していますので、離乳食自体が負担になることも考えられます。離乳食の進み具合などはあまり気にしないようにして、無理せず医師や栄養士の指導に従い、まずは赤ちゃんの身体の回復を待ちましょう。回復してきたら、一段階前の柔らかい離乳食を少量ずつから始めます。

◆◆ 離乳食が進んでいる赤ちゃん

離乳食がある程度進みミルクの量が少なくなってきた赤ちゃんの場合は、消化にやさしく乳糖を含まない離乳食を中心に栄養を補うことができるため、一時的にミルクの摂取をストップすることもできます。

乳糖はもちろん、脂肪分や繊維質の多い食べもの、冷たいものなど、胃腸に負担をかけるメニューは控えましょう。

きちんと受診して一日も早い回復を

乳糖不耐症の赤ちゃんは下痢が続きます。赤ちゃんの下痢はママにはとても心配な症状ですが、二次性乳糖不耐症であるなら多くの場合は心配し過ぎる必要はありません。

しかし、話すことが出来ない赤ちゃんの病気は、お母さんが冷静に様子を把握して判断することが重要となってきますね。乳糖不耐症の赤ちゃんは放っておいてもなかなか症状が回復しないといわれます。専門医師の受診、診断のもと、赤ちゃんの下痢の原因をいち早く取り除いてあげて、自宅でも適切なケアをしながら下痢の回復を目指しましょう。

スポンサーリンク

スポンサーリンク