乳糖不耐症、母乳継続できる?に関する記事

【乳糖不耐症と母乳育児】乳糖不耐症の原因&母乳継続の可否

【乳糖不耐症と母乳育児】乳糖不耐症の原因&母乳継続の可否

乳糖不耐症のとき母乳は続けられる?乳糖不耐症の起こる仕組みや赤ちゃんにとっての母乳の役割、乳糖不耐症の時の対処法を解説

マーミーTOP  >  赤ちゃん  >  【乳糖不耐症と母乳育児】乳糖不耐症の原因&母乳継続の可否

乳糖不耐症と母乳育児 赤ちゃんの下痢のケア

長引く赤ちゃんの下痢、心配ですよね。もしかしたら、毎日あげている母乳やミルクが原因かも知れません。赤ちゃんは、もともと柔らかい便を出しますので同じ下痢の症状でも、普通の下痢と乳糖不耐症の下痢との判断・区別をするのも難しいかも知れません。

しかし赤ちゃんの下痢は場合によっては脱水症状、体重が増えないなどの問題につながりかねない症状でもあるため、赤ちゃんの下痢が続くときは、赤ちゃんの様子をよく観察、把握し適切なケアをしてあげる必要があります。

とは言っても、乳糖不耐症はミルクアレルギーとは違いますので、神経質になり過ぎる必要はないと言えるでしょう。赤ちゃんの下痢が気になっていたら、乳糖不耐症も視野に入れ、赤ちゃんのケア、正しい治療を受けさせましょう。

乳糖不耐症と母乳育児

赤ちゃんと育児について語り合う母親

乳糖不耐症になると、乳糖の含まれた母乳やミルクなどで下痢を引き起こしてしまいます。赤ちゃんの乳糖不耐症の多くはウィルス性感染、胃腸炎などを発症ののちに下痢の症状が長く続く『二次的乳糖不耐症』が疑われます。二次的とは先天的な原因によるものではないことを意味し、二次的乳糖不耐症の場合、適切な診察・治療とホームケアで回復していきます。

乳糖不耐症の対処として母乳やミルクを乳糖無配合のミルクへ切り替え、乳糖分解酵素を薬から摂取する乳糖不耐症の治療を平行していくことが主流ですが、母乳には免疫機能を強化させる機能を持ち、他の調整ミルクでは出すことの出来ない栄養や高い機能があるため、母乳育児をしているママの中には、できるだけ母乳育児を続けたい気持ちを持つママも少なくありません。乳糖不耐症のしくみを知り、母乳育児の続け方を探って行きます。

まずはおさらい 母乳育児の目的

母乳育児で元気に育てられた赤ちゃん

新生児に初乳を与えることが大切とされる大きな理由のひとつに、大量の『IgA』を摂取出来ることが挙げられます。

IgAとは免疫グロブリン、つまり体を菌などから守る抗体の一種。赤ちゃんが自力でIgAを作れるようになるまでは、生後6~12週間程かかるため、その間細菌やウィルスから赤ちゃんの身を守るのは、母乳、特にIgAが豊富な初乳が非常に重要となります。赤ちゃんが母乳を飲むことで、IgAは免疫のバリアとして大腸菌、チフス菌、ウィルスなどからの感染を防ぐために腸内で活躍出来るようになります。

◆◆ 母乳の成分と『免疫』

抗体の役割を持つ血液中の免疫タンパク『免疫グロブリン』には5つの種類があり、それぞれに役割があります。代表的な『IgG、IgM、IgA、IgE』の4つの免疫グロブリンのそれぞれの役割は…

  1. IgG…乳児の免疫力の基本となり、妊娠末期に母体から胎児に胎盤を通過する唯一の抗体です。
  2. IgM…生体防御の初期に活躍する抗体です。分子量が大きく胎盤や初乳による移行が出来ません。
  3. IgA…特に産後3日までの初乳に多く含まれています(母子免疫)。のどや鼻、消化器官など粘膜のバリア機能を担う免疫です。
  4. IgE…消化器官での寄生虫感染を防ぐ役割のある抗体ですが、アレルギー反応の起きる仕組みにも一役買っている免疫です。
◆◆ 母乳の成分 ミルクの栄養

母乳は、赤ちゃんの成長に合わせて産後日数とともにその栄養素が変化していき、赤ちゃんに必要な栄養素が効率的に摂れるようになっているため、言葉通り赤ちゃんにピッタリの仕様に仕上がっているのです。

人工のミルクも母乳に成分を限りなく近づけて改良を重ねられているものは多く、腹持ちが良いなどミルクならではのメリットもあるものの、両者の大きな違いは『母乳と人工乳の栄養素の大きな違いは免疫グロブリンが含まれているかどうか』です。

一般的に人工のミルクには免疫グロブリンは含まれていないため、産院でも初乳の重要性を伝えている、というわけです。また、母乳の方が消化器官の未熟な赤ちゃんにとって負担が少なく吸収できるとされており、このことからも母乳に勝るものはないと言われます。

『乳糖』と乳糖不耐症のしくみ

母親に愛情をたっぷりに注がれた赤ちゃん

「乳糖」とは母乳やミルクをはじめ、牛乳やすべての乳製品に含まれる糖質のことをさします。乳糖は、小腸で乳糖分解酵素といわれるラクターゼによって、ブドウ糖とガラクトースという二成分に分解されます。そして、小腸の粘膜から栄養として体内に吸収されていきます。この乳糖分解酵素、ラクターゼの分泌が減少すると、乳糖を消化吸収出来なくなってしまい腸内に残ってしまいます。

よって下痢の症状として現れたり、残ってしまった乳糖が腸内で発酵、ガスが溜まってお腹が張ったり、おならが出たりという症状で現れます。

◆◆ 乳糖の過負荷

二次的乳糖不耐症を招く乳糖の過負荷は、消化管がダメージを受けた場合などに起こり易く、また原因を取り除くことで改善は十分に可能です。

乳糖不耐症の症状と対応 母乳の続け方のポイント

乳糖不耐症はミルクアレルギーほど深刻ではないにしろ、適切な治療があると回復も早まります。乳糖不耐症かな?と思ったときは赤ちゃんの様子を注意して観察するようにしましょう。

もしかして乳糖不耐症?赤ちゃんの症状

機嫌が悪く乳糖不耐症の疑いがある赤ちゃん

赤ちゃんの場合、機嫌が悪くなったり不快から泣きじゃくったりします。乳糖不耐症の便は酸っぱい匂いがして水っぽい状態を主な特徴とします。

  1. 過剰におならをする
  2. 水っぽい便を頻繁にする
  3. 粘液の混ざった便をする
  4. 便から酸っぱい匂いがする
  5. 酸によりおしりがただれる
  6. 機嫌が悪い
  7. 体重がなかなか増えない

対応1 一時的に母乳やミルクをやめる

乳糖を含まないノンラクトミルクを与えられる赤ちゃん

二次的乳糖不耐症の対応として一時的に母乳やミルクを絶ち、赤ちゃんのおなかの回復を促す方法は一般的ですが、母乳やミルクが赤ちゃんの主たる栄養源である場合はあまり長く続けられる方法ではないかも知れません。

◆◆ 母乳継続の可否

乳糖不耐症は赤ちゃんの腸内環境が整うまでの一時的な症状であることは多く、母乳は腸内環境を整える役割もあるなど赤ちゃんのおなかに優しく出来ているため、赤ちゃんの下痢などの症状の程度にもよりますが母乳を継続することも少なくありません。その場合の赤ちゃんの乳糖不耐症の対処法として、分解酵素の薬を服用しながら授乳を継続していく方法があるようです。できるだけ母乳を続けたいと考えているのなら、医師へ相談すると安心です。

対応2 一時的に無乳糖ミルクに変える

乳糖不耐症の赤ちゃんの回復のために、一時的に母乳や普段のミルクから無乳糖の特殊ミルクに切り替えるという方法があります。乳糖が入っていないので、一時的に乳糖を消化できない赤ちゃんのお腹には負担がかからない分回復も早いとされています。

医療機関に相談を!

乳糖を含まない特殊ミルクへの切り替えによる栄養補給、もしくは分解酵素の服用、母乳の一旦停止などは、医療機関での継続的なフォローを受けながらケアしていくのがベストでしょう。医師や管理栄養士などと相談のうえ、母乳を継続出来るのか、一時的にやめるのか、特殊ミルクに切り替えるのか判断を仰ぎましょう。

また、赤ちゃんの下痢症状が長引く場合、水分補給が困難になるほどの下痢や発育に影響があるのでは…と感じる症状になった場合は、母乳育児にこだわっている場合ではなくなります。すぐに専門医師の診断と指示を仰ぎ、医師の指示のもと乳糖の含まれていないミルクに替えて改善を図りましょう。

◆◆ 乳糖不耐症とアレルギーとの違い

乳糖不耐症とアレルギーはよく混同されがちですが、これらは全く違うもので、ミルクアレルギーの場合は自己診断等をするのは絶対に禁物です!乳糖不耐症とアレルギーでは症状が出るまでの時間の違い等が挙げられますが、乳糖不耐症かな?と思ったら、先ずは原因を特定する意味でも医療機関の受診が大切ですね。

赤ちゃんの乳糖不耐症と母乳育児

赤ちゃんの主な栄養源となる母乳には、赤ちゃんにはとても安全な飲み物と言えます。また、乳糖を構成するガラクトースは、急速に発達する赤ちゃんの脳の発育にとても必要なものです。母乳やミルクが長期的に不足すると発育にも問題を呈することもあるので、適切なケアで一日も早く回復できるようサポートしてあげましょう。

薬の服用や特殊ミルクへの切り替えなど、赤ちゃんの回復までは赤ちゃんにとってもお母さんにとっても辛く大変な治療&ケアになりますが、しっかりと冷静に実施していきましょう。赤ちゃんが回復するよう治療をすることが大切です。

スポンサーリンク

スポンサーリンク