乳糖不耐症の治療とケアに関する記事

乳糖不耐症の治療&下痢が長引く赤ちゃんのホームケア

乳糖不耐症の治療&下痢が長引く赤ちゃんのホームケア

乳糖不耐症の治療方法とケアのポイントとして赤ちゃんや成人での対処の違いや注意点をご説明していきます!

マーミーTOP  >  赤ちゃん  >  乳糖不耐症の治療&下痢が長引く赤ちゃんのホームケア

乳糖不耐症の治療とその他ケアの方法とは

子供も大人も牛乳を飲んだらお腹を下すなんてことよくありますよね。本人の約40%の人が、乳糖を分解する酵素が低いと言われています。もともと日本人は、昔から乳製品を多く摂取する習慣がなかった為にこのような症状になりやすいのだそうで、このような体質や症状を乳糖不耐症と呼びます。

ミルクや母乳を飲んだ後の慢性的な下痢を繰り返す赤ちゃんの乳糖不耐症の場合は、体質的なものに加え風邪など感染症の後に起こる一過性の消化不良であることが多いです。ミルクを主な栄養源とする赤ちゃんの乳糖不耐症の治療や適切なホームケアについて探って行きましょう。

乳糖不耐症の治療

乳糖不耐症の治療を受ける新生児の赤ちゃん

二次性の乳糖不耐症は、風邪や胃腸炎により腸の粘膜が傷つくことでミルクや母乳に含まれる『乳糖(ラクトース)』の分解酵素である『ラクターゼ』の分泌が低下したとき、消化不良や下痢などの症状が生じます。

そのため乳糖不耐症の治療としては、『腸の回復を促す・待つ』スタンスの対処療法となり、赤ちゃんの場合は下痢を長引かせている『乳糖』を含む通常のミルクを、一定期間乳糖を含まない治療用ミルクへ置き換える、乳糖の分解を補助する処方薬を服用しながら授乳させるといった、腸の負担を和らげたうえで治癒を待つ方法が取られます。離乳食がある程度進んでいる乳幼児の場合は、服薬と並行して乳糖の含まれる乳製品を乳糖が分解された食品等に置き換える対応が主です。

乳糖不耐症の治療

乳糖不耐症はミルクに含まれる乳糖の分解に支障が出ている状態ですので、ミルクが必要な赤ちゃんのころと離乳が完了した月齢~成人とでは、対処法は違ってきます。また、それが先天的なものか、二次的によるものかでも適切な対処は違います。

●先天的乳糖不耐症
新生児から1歳を過ぎるまで、要するにミルクを飲まなくても良い月齢までは治療を続ける必要があります。

●二次性乳糖不耐症
1週間から1か月以上と治療期間もさまざまです。小児科などでは大体2週間ほどミルクを切り替えて治療するのが一般的です。その後症状の回復を見て通常のミルクに戻します。

赤ちゃんの乳糖不耐症の治療

乳糖がないミルクで治療する赤ちゃん

まだ消化器官が未熟である月齢の低い赤ちゃんのうちは、風邪やウィルス性胃腸炎になったあと慢性的に下痢が続くことがあります。これらの症状は二次性乳糖不耐症を原因とするものである場合が多く、先にも述べたとおり、腸の粘膜が傷つきラクターゼの分泌が減ってしまうことで下痢などの諸症状が現れます。

ミルクや母乳に含まれる乳糖の分解が一時的に出来ない状態であるため、乳糖を含む母乳やミルクを一時的に中断することが腸の粘膜の回復を早め、結果的に下痢の症状改善にもつながります。次第に乳糖を分解する力も元に戻ります。

乳糖不耐症の治療は、いつものミルクを一定期間乳糖を含まない乳糖不耐症治療のミルクへ切り替え、腸が回復するまで赤ちゃんの消化吸収の負担を和らげてあげます。

乳糖不耐症の治療は対処療法(乳児)

●下痢が緩和するまで乳糖不使用の治療乳を与え回復を待つ

●授乳時、乳糖分解酵素薬を赤ちゃんに服用させ乳糖の分解吸収を助けながら回復を待つ

◆◆ 母乳の場合

母乳は赤ちゃんの栄養源としてベストであるとは良く言われます。それには、人工ミルクの成分も母乳に非常に近づけてはあるものの、ミルクにはウイルスや細菌から体を守る免疫システムを司る抗体(免疫グロブリン)が含まれない、また、母乳は産後日数の経過に伴い赤ちゃんの発育に最適な成分へ移り変わって行く…などの理由があります。

また、母乳はミルクよりも消化にやさしいため、下痢の症状がよほどでない限りは乳糖不耐症の治療として乳糖の分解をサポートするミルラクトやガランダーゼといった乳糖分解酵素剤を処方してもらいながら授乳を継続するケースが多いようです。

離乳完了の幼児~成人の乳糖不耐症の治療と対処法

乳糖が少なく健康にも良いヨーグルト

成人になっても牛乳を飲むとお腹を下すという人は乳糖を分解する酵素分泌が少ない体質と考えられます。乳糖不耐症の程度にもよりますがもともとのラクターゼの分泌が少ないのなら、乳糖を含まない食品や飲料を中心に摂る対応が一番と言えます。

人工的に乳糖を分解した加工乳もありますが、一般的な乳製品でも乳糖が少なくなっているものはあり、そのひとつがヨーグルト。ヨーグルトなど乳酸発酵された乳製品に含まれる乳酸菌が、一部の乳糖を分解し乳酸に変えてしまうため症状がでない人もいるとされています。
どうしても乳製品でお腹を下してしまう乳糖不耐症の人には、乳糖を控える食事、もしくは一切の排除がベストかも知れません。

◆◆ 点滴剤

乳製品を摂取する前に市販ラクターゼ酵素カプセルの錠剤、点滴剤、チュアブルの形で購入出来ます。また点滴剤は牛乳パックの中に添加することが出来ます。
乳糖の入っていない乳製品もスーパーで買う事が出来ますし、チェダーチーズやパルメザンチーズ、発酵乳製品(ヨーグルト)などで不耐症の人でも食べられるものがあります。

◆◆ カルシウムの補給

乳糖不耐症の治療などで牛乳や乳製品の摂取をしない人は、カルシウム、ビタミン、リボフラビン、たんぱく質の不足が予測できます。カルシウムのサプリメントを服用、またはカルシウムの栄養の高い食べ物、カルシウム強化食品を摂取することをおすすめします。
食べ物で挙げると、カブ、ブロッコリー、ケールなどの野菜、さけ、いわしなどの魚です。

乳糖不耐症のホームケア

病院などで行う二次性乳糖不耐症の治療は、腸が回復しラクターゼの分泌が正常化するまで待つと言うもの。腸の分解吸収を手助けする処方薬や整腸剤の服薬以外にも、赤ちゃんでいうと授乳ミルクの切り替え、成人でいうと食事の見直しなどの一時的な食事の対策があって下痢等の諸症状は改善します。

病院から処方された薬の服用と併せ、授乳、乳糖不配合ミルクへの切り替え、乳糖を取り入れない食事に切り替え、つまり胃腸や消化器官に負担のない食事への切り替えをベースとしたホームケアは重要と言えます。

ホームケアの注意点

下痢の症状がありホームケアされる赤ちゃん

乳糖不耐症の治療が始まってすぐに下痢等の諸症状が落ち着くわけではありません。乳糖不耐症の治療中は赤ちゃんの便の様子をよく観察しながら、以下の点に気を付けホームケアを行っていきましょう。

◆◆ 冷たい食べ物飲み物を避ける

胃腸が敏感になっているので、乳糖の排除以外にも消化器官に負担をかけない食事に気を配りましょう。消化しにくいものや、冷たい飲み物食べ物も避けるべき。どんなに暑い夏場だとしても、ミルクはひと肌に温めて与えてください。

◆◆ 水分補給

下痢の症状が続く場合には脱水症状に気を付けます。水分補給をこまめに摂取してあげましょう。赤ちゃんの場合、哺乳瓶で白湯やお茶、イオン飲料を飲ませてあげて下さい。

◆◆ おむつかぶれ

赤ちゃんの乳糖不耐症でもうひとつ気を付けたい点は、水っぽい下痢を何度もするうちに、あっという間におしりがかぶれてしまうことです。おむつかぶれは赤ちゃんにとって不愉快でとてもつらいものですので、都度ぬるま湯を含ませたガーゼなどでおしりを優しく拭き取ってあげたりなど、おむつ替えの際はいつもより丁寧な肌ケアをしてあげましょう。

夏場はとくにおむつの中は蒸れやすいため、おむつ替えのときに何分かおむつを外し、おしりを乾かしてあげるのも効果的です。

乳糖不耐症 原因と症状

乳糖不耐症で下痢に耐える赤ちゃん

「乳糖(ラクトース)」とは、母乳や牛乳などに含まれる糖類で「ガラクトース」と「グルコース(ブドウ糖)」が結合した2糖類です。口から摂取された乳糖は小腸に多く分泌される乳糖分解酵素(ラクターゼ)で分解され吸収されますが、ご説明している通りラクターゼの分泌が低下していると乳糖を分解吸収出来ずに乳糖不耐症の症状が出ます。

成人の乳糖不耐症には、『二次性乳糖不耐症』『先天性乳糖不耐症』に加え、老化によって起こる『原発性乳糖不耐症』があります。

乳糖不耐症で下痢になる理由

乳糖分解酵素が足りないため、乳糖の分解吸収が滞り分解されなかった『乳糖』は、大腸で腸内細菌の働きにより発酵して脂肪酸と炭酸ガス、水になります。そして腸内に発生した炭酸ガスや脂肪酸が腸を過剰に刺激するため、下痢やおならといった乳糖不耐症の諸症状となってあらわれます。

乳糖不耐症の症状

赤ちゃんの乳糖不耐症の症状として特徴的なものに『酸っぱいにおいのする水のような下痢』が上がられますが、他の特徴的な症状としては以下のようなものがあります。

乳糖不耐症の症状

●腹部のけいれん

●腹部膨満

●ガス(おなら)

●下痢

●吐き気

赤ちゃんは内蔵がまだまだ丈夫ではないことから、ウィルス性の感染症や胃腸炎に合併して乳糖不耐症の症状が現れることが多く、長引く下痢に伴い体重増加の停滞も見られます。

先天性乳糖不耐症の赤ちゃんとミルクアレルギー

赤ちゃんの乳糖不耐症の大半は二次性のものですが、まれに先天性の乳糖不耐症の赤ちゃんもいます。先天性乳糖不耐症のあかちゃんは、生まれたばかりの新生児期から母乳または乳糖の含まれたミルクを飲んだ後に下痢の症状を引き起こします。このため、ミルクを必要としなくなる時まで注意が必要と言えます。特に月齢の小さい赤ちゃんは下痢のために脱水症状を起こしやすいので、早期に治療を受け、症状を把握し適切なケアを施しましょう。

また、乳糖不耐症とミルクアレルギーは全く別のもの。乳製品のアレルギーは飲んだり食べたりした後にすぐ反応が出るが乳糖不耐症の場合は数十分から1時間程度時間を置いてから下痢などの症状が出る…などの違いがあるとはされていますが、いずれにせよ自己判断等は禁物です。重篤な症状に至る可能性も十分にあるため、必ず医療機関を受診するようにしましょう。

乳糖不耐症の治療は成人も乳幼児も乳糖を控えること

乳糖不耐症は、成人も乳幼児も乳糖を分解する酵素の分泌が低下していることが原因ですから、まず乳糖の摂取を一定期間、完全ストップさせることが一番回復に向けた治療法になります。乳糖不耐症の主症状は下痢ですから、下痢を引き起こしてしまう乳糖の摂取を控えながら、とにかく下痢による脱水症状に気を付けて、水分補給をしっかりと行うことが大切です。

とくに赤ちゃんは脱水症状に気を付けてケアし、母乳やミルクの切り替えは専門医師の指示のもとに実施するようにしましょう。また、気になる症状が続くようであれば、速やかにお医者さんを受診することも大切です。

スポンサーリンク

スポンサーリンク