赤ちゃんの微熱が続くに関する記事

赤ちゃんの微熱が続く!高熱ほどではない乳児の発熱の対処

赤ちゃんの微熱が続く!高熱ほどではない乳児の発熱の対処

赤ちゃんに微熱がある!けどちょっと待って!赤ちゃんの平熱って高いんじゃなかったけ?赤ちゃんの微熱とは何度くらいを指すのか、微熱が出る原因とは?対応に迷いがちな赤ちゃんの熱について、正しい熱の測り方、病院受診の目安やケア方法を紹介します。

マーミーTOP  >  赤ちゃん  >  赤ちゃんの微熱が続く!高熱ほどではない乳児の発熱の対処

赤ちゃんの微熱が続く!熱が下がらない時の受診の目安

おしゃべりができない赤ちゃんは、微熱のせいで不快に感じていたら、不機嫌だったり、夜泣きがひどかったり、おっぱいを飲む量にも影響がでることがあります。ママは、「今日は何でこんなに泣くんだろう?」と戸惑うこともありますよね

そんな時、もしかしたら赤ちゃんに熱があるのかなと、気づいてあげられるといいですね。今回は、その熱の中でも特に判断に迷ってしまう、微熱についてご紹介します。

赤ちゃんの平熱とは?微熱と高熱の違い

体温計

赤ちゃんは、大人に比べて新陳代謝が活発です。赤ちゃんの平熱は、36度から37.5度の間で、大人よりもやや高くなっています。しかし、赤ちゃんの活動性や体型によって、体温には個人差があるので、何度以上で微熱という明確な決まりはありません。

一般的に37.5度以上が発熱、38.5度以上が高熱とされることから、37.5度前後までは微熱と考えていいでしょう。また、体温は、赤ちゃんの月齢、測る時間、測り方によっても異なるので、定期的に朝・昼・夕・就寝前の体温を測って、平熱を把握しておいたほうがいいです。

一般的に、赤ちゃんの体温は、朝方の体温が最も低く、午後から夕方にかけて高くなります。赤ちゃんによっては、朝と夕方で1度以上の差が出る場合があります

赤ちゃんの熱の測り方

体温を測る赤ちゃん

赤ちゃんは、動いてじっとしていないことがありますね。また、体温を測ろうとして赤ちゃんを押えると、体をよじってしまうこともあります。赤ちゃんが力を入れてしまうと、正しい体温は測れないので、少しでもおとなしいときに測るのがコツです。

脇で計るタイプの体温計

熱を測る前に、わきの汗を拭きとっておくこと、体温計はわきのくぼみの中央部分に、体温計の先端が来るように当てることが、正しく測定するコツです。

体温計を脇にはさむ体温の測り方

  1. 赤ちゃんをひざの上に抱っこする
  2. 上半身と体温計が30度の角度になるよう脇にはさむ
  3. 外側から手を軽く押える
  4. ピッっと鳴るまで待つ

耳で計るタイプの体温計

耳垢がたまっていないこと、そして、体温計の先を鼓膜の方に向けて測ることが、正しく測定するコツです。

体温計を耳にあてる体温の測り方

  1. 赤ちゃんをひざの上に抱っこする
  2. 動かないよう頭を押さえる
  3. できるだけ耳の奥に置くに体温計を入れる
  4. ピッと鳴るまで待つ

考えられる赤ちゃんの微熱の原因

赤ちゃんの体温調節をする機能は、未熟で発達段階にあります。そのために、さまざまな要因で、容易に微熱が出ることがあります。その原因をご紹介します。

部屋の温度が高い

赤ちゃんの体温は、周りの環境温度に左右されることが多いです。そのために、部屋の中が暑い状態になると、赤ちゃんの体温が上昇します。

洋服の着せすぎ

洋服を着せすぎる赤ちゃん

赤ちゃんの着るものは、大人よりも一枚少ないくらいでよいと聞いたことがありませんか。新生児の赤ちゃんは、まだ皮下脂肪が少なく、体重に比べて身体の表面の面積が大きいので、体温が逃げやすい状態にあります。そのために、寒さに注意して着衣をする必要があります。

でも、新生児時期を過ぎたら、今度は皮下脂肪も多くなり、動きもだんだん大きくなってきます。そして、新陳代謝も活発になるので、大人より一枚少ない着衣でよいとされるのですね。

どの時期においても、赤ちゃんは自分で着脱できず、洋服の着せすぎは熱をこもらせ、微熱の原因になるので注意が必要です。

ウイルス感染

子供の発熱の原因は、風邪やRSウイルスなど病原菌が体に入って、ウイルス感染を起こした場合であることが多いです。その感染の初期症状として、微熱が続くことがあります。

中耳炎や副鼻腔炎

泣いている赤ちゃん

赤ちゃんの中耳炎や副鼻腔炎は、呼吸器感染の際に起こすことが多いです。それは、のどや鼻、耳がつながっているので、風邪などのウイルス感染によって、粘膜の炎症が広がるからです。

微熱が続くということは、原因となっている呼吸器感染がまだ回復せず、鼻や耳の奥まで広がり、中耳炎や副鼻腔炎を発症しているからなのです。

微熱がある赤ちゃんのお世話の注意点

微熱のある赤ちゃんは、適切なお世話をするだけで、微熱が改善することもあります。反対に、微熱の時のお世話が適切でない場合、そのまま本格的に発熱することもあります。そのために、お世話の注意点をご紹介します。

こまめに熱を測る

微熱のある赤ちゃん

赤ちゃんの体温の変化を知るためには、こまめに熱を測る以外にありません。また、微熱であっても、急に熱が上がる可能性もありますね。そのような危険から赤ちゃんを守るために、熱を測りましょう。

こまめに熱を測るといっても、なるべく赤ちゃんが安静にしている時、おとなしい時に測ります。哺乳の後、激しく泣いた後、お風呂の後などは体温にも影響があるので、それを避けて測ることが大切です。

また、インフルエンザのような感染症で熱が出ている場合、熱が上がったり下がったりする、二峰性発熱が特徴の病気の可能性も考えられます。そのために、熱が上がっていないかこまめにチェックする意味もあります。

微熱以外の症状がないか確認する

熱は、いろいろな感染症の初期症状として、見られることが多いです。そのために、微熱がある時には、咳や鼻水のほか、発疹やイチゴ舌のような熱以外の症状がないか、注意深く赤ちゃんの体を確認することが大切です。

水分を多めに摂らせる

水が入っている哺乳瓶

赤ちゃんは、体の水分量が多いです。そのため、少しの発熱でも、気道や皮膚から出る水分が多くなり、容易に脱水になりやすいのです。水分を多めに取って、赤ちゃんの脱水症状を予防することが大切です。

汗をかいていたら着替える

着替えさせられてる赤ちゃん

微熱があると、汗をかきやすくなります。赤ちゃんの首の後ろや背中、おむつの中は、ぐっしょり汗をかいてしまうことが多いです。そのままにしておくと、汗が冷えて、赤ちゃんに風邪をひかせてしまう可能性があるので、汗をかいていたら着替えることが大切です。

背中に汗をかくことが多い場合、背中と服の間にタオルをはさんでおいて、汗で湿ったら、タオルを取り換えるという方法を使うといいですよ。

消化の良い食事を心がける

微熱がある時は、体のエネルギー消費が多くなるので、いつもより体力の消耗が激しいといえます。栄養を取ることは大切ですが、食べるものによって、赤ちゃんの胃腸に負担をかけるもの嫌ですよね。そのために、消化の良い食事を心がけ、赤ちゃんの体力の維持に努めることが大切です。

こんな症状の時はかかりつけ医の受診が必要です

たかが微熱、されど微熱です。物言えぬ赤ちゃんだからこそ、症状の変化には特に注意しましょう。そして、以下の症状がある場合は、かかりつけ医を受診する必要があります。

ぐったりして元気がない

元気のない赤ちゃん

微熱があると、体がだるくなります。その結果、ぐったりして、元気がないという状態になることも少なくありません。実は、この行動は、体を休めて体力を温存させている方法でもあるのです。

しかし、微熱が長く続きぐったりしている場合は、水分不足で脱水状態になっている、微熱で食事が満足に撮れておらず低血糖になっている、他に、中枢神経系の感染症が疑われる可能性があるので、注意が必要です。

おっぱいやミルクを飲まない

ミルクを飲まずに泣いている赤ちゃんのイラスト

微熱がある時には、平熱の時よりも、汗などで水分が失われています。しかし、体のだるさがあると、おっぱいやミルクが飲めないこともあります。そのままで放っておくと、脱水症状を起こす恐れがあるので、病院に行く必要があります。

呼吸が苦しそう

呼吸が苦しそうに見えるときには、呼吸器系の感染症の可能性があります。赤ちゃんは、鼻水や痰を自分で出せないので、それを取ってあげる必要がありますね。また、咳などがあると、それが体力の消耗や嘔吐にもつながることもあります。そのために、呼吸が苦しそうな時は、病院に行くと安心です。

唇の色が紫または白い

唇の色が紫の赤ちゃん

唇の色が紫や白っぽく見えるのは、チアノーゼという、貧血など血液の循環に問題がある時に出てくる症状があるからです。このチアノーゼという状態は、唇だけではなく爪などにも出るので、唇の色が悪いときには、全身も観察してみましょう。

呼吸器系の感染症がある時には、鼻が詰まって哺乳の時に息継ぎが上手にできず酸欠となり、唇の色が紫、または白くなることがあります。赤ちゃんの唇の色が悪いは、身体の酸素の量や、循環の影響が考えられるので、早めに病院を受診しましょう。

熱性けいれんを起こしている

赤ちゃんの熱が37度代であっても、熱性けいれんを起こすことがあります。これは、熱の上がりかけに痙攣を起こすことが多いからです。

赤ちゃんに意識がなく、全身をこわばらせる硬直性けいれんと、ピクピクやバタバタを繰り返す間代性けいれんが交互に見られる場合は、早めの受診が必要です。特に、熱性けいれんを起こした場合は、これから熱が高くなることが予測されるので、診察を受けると安心です。

赤ちゃんの微熱に気づくには

可愛い赤ちゃん

赤ちゃんに微熱があると気づくためには、赤ちゃんの平熱を知らなくてはいけません。自分の赤ちゃんの平熱が、何度くらいかわかりますか?赤ちゃんの平熱を知ることは、とても大切なことです。

微熱に気づくことができれば、冷やす、水分を与えるなど、ちょっと気をつけてあげることが出来ますよ。また、ぐったりする、熱が上がるなど、いち早く変化に気づいてあげることが出来るので、病院にも連れて行くことが出来ます。赤ちゃんの平熱を知って、早めの対処ができるようになれるといいですね。

スポンサーリンク

おすすめコンテンツ