新生児の鼻からミルクが出るに関する記事

新生児が鼻からミルクや母乳を吐く原因と必要な対処

新生児が鼻からミルクや母乳を吐く原因と必要な対処

新生児が鼻からミルクを出す原因とその対処法を、新生児ならではのゲップや胃の形、また病気の面からチェック。

マーミーTOP  >  赤ちゃん  >  新生児が鼻からミルクや母乳を吐く原因と必要な対処

新生児の鼻からミルクが出る原因とその後の対処法

新生児はまだ体のあらゆる部分が未発達で、ちょっとしたことですぐにトラブルを起こしてしまいますよね。さっき飲んだミルクが鼻から出てしまう事も、新生児期にはよくあることかもしれません。とはいえ、赤ちゃんが吐いてしまったり、鼻からミルクや母乳を出してしまったりすると、不安になってしまうものです。

赤ちゃんが吐いたり、鼻からミルクを出したりすることが何度も続くと「何かやり方が悪いのではないか」「病気の症状なのではないか」「栄養はしっかりとれているのか」という疑問も出てきますよね。

新生児の鼻からミルクが出てしまう原因

母乳を飲んでいる新生児

新生児にミルクや母乳を与えていたら、鼻からミルクが出てきてしまった!という経験のある方はいらっしゃいますか?子育て初体験でもそうでなくとも「具合が悪いのではないのか」と、不安になってしまうことってありますよね。

そもそも、どうして鼻からミルクが出るようなことになってしまうのでしょうか。ママさん達が抱きがちな不安を和らげるために、新生児の鼻からミルクが出てしまう原因をご紹介いたします。

1ミルクを沢山飲んでしまったから

ミルクが鼻から出てしまう原因のほとんどは、ミルクの飲みすぎにあります。ミルクをたくさん飲んでしまったために、胃に収まりきらなかったミルクが、吐き戻されてします。特に新生児期の赤ちゃんは生まれて間もないこともあり、胃が小さい上に満腹中枢もうまく機能していません。自分がどの程度飲めばお腹いっぱいになるのか、どこまでが許容範囲なのかをしっかり認識することができないのです。

胃の中からミルクが溢れ出ている状態なので、口から吐こうとしなくとも、体はさまざまな場所からミルクを押し戻そうとします。そこで吐き戻しの際に口からだけではなく、鼻からもミルクが出てしまうのです。鼻血のようにたら〜んと出ている場合は心配ありません。

2胃の形が直線状で入口付近の弁も未発達だから

新生児期の赤ちゃんの胃は、大人の胃とは全く形が違います。大人の胃が湾曲しているのに比べて、赤ちゃんの胃は直線状でヒョウタンやトックリのような形になっています。そういう形状のため飲み過ぎると、胃の入り口からすぐに逆流したり、少しの振動や傾きでミルクがこぼれてしまったりしてしまうのです。

また胃の入り口付近の筋肉も未発達なため、ひょうたんの口が空いているような状態になっております。産まれたばかりの赤ちゃんは、口の開いたひょうたんを体につけて動いているようなイメージです。つまり、赤ちゃんの胃はとても逆流しやすい構造になっており、ミルクを吐いたり鼻から出てしまったりするのは仕方のないことだということです。

3ゲップをまだうまく出来ないから

新生児にゲップをさせるお母さん

小さい赤ちゃんならミルクを飲んだ後に、ママさんの手でゲップをさせる必要がありますよね。赤ちゃんは、まだゲップを自分の力ではうまくできないために、ミルクを鼻から出してしまうことがあったりします。赤ちゃんがミルクや母乳を飲むときには、空気も一緒に吸い込んでしまいがちです。そこでゲップがうまくできないと、胃の中にたまった空気と一緒にミルクも出てしまいます。
もしかしたら上手く乳首を咥えられていなかったり、哺乳瓶の乳首が赤ちゃんに合わないという可能性があります。母乳育児の場合はシッカリと乳首を咥えさせるラッチオンを確認してみましょう。

哺乳瓶でミルクをあげている場合には、哺乳瓶の乳首が赤ちゃんに合っているのかを確認してあげましょう。

4風邪などをひいてしまって胃腸に炎症がおこっている

風邪を引いている赤ちゃんのイラスト

赤ちゃんが鼻からミルクを出してしまうのは、風邪を引いてしまうなどし、胃腸に炎症が起こっている可能性もあります。胃や腸に炎症が起こると、ミルクを飲んだ刺激などで胃の中のものを吐き出してしまうことがあるのです。

授乳する度に、ミルクや母乳を口や鼻から吐く以外にも、鼻づまりの症状や苦しそうにしている様子がないか確かめてみましょう。もし風邪かもしれないと思ったら、熱を測ったり念のため病院へ行ったりすることをオススメします。

鼻からミルクが出た後の対処法

鼻から出てきたミルクの色を確認する

鼻からミルクが出た時は、まずミルクの色を確認するようにしましょう。ミルク以外の色味が混じっていたら、病気の可能性も考えられます。特に緑がかっていたりピンク色のように見えたりした場合は、すぐに病院へ連れて行きましょう。

吐き戻したミルクに混じっているのは「胆汁(たんじゅう)」の可能性があります。胆汁は脂肪の消化・吸収を助ける働きを持っています。この胆汁は、肝臓で作られて胆道を通って腸へと送られます。しかし、うまく消化が出来ずにそのままミルクに混じりこんでしまって外に出てしまうと、ミルクが黄色〜緑色がかってしまいます。

鼻からどのようにミルクが出ているかを確認する

ミルクを飲んでいる赤ちゃんのイラスト

鼻からミルクが出ている時、たら〜んと垂れているだけなのか、噴出するように一気に出ているかによっても原因が異なります。ミルクが鼻から噴水のように一気に出ている場合、幽門狭窄症(ゆうもんきょうさくしょう)の恐れがあります。幽門とは胃の出口のことで、それが狭くなっている状態を意味します。

幽門狭窄症になると、母乳やミルクが胃の中から出にくくなってしまいます。胃から小腸に「母乳」や「ミルク」が通過しないため、栄養が吸収されることがなく、赤ちゃんの空腹状態は続いてしまいます。さっきあげたばかりなのに、また泣きわめいたりして授乳を欲している場合、幽門狭窄症の恐れがあります。確認のために、病院へ連れていく必要があります。

服が汚れたりしていたら取り替える

体外へ出たミルクのせいで服が汚れていた場合、そのままにせずすぐに取り替えるようにしましょう。体まで汚れてしまっている場合は、すぐに濡らしたタオルなどで拭くかお風呂へ入れてあげるなどしましょう。

鼻にミルクの残りがないかについて確認する

詰まってしまう恐れがあるので、鼻にミルクが残っていないかを確認しましょう。もし残っていた場合は、清潔なガーゼなどで綺麗に拭き取ると良いでしょう。綿棒などで完全に鼻の中の水分を取る必要はありません。無理にすると赤ちゃんの鼻を傷つけてしまう可能性がありますから注意しましょう。

次に飲ませるミルクの量を調整する

ミルクが入っている哺乳瓶のイラスト

ミルクの量が多すぎて吐き戻している恐れがあるので、次回から飲ませるミルクの量を少なくするなど調整する必要があります。またたくさん吐いてしまったり、鼻から出てしまったりした場合は、お腹が満たされていない可能性もあります。回数を分けて、こまめに少しずつ与えてあげると良いでしょう。いくらたくさん欲しがるようでも、一度にたくさん与えてしまうと逆流する危険があるので、少し時間を空けて様子を見ましょう。

時間を置いてミルクや母乳で水分を補給する

吐き出してしまったり、鼻から出てしまった場合、吐いた分の水分や栄養が足りなくなる可能性があります。鼻から出たことが病気などの原因か見極めるために、少しの時間様子を見て、もし赤ちゃんがミルクを欲しがるようだったら、追加で飲ませてあげましょう。鼻からミルクを戻してしまったことにより、赤ちゃんのお腹には少なからず負担がかかってますから、直後にミルクを飲ませるのはやめておきましょう。

赤ちゃんの鼻からミルクが出てきた先輩ママ達の体験談

ゆらママ
29歳

いきなりでびっくり

電話に出ている病院の医師のイラスト

いつもと同じように、いつもと同じくらいの量のミルクをあげていたのにいきなり鼻からミルクが出てきてびっくりしました。慌てて病院へ電話しましたが、特に問題はないとのことでホッとしました。
鼻からミルクを垂らしながらも、笑顔で機嫌良さそうにしてて、実際笑っちゃったのを覚えてます。初めてのことでビックリしたけど、今度からはちゃんと様子を見て、具合が悪いのか判断してあげようと思います。

文子
35歳

よく出ているので不安でした

うちの娘は産まれた時から吐きやすくて、たまに鼻からミルクを出すこともありました。お医者さんに相談してゲップの出し方を優しくしてみたり、授乳の回数を増やして1回1回の量を減らしてみたりしました。でもいつの間にか吐かなくなっていたので、小さいうちは仕方ないのかなと思うようになりました。
「いっぱい飲んだね~」って抱っこしてゲップさせようとしたら、鼻からつつーと静かに垂れてて、気付いた時には肩から背中にかけてミルクまみれになったのは良い思い出です。

スポンサーリンク

おすすめコンテンツ