生後4ヶ月の赤ちゃんを知ろう!に関する記事

生後4ヶ月の赤ちゃんの心と体の発育!お世話のポイント

生後4ヶ月の赤ちゃんの心と体の発育!お世話のポイント

生後4ヶ月になると赤ちゃんの顔や体型はかなりしっかりしてきますが、そのぶん心も発達してきているため、ママが戸惑ってしまうことも。心と体の発育の特徴、生後4ヶ月のママに多い6つの悩みと対処法、お世話のポイントやイベントについて紹介します。

マーミーTOP  >  赤ちゃん  >  生後4ヶ月の赤ちゃんの心と体の発育!お世話のポイント

生後4ヶ月の赤ちゃんの体や運動の特徴!体を意思でコントロールし始める

生後4ヶ月の赤ちゃんは、身長が58.2~68.5cm、体重が約5.3~8.7㎏になり、体つきがかなりしっかりしてきます。ママやパパは赤ちゃんがいる生活にも慣れ、子育てが楽しくなってくる頃。

その反面、一回のうんちの量が増えたり、逆に何日もでなかったり、体の大きな子はすぐにお腹がすいて泣く回数が増えるなど、赤ちゃんの個性や成長の個人差が少しずつ出てくる時期でもあります。

首がしっかり坐りうつ伏せで遊ぶ子も

生後4ヶ月を過ぎると、抱っこの時も授乳の時もずっと支えていた赤ちゃんの首がしっかり座ってきます。

うつ伏せにすると両手を広げて踏ん張って頭と肩を持ち上げ、少しの時間なら遊べる余裕が出てくる子もいます。ただし無理は禁物ですので、嫌がったらやめましょう。

大人の支えがあればお座りができる

生後4ヶ月になりうつ伏せができるようになってくると、赤ちゃんは手足や体であるていど体重を支えられるため、大人の支えがあげればお座りができます。

新生児期から見られる原始反射は生後3~4ヶ月ごろに消失しますが、その分赤ちゃんが自分の体を意思でコントロールできるように成長してきているのです。

授乳間隔や昼寝など生活リズムが規則正しくなる

ミルクを飲む生後4ヶ月の赤ちゃん

生後4ヶ月ごろには、赤ちゃんが泣いたら授乳するというスタイルが落ち着いてきます。授乳は日中が中心。授乳間隔も3~4時間おきと少しずつ生活リズムが規則正しくなります。

夜間はまとめて眠ってくれることが多くなり、昼寝は午前と午後の1回ずつとなってくるため、日中は赤ちゃんと一緒に遊んだり、天気のいい日はお散歩に行ったりできます。

赤ちゃんが一度に飲む母乳やミルクの量も200mlくらいに増えますので、ママも夜間休むことができるようになり、精神的にも肉体的にも、少し一区切りがつく頃です。

体重の増え方が緩やかになる

赤ちゃんの体重が急激に増えるのは3ヶ月くらいまで。4ヶ月を過ぎると赤ちゃんのミルクの量や体重の増え方は徐々に落ち着き、体重の平均増加量は1ヶ月でおよそ300~500gになります。

一度に飲む量、飲む間隔も決まってきますので、たくさん飲む赤ちゃん、少ない赤ちゃん、そして体の大きな赤ちゃん、小さめな赤ちゃんという個人差が徐々に出てきます。

1割の赤ちゃんの歯が生え始める

赤ちゃんに歯が生え始めの時期は生後5~6ヶ月がピークですが、生後4ヶ月に生え始める子もおよそ1割います。

歯の生え始めは歯茎がムズムズするため、赤ちゃんの夜泣きやぐずりがひどくなりやすいです。歯がためを用意しておくとよいでしょう。

視野が広がり何でも手で掴んで口にもっていこうとする

生後4ヶ月になった赤ちゃんは、興味のあるものを目で追いかけたり、頭を動かしたりして見る追視をします。また距離の違いがわかるようになり、物を立体的にみられるようになってきます。

また意識的に両手を胸の前で合わせられるようになり、合わせた手をじっと見つめたり、しゃぶったりするハンドリガードが盛んにみられるようになります。

目の前におもちゃを出したり、うつ伏せでおもちゃを見つけたりすると、手を伸ばして掴もうとし、掴んだものを何でも口に持っていくようにもなり、足もよく上がるようになってきて、後半になると寝がえりをしそうな気配を感じさせます。

生後4ヶ月の赤ちゃんの心の特徴!周囲に興味津々な主人公になる

生後4ヶ月になると赤ちゃんの心は、生まれたばかりの「快」「不快」の受け身状態からの変化を見せてくれます。

これまで表現しなかった快不快以外の気持ちを表現できるようになるため、ママやパパの育児が楽しくなりますが、その反面「怒り」「嫌悪」「恐れ」「喜び」「悲しみ」といった複雑な情緒が育ってきた赤ちゃんに振り回されることも。

生後4ヶ月の赤ちゃんは突然ママにそっぽを向かれると悲しい顔をし、手足を掴んで自由を奪われると怒るといった様子が見られ、これまで受け身だった状態から自分が主人公になって周囲にかかわろうとうるようになります。

あやすとニッコリしたり声を立てたりして笑う

笑う生後4ヶ月の赤ちゃん

生後4ヶ月になると赤ちゃんの表情は豊かになり、あやすと声を立てて笑ったり、ニッコリ微笑んだりしてママやパパに反応できるようになります。

この時期になるとママは赤ちゃんに認識されていると感じやすくなりますが、中には赤ちゃんがパパを認識していると感じる人もいるでしょう。

赤ちゃんがパパを認識する時期はお世話の仕方で異なりますので、早く認識してもらいたいパパは手をかけて愛情を伝えてください。

「アーアー」「ウーウー」など他音節の喃語が出始める

生後4ヶ月になるとこれまでの「アー」や「ウー」といった単音節のクーイングから、他音節の喃語を話し始める赤ちゃんが増えます

生後4ヶ月では「アーアー」や「ウーウー」といった母音の喃語を話しますが、生後5ヶ月を過ぎると「バブー」など子音を含む喃語も話すようになります。

キーキーと奇声を上げる

生後4ヶ月になると赤ちゃんが「キーキー」「グァーグァー」といった奇声を上げ、ママやパパをびっくりさせることが増えます。奇声と喃語の違いは、大人と同様に声の大きさです。

パパやママにあやしてもらって喜んでいる時だけでなく、不安や不快を訴える時にも奇声を上げることがありますので、表情や様子を見て対応してあげましょう。

自分の身の回りへの好奇心が増す

生後4ヶ月の赤ちゃんは視野が広がると共に、感情も発達してきているため、自分の身の回りへの好奇心が日ごとに増していきます。

つまらないと泣いたりぐずったりする赤ちゃんもいますが、縦抱きにすると視界が広がりご機嫌になりやすいので、泣いた時は赤ちゃんをおんぶするのもおすすめです

また、これまであやすとすぐに笑っていたのに急に笑わなくなったり、喃語の時期なのに声を出すことが少なくなったりする赤ちゃんもいますが、こうした様子は赤ちゃんが主体的に相手にかかわろうと向かい合おうとする心の発達の表れで、しばらく見つめてから微笑んでくれることが多いです。

音に敏感になり反応も多様になる

生後4ヶ月になると、赤ちゃんの音への反応に変化が見られます。音の方を振り向いたり、音がしたほうに顔を向けてじっと聞こうとする様子も見られたりするようになります。

ミルクや母乳の遊び飲みが始まる

生後4ヶ月になると、赤ちゃんが遊び飲みを始めます。完全母乳の場合は生後4ヶ月頃になるとかなり出が良くなってきますので、母乳でもミルクでもお腹がいっぱいになるのが早くなり、ダラダラ飲みながら遊んでしまうのです。

噛まれるママも少なくありませんので、遊び飲みを始めたら一旦授乳をやめ、少ししてからもう一度与え、それでも初めに与えた時のように飲まなかったら切り上げましょう。

黄昏泣きが始まる赤ちゃんもいる

夕方になると泣く黄昏泣きといえば生後3ヶ月に始まることが多いのですが、中には生後4ヶ月から始まる赤ちゃんもいます。

黄昏泣きの原因は明らかになっていませんが、一日の疲れや眠いけれど眠れない不快感なども一因と言われていますので、抱っこなどでスキンシップをたっぷりとって安心させてあげましょう。

生後4ヶ月の赤ちゃんのママに多い6つの悩み&対処法

生後4ヶ月になり赤ちゃんの首が座って体がガッチリしてくる頃になると、逆に「大きくなったはずなのになぜ?」と別の心配ごとが出てくるのが育児です。

やみくもに心配せず、生後4ヶ月の赤ちゃんのママからよく聞かれる心配事とその対処法を知り、楽しい育児に役立てましょう。

1うんちの回数が少ない

生後4ヶ月になると授乳ペースや量と合わせて、うんちにも個人差が出てくるためママは回数が少ないと心配になります。

赤ちゃんの体質や体調によっては、2日おきくらいのうんちになることがありますが、元気で機嫌がいいのならそれがその赤ちゃんのペースです。

赤ちゃんのうんちが出ない時の対処法

何日もうんちが出ず、ミルクを吐いたり、機嫌が悪かったり、お腹もぽっこり固くなって苦しそうな場合は、おへそ周りを「のの字」マッサージしたり、ベビーオイルやグリセリンのついた綿棒で肛門をやさしく刺激して排便を促す方法があります。それでもうんちが出ない場合は、医師に相談しましょう。

2ミルクを吐く

生後3ヶ月頃まではミルクを吐く赤ちゃんが多いのですが、4ヶ月になっても吐いているとママは心配になるでしょう。

授乳後に赤ちゃんを抱いて背中をトントン叩いてゲップを出しておくと、ミルクの吐き戻しは減らせますが、ゲップがなかなか出なかったり、ゲップを出しても飲んだ量が多かったりした時などは、生後4ヶ月になっても噴水のように吐き出すことがあります。

赤ちゃんがミルクを吐く時の対処法

吐く量や回数が多いと心配になりますが、吐いたあと、すっきりした顔をして機嫌もよく、よく眠るなら問題ありません。ただし泣きながら苦しそうに吐き続けるときは、小児科を受診してください。

3後頭部の抜け毛によるハゲが目立つ

生後4ヶ月になるまで寝て生活していることが多かった赤ちゃんは、ずっと枕が当たっていた後頭部の髪の毛だけが薄くなったり、絡まってしまったりすることがあります。

赤ちゃんの抜け毛やハゲが気になる時の対処法

赤ちゃんの毛は細いので絡まってしまった場合は、カットばさみで切り取りましょう。抜け毛やハゲがある場合も、5~6ヶ月から1歳になる頃にはフサフサに生えてくる赤ちゃんが多くいます。気になる場合は外出時に帽子を被せましょう。

4あやしても声を出して笑わない

笑わない生後4ヶ月の赤ちゃん

生後4ヶ月になると一般的に赤ちゃんはよく笑いますが、あやしても目をそらす、あまり笑わない、いつも無表情の赤ちゃんもいます。

そうなると親としては非常に心配になるのですが、それがその赤ちゃんの個性である場合もありますので、赤ちゃんが笑わないことをむやみに心配するのは良くありません

赤ちゃんがあやしても笑わない時の対処法

あまり心配し過ぎず、赤ちゃんの様子を引き続き観察しましょう。発達に特別問題がなくても、シャイな子や感情をあまり表に出さない子の場合、微笑むだけのことはよくあります。ただし専門家に相談するとママは安心できますので、無料で受けられる3~4ヶ月健診を利用して相談しましょう。

5喃語が出ない

「生後4ヶ月になると喃語が出る」と言われると、喋ることの基礎となる喃語が出ないことが気になるのが親心。ですが、これも個人差が大きいです。

赤ちゃんに喃語が出ない時の対処法

生後4ヶ月ではまだ「あー」「うー」「おー」といったクーイングで、ちょっと驚くような元気な声をあげる赤ちゃんも多いですし、とても物静かで、眠ってばかりの赤ちゃんもいます。生後4ヶ月は個性が少しずつ出てくる頃ですので、気にしないで大丈夫です。

64ヶ月健診や予防接種

生後4ヶ月になると地域の保健所などで赤ちゃんの健康診査を受け、同時にBCGワクチンを接種するところも多いです。乳児健診は無料で専門家のアドバイスをもらえる貴重なチャンスですので、有効に利用してください。

この集団予防接種をはじめとして、様々な予防接種を受けていくことになります。配布される予防接種のスケジュールを確認しておきましょう。

生後4ヶ月健診や予防接種が心配な時の対処法

生後4ヶ月健診の日程や場所、内容、持ち物等については市町村からお便りがきますので、それまでに日頃の育児で悩みがちな心配ごとをメモにまとめておきましょう。また予防接種についてはスマホアプリを利用して管理したり、かかりつけの小児科医に相談したりするのもおすすめです。

生後4ヶ月の赤ちゃんを育てるパパママのお世話のポイント

4ヶ月を迎えパパもママもほんの少し一息つける頃ですが、育児で一番大変な時期を乗り越えたいま、溜まった疲れから、夫婦がお互いぎくしゃくしないようにするのが一番大切です。

特に完全母乳で子育てをしていた場合は、4ヶ月頃までパパのここぞという出番が少なかったかもしれません。でも、これから赤ちゃんはさらに体重も増え、活発に動き出し、大人と一緒にお風呂に入ったり遊んだりする時間も増えます。

パパは単なるお手伝いではなく、育児の当事者、責任者になる場面が増えてきますので、ママの今までの頑張りに心から感謝し敬意を表し、産後クライシスの原因に注意して夫婦二人三脚で、子育ての次のステージへと向かってください

パジャマと日中の洋服の着替えを始める

パジャマで寝る生後4ヶ月の赤ちゃん

生後4ヶ月になったら赤ちゃんの昼夜の区別を促すためにも、夜の入浴後はパジャマに着替えさせ、朝は日中の服に着替えさせましょう。

また朝はカーテンを開け、昼間は散歩に連れて行ったり遊んだりして活動させましょう。夜になったら部屋を暗めにして生活リズムを整えることで、赤ちゃんはより眠りやすくなり、成長にもプラスになります。

生後4ヶ月の赤ちゃんとの遊びや外出は五感を刺激して

生後3ヶ月~5ヶ月の赤ちゃんは五感が急激に発達するため、遊びは外からのよい刺激になります。赤ちゃん自身も手を伸ばして遊ぼうとし始めますので、日中は五感を刺激する家の中での遊びや天気のいい日のお散歩を意識しましょう。

天気のいい日のお散歩は、外に出るだけでも風の音や涼しさ、冷たさ、雨上がりの匂い等を感じるよい刺激となりますが、季節により出掛ける時間帯には注意して下さい。

家の中では仰向けばかりでなく、大人が支えてお座りをさせたり、うつ伏せにしたりして視点を変えてあげるとよい刺激になります。

おもちゃや床など身の回りの物の掃除や消毒をこまめにする

生後4ヶ月の赤ちゃんは何でも口に入れます。中にはうつ伏せにすると床を舐める赤ちゃんもいますので、洗える物はこまめに洗濯し、床掃除には口に入っても安全な重曹を使うとよいでしょう。

ただし神経質になる必要はありません。初めての風邪をひく子もいるため心配かもしれませんが、舐めるのは一時的な行為ですし徐々に強くなっていきますので、無理にやめさせる必要はありません。

気になる場合は衛生的な別のおもちゃで興味を引いたり、抱き上げて視線を変えることで別の物に興味を持たせたりするとよいでしょう。また4ヶ月になったら赤ちゃんの誤飲にも、今まで以上に注意してください。

生後4ヶ月の主なイベント!お食い初め

生後4カ月目にあたる生後100日~120日目くらいになると、赤ちゃんが一生食べ物に困らず健康な歯や体でいられるようにという願いを込めて「お食い初め」の儀式を行う地域が多くなっています。

百日祝いと呼ばれることもあるお食い初めの儀式には順番や養い親などの決まりごとがあり、これらは地域によって異なりますので、両家の両親に確認してから行うとスムーズに進めやすいです。

この記事を書いたライター
小森ひなた

小森ひなた

子育てと仕事に頑張る共働き主婦です!ルンバ貯金始めました♪