赤ちゃんの中耳炎の注意点に関する記事

赤ちゃんの中耳炎の症状と原因&赤ちゃんが発するサイン

赤ちゃんの中耳炎の症状と原因&赤ちゃんが発するサイン

赤ちゃんが中耳炎になっても慌てないために、原因や症状、赤ちゃんが発するサイン、治療や予防法について知っておきましょう。

マーミーTOP  >  赤ちゃん  >  赤ちゃんの中耳炎の症状と原因&赤ちゃんが発するサイン

赤ちゃんは中耳炎になりやすい?!注意すべき症状と原因

赤ちゃんの中耳炎は、ママには見えない耳の奥で起こるため、言葉を話せない赤ちゃんがなってしまったら、気づいてあげられるのか心配になりますよね。特に、中耳炎は赤ちゃんがかかりやすく、早期発見・早期治療が大切なことから、その症状やサインを見逃さないようにしたいものです。

そんな赤ちゃんの中耳炎が心配なママは、ここで紹介する中耳炎の症状や原因のほか、赤ちゃんが発する中耳炎のサインを参考に、赤ちゃんの中耳炎について詳しくなっておきましょう。そうすることで、中耳炎の予防につながるほか、赤ちゃんが中耳炎になったときには、早めに症状に気づき、対処できるようなるはずです。

中耳炎とは?

私たちが普段、耳掃除をしている外耳道の奥に鼓膜があるのはご存知ですよね。そして、鼓膜のさらに奥に、中耳腔・耳小骨・耳管から成る「中耳」と呼ばれる部分があります。中耳炎とは、中耳がウイルスや細菌に感染して炎症が起こる病気のことをいいます。中耳炎は、生後6ヶ月から1・2歳の赤ちゃんがかかりやすく、原因によって「急性中耳炎」「慢性中耳炎」「滲出性中耳炎」の3種類に分けられます。

急性中耳炎と慢性中耳炎

急性中耳炎は、風邪やインフルエンザなどのウイルス性の病気にかかった場合などに、鼻や口からウイルスや細菌が侵入したことによって突発的に起こる炎症のことです。それに対して、急性中耳炎が3ヶ月以上治らずに、鼓膜に穴が開いた状態になると慢性中耳炎と診断されます。

滲出性中耳炎(しんしゅつせいちゅうじえん)

中耳腔で炎症が起こると、「滲出液」と呼ばれる液が染み出てきます。通常、浸出液は耳管から鼻に抜けていくのですが、耳管に問題があると、浸出液が中耳腔に溜まって滲出性中耳炎が起こるのです。滲出性中耳炎はしっかりと治療しないと、急性中耳炎を繰り返すことがあります。

赤ちゃんの中耳炎の主な症状

それでは、赤ちゃんの中耳炎にはどのような症状があるのでしょうか。中耳炎は見た目ではなかなかわかりにくいことから、ママはできるだけ症状を見逃さないようにしたいですね。

急性中耳炎・慢性中耳炎の症状

赤ちゃんの体温を計る

急性中耳炎や慢性中耳炎は、中耳に炎症が起こることで熱や痛みの症状が出ます。炎症の原因となる細菌やウイルスが体内に侵入したときに起こりやすいので、風邪をひいたり鼻や喉の病気になったりしたときには特に注意深く観察し、次のような症状を見逃さないようにしましょう。

3日以上熱が下がらない

風邪などにより薬を飲んでいるのに熱が3日経っても下がらないときは、急性中耳炎を併発している可能性があります。発熱には個人差があって、38.5度以上の高熱が下がらないときもあれば、熱が上がったり下がったりするときもあることから、熱が続くという場合は、風邪はどの感染症から中耳炎を起こしていることが疑われます。

耳の奥が痛む

中耳で炎症を起こしていると強く痛むほか、耳の下が腫れることもあります。特に、炎症がひどくなり鼓膜が破れる前が一番痛むのですが、鼓膜が破れてしまったら逆に痛みが治まることもあるため、耳を痛がっていた場合は、痛みが治まったからといって安心せず、かかりつけ医に相談してみるとよいでしょう。

耳だれが出る

炎症によって中耳が化膿して膿がたまり、膿に圧迫されて鼓膜が破れた場合、膿が耳だれとなって耳の外に出てくることがあります。寝ているときに枕や布団に膿が付くこともあるので、見逃さないよう注意しましょう。また、耳垂れによって肌荒れを起こすこともあるので、耳垂れが付着した部分はきれいに拭き取ることが大切です。

耳が詰まったような違和感

中耳炎の悪化によって、耳がつまった感じがしたり、音が聞こえにくい、耳鳴りなどの違和感があります。これは、炎症によって鼓膜が腫れたり、鼓膜に伝わった振動を音として伝える耳小骨が正常に働かなくなったりしたからで、慢性中耳炎が悪化して難聴が残る可能性もあるため、早めの治療が必要です。

滲出性中耳炎の症状

滲出性中耳炎の場合、軽い炎症によって起こるため、急性中耳炎のような発熱や痛みを伴わないことが多くあります。内耳腔に溜まった滲出液によって音が伝わりにくくなるため、音が聞こえにくい「難聴」が主な症状で、耳が詰まった感じや、耳の中でガサガサと音がすることもあります。「声をかけても反応しなくない」「耳に手をやる」という場合は十分に注意しましょう。

赤ちゃんが中耳炎になりやすい原因

実は、中耳炎は赤ちゃんに多い病気です。大人では思いもよらない、ちょっとしたことで中耳炎になってしまうこともあることから、日頃から赤ちゃんが中耳炎になりやすい原因についてしっかりと抑えておきましょう。

急性中耳炎・慢性中耳炎の原因

急性中耳炎や慢性中耳炎は、鼻の中で繁殖した細菌が、鼻と耳をつなぐ耳管を通って中耳に侵入してくることで起こります。では、なぜ赤ちゃんの耳は大人よりも細菌やウイルスに感染しやすいのでしょう。

細菌やウイルスが侵入しやすい
鼻水を出す赤ちゃん

赤ちゃんの耳管は、大人に体に比べて太くて短いほか、水平に近い状態になっています。そのため、風邪をひいた際などに、鼻から細菌が耳管を通って中耳腔に侵入しやすいことから、大人によりも中耳で炎症が起こりやすく、急性中耳炎になりやすいのです。

細菌やウイルスに対する免疫力が弱い

赤ちゃんは免疫力が低く、一度風邪をひいてしまったら、薬を服用しても大人のようにはすぐに治りません。免疫力よりもウイルスや細菌が増殖する力が強いため、体内で増えやすいのです。そのため、大人よりも中耳にまで菌が到達しやすいことから、中耳炎が起こりやすいといえます。

滲出性中耳炎の原因

炎症性の滲出液が溜まって起こる滲出性中耳炎は、急性中耳炎のような細菌やウイルス感染とは異なる原因で起こることがあります。耳に浸出液が溜まりやすくなるのには、主に次のような原因が考えられます。

急性中耳炎による粘膜の腫れ

急性中耳炎になると、中耳の粘膜が炎症を起こして腫れてしまいます。耳管も中耳の一部であるため、粘膜が腫れることで耳管の入り口を塞いでしまい、耳管の通りを悪くしてしまうのです。さらに、急性中耳炎の炎症が治まっても、中耳に残った膿が中耳の粘膜を刺激するせいで、滲出液を増やしてしまうことも滲出性中耳炎の原因になります。

鼻やのどの感染症

副鼻腔炎やアレルギー性鼻炎が原因で、鼻の粘膜が腫れることで耳管の入り口を塞いでしまい、通りが悪くなることがあります。また、風邪などの感染症によって、喉にあるリンパ組織の集まりのアデノイドや扁桃が肥大することで、耳管の入り口を塞がって通りを悪くしてしまうことがあります。

気をつけて! 赤ちゃんが発する中耳炎の3つのサイン

中耳炎の症状をママが知っていたとしても、赤ちゃんは、言葉で症状を説明できないため、気づいてあげられないこともあります。赤ちゃんが発する次のようなサインを、いつも赤ちゃんと一緒にいるママが注意深く観察することで、早期発見につながることもあるのです。

1.耳の痛みを訴える

泣く赤ちゃん

中耳炎の耳の痛みには波があるため、ずっと痛がっているというわけではありません。母乳やミルクを飲み込むときに強く痛むことから、以前よりも飲む量が減ったり、お風呂に入って血行が良くなると痛みが増すため、入浴後に激しく泣いたりすることも。また、次のようなサインも耳の痛みを訴えている可能性があるので、十分注意しましょう。

・耳を触ると嫌がる
・急に大泣きしたり泣き止んだりを繰り返す
・夜泣きがひどい
・寝つきが悪い
・機嫌が悪くグズグズ言う
・母乳やミルクの飲みが悪い

2.耳の違和感を訴える

耳の違和感は、大人でもどのように表現したら良いか分からないことがありますよね。大人が耳に水が入った時に頭を傾けたりするように、赤ちゃんも耳の調子がおかしいと、違和感を拭い去ろうとする仕草をすることがあります。次のような仕草が見られたら、何か耳に違和感があるのかもしれません。

・頭や首を振る
・耳を気にして触ろうとする

3.難聴のサイン

難聴は痛みと違って大変分かりにくいため、赤ちゃんのしぐさや反応を観察して、赤ちゃんが聞こえているのかどうか判断しなくてはいけません。さらに、片耳だけが難聴の場合と、両耳とも聞こえにくい場合とでは、赤ちゃんの反応が異なることから、次のようなサインを注意深く確認しましょう。

・声をかけても反応しない
・あやしても表情の変化が乏しい
・耳元で音を立てた際、右耳と左耳とで反応が違う

赤ちゃんの中耳炎はどんな治療をするの?

赤ちゃんの耳を診察する医師

急性中耳炎の場合は、鼻水や中耳にたまった膿を取り除くほか、痛み止めを服用するなどの対症療法を行いながら経過を観察します。鼻や喉の病気が原因となっている場合は、鼻や喉の治療も一緒に行って、病気の再発の予防もしていきます。さらに、耳だれなどの化膿の症状が見られる場合は、膿が完全になくなるまでは早くて1ヶ月かかるため、長期に渡る経過観察が必要になります。

ただし、抗生物質を服用しても炎症が治らない場合や、滲出液による難聴の症状が出ている場合には鼓膜切開手術が必要になります。「鼓膜の切開」と聞くと怖いイメージですが、鼓膜は切開しても再生することから、耳の聞こえに大きな影響を与えることはありません。

赤ちゃんが中耳炎にならないための5つの予防法

1風邪の予防と正しい鼻水ケア

内耳の細菌感染はそれ自体を予防することはできないことから、原因となる風邪などの感染症を予防することが大切です。風邪やインフルエンザの流行期には人混みを避けたり、ママやパパの手洗いやうがいを徹底しましょう。また、風邪をひいてしまった場合は、鼻水が鼻の中にたまったままにならないようにこまめに吸ってあることも必要です。

2ミルクの飲ませ方に注意する

母乳やミルクを仰向けに寝たまま飲ませることで、喉から鼻を通って耳管に入り、中耳にたまって炎症を起こすことがあります。特に、ミルクを飲んだ後にきちんとゲップをしないと、吐き戻しが耳管の方へ流れてしまうことがあるので、母乳やミルクの飲ませ方や飲ませた後の対処にも注意が必要です。

3花粉やハウスダスト対策をしっかり行う

室内の掃除が不十分で花粉やハウスダストが舞っている状態が続くと、鼻炎によって耳管の通りを悪くなり、滲出性中耳炎が起こりやすくなります。こまめに室内を掃除したり、加湿することで花粉やハウスダストをしっかり除去することで、赤ちゃんの花粉症やアレルギー性鼻炎から守ってあげましょう。

4たばこの煙に注意する

たばこの煙は、赤ちゃんの鼻の粘膜の炎症を起こしやすくするほか、細菌の侵入を防ぐ鼻や喉の線毛運動機能が邪魔されたりして、中耳炎を引き起こしてしまいます。喫煙スペースなどのたばこの煙がある場所には連れて行かない、赤ちゃんのそばで絶対にタバコを吸わない等、家族でタバコに関するルールをきちんと決めておくことが大切です。

おしゃぶりの長時間の使用は避ける

おしゃぶりを続けることで、鼻や喉に圧力がかかり耳管の空気の流れが悪くなったり、おしゃぶりから細菌に感染する可能性が高くなることから、おしゃぶりを長期にわたる使用は中耳炎を引き起こす原因となります。特に、中耳炎が治らない、慢性的に繰り返すという場合は、おしゃぶりの使用を控えることで改善につながります。

スポンサーリンク

スポンサーリンク