生理的体重減少の計算式に関する記事

生理的体重減少とは?正常値と減少率を測るための計算式

生理的体重減少とは?正常値と減少率を測るための計算式

生理的体重減少とは、新生児が生後3~5日をピークに、母乳などの栄養摂取よりも汗や胎便が多いため、一時的に体重が減る現象です。どのくらいの減少率なら大丈夫なのか、簡単な計算式もご紹介。原因や正常値を知って、不安を軽減しましょう!

マーミーTOP  >  赤ちゃん  >  生理的体重減少とは?正常値と減少率を測るための計算式

生理的体重減少とは?新生児の体重減少はどのくらいまでが正常値?

出産を終えると、いよいよ赤ちゃんとの生活がはじまりますが、子育てで一番初めの心配の種は、赤ちゃんの母乳やミルクの飲み具合です。赤ちゃんの体重の増減幅をみて、どのぐらいの量を飲めているのか確認するでしょう。

しかし、出産後すぐは、赤ちゃんの体重は減ってしまいます。あくまでも、一時的な生理現象なので、心配することはありませんが、この体重の減少が、赤ちゃんの健康バロメーターにもなってきます。この時期のことを生理的体重減少期とも呼びます。

生理的体重減少の正しい知識を得て、赤ちゃんとの生活を始めましょう。

生理的体重減少の原因

新生児に授乳している母親のイラスト

生理的体重減少とは、生後まもない赤ちゃんの体重が一時的に減少してしまうことです。

生後間もない赤ちゃんは、哺乳する力が弱く、上手に母乳やミルクを飲むことが出来ません。一方で、毎日、汗はかきますし、おしっこもします。また、この時期は、羊水の中にいたころにお腹の中にため込んでいた胎便を排出します。

汗や尿、便などにより体外に排出するものが母乳やミルクから摂取する栄養の量より上回るため、生理的体重減少が起こるのです。

生理的体重減少の正常値は?減少のピークは生後どのくらいで起こる?

一時的な生理現象とわかっていても、体重が減少してしまうのは、ママにとって、とても心配なことですよね。体重減少の正常値は、簡単に計算できますので、どのくらいの体重減少率なら大丈夫なのか知っておきましょう。

生理的体重減少は10%以下なら正常の範囲内

生理的体重減少は、適正体重で産まれた場合、最大で10%前後なら正常の範囲内です(注1)。
10%を正常値とすると、例えば、3000gで生まれた場合、300gを超える減少がなければ、正常の範囲内という計算になります。ただし、7%前後の減少が見られた場合、医師によってはなんらかの措置や指導を行う場合もあります。

新生児の体重は、重要な健康状態のパロメーターです。単に出生体重の何%減で生理的体重減少が起こるかだけでなく、減少の速度や増加に転じるタイミング、その後の体重の推移などを総合的に判断する必要がありますので、医師の指示は必ず守るようにしてください。

母乳育児と混合栄養で減少率は異なる

生理的体重減少は、完全母乳栄養の場合は6%程度、ミルクとの混合栄養の場合は3%程度というデータもあり、混合育児の方が減少率が低く、体重の増加も早いと考えられています(注2)。

生理的体重減少は低出生体重児でも避けられない

生まれたばかりの低出生体重児

また、低出生体重児でも、生理的体重減少はおこります。ただでさえ不安なママに、追い打ちをかけるようですが、生理現象ですので、受け入れるしかありません。低体重児の体重減少は、医師や看護師が細かく体重をチェックしているはずです。一時的に減ったら、少しずつ体重は増加しますから、あまり深刻に考えるのはやめましょう。

体重減少のピーク時期は生後3日~5日頃

体重減少のピークは一般的に3~5日頃で、減少が1週間間くらい続くこともありえます。その後、生後2週間以内に出生体重程度に回復する場合がほどんどです(注3)。

生後1週間ほどで赤ちゃんも上手に母乳やミルクを飲めるようになってきます。また、ママのおっぱいの出も良くなりますので、体重も徐々に増えていきます。

生理的体重減少の計算式

生理的体重減少率は、計算式で算出することができます。この式で生理的体重減少率が求めることができます。

生理的体重減少の計算式

(出生時の体重-現在の体重)÷(出生時の体重)×100=生理的体重減少率

例えば、3000gで生まれて、現在、2800gだとします。その場合は、
(3000-2800)÷3000×100=6.666…
となり、この場合は、約7%ですね。

心配なのは当たり前~出生体重より減った状態での退院

生理的体重減少は、生まれてすぐに起こります。入院中は、だいたい看護師さんが毎日体重を計ってくれますし、医師も近くにいるので安心ですよね。

ですが、最近の出産は、自然分娩なら1週間も入院しません。そのため、生理的体重減少が終わっていない状態で退院する母子も多いのです。また、生理的体重減少が終わっていても、ほとんどの赤ちゃんが出生体重に戻る前の段階、出生体重より体重が減った状態で退院することになります。

退院前に、赤ちゃんは診察を受けますし、体重の減少率は測定されているので、問題はないはずです。ただ、家に連れ帰るママは、まだ母乳の分泌も落ち着いていませんし、不安を感じるのは、無理のないことかもしれませんね。

こあちゃんママ
20代

看護師さんは大丈夫と言ってたけど不安で…

初めての出産は、本当に何がなんだかわからないまま始まりました。赤ちゃんの体重が減っていると知り、なんだか焦ってしまいました。新生児はそういうものと看護師さんは説明してくれたのですが、「それにしても減り過ぎじゃない?やっぱりおっぱいがでてないから?」と、今思うと、すごいネガティブになっていたと思います。

予定通り退院となりましたが、体重は出生体重より小さかったです。「自宅に帰ってから、これ以上減ったら…」と心配だったのですが、看護師さんは「昨日と今日の体重の差が10g程度で、体重減少はほとんど終わっている」と言っていました。

その後、母乳の分泌が落ち着くまで、母乳外来に通いました。やはり心配だったのでミルクも足したりしました。1ヶ月健診では、1キロには届きませんが、800gは増えていたので、ホッとしています。

生理的体重減少もあり、退院後、自宅での赤ちゃんの体重の増加が気になるママも多いでしょう。グラム単位で測定できるベビースケールがあれば、安心材料になるのですが、ベビースケールはない家も多く、買うにしてもやや高価です。

ベビースケールで体重を測られている新生児

買わずに済ませるなら、方法は2つ。1つは、レンタルすること。もう1つは、ベビースケールが置いてある公共施設やベビー用品店で測定すること。ただし、原則、新生児の間はおでかけを控えた方がいいので、どうしても測りたいときは、人込みを避けて、さっと測りましょう。

1ヶ月健診までは自宅でベビースケールをレンタル。1ヶ月健診を終えたら、不安も軽減されるでしょうから、時々、施設に測りに行くという方法もおすすめです。

ベビースケールはこんな場所にも置いてある!

  • 保健所などの公共施設
  • 地域の子育てセンター
  • デパートの授乳室

生理的体重減少はいつ終わる?その後の赤ちゃんの体重増加

生理的体重減少のピークは、3~5日です。そして、だいたい1週間頃には落ち着き、その後、体重が少しずつ増えていきます。

新生児の理想的な体重増加の目安は1日平均25~30gで、1か月健診までには出生体重+1キロ程度の増加があるのが一般的です(注4)。ただし、母乳の子は、ミルクの子に比べると、体重増加が緩やかな傾向にあります。

生理的体重減少の要注意な症状

1週間が過ぎても生理的体重減少が続く場合は要注意です。ミルクや母乳が足りていないか、病気が隠れているかもしれません。足りていないと、低栄養になり、発育に問題がでてしまうこともあります。

生理的体重減少が10%以上

母親から哺乳瓶でミルクを飲ませてもらっている母親

生理的体重減少が10%を超えてしまった場合、母乳だと、おっぱいが出ておらず、赤ちゃんが飲めていない可能性も考えられます。日本助産師会でも、母乳育児で生理的体重減少が7%以上の場合は、赤ちゃんのママ両方のケアを行い、対策を行うように促していますので(注5)、母乳育児にこだわり、自己判断で10%まで様子を見ることはやめましょう。

もっと早い段階で、体重減少の原因が明らかに母乳不足だと思うのなら、ミルクを足す、病院を受診するなどの対処をしてください。十分な栄養を与えているにも関わらず体重の減少が続くようなら、赤ちゃんの病気なども考えられますので、やはり病院を受診する必要があります。

体重が戻らず、減り続ける

体重が減り続ける原因の一つに、「黄疸」があります。黄疸は、肌や目が黄色く見える症状で、新生児の場合、生後1~2週間頃に見られることがあります。黄疸が強いと、赤ちゃんは体がだるく、おっぱいやミルクも思うように飲めず、寝て過ごすことが多くなります。

もう一つ、考えられるのがヒルシュスプルング病です。これは、先天性の病気で、普通、腸管には、神経節細胞というのがあるのですが、この細胞が、何らかの原因で発達せずに生まれてしまい、体に様々な影響を与えます(注6)。

新生児から乳児にかけて起こりやすく、お腹が張れ上がっていたり、よく吐いたりすると、もしかしたらこのヒルシュスプルング病かもしれません。便秘になったり、腸閉塞を起こしますので、病院へ行きましょう。

生理的体重減少がまったく見られない

出生後、新生児の体重がまったく減少しないのも問題です。内臓や腎機能などの病気や異常を疑う必要がありますので、体重が減らない場合は、きちんと尿や便が出ているかなど確認してみましょう。

生理的体重減少は正しい知識で乗り越えよう

赤ちゃんとスキンシップをとってるママ

新生児期の生理的体重減少は、どんな赤ちゃんにも起こることです。逆に、体重減少がおこらないと、病気を心配しなくてはなりません。正しい知識を身に着けて、過度に怖がらないようにしましょうね。

赤ちゃんに、母乳やミルクを与えたりすることは、本当に幸せなスキンシップの時間です。体重が増えることで、成長の喜びを感じることが出来ると思います。新生児は、夜中も母乳やミルクをあげなければいけないので、体力的にはしんどくなるかもしれませんが、赤ちゃんの成長していく姿で癒されてください。また、ママだから分かる赤ちゃんの変化も見てあげてくださいね。

スポンサーリンク

おすすめコンテンツ