赤ちゃんのでべそへの対処法に関する記事

【赤ちゃんのでべそ】原因や治療法と臍帯ヘルニアとの違い

【赤ちゃんのでべそ】原因や治療法と臍帯ヘルニアとの違い

赤ちゃんのでべそは、そのまま放っておいても大丈夫なの?でべその日常生活での対処法や、治療のタイミングや治療法について解説します。

マーミーTOP  >  赤ちゃん  >  【赤ちゃんのでべそ】原因や治療法と臍帯ヘルニアとの違い

赤ちゃんのでべその治し方~臍ヘルニアの手術とは?

育児にもだんだん慣れてきておむつ替えもスムーズにできるようになった…と思ったら、おむつ替えのときに赤ちゃんのおへそが飛び出ているのを見てびっくり仰天してしまったママもいるでしょう。おそらくは「でべそ」に抱いていたイメージの上を行くパンパンに膨らんだでべそを見てしまうと…不安になってしまいますよね。

ここでは、赤ちゃんが「でべそ」になったときの対処法や病院での治療法、でべそと似ている臍帯ヘルニアとの違いについて、詳しくみていきましょう。でべそは、赤ちゃん健康を害するものではないし、治療を急ぐものでもないので、ママはでべそに対する正しい知識を持って、慌てずに対処していきましょう。

赤ちゃんがでべそになる原因

でべそとは一体何だろう?

泣いている赤ちゃん

「でべそ」は知っての通りに、おへそがポコッと外に飛び出ている状態のことであり、医学的用語では「臍(さい)ヘルニア」とも言われます。赤ちゃんの5人に1人の割合で「でべそ」になってしまうとも言われていて、そう考えると「でべそ」の赤ちゃんは意外と多いと言えますよね。おへそがポコッと出てしまうのは、へその緒が付いていた臍輪(さいりん)というお腹のつなぎ目の筋肉の部分が、通常はうまく塞がるはずが完全には塞がらなかったことでおこってしまいます。

臍輪が塞がっていない状態で、「いきんだり」「泣いたり」してお腹に強い力が加わってしまうと、腸がその塞がっていない部分から飛び出してしまい、でべそが出来上がります。知らなかったママも多かったと思いますが、でべそは腸の一部がはみ出ている状態です。へその緒が付いている間には、もちろんでべその症状は出ないのですが、へその緒が取れてから生後1ヶ月までの間に、何かしらの強い力がお腹に加わってしまうと発症することが多いです。

でべその原因

「出産後のへその緒の処置法が悪くてでべそになった!」というのは真っ赤なウソです。でべそになる原因は明確には定まってはいません。でべそとなって飛び出している部分は腸であるので、「ぶつかったり圧迫したりしても大丈夫なの?」と気になってしまうママもいるらしゃると思いますが、健康にはそれほど害はありません。

放っておくと治ることも・・・

でべそは生後3ヶ月頃までに徐々に大きくなっていくこともあり、直径4センチくらいのサイズの大きさになることもあります。それくらいのサイズとなってしまうと、お腹の上にピンポン玉がのっているようで「このまま放っておいて大丈夫⁉」と不安になりますが、成長と共に腹筋が発達することで、2歳になるまでにほとんどの赤ちゃんが、自然に臍輪が塞がり、治っていきます。

赤ちゃんがでべそになったときの対処法

おむつをしている赤ちゃん

でべそは自然に治っていくことがほとんどですが、子育てをする日々の中でママは「でべそに何か当たっても大丈夫?」「お臍が出ないように泣かせてはだめ?」などと、気になることもあると思います。そこで、赤ちゃんがでべそになったら、どのようなことに気をつければ良いのかみていきましょう。

おへそをひっかけてケガをしないようにする

おへそが出ていると、赤ちゃんが動くときに何かにひっかけてしまってケガをする可能性もあります。でべそは手で押すと簡単に凹むので、凹ませた状態でおむつをあて、物にひっかけたり当たったりしないように気をつけましょう。興味本位ででべそを触りたがる赤ちゃんもいるので、なるべく露出させないようにしましょう。

でべそを気にし過ぎないようにする

「私のへその緒の処置が悪かったのかも…」「泣いたらお臍が出るから泣かせてはいけない…」など、赤ちゃんのでべそを気にし過ぎてしまうとストレスが余計にたまってしまいます。でべそは病気ではない、いつかは治るものだと信じて大らかな気持ちでいましょう。

赤ちゃんのでべその2つの治療法

でべそがあることで、「赤ちゃん発育に影響を与えたり」「健康状態に悪影響を与える」ことは、ほとんどありませんが、自然に治るとはいっても、へそが大きく膨らんだことの影響を受けていた周りの部分の皮がたるむなどして、見た目が悪くなってしまうこともあります。

思春期になるとそのようなおへそを気にする女の子もいるので、早めに産科医などに相談し、そういった治療に慣れている小児科を紹介してもらいましょう。そうすると、圧迫療法などの治療法が選択されます。

圧迫療法

絆創膏

圧迫療法ではテープのようなもので「でべそ」を押し戻して、その経過を観察しながら行う治療法です。圧迫療法は「でべそ」そのものを治すのではなく、でべその周りの皮膚がたるんで、見た目が悪くなるのを極力防ぐために行う治療法です。

この治療法をおこなえば、成長と共に臍輪が自然に塞がって、でべそが治ったときに周りの皮膚が影響をうけてたるんでしまって、見た目が悪くなるのを防ぐことができます。

圧迫療法のより詳しい治療法は、医療用のスポンジや綿球を臍にあて、大きなテープのようなテガダームを上から貼って臍を圧迫します。ママでも簡単に交換でき、3日に1回交換することが望ましいです。テガダームは防水なので、付けたままお風呂に入ることもできるため、普段と変わらない生活をしても大丈夫ですよ。

おばあちゃん世代は「十円玉を絆創膏でお臍に貼りつけたらでべそが治る!」と驚きの治療法を主張することもありますが、圧迫できれば何でも良いわけではなく、赤ちゃんの肌はデリケートなので十円玉で肌がかぶれることもあり、衛生面も考えると、そのようなお婆ちゃんの知恵袋的な発想にたよるのはリスクがあります。圧迫療法は必ず医師の管理の下でおこないましょう。

外科手術

外科手術では臍輪が塞がらずに隙間が出来ている部分を閉じる処置をします。手術とはいっても、最近の医療技術では入院なしの日帰り手術も可能であり、手術の傷は臍の中だけという体への負担が少なくなる手術法もあります。

手術によるリスクはほとんどありませんが、「傷が残ってしまうこと」や「傷口から感染しまうこと」があります。特に小さい子は傷口を触らないようにママが注意していなければなりません。術後の痛みはありますが、我慢できないほどの強い痛みではなく、2,3日で治まる痛みなので心配ありません。

赤ちゃんのでべその治療はいつがベスト?

圧迫療法は、2歳になるまでのなるべく早いうちから始めた方が、その効果が期待できます。医師の治療方針によっては、1歳までは様子を見ることがあります。「ハイハイ」や「つかまり立ち」をすることで腹筋がついてきて、臍輪が塞がることもあるからです。2歳を過ぎていくと、でべそが自然に治ることはあまり期待できないので、外科手術を選択してしまうことが多くなります。

でべその治療費は保険適用内?

保険証

でべそは病気ではないなら保険適用外なの?と思いきや、でべそによって「臍ヘルニア嵌頓(かんとん)」という腸が出ている部分が、おへその穴にはまり込むという症状があらわれる病気が生じてしまう可能性があるため、でべその治療には健康保険が適用されます。でべそは赤ちゃんだけでなく、妊娠などをきっかけとして、おとなでもでべそになるケースがあります。ですから、妊娠中のママは注意が必要です。

けれど、大人になってから治療をしようとしても、「臍突出症」という保険適用外の病気になってしまいます。小児であれば、同じような症状であると臍突出症ではなく臍ヘルニアと診断されるため、乳幼児医療で医療費が無料になる自治体も多いため、費用のかかる外科手術の場合は小児のうちに行うことが望ましいでしょう。

似ているようで全く違う!臍ヘルニアと臍帯ヘルニアの違いとは

臍帯ヘルニアとは、へその緒の中に腸管や肝臓などの臓器が突出した状態であらわれてしまう病状で、生まれたときからへその緒が大きく膨れているため、見た目から容易に診断できます。赤ちゃんがママのお腹の中にいる妊娠3~4週目には、胎児のお腹の壁が形成されますが、出生する前に胎児のお腹の壁に穴が開いてしまってしまうことで起こる、先天的な原因によっておこるのが「臍帯ヘルニア」です。

「臍ヘルニア」と「臍帯ヘルニア」との大きな違いは、臍ヘルニアはへその緒が取れて数日経ってから起こるものですが、臍帯ヘルニアは胎児の頃からその症状が現れてしまいます。さらに、治療に関しても「臍ヘルニア」は1歳から2歳頃までは経過観察が一般的ですが、臍帯ヘルニアは臓器に支障があるため早期の治療が必要となります。

臍ヘルニアと臍帯ヘルニアの違い

  • 臍帯ヘルニアは妊娠中から症状が現れ、臍ヘルニアは生後1ヶ月頃から現れます。
  • 臍帯ヘルニアはお腹の壁に穴が開いていて、そこから腸管や肝臓などの臓器が出ているのに対し、臍ヘルニアは臍輪の穴から腸が出ている状態であります。
  • 臍帯ヘルニアは出生後すぐ治療(手術)を行うが、臍ヘルニアは経過観察が一般的であります。

赤ちゃんが臍帯ヘルニアになったら

妊娠中のエコー検査でも赤ちゃんの臍帯ヘルニアは確認できます。もしも、赤ちゃんが臍帯ヘルニアだと診断されたら、新生児科や小児外科など臍帯ヘルニア患者を受け入れる環境の整った大きな病院で出産することが望ましいです。臍帯ヘルニアにより、突出している臓器を覆っている膜が破れてしてしまえば、生後すぐにでも手術をおこなうこともあります。

最悪の場合は手術を受けることも

手術では、突出した臓器をお腹の中におさめ、お腹の壁に開いた穴を塞ぎます。突出した臓器の種類や大きさ、お腹の壁の穴の大きさによって手術の難易度も異なり、万全を期して数回に分けて手術をおこなうこともあります。もしも、出生時に心臓病も患っていて、体力的に手術に耐えられない状態であれば、1歳を過ぎた頃に身体が大きくなってから手術をおこないます。

スポンサーリンク

おすすめコンテンツ