新生児の吐き戻し原因と対策に関する記事

新生児の吐き戻し~赤ちゃんが母乳/ミルクを吐く原因とは

新生児の吐き戻し~赤ちゃんが母乳/ミルクを吐く原因とは

新生児が吐き戻ししやすい理由、ゲップの対応、吐き戻しの防止法やグッズ、吐き戻すとき疑われる病気についてみていきましょう。

マーミーTOP  >  赤ちゃん  >  新生児の吐き戻し~赤ちゃんが母乳/ミルクを吐く原因とは

新生児の吐き戻ししやすいのはなぜ?吐き戻しの注意点&防止策

新生児を可愛がっているお母さん

新生児の赤ちゃんは、吐き戻しが多いと言われていますが、新米ママにはその吐き戻しが心配ないものなのか、病気のサインであるのか見分けができずに、不安でたまらなくなることも少なくありません。

それに、せっかく授乳しても直後に吐かれると脱力してしまうし、後始末も大変なので、心が折れそうになってしまいますよね。

ここでは、新生児が吐き戻しやすい理由やその対策、吐き戻しのある病気について知り、ママの不安を解消していきましょう。初めての子育てで不安なことも多いでしょうが、病気との見分けができるようになって、「新生児はよく吐いて当たり前!」と思えると、穏やかな気持ちで赤ちゃんの成長を見守っていけることでしょう。

新生児に吐き戻しが多い3つの理由

吐いてしまうようなことがあると、大人なら何かの病気では?と疑いますが、新生児の赤ちゃんが吐きやすいのには、体が未発達であることや、大人と違う特質が理由になっているのです。口から吐くのと同様に、鼻からミルクを出してしまうこともあります。ここでは、新生児に吐き戻しが多い、3つの理由についてみていきましょう。

1ゲップと一緒に吐いてしまう

新生児にゲップをさせるお母さん

新生児の赤ちゃんは、ミルクや母乳を上手に飲むことができずに、大量の空気もいっしょに飲み込んでしまっています

そのために、授乳後にゲップをさせなければならないことはご存知でしょうが、ゲップがきちんとできていないと、後から吐いたり、ゲップをする拍子に吐いてしまったりするのです。

2飲んだ母乳やミルクが逆流しやすい

赤ちゃんの胃は未発達だから、消化能力も低く、吐き戻ししやすいのでは…と思いがちですが、実は、赤ちゃんが吐き戻しやすいのは、消化能力の問題ではなく、胃の構造によるものなのです。

赤ちゃんの胃は、真っすぐな徳利のような形になっていて、大人のように入り口が締まっていません。なので、少しの刺激や咳などでも飲んだものが逆流してしまうのです。

3母乳やミルクの飲み過ぎ

赤ちゃんと大量のミルクのイラスト

赤ちゃんは、満腹中枢が発達しておらず、満腹を感じないため飲める分だけ飲んでしまうので、母乳やミルクを飲み過ぎてしまうことがあるのです。

飲み過ぎた母乳やミルクは、胃に収まりきらずに吐き戻してしまいます。つまり、吐いた分は必要ない分であるので、赤ちゃんの健康には害もなく、心配しなくても大丈夫なのです。

新生児の吐き戻し対策

新生児の赤ちゃんが吐き戻ししやすいのは、その体質が原因であることが分かりましたが、授乳のときや授乳後に少し気をつけるだけで、吐き戻しを防止することができるのです。吐き戻しが心配のないものであったとしても、不安な気持ちは募るし、衣類やシーツなどの後処理も大変なので、少しでも吐き戻しを軽減させたいですよね。

吐いた直後に母乳やミルクを飲ませない

病気で吐いたのではないにしろ、吐くことは胃に負担がかかることであるし、母乳やミルクを飲み過ぎている可能性も高いので、吐き戻した後はしばらく様子を見るようにして、すぐには母乳やミルクを飲ませないようにしましょう。しばらく経って、赤ちゃんが欲しがるようなら再度授乳してみましょう。

ゲップをせかさない

ミルクを飲み終わってゲップをした赤ちゃんのイラスト

ミルクや母乳といっしょに空気も飲み込んでしまうことの多い赤ちゃんには、授乳中に数回ゲップさせると良いのですが、ゲップをせかしてしまうと逆効果です。

赤ちゃんの筋肉は未発達であるので、ゲップをさせるために刺激を与えると吐き戻ししてしまいます。ゆっくりと、赤ちゃんのペースでゲップが出るように促していきたいですね。

すぐに横にしない

赤ちゃんの胃は、飲んだものが逆流しやすい構造になっているので、重力を利用して、胃の中にすんなり収まる姿勢でいることが大切です。新生児を縦抱きで授乳したり、授乳後はしばらく縦抱っこで様子をみたりすると、吐き戻しを防ぐことができるのです。

タオルなどを赤ちゃんの口元にあてておくと、吐き戻しをキャッチして、洗濯物も増やしません。家事などでどうしても手が離せずに赤ちゃんを横にする場合には、右側を下にして横にするようにします。

それは、胃から腸への出口の部分が右側にあるため、右側を下にすることで母乳やミルクの消化をスムーズにおこない、吐き戻しを防ぐことができるからなのです。

吐き戻し防止枕のおすすめ4選

吐き戻しをさせないように気をつけようと思っていても、四六時中赤ちゃんを見張っているのでは、ママも気が休まりません。そこで、吐き戻しを防止する枕やベッドなど、吐き戻し対策におすすめのアイテムを紹介しましょう。吐き戻しを防止するだけでなく、赤ちゃんの安眠も守ってくれるアイテムばかりですよ。

肌に優しいごきげんスリーピングピロー

肌に優しいごきげんスリーピングピロー

赤すぐnet

 3000円 + 税

寝るのに心地よい10度の傾斜がついた枕で、頭が高くなる分吐き戻しを防ぐ他、鼻づまりによる寝苦しさも緩和します。綿素材のカバーで、汗をかいても乾きやすく、サラサラの状態をキープします。カバーの柄は何種類もあり、取り外して洗うことができます。

http://akasugu.fcart.jp/g0LXC563101/

赤ちゃん用 ハンズフリーのミルク吐き戻し防止枕

赤ちゃん用 ハンズフリーのミルク吐き戻し防止枕

ハンドメイドマーケットminnne(ミンネ)

 8600円 + 税

赤ちゃんが自分でミルクを飲むことができる、乳幼児用のミルク飲み枕です。この枕によって頭が高い位置になるので、吐き戻しを防ぎ、ミルクが飲みやすくなります。一つ一つ手作りのオーガニックコットンは、手触りが気持ちよく、赤ちゃんがそのまま寝てしまうこともあるくらいです。

https://minne.com/items/2338153

Cカーブ授乳ベッド おやすみたまご

Cカーブ授乳ベッド おやすみたまご

スマイルケアジャパン社

12800 円 + 税

赤ちゃん情報雑誌「ひよこクラブ」にも掲載され、寝かしつけの「神アイテム」とまで言われた商品。クッション内部にはポリスチレンビーズが入っていて、赤ちゃんの重みで自然にCカーブを再現し、お腹の中にいたときのような無重力状態を作り出し、赤ちゃんの快眠を誘います。Cカーブは、背中を伸ばしている状態よりも酸素が体内に入りやすく楽な姿勢であるので、吐き戻しも予防できます。

http://www.scjgold.com/oyasumitamago.html

ロングランピロー(吐き戻し防止ベビー枕)

ロングランピロー(吐き戻し防止ベビー枕)

べべシャンブル

 2777円 + 税

吐き戻し効果のある頭を高くする枕を、より快適にフィットするように作られたもの。枕の中の高反発ウレタンフォームが出し入れ可能だったり、中綿の調節ができたりすることによって、赤ちゃんからキッズ世代まで、長い期間使用できます。カバーも数種類あり、洗い替えができるうえ、枕本体も洗濯機で丸洗いが可能なので、清潔に保てます。

新生児のこんな吐き戻しは要注意

新生児の吐き戻しは、ほとんどの場合は生理現象のようなもので心配ないのですが、病気である可能性もないとは言い切れないので、その兆候を見逃してはいけません。ここでは、病気との見極めができるように、どのような吐き戻しに注意すればいいのかみていきましょう。

吐いたミルクに血液が混じっている

吐いたミルクや母乳に血液が混じっていると、ママはびっくりしてしまいますが、血液が混じっているのは、次のようなことが原因であると考えられます。

吐いたミルクや母乳に血液が混じる原因

  • ママの乳首から出血している
  • 血液凝固障害
  • 胃粘膜や潰瘍からの出血

ママの乳首から出血したものを飲んで吐いたのであれば問題はありませんが、吐き戻しの際の出血量が多い場合は、血液凝固障害や胃からの出血などの可能性があります。赤ちゃんに元気がなく、何度も血が混じるなど異常を感じる場合は、かかりつけ医を受診するようにしましょう。

お腹がものすごく張っている

病院で医者の診察を受けているママの膝に乗った赤ちゃん

母乳やミルクを吐く症状に加え、お腹が張っていたり、一日中機嫌が悪かったりする場合は、胃軸捻転症(いじくねんてんしょう)が疑われます

胃軸捻転症の赤ちゃんはゲップが苦手で、おならが何度も出ることがあるので、このような症状がみられる場合は、一度かかりつけ医を受診するようにしましょう。

飲んだミルクを大量に吐く

飲んだミルクを噴水状に吐く場合は、肥厚性幽門狭窄症(ひこうせいゆうもんきょうさくしょう)が疑われます。肥厚性幽門狭窄症によって、胃の出口にある幽門筋が通常よりも分厚くなっているため、飲んだミルクや母乳が、十二指腸に運ばれずに胃に留まってしまうので、溜まった分を大量に吐き出してしまうのです。

吐くと空腹になるので、赤ちゃんはまたすぐにミルクや母乳を欲しがってしまい、食欲があり元気であると勘違いしてしまうことも!

しかし、肥厚性幽門狭窄症は、治療が遅れると体重が増えなかったり、体液がアルカリ性に傾いたりすることがあるので、赤ちゃんが何度も大量に吐く場合は、早めにかかりつけ医を受診するようにしましょう。

スポンサーリンク

スポンサーリンク