赤ちゃんの快適な室温に関する記事

【赤ちゃんの室温】夏と冬も熱中症を防げる適温の調整方法

【赤ちゃんの室温】夏と冬も熱中症を防げる適温の調整方法

赤ちゃんの室温は何度くらいが良いの?夏と冬とで違う快適温度やエアコン利用の際の設定温度と注意点を徹底解説します。

マーミーTOP  >  赤ちゃん  >  【赤ちゃんの室温】夏と冬も熱中症を防げる適温の調整方法

赤ちゃんの室温は何度がベスト?季節別の設定温度

赤ちゃんの身体機能はまだ未熟で、体温の調整機能もまだ十分とは言えません。部屋の温度が、少し寒かったり暑かったりするだけでも、その事が影響してしまって、体調が悪くなってしまう事もあります。そんな時でも、赤ちゃんは声に出して「寒い」「暑い」と、その思いをうまく言葉で伝える事はできないため、ママは赤ちゃんの些細な動作などにも気を配り、赤ちゃんにとっての過ごしやすい「室温」にできるだけ近づけてあげましょう。

赤ちゃんの温度感覚は、大人とその感覚が微妙に違うことから、ママが寒いと思っていても、赤ちゃんにとってはその
「室温」がちょうど良かったりする事もあり、ママが暑ければ赤ちゃんも暑いと単純に考えて室温を調節すると、赤ちゃんにとっては、不快な室温となってしまう事もあります。

ここでは、「どれくらいの室温が赤ちゃんにとってベスト!」なのか、季節によっても変わってくるその事情について詳しくみていきましょう。

赤ちゃんの体温調節には注意しよう!

泣きそうな赤ちゃん

赤ちゃんは、体が小さいため室温の変化の影響をママ達よりも受けやすくて、すぐに体温が上がったり・下がったりしてしまいます。また、体の中での体温の調整機能がまだうまく働かないため、室温に過剰に反応してしまう事もありあって、赤ちゃんの体温の変化には注意をしましょう。

大人と比べて体温調節が下手

赤ちゃんの体温調節機能は、新生児~1歳になるまでの間に徐々に備わっていくものです。1歳を過ぎていくまでの間は、体温調節機能はまだまだ未熟で、気温の上がり下がりによって体温も変化してしまいます。室温が暑過ぎると、身体に熱がこもって体温がグングンと上がってしまったり、逆に寒過ぎると低体温になってしまう事もあり、赤ちゃんがよく過ごすお部屋の室内の温度には特に気をつけていきましょう。

赤ちゃんの体温は変動しやすい

赤ちゃんの体温は健康な状態でも一日の中では変化しやすくて、寝ている時、授乳している時、遊んだ後などで体温を測定してみるとその「体温」は変わってきます。エアコンなどで室温を一定にしていても、温度の微妙な変化であっても、その影響を受けやすい、赤ちゃんの体感温度は変わってきますので、「大丈夫!」だとは油断しないで、赤ちゃんの様子をこまめに観察しましょう。赤ちゃんの体温が平熱並みかを判断する際には、お腹や背中を触ってみると良いですよ。

お腹や背中が汗ばんでいたら赤ちゃんにとっては「暑い!」と感じていて、逆にお腹や背中が冷えていたら「寒い!」と感じています。

靴下やミトンは長い時間は履かせない方が良い

ミトンをつけてる赤ちゃん

赤ちゃんの手足を触ってみたら、びっくりするくらい冷たかったことってありませんか?特に寒い季節に布団から出している手があまりにも冷たいと、ママは心配になってしまいますよね。そこで「ミトン」や「靴下」を履かせて温めようとしてしまいますが、その行動は実はNGです。

赤ちゃんにとって自分の手足は、温度センサーの役目もになっています。温度が高い時には手足から熱を放出し、寒い時は手足の血管を収縮させ、温かい血液を身体の中心に集め、体の臓器を冷やさないようにさせる体のメカニズムが働きます。なので、靴下やミトンで手足を長い時間覆ってしまうと、温度センサーが上手く働かずに赤ちゃんの体温調節機能を邪魔してしまうこともあります。

「靴下」や「ミトン」は保温効果が高くて、赤ちゃんを怪我からも守ってくれる優れた商品ですが、長い時間それらを着用し続けると、赤ちゃんの温度センサーを鈍らせてしまうことあり、長時間の使用は控えるようにしましょう。

赤ちゃんが過ごす部屋の適温とは

赤ちゃんが過ごす部屋の適温は、季節によっても変化していき、夏は25~28度、冬は18~22度くらいが赤ちゃんにとっての過ごしやすい室温となります。赤ちゃんは体温調節が全くできないわけではなく、成長と共に少しずつその機能が備わっていくのですが、1歳以下の赤ちゃんだと「身ぶるいするような寒さ」や「サウナ内のような蒸し暑さ」の下では、大人より過敏に反応し、体にこたえてしまうため、室温をうまく調整しましょう。

夏の室温の注意点

猛暑日

体温調節機能が整っている大人でも、「真夏日」や「猛暑日」などの厳しい夏の暑い1日には、多くの方々が熱中症や脱水症状に見まわれてしまいます。暑くなっても、自分で服を脱いだり、自分で冷たい飲み物を飲めない、赤ちゃんを熱中症にさせないためにも、ママは夏の室温には特に注意しましょう。

冷房の設定温度

赤ちゃんが過ごす室内の温度をエアコンなどの冷房器具で調整するとき、その設定温度は26~28度くらいが適切です。大人であれば動くと汗ばむくらいの室温ですが、赤ちゃんは1日のほとんどを寝て過ごしているため、寝心地のよい26~28度が適切でしょう。夏場は湿度も高くなり体感温度も上がるため、その対策としてエアコンの除湿機能を利用してみると良いかもしれませんね。

夏の季節の強い味方 ~ 冷房のこんなところには注意!

赤ちゃんを熱中症にさせない為に、ママはどうしても「暑くないのかなぁ~」ばかりを気にしますが、冷房を長時間使用するような夏場では、赤ちゃんの身体が冷えすぎないようにすることにも注意しなければなりません。同じ冷房環境下でも、大人の身体の半分以下である赤ちゃんは、体から熱が奪われるのも、大人よりも早く身体が冷えてしまいます。

冷気が直接当たらないようにする

エアコンから出る冷気が直接赤ちゃんに当たってしまうと、赤ちゃんの身体から熱がたくさん奪われてしまい、身体が冷えてしまいます。夏場の暑い季節に、赤ちゃんの体が冷えしまうなんて夢にも思わなかったかもしれませんが、室温を下げるためにエアコンから出てきた冷たい風が、赤ちゃんにダイレクトに向かってしまったら、室温が下がるのではなくて、赤ちゃんの体温が下がってしまいますよね。

ですから、エアコンを使用する際には風向きにも気をつけて、赤ちゃんの寝どころに冷たい風が直接当たらないように注意しましょう。

扇風機で空気が循環するようにする
扇風機をつけた室内

冷房を使って室温を調整しても、部屋の「天井部分」と「床の部分」とではその温度が変わってきます。あたたかい空気が上の方にたまる性質があって、赤ちゃんが寝ている床の方には冷たい空気がたまりやすいという性質があり、エアコンの設定温度よりも、赤ちゃんの寝どころの温度は低くなってしまいます。そこで、その偏りがある空気の層を循環させるために、扇風機の風を「温かい空気の層」に送りこみましょう。そうすると、上の方にたまっていた「温かい空気」が下の方にも流れてきます。室温計は、赤ちゃんのそばの室温をピンポイントにリサーチするために赤ちゃんの寝どころのそばに置いておきましょう。

自動タイマー機能を見逃さないで!

エアコンを使用しているという安心感から、つい見落としがちなのは、エアコンのタイマー機能です。知らないうちにエアコンの電源が切れてしまうと、窓やドアも閉めたままの密閉された室内では一気に室温が上がってしまい、蒸し風呂状態になってしまって、その状態が続いてしまうと、赤ちゃんが熱中症などになってしまうリスクが高まってしまいます。エアコンの電源をタイマー機能でオフにする時には、必ず電源がオフになる「時間」をきちんとチェックしておきましょう。

外との気温差を5度以内にとどめる

冷房で快適な室温の中で過ごしていたとしても、外の「気温」と「室温」との温度差が5度以上になると、その差がありすぎる「温度差」に、体をうまく合わせる事が出来ずに、大きな負担がかかってしまい、その事が原因となり体調のバランスを崩してしまう事もあります。猛暑日には、気温差を5度以内にとどめる事は難しいかもしれないために、エアコンの設定温度はその上限である28度くらいにすることや、外に出る時間帯は調整できるのなら、午前中や夕方にするようにして、気温差をより感じにくいようにしましょう。

冬の室温の注意点

夏に比べると、どうしても注意力が散漫しやすい、暖房器具を使った冬場の室温設定ですが、使い方を注意しないと乾燥状態を好む「細菌」や「ウィルス」を元気にしてしまって、風邪などにかかりやすいお部屋の環境になってしまいます。お部屋の室温などを「ウィルス」が好みにくい温度設定などにするために、注意をしましょう。

暖房の設定温度

冬に暖房を使用するときの設定温度は20~23度くらいが適切です。赤ちゃんは皮下脂肪が少なく、体温の調節がまだ得意ではないため、その調整できる幅も限られていて、極端に気温の低い環境では低体温になってしまいます。しかし寒さばかりを気にして室内をあたため過ぎてしまうと、大人よりも体温が上がりやすい赤ちゃんにとっては「暑い!」と感じてしまう事もあります。

冬の暖房のこんなところに注意!

厚着して寝てる赤ちゃん

冬の寒さ対策は、エアコンを使用すること以外でも、衣類を一枚多く着せたり、布団を増やしたりすることでも調整できます。寒さを気にし過ぎてしまうと、その不安感からどうしてもわが子を、あたため過ぎでしまう事もあるかもしれません。「エアコン」や「衣類」や「布団」などのバランスよく考えて、冬の季節も赤ちゃんに快適な室温で過ごさせてあげましょう。

空気が乾燥し過ぎないようにする

エアコンを使用すると、温かい空気がエアコンから送られた分、空気中の水分の量が減少してしまって、どうしても空気が乾燥してしまいますが、冬場はもともと空気が乾燥している状態なので、特に注意しなければなりません。湿度は40~60%に保つことが理想で、乾燥した空気は「細菌」や「ウィルス」が好む状況で、その動きを「活発化」させます。そうなると、赤ちゃんがそれらの「ウィルス」などに感染してしまって風邪などにかかりやすくなってしまいます。

お部屋の乾燥対策としては、濡れたバスタオルを室内に干すだけでも部屋の湿度はアップして乾燥を防ぐ事ができますよ。

厚着させた状態で暖房を使用しない

赤ちゃんに風邪をひかせないようにと、厚着をさせてしまうママの気持ちもわかりますが、厚着をさせたままだの状態で室温を調整しようとしたら、かえって身体に熱がこもってしまって、寒い時期なのにのぼせてしまう事もあります。

赤ちゃんの体は小さくて、熱が加わったらすぐに温まってしまいます。厚着をしている事と、エアコンを使った電気エネルギーで室温をあげた事の相乗効果で、冬の季節でも赤ちゃんにとっては、のぼせてしまうほど体温となってしまうこともあり、室温を上げる時には厚着をさせていないかどうかについて注意しましょう。

厚着をして、温まりすぎた体を冷やすために、多くの汗が赤ちゃんの体から流れでてしまいます。その汗は、今度は赤ちゃんの体を冷やすぎてしまって、体が冷えた事が影響して、風邪をひいてしまうケースも考えられます。

就寝前や就寝中は暖房をオフにする
ベビーベッドで寝てる赤ちゃん

ママも経験あると思いますが「体があたたまり過ぎると寝つけない事ってありますよね?」人の体の睡眠リズムにも、関わる化学物質は、体温が下がってくると、より多く放出される側面があって、部屋の温度が蒸し暑くて体温が高かったりすると、眠気につながる化学物質がなかなか放出されなかったりします。

睡眠は人の「精神状態」や「健康状態」を保つ意味においても大切です。なかなか寝付けない蒸し暑い日々に悩むのは夏の時期ですが、冬の季節にも就寝前や就寝中に暖房を利用してしまうと、室温に過敏に反応してしまう赤ちゃんにとっては眠りにつきづらい室温設定になっているかもしれません。そういう事態を避けるために、就寝前や就寝中は暖房をオフにしましょう。

部屋の換気を心がける

寒い季節では窓を開けて換気をすることをためらってしまいますが、暖房を使用すると空気が汚れがちになってしまうので、一日に2~3回は窓を開けて空気の入れ替えをしましょう。朝起きたとき、ご飯の前、お昼寝の後などと、そのなどに合わせてその時間帯を決めておいて、換気するのも忘れないようにしましょう。

気をつけて!赤ちゃんの熱中症対策

熱中症といえば、屋外で強い日差しを浴びたときに起こるようなイメージですが、風通しが悪くて、熱がこもりやすい屋内であったら、高齢者や赤ちゃんなどの体力が十分ではない人たちを中心として、熱中症にかかってしまいます

特に赤ちゃんは熱中症の初期症状である「喉が渇く」ということを言葉にして伝える事が出来なくて、身体が小さいのであっという間にその症状が進行して、脱水症状になってしまう事もあります。

もしも、赤ちゃんが熱中症になってしまうと、次のような症状が現れるので、ママやパパはそれらの症状を見逃さないように注意しましょう。

赤ちゃんの熱中症の症状

  • 顔が赤くて体温も高い
  • 数時間もオムツが濡れていない
  • ぐったりしている
  • 母乳やミルクを飲む量が極端に多くなった

熱中症の初期症状であれば、衣類を脱がせて熱を放出させたり、脇の下や額を冷やしたり、水分を摂らせたりすることで回復します。けれど熱中症が悪化してしまって、汗が出なくなったり6時間以上尿が出なくなったり、意識が朦朧としていたりする場合には、そういったセルフケアだけでは対処する事はできないたので、専門家の助けを借りるために、医療機関を受診するようにしましょう。

またイメージしにくいかもしれませんが、夏場だけでなく冬でも、室内をあたためすぎたり、厚着をさせたりすることで熱中症になってしまう事もあります。確かに、最新のエアコンは高性能なので安心できる側面もありますが、自動温度設定などにしているから「安心!」とは思わずに、赤ちゃんが暑がっていないかこまめに観察し、水分補給をしっかりとおこないましょう。「機械の進歩」と「ママの優しさ」が加われば、どんな季節であっても赤ちゃんを熱中症から守ることが出来ます。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

この記事を書いたライター
小笠原蓮香

小笠原蓮香

趣味は野球観戦!カープ女子がライバルのアラフォー腐女子です。