サーモンパッチの原因や治療に関する記事

サーモンパッチは消えない?治療法は?新生児に多い原因

サーモンパッチは消えない?治療法は?新生児に多い原因

サーモンパッチはどうして新生児にできるの?3割の赤ちゃんが持つ赤いあざの正体や、消えない時の治療法などを解説します。

マーミーTOP  >  赤ちゃん  >  サーモンパッチは消えない?治療法は?新生児に多い原因

サーモンパッチは消えない?治療が必要?新生児が生まれ持つ原因

赤ちゃんの容姿は子供によって違って当然なのですが、新生児や赤ちゃんの身体にシミやあざを発見すると、心配になりますよね。特に、生まれつき赤ちゃんの顔に現れることの多いサーモンパッチは、場所が場所だけに気になってしまい「このまま大きくなっても残っていたら、どうしよう」と不安になるママも…。

身体に現れるあざには様々な種類がありますが、成長につれて消えるものもあれば、大きく目立つようになってしまうものもありますので、正しい対処方法を学んでおくことが大切です。今回は赤ちゃんのサーモンパッチに焦点をあてて、その原因や治療方法、別の種類のあざの可能性などについても、体験談を交えてご紹介していきます。

新生児がサーモンパッチを生まれ持つ原因

サーモンパッチが眉間に出てる赤ちゃん

新生児の顔に現れる赤いあざ、サーモンパッチの正式名称は「正中部母斑」といいます。サーモンパッチは、額や眉間、まぶたなど顔の中心部の毛細血管が、何らかの原因で異常に増殖したことで、毛細血管の色が透けてしまうために、赤いあざとして見えているのです。

毛細血管の異常増殖の原因は、はっきりと分かっていません。けれど、赤ちゃんの皮膚は厚みが大人の1/3~1/2程ととても薄いため、色がハッキリ見えてしまうのです。

初めて赤ちゃんの顔にサーモンパッチを見つけると、ママは「妊娠中に私が転んだからだ…」なんてことを考えてしまいがちですが、サーモンパッチは妊娠中の打撲などの外的要因によってできるものではありません。サーモンパッチは体に害を与えない、血管系の機能的拡張によるもので新生児の約30%に見られるメジャーなあざですので、必要以上に不安に思わずに様子を見守りましょう。

サーモンパッチの特徴&できる場所

サーモンパッチの特徴は、色やできる場所にあります。サーモンパッチの色は、その名の通り鮭のような淡い紅色です。あざの境界線ははっきりしておらず、あざの大きさやできる場所は赤ちゃんによってまちまちです。入浴の時に赤ちゃんの身体を洗いながら全身をチェックして、あざの有無を確かめておくといいでしょう。

サーモンパッチができる場所

  • 眉間
  • まぶたや目の周り
  • 上唇と鼻の間

また、泣いた後やお風呂のときなどに、突然色が濃くなるのもサーモンパッチの特徴の一つです。これはサーモンパッチだけでなく、赤いあざにみられる特徴なのですが、興奮したり入浴したりすることにより、毛細血管の血流も促進されるため、あざの赤みが濃くなるのです。生理的な反応ですので、心配する必要はありませんよ。落ち着くと元に戻りますので、不安に思わずに経過を見守りましょう。

皮膚のくぼみやふくらみはなく、かゆみや痛みは伴いません。赤みが現れている場所を軽く押すと赤みが薄れ、すぐ元に戻るといった特徴がありますよ。

サーモンパッチは消えないの?

笑顔の赤ちゃん

顔に現れるだけに心配な赤ちゃんのサーモンパッチですが、多くの場合は成長につれて皮膚の面積が広がり、厚みをましてくることで、自然に消えていきます。1歳半までにサーモンパッチが消える確率は80%と高く、特に治療をする必要もないのですが、なかには3歳をすぎてもサーモンパッチが残ってしまう赤ちゃんもいます。

赤ちゃんのあざは、あまり心配する必要がないものがほとんどなのですが、成長と共に大きくなる種類のあざもありますので、もし赤ちゃんに気になるあざがある場合には一度皮膚科を受診しておき、原因をしっかり特定しておくと安心ですよ。

恵子・M
34歳

自然に消えました

いま5歳になる長女は、生まれたときから額のところに薄いピンク色のあざがありました。初めのうちは母に「出産の時にいきむから、顔の毛細血管が破れるのよ」といわれて、すぐ治ると思っていたのですが、結局1ヶ月経っても治らずに、1ヶ月検診の時にお医者さんに相談をしたらサーモンパッチだと診断されました。

「特に治療の必要はないから、様子を見るように」とは言われましたが、女の子の顔なので本当に不安で、前髪で隠れないかといろいろやってみたのですが、だんだんと色が薄くなっていって、1歳になる頃にはパッと見わからなくなりました。安心しました。

ひなこ
41歳

子供によって違います

中学生になる娘と、小学5年生の息子がいます。娘は生まれた時に額のあたりにサーモンパッチがあったのですが、しばらくしたらキレイに消えたので、サーモンパッチは自然に消えるものだと思っていました。しかし、息子の場合は3歳になっても消えず、皮膚科で治療を受けました。

息子のサーモンパッチは上唇と鼻の間にあり、それほど大きくはないのですが、やっぱり顔の中心にありますので目立ちます。1歳をすぎても消えないので、近所の小児科に相談をしたところ、「子供のあざは心配ありません。治療は子供の体に負担がかかるので、様子を見た方が良いのでは」とアドバイスをされていたのですが、3歳を過ぎでもサーモンパッチが残ったままで、息子もお友達から「ここ汚れてる」といわれて傷ついていたようなので、思い切ってレーザー治療を受けました。

皮膚科の先生からは、「完全に消えない可能性もある」とは説明を受けていたのですが、幸い目立たないくらいに改善できました。特に体に負担になるような治療ではないですし、心に傷が残るくらいなら、もっと早めに治療をすれば良かったと思いました。

サーモンパッチの治療

「1歳半を過ぎたのに、サーモンパッチがなかなか消えない」「サーモンパッチが顔の目立つ部位にあって早めに消してあげたい」という場合には、皮膚科や形成外科で治療をすることも可能です。気になるようであれば乳児検診などの際にかかりつけ医に相談をして、専門医を紹介してもらうといいでしょう。

あざの治療というと皮膚移植などの大掛かりな処置を想像してしまいがちですが、このような傷跡を残すような治療は現代では必要な場合にしか行いません。一般的は大人も子供もレーザーによる治療が主流です。
レーザー治療は、レーザー光線を患部に照射して異常な細胞を破壊する治療法で、とても効果の高い治療方法です。

赤ちゃんの時にサーモンパッチの治療をするメリット

子供は皮膚が薄く、血管の形成も未熟で新陳代謝が盛んなため、レーザー光線による治療効果が得られやすいというメリットがあります。レーザー光線は人体にとって危険なものではありませんし、出血や痛みの少ない、生後数ヶ月の赤ちゃんでも安全に受けることのできる治療方法です。

赤ちゃんに対するレーザー治療については、光が目に入らないように防護措置をとり、出力を弱めて慎重に治療をしていきます。小さい頃の方が治療の際に恐怖心を抱くことなく済むというメリットもありますので、気になる場合は前向きに検討をしてみていかがでしょうか。

サーモンパッチ治療のデメリット

ただし、レーザー治療といえども万能ではなく、一度にあざがキレイになるわけではありませんし、あざが完全に消えないこともあります。サーモンパッチの治療は根気よく続けていく必要がありますよ。

また、サーモンパッチの症状や部位などによっては、治療費が健康保険の対象になるケースもあります。ケースバイケースのことですので、詳しいことはお医者さんに直接相談して確認しましょう。

サーモンパッチが目立ちやすい赤ちゃん

サーモンパッチの色や大きさは赤ちゃんによって個人差が大きいのですが、肌の色が比較的濃い赤ちゃんは赤みが目立ちにくく、色白の赤ちゃんは赤いあざが目立ちやすい傾向があります。
また、体の成長が早くて大きめの赤ちゃんは、皮膚の面積がドンドン広がるのに対し、華奢で小柄な子の場合は皮膚があまり広がらないため、サーモンパッチが目立たなくなるペースもゆっくりである傾向があります。

ひより
45歳

幸か不幸か色白小顔が災い…でも

勉強してる女子中学生

私には高1の息子と中1の娘がいます。待望の娘が生まれた直後、眉間とまぶたにサーモンパッチを発見しました。息子には蒙古斑以外のアザがなかったのでとても心配になり、産婦人科の院長先生に聞きましたが、「この子色白だから目立つけど、8割の赤ちゃんは1~2歳で自然に消えるから大丈夫」と軽く言われました。確かに上の子は色黒で、「こんなアザがあっても目立たないな~」と思います。娘は今でも会う人ごとに「色白いね~。小顔だね。美人だね。」といわれるだけに、幼稚園に入園するまでは責任を感じてしまい、とても気になっていました。

けれど、入園後は娘のサーモンパッチより、活発な性格の方が気になり出しました。ちょっと目を離した隙に顔をケガすることもあるため、本人も気にしていない薄くなってきたサーモンパッチについては「大人になったらファンデやアイシャドウで見えなくなる」程度にしか気にならなくなりました。

今は反抗期でイライラしている日も増えてきたので、薄くなったサーモンパッチが、まるで離れてしまう娘との絆のように見える時があり、そんな時は生意気な態度へのイライラよりも愛おしさが込み上げてきます。

本当にサーモンパッチ?赤いあざは全て安全とはいえません!

おでこに痣のある女の子

サーモンパッチは赤ちゃんの健康に悪影響を与えないあざですが、赤いあざの中には成長するにつれて大きくなり悪性化するものもあります。赤ちゃんの赤いあざを、全て危険が無いものだと安易に考えるわけにはいきません。赤ちゃんの赤いあざが、サーモンパッチであることを確認していない場合は、一度医師に聞いてみましょう

赤ちゃんの赤いあざには、サーモンパッチのような先天的なものもあれば、後天的に現れるものもあります。大半は痛みなどもなく健康や生活に支障を及ぼすものではありませんが、次の点を医師にしっかり確認して、経過を見守っていく必要があります。

  • 成長に従って自然に消えるものかどうか
  • 悪性化する可能性がないか
  • 他の病気のサインである可能性がないか

サーモンパッチ以外の赤いあざの種類と特徴

血管の異常に起因する赤いあざは、それぞれ現れる場所や症状などに特徴がありますから、しっかり見分けることが大切です。皮膚科などで皮膚を採取し、悪性のものかを検査することもできますよ。

  • ウンナ母斑
    ウンナ母斑は、サーモンパッチのような平らな赤いあざで、うなじから後頭部にかけて現れ、周囲の皮膚との境目がはっきりしている
  • イチゴ状血管腫
    イチゴ状血管腫は先天的なあざではなく、生後数日~1ヶ月程経ってから赤ちゃんの身体に現れる、赤く盛り上がりのあるアザです。
  • 単純性血管腫(ポートワイン母斑)
    単純性血管腫は赤みが強い平らなあざで、その赤ワインを連想させる色から、ポートワイン母斑と呼ばれることもあります。

はまっこ
39歳

紛らわしい!

長男の額の部分に、生まれつき赤いあざがありました。そんなに大きなものではなく、サーモンパッチだと思っていたのでそのままにしていたのですが、なかなか治らず、小学校に入っても残っていました。
サーモンパッチは自然に消えると思っていたのですが、周りのお友達から「大仏みたいだ」とからかわれることが何度かあり、長男も大分気にするようになったので皮膚科に行ったところ、検査の結果サーモンパッチではなく、単純性血管腫であることがわかりました。

部位的にも間違えやすいとお医者さんから説明されましたが、自然に消えることはないし、レーザーで治療をしても完全に消えないかもしれないと言われ、不幸のどん底に落とされましたが、幸い治療が効いて、あまりあざが目立たなくなったので、長男も元気に学校に通えるようになりました。

サーモンパッチも赤ちゃんの個性!気長にお付き合いしましょう

病院で医師からサーモンパッチの説明を受けてる赤ちゃんを抱いたママのイラスト

サーモンパッチなどのあざがあると、パパもママも不安になってしまいますし、自分を責めてしまう気持もわかります。ですが、顔の形がそれぞれに違うように、赤ちゃんの肌の色やあざなども赤ちゃんそれぞれの個性の一つです。一刻を争うほど早急に対処しなければならないという危険なものではありませんので、まずは健診で医師に確認し、不安になり過ぎずに経過を見守ってお付き合いしていきましょう。

成長して「サーモンパッチが消えない…」と、子供本人が鏡を気にしたり、悩んだりするようになったら、ママも親身になって子供の話を聞いてあげましょう。また、積極的に専門医を受診してしっかりフォローしてあげて下さいね。

スポンサーリンク

スポンサーリンク