哺乳瓶の煮沸消毒の方法は?に関する記事

【哺乳瓶の煮沸消毒】正しい手順と方法/手間を省くコツ

【哺乳瓶の煮沸消毒】正しい手順と方法/手間を省くコツ

赤ちゃんのお世話に必須の哺乳瓶は煮沸で経済的に消毒を!安全で高い殺菌効果を発揮する煮沸消毒の仕方についてまとめました。

マーミーTOP  >  赤ちゃん  >  【哺乳瓶の煮沸消毒】正しい手順と方法/手間を省くコツ

哺乳瓶の煮沸はエコで簡単!鍋とトングで安心消毒できるやり方

赤ちゃんのお世話に欠かせない哺乳瓶は、直接赤ちゃんの口に接するもの。赤ちゃんの健康を守るためにも、いつも衛生的なものを使ってあげたいですよね。
赤ちゃんが小さいうちは目も離せず、ママも体を休めたい時期なので、日常的に使う哺乳瓶の消毒は簡単・手軽にできる方法がおススメです。

今主流になっている哺乳瓶の消毒方法は、昔ながらの煮沸消毒の他にも、ミルトンなどの薬剤に漬け置きする薬剤消毒、電子レンジの高温スチームを使った電子レンジ消毒の3つ。
今回はその中でも最近その良さが見直されてきている、哺乳瓶の煮沸消毒についてご紹介します。

哺乳瓶を煮沸消毒するための準備と手順

それでは実際に哺乳瓶を洗浄、煮沸消毒するために準備するものと、煮沸消毒の手順をご説明します。煮沸消毒は熱湯を使うため、火傷には十分注意しましょうね。

準備するもの

哺乳瓶が入った鍋

煮沸消毒に特別な道具は必要ありません。基本的には、どんな家庭にでもある鍋ひとつでできますので経済的です。初めて赤ちゃんをお世話するママが、最初に試しやすい消毒方法でしょう。

ただし、意外と見落としてしまいがちなのが、洗浄・消毒する道具の衛生状態を保つことです。スポンジや鍋などはキレイにしているつもりでも生ものと接していますので、熱で殺菌しにくい雑菌などがついてしまったら心配ですよね。

スポンジや鍋など赤ちゃんの哺乳瓶に接する洗浄・消毒用具は、赤ちゃん専用のものを用意し、使用後はしっかりすすぎ水切りをしましょう!また、熱を利用した消毒方法ですので、哺乳瓶や乳首も熱に強い物を選びましょう

<哺乳瓶の洗浄と煮沸消毒に必要なもの>

  • スポンジ

  • 洗浄用のナイロンスポンジはなるべく赤ちゃん専用のものを用意しておきましょう

  • ブラシ

  • 哺乳瓶の中までしっかり洗えるように、柄の握りやすいブラシを選びましょう

  • 乳首ブラシ

  • 形状が複雑な乳首がミルクの滓が残りやすいので、専用のスポンジがあると安心です

  • 哺乳瓶用洗剤

  • 必ずしも使用する必要はありませんが、野菜も洗える哺乳瓶用の洗剤は汚れ落ちもよく便利です


  • 哺乳瓶が完全に入り、たっぷりとお湯を沸かせる容量の専用の鍋を用意しましょう

  • 哺乳瓶用の消毒はさみ(哺乳瓶消毒用トング)
  • 菜箸でも可能ですが、熱湯の中に哺乳瓶を落として火傷する危険性があるため、消毒はさみを使うと便利で安心です

  • 布巾またはキッチンペーパー

  • 布巾は消毒済みの清潔なものを用意しましょう

    乳首ブラシ

    乳首ブラシ

    チュチュベビー

    価格:250 円 + 税

    口に直接含む乳首に汚れが残っていたら心配ですよね。きちんと洗いたくても普通のスポンジでは届かずイライラしますが、このスポンジを使えばデリケートな乳首部分を傷つけずに、ミルクの残りカスをしっかり洗えます。

    消毒はさみ

    消毒はさみ

    ピジョン

    価格:880 円 + 税

    哺乳瓶、おしゃぶり等の煮沸消毒が楽に行えるよう、適度なカーブがついています。太めの哺乳瓶もしっかり掴めるサイズ!煮沸、薬剤、どちらの消毒にも使え、プラスティックコーティングされているためサビません。また分解もできますので、しっかり洗えて清潔に使用できます。

    煮沸消毒の正しい手順

    哺乳瓶のねじ切り部分や乳首の取付け部分の溝には汚れがたまりやすいので、各部品はバラバラにして洗いましょう
    洗剤はつけなくても構いませんが、ミルクには油分が含まれるため哺乳瓶洗浄用の低刺激な洗剤を使うと、汚れ落ちがよく作業が楽です。ただし、洗浄後は流水でしっかりすすぎましょう

    どんな消毒方法にも言えることですが、殺菌効果をあげるためには手順を守ることが大切です。慣れてくるとどうしても手間を省こうとしてしまいがちですが、赤ちゃんの大事な命を守るために大切な消毒ですので、基本を守るように心がけて下さいね。

    <煮沸消毒の基本手順>

    • 哺乳瓶や乳首をスポンジや専用ブラシ、専用洗剤を使って隅々まで洗浄し、流水で洗い流します
    • 専用の鍋にタップリの水を入れ、哺乳瓶や乳首を入れてから火にかけて沸騰させます
    • 沸騰後、乳首とキャップは3分程度、ガラス製の哺乳瓶は7分、樹脂製は説明書に従い煮沸します
    • 消毒後は哺乳瓶や乳首を消毒はさみで取り出し、布巾やキッチンペーパーの上に逆さに置いて乾燥させます
    哺乳瓶を自然乾燥

    煮沸消毒は沸騰した状態を維持しないと十分な消毒効果が得られません!さらに乳首やキャップ、樹脂製の哺乳瓶は加熱しすぎたり、鍋肌に触れたりすると変形する可能性がありますので、消毒中は目を離さないように注意しましょう

    煮沸消毒後の保管方法

    手順を守って消毒しても、保管中に雑菌がついてしまっては元も子もありません。哺乳瓶に水滴がついたままだと、雑菌が繁殖してしまいますので、消毒した哺乳瓶はしっかり乾燥させてから、蓋つきのケースで保管しましょう。

    哺乳瓶専用のケースも市販されていますが、市販のタッパーでも十分です。ケースも定期的に熱湯をかけて消毒をしたいので、タッパーは耐熱性のものを選ぶとよいでしょう。

    調乳などのために消毒済みの哺乳瓶を扱う時には、ママの手も石鹸で洗ってキレイにすることを心掛けてくださいね。哺乳瓶に乳首をセットした状態で保管ケースに入れておくと、手間もかからず調乳がスムーズにできますよ。

    まとめて煮沸で手間を省略しましょう

    鍋に入れられた2本の哺乳瓶

    お鍋でお湯を沸かして消毒中はお鍋に付きっきり…。そう考えると煮沸消毒は面倒なイメージがありますが、煮沸消毒は殺菌効果も高く、落としきれずに残った溝などのミルク汚れも落とす効果のある、便利で安心な消毒方法です。ちょっと面倒だなと思ったら、何本か替えの哺乳瓶を用意しておき、まとめて煮沸消毒をして保管しましょう。

    「哺乳瓶の消毒のために台所に行く」と考えると面倒ですが、食事の用意をするときに余ったコンロを使って煮沸消毒をすれば、時短にもなって一石二鳥ですね。

    消毒はまとめて一度でOKですが、いくら後で消毒するといっても、栄養たっぷりのミルクは雑菌が繁殖しやすいですので、授乳後はすぐに哺乳瓶を洗浄し、余計な雑菌を繁殖させないように気を付けましょう

    ママにとって楽な消毒方法を選びましょう

    ママにとって問題なのは、いくつかある中からどの消毒方法を選ぶかですが、これはとても難しい問題ですね。例えば、薬剤消毒は一度薬剤を作ってしまえば24時間繰り返し使えて便利という利点がありますが、一方で薬液の匂いが気になるというママもいます。また、電子レンジ消毒は手軽だけども火傷が怖いというママもいます。

    どの消毒方法も手順に従って行えば高い消毒効果がありますから、実際に試してみて自分にとって一番楽な方法を選ぶとよいでしょう。

    生まれたばかりの赤ちゃんは大人ほどの免疫力も抵抗力もなく、ほんの些細な感染症が命取りになることもありますので、赤ちゃんが生後4ヶ月を過ぎるまではしっかり消毒することを心がけてくださいね。

    消毒方法のひとつとして挙げられる煮沸消毒は、白衣の天使ナイチンゲールも劣悪な環境で衛生状態を保つために使った信頼性の高い方法です。哺乳瓶だけでなく、将来的に離乳食が始まった場合には食器などの消毒にも適していますし、パパにでも任せられるお手軽で確実な方法です。

    煮沸消毒のメリット&デメリット

    <メリット>
    ・特別な道具を買う必要がないので経済的
    ・お湯で煮立てるだけなので簡単
    <デメリット>
    ・消毒中は鍋から目が離せないので手間がかかる
    ・消毒後は哺乳瓶が熱いのですぐに調乳ができない
    ・火傷に注意が必要

    先輩ママに聞いてみた!おすすめの煮沸消毒方法

    日本の育児書には必ず書かれている哺乳瓶の消毒。必要だとは分かっているけれどもちょっと面倒なので、できれば簡単・気軽に済ましてしまいたいですよね。
    先輩ママたちはどうやって煮沸消毒をしているのでしょうか。

    タマコ
    25歳

    A煮沸消毒は火傷と熱変形に注意!です

    哺乳瓶を消毒する鍋にとわざわざ新品を買ったママ友がいるのですが、そんなに神経質にならなくても自宅にある物でも十分だと思います。新しい鍋が欲しかったからついでに…ならイイとは思いますケド。

    哺乳瓶全体が浸かるように大き目の鍋であれば、鍋の素材はステンレスでもホーローでもいいと思うのですが、消毒中の鍋肌はお湯よりも高温なので、くれぐれも気を付けて下さいね。

    私は乳首を押さえているプラスチック部分が鍋肌にあたっているのに気づかずに変形させてしまい、哺乳瓶を買いなおしました。消毒中は鍋から目を離さない方がいいですよ。

    アカネアン
    29歳

    A煮沸消毒なら洗剤の洗い残しも安全です

    ミルクって意外と油分があるので汚れが落ちにくく、私は哺乳瓶用の洗剤を使ってました。野菜を洗う時にも使える程マイルドな洗剤が市販されています。

    洗剤の洗い残しが気になるママもいて、洗剤を使わないママも多いと聞きますが、私は鍋を使って煮沸消毒をしてたので、あんまり不安はありませんでしたね。タップリのお湯を使えってしっかり煮立たせるので、洗剤もキレイに落ちていると思います。

    双子のママ
    22歳

    A哺乳瓶の消毒はとにかく楽なものを選びましょう

    双子のママです。さすがに母乳ばかりでは限界があって、哺乳瓶でミルクを足しつつ赤ちゃん期を乗り越えましたが、私も煮沸消毒で生後6ケ月位まで哺乳瓶を消毒していました。

    出産前に哺乳瓶はガラス製の大きいのを2本、プラスチック製の小さいのを2本用意しておいたのですが、出産後にガラス製の大きいのを2本買い足して、赤ちゃん一人で3本を使いまわしていました。

    赤ちゃんが成長するにつれてお湯やお茶などの飲み物のバリエーションが増えていきますので、哺乳瓶はサイズ違いで用意をするのがおススメです。

    赤ちゃんが小さい頃は忙しいので、哺乳瓶を洗うのも結構な手間でした。本当は使ったらすぐに洗った方が良いのでしょうが、大変だったので、とりあえず使ったら軽くすすいで大きな洗い桶につけておいて、一日分をまとめて洗って消毒していました。煮沸消毒は目に見えて効果がありそうで安心感があり、神経質にならずにすみました。

    家族で哺乳瓶の消毒を習慣にしましょう

    哺乳瓶の煮沸消毒は時間がかかって面倒というイメージがありますが、基本的に特別な技術は必要ありません。家事が苦手なパパでも簡単にできますので、手順を教えて協力してもらいましょう。

    赤ちゃんの哺乳瓶の消毒が必要な時期は、まだまだママも体が回復していないため十分な休息をとる必要があります。パパが哺乳瓶の消毒を手伝ってくれれば、その分ママも体を休めて余裕を持って赤ちゃんのお世話ができますし、体力の回復も順調に進みます。

    そのためにも、消毒の方法や道具のしまい場所などの情報は夫婦で共有して、いつでも、だれでも調乳ができるようにしておくことが大切です。待ち望んだ可愛い赤ちゃんの命です。ちょっと面倒でも哺乳瓶はしっかり消毒して、夫婦で赤ちゃんの健康を守ってあげて下さいね。

    スポンサーリンク

    おすすめコンテンツ

    この記事を書いたライター
    波多野愛子

    波多野愛子

    第一子から15年間保育園に通い続け、まだまだ記録更新中です!