断乳の時期&方法の体験談に関する記事

断乳の時期を教えて!先輩ママ15人が成功した断乳の方法

断乳の時期を教えて!先輩ママ15人が成功した断乳の方法

断乳の時期や方法は、実際に成功した先輩ママに聞くのが一番!ということで、15人のママに断乳についての体験談を聞きました。

マーミーTOP  >  赤ちゃん  >  断乳の時期を教えて!先輩ママ15人が成功した断乳の方法

断乳の時期はいつ?断乳に成功した先輩ママの体験談15

断乳はいつするのがベストなの?と、断乳の時期についてお悩みのママは多いはず。育児休暇を取得している場合、1歳の誕生日を迎える前に何とか成功させたいママは多いはず。中には何度も断乳を試みるも、なかなかうまくいかず、周囲に内緒でズルズルと授乳を続けているママもいるようです。

哺乳瓶からミルクを飲む赤ちゃん

「子供がおっぱい大好きおっぱい星人」「添い乳をしないと寝てくれない」など、断乳を阻む要因はさまざまですが、世の授乳中のママ達は、いつ、どんなきっかけで断乳しようと決意したのでしょう?ここでは、先輩ママ15人に断乳の時期やきっかけのほか、実際に成功した断乳の方法をご紹介。これから断乳を予定しているママは、ぜひ参考にしてください。

1歳?2歳?みんなの断乳時期と断乳に成功した方法

めいママ
30代前半

拍子抜けするほどあっさり断乳できました

私が娘の断乳をしようと決めたのは生後10か月の時です。1歳になったら職場復帰するのでそれまでにはと思っていましたが、その前に旅行や正月の帰省などがあり、思うように母乳をあげれないと思い、今しかないと思い立ったのがきっかけです。割と離乳食の進みは良く食事後はほとんど飲んで無かったので、問題は寝るときの授乳だけでした。

断乳を決めた時から、「あと何日したらおっぱいとサヨナラするよ」と話をして言い聞かせました。そしてその日が来たら、どうなってもあげずに寝かせようと考えていたのです。当日は、いつもと違うと感じて泣いてましたが、何とか胸をトントンし続けたところ、何とか寝てくれました。2日くらいするとその環境に慣れてきたようで、泣かずに寝るようになり、断乳完了!特に困ったこともく、思っていたよりスムーズにできたので、逆にこっちが淋しい思いをしたのを覚えています。

g-mam
30代後半

おっぱいが出なくなり自然と断乳

水を飲む赤ちゃん

私の場合は、子供が1歳になる前頃から、自然とおっぱいが出なくなってきたのをきっかけに断乳しました。ミルクと混合で、しかも離乳食もよく食べていたので、このまま断乳しても大丈夫だろうと思い、おっぱいの時間に麦茶や白湯を与えたりしてみました。本人はそれで満足していたので、一週間もかからず断乳完了といった流れであっけなく終わりました。

私自身の胸が張ることもなく、本人がギャン泣きして騒ぐなどもなかったので、あまり困ったことはなく、断乳を意識してから、数日は夜中一回おっぱいをくわえさせましたが、お腹を満たすというよりは安心のためという感じだったのだと思います。

まさか、大人になってまでおっぱいを欲しがるようなことはあるまいと思うと、もう少しのんびり構えていたのも良かったのかもしれません。小学生となった今では、なんだかさみしくて、授乳していたころの写真を眺めたりしちゃうほど愛しい時間でした。

ひろママ
29歳

断乳したおかげで夜泣きがなくなりました

ママに抱っこされながら泣いてるこども

1歳ごろに断乳しました。夜泣きが酷かったので、いっそ授乳をやめたほうがよく眠れるんじゃないかと考えたことがきっかけです。以前からおっぱいの出が悪い気がしていたので、おっぱいの量が足りなくてお腹を空かせているから、夜泣きをしているんじゃないかと疑っていたのです。そのため、徐々に授乳の回数を減らしていって、代わりに牛乳を飲ませるようにしました。

断乳中は、隙があればおっぱいを吸おうとしていたので、「ごめんね。あんまり出ないんだよ」と言って、逃げていました。4日で断乳は終わり、それ以降はおっぱいを吸おうとする仕草をすることは少なくなりましたが、おっぱいを触りたがったりはしました。しかし、お腹が満たされてぐっすり寝てくれるようになったので、夜泣きはなくなり、断乳して正解でした。

ライドン
29歳

胸の痛みの方がつらかった

生後1年が経過し、仕事に復帰するタイミングで断乳を決意しました。託児所でしばらく過ごすようになると、昼間はおっぱいをあげることが出来ないため、子どもがおっぱいを欲しがることが少なくなってきたのです。ただ、寝つきが悪い子だったので、寝る前の授乳と夜泣きの時の授乳が問題でした。おっぱいの替わりのお茶をマグであげたり、抱っこするなどして、耐えること3日間。想像していたほど苦戦もせず、連休中に断乳をクリア出来ました。

ただ、おっぱいを出すことがなくなったので、胸が張って、4~5日は胸の痛みがつらかったです。痛い上に自然と母乳が出て洋服も汚れてしまうので、1日数回母乳を出しては捨てていました。特に、横になる夜がつらかったです。断乳に3日、胸の張りがおさまるまで5日程かかりました。

sana
30代前半

あれこれと気を紛らわせることで断乳成功

おやつを食べている男の子

断乳を始めたのは子供が1歳3か月の時です。断乳のきっかけは、子供の離乳食が進んでおっぱいが必要なくなってきたことと、遊び飲みするようになり乳首をかじられることが多々あったことなどです。断乳の方法としては、断乳をすると決めた日からおっぱいの回数を徐々に減らしていきました。その代わりに、フォローアップミルクをあげたり、おしゃぶりをくわえさせたりして気を紛らわせたりしました。

断乳中で一番困ったのは、おっぱいが張ってしまった時です。できるだけ脂肪分や糖分の多い食事を控えるように心がけていましたが、どうしても辛い時には、自分で搾り出しているうちに次第に出なくなりました。結局、断乳完了までに2週間程度かかりました。

あんママ
30代後半

牛乳で意外とスムーズに断乳できました

断乳をはじめたのは、1歳4ケ月の頃です。それまでは、あまりご飯を食べてくれなかったので母乳をあげていたのですが、かなりご飯も食べてくれるようになり、体重が平均より少し超えてきたため、もう母乳はいらないかなと思ったのがきっかけで、断乳しようと思いました。

断乳の方法としては、「もうおっぱいはナイナイよ」っていう感じにして、牛乳を飲ませてみました。でも、牛乳も飲んでくれず、すぐ母乳を欲しがってくっついて泣いてくるのです、引き離すために違う物でごまかしたりするのがとても大変でした。その後、2週間ほどで牛乳にも慣れ、案外スムーズに断乳出来たのではないかと思います。今はコップで牛乳もちゃんと飲んでくれて、少しは成長したなぁと思っています。

あゆ
29歳

断乳中は睡眠不足の覚悟が必要です

睡眠不足を気にする女性

哺乳瓶の乳首を嫌がったのでミルクは全く飲まず、完全母乳で1歳半まで過ごしてきました。母乳を欲しがってなかなか離乳食が進まないこと、上の子が幼稚園に入り、運動会などの行事の日に長時間授乳ができなくなることがきっかけで、断乳を決断しました。おっぱいを咥えると精神的に落ち着くこともあり、初めのうちは「おっぱいおっぱい」と言ってずっと泣いて愚図り、疲れて寝るの繰り返しで、親子共々寝不足状態になりました。

その時は、何度も断乳を諦めようかと迷い、泣いている姿を見るのが辛かったこともありました。途中から作戦を変更して、乳首に絆創膏を貼って「もうおっぱいはなくなったの」と話をしました。すると、少しは理解して諦めがついたようで、おっぱいを欲しがることはなくなりました。

1週間くらいすると私自身の胸の張りも引いてきて、2週間ほどすると愚図りも落ち着き、完全に断乳を終えることができました。

かのんまま
28歳

タイミングが大切

うちの子は1歳半で始めました。きっかけは、同じ年齢のお子さんが断乳に入ったと聞いたのと、我が子がマグカップで飲み物をごくごくと飲みほしたのを見て、離乳食も大丈夫そうだし断乳を始めてみようかと思ったことです。離乳食を食べ終えた後にあげていた、おっぱいをやめることから始めてみました。

昼間は、公園にお出掛けする時間を増やしておっぱいから気をそらしたり、「周りのお友達は、みんなおっぱいなんていらないんだって」と、そろそろ断乳しなければならないことをさりげなく教えていきました。それでも、夜になるとおっぱいが恋しくなってしまうらしく、夜中の間は子供にぎゅっとしがみつかれて、何日間も泣かれたのが一番大変でした。断乳が終わるまで、結局2ケ月近くかかってしまいました。

みーまま
40代前半

かわいそうだけど思い切りも大切

断乳を始めたのは1歳半の時です。保健所の検診では、1歳を過ぎたら断乳しましょうと強く言われたのですが、「欲しがる限りあげてもいい」と書いている雑誌もあり、私は雑誌の方針でいました。しかし、断乳をしなければならない出来事があったのです。私が高熱を出してしまい、内科から出された薬は母乳に影響が出てしまうというものでした。断乳するいい機会だとも思い、断乳に思い切りました。

母乳を欲しがったら、テレビを見させたり、麦茶を飲ませたりして気をまぎらわしました。断乳をしていて一番困ったことは、夜の寝かしつけです。添い寝でおっぱいをあげながら寝かしていたので、その間の2~3日は本当にかわいそうでした。哺乳瓶で白湯を飲ませてなんとか紛らわせましたが、私の頬っぺたを触りながら眠るようになったのが、本当に切なかったです。ですが、母子ともにつらかったのは、最初の3日ほど。その後はけろっとして、頬っぺたを触りながら眠るようになりました。

るいママ
30代後半

ワサビ効果で断乳成功

わさび

断乳を始めたのは1歳半くらいの頃でした。きっかけは、年齢的にもういいだろうと思ったからです。周りのママもすでに断乳していましたし、食べ物から栄養も摂れていました。さらに、歯もだんだんと生えそろってきて、痛くて授乳がしんどかったからです。

断乳の方法はいろいろ試しましたが、一番効果があったのはワサビを塗ることでした。ワサビを塗ったのを内緒にして授乳。結果、口にした瞬間、驚いた様子でしたが成功しました。断乳中に困ってしまったのは、私からなかなか離れてくれないこと。夜泣きがひどく眠れないこともありました。そこで、心が折れてしまって結局また授乳してしまい、断乳できないという悪循環が続いてしまい、結局、断乳するのに結局1年半かかってしまいました。

ゆまママ
35歳

突然の断乳で後悔したこと

長男が1歳9ヶ月の頃、断乳を決行しました。きっかけは下の子を妊娠していて、授乳する時にお腹に乗ってくる上の子が重くなってきていたことです。耐えて耐えて「やっぱり無理だ!」と断乳を思い立ち、突然決行して無理やり引き離す方法をとってしまいました。

最初の2~3日を過ぎたら、子供はおっぱいを欲しがらなくなっていましたが、それまではとにかく夜中ずっと泣いてしまって大変でした。かわいそうだったので、事前にカレンダーを見せて、「この日からおっぱいが飲めなくなっちゃうんだよ」と予告する方法をとった方が良かったと後悔しました。二人目の時はその方法で予告して、絆創膏を胸に貼ったところ、拍子抜けするほどすんなりやめることができました。

マイコ
42歳

カレンダー作戦で、意外とあっさり断乳完了!

息子が2歳の誕生日を迎えた時に断乳を決行しました。吸う力も強くなり、何よりも添い乳で眠りに落ちる時に噛まれる事が頻繁にあり、気が付くと毎日のように乳首から出血。傷が癒えないまま化膿してしまうこともあったので、お誕生日をきっかけにスタートすることを決めました。急に始めたわけではなく、1ヶ月前からカレンダーを毎日見せて、「ここにバツが付いたらおっぱいバイバイだからね」と言い聞かせていました。そして、断乳当日も「ここにバツが付いたから、今日はおっぱいバイバイの日だね」と声をかけてから、一日をスタートしました。

朝言った事が理解できていたのか、昼間はおっぱいを求めることはありませんでした。夜は乳首をテーピングして吸えない状態にしました。乳首がない事が分かると、息子は大声で泣いたり、何度も胸元を引っ張ったりと大暴れ!その状態で2時間が過ぎ…最後は泣きつかれて眠るという感じで断乳初日を終えました。翌日は初日ほどの乳首への執着はなくなり、3日目には触りはするものの、求めることはなくなりました。

ただ、お風呂に入って乳首が見えると吸いたくなるのでは、という心配があったので、1ヶ月ほどはテープを張り続けました。意外とすんなり断乳ができたものの、一番困ったのはおっぱいが張って痛い事!痛みのせいで、何度吸ってもらいたいと思ったことか。完全に断乳か完了したと思ったのは、テープを張る必要がなくなった1ヶ月ほどでたったころです。

さら
34歳

理解はしているものの欲望には勝てず

3歳の誕生日を期に断乳をしました。下の子を妊娠しても、上の子はオッパイなしでは寝付けませんでした。ホルモンのせいで妊娠中は母乳が出にくくなるため、上の子に強く吸われて痛かったのと、下の子が生まれたらタンデム授乳しないといけなくなるのは避けたかったので、断乳することにしました。

言葉も状況もわかる年齢だったので、「オッパイは赤ちゃんが飲むもの、3歳は赤ちゃんじゃないから、お誕生日でもうやめようね」と何度も言い聞かせて、3歳のお誕生日前日から眠る際はスマホで眠たくなるようなエピソードのアニメの音だけを聞かせるようにしました。

その時はスムーズに断乳が完了したのですが、問題は下の子が生まれた後。授乳しているのを見るとやはり飲みたがり、たまにタンデム授乳させられた時には困りました。誕生日までの1か月間は毎日言い聞かせました。

こもこも
40歳

話し合いで失敗続きの断乳を解決

薬と水

おっぱい星人だったうちの子は、3歳まで断乳することができませんでした。マニュアル通りに車に乗せて寝かしつけてみるも、家につくと起きてしまい、泣いても与えないという方法を実践すると永遠と泣き続け、さすがに近所迷惑ということになり根負け。我が家の断乳は失敗続きでした。

そんな時に断乳のきっかけになったのが、私の風邪です。熱が下がらず辛かった時、「お薬のんだらすぐに治るけど、おっぱいが飲めなくなるよ?」と尋ねたところ、「ガマンできるから、お薬飲んで早く元気になってね」と言ってくれたのです。半信半疑で薬を飲んだフリをして様子を見ていると、ぐっガマンしているのが分かります。でも、目が合うと「お薬のんだから元気になれるねっ」と一言。それから2~3日の間は、「お薬飲んでいい?」と聞いてから目の前で薬を飲むと、「おっぱい、おっぱい」と騒ぐことなく寝てくれるようになりました。あんなに苦労したのに、数分の話し合いで断乳が成功したなんてビックリでした。

さき
30代

娘がさらに愛おしくなりました

3歳の女の子

娘の断乳を決意したのは3歳2ヶ月のときでした。きっかけは、友人家族と泊りがけの旅行を計画したからです。さすがに、3歳を過ぎてもおっぱいを飲んでいるとは言えず、周りには隠していました。なので、旅行中におっぱいを飲んでいる姿をみられてはいけないと思い、1ヶ月前から断乳を始めました。カレンダーに1ヵ月後のしるしをつけ、娘によく説明し、納得してもらいました。カレンダーに毎日バツ印をつけ、予定の一ヶ月後。午後に最後のおっぱいを飲ませた時点で、私はすでに涙が止まりませんでした。

夜になり、「今日はおっぱいバイバイの日だよ」と言って、そのまま抱っこで寝させましたがもちろん寝られるわけはなく、案の定、娘は泣き始めました。それも、大泣きしてくれればよかったのですが、「おっぱいなくてもママのこと大好きだよ」と言いながら、耐えるようにしくしく泣くので、本当に胸が苦しくなりました。「もう断乳なんていいよ!」と言いたくなりましたが、娘が一生懸命我慢しているのを邪魔してはいけないと、私も耐えました。

泣いている娘を抱っこしながら、ますます娘が愛おしくなりました。それから2~3日は、毎晩泣いていましたが、そのうちに手をつなげば寝られるようになりました。

スポンサーリンク

おすすめコンテンツ

この記事を書いたライター
小森ひなた

小森ひなた

子育てと仕事に頑張る共働き主婦です!ルンバ貯金始めました♪