赤ちゃんの舌が白い原因は?に関する記事

赤ちゃんの舌が白いのは病気のサインかも?疑うのは鵞口瘡

赤ちゃんの舌が白いのは病気のサインかも?疑うのは鵞口瘡

赤ちゃんの舌が白い?そんな時は綿棒などで軽くふき取ってみましょう。手強い汚れ、落ちない白さはカビのサインかもしれません。

マーミーTOP  >  赤ちゃん  >  赤ちゃんの舌が白いのは病気のサインかも?疑うのは鵞口瘡

赤ちゃんの舌が白いのは病気?赤ちゃんの舌が白くなる原因と対策

哺乳をするときに見え隠れする赤ちゃんの舌、とってもかわいいのですが、あれ?ちょっと白っぽい、ミルクカスかなと思うママも多いのではないでしょうか。口の中は、通常唾液で潤っていますね。この唾液には、抗菌作用があり、口の中の感染や、体内に入り込もうとする菌の侵入を予防する働きがあります。

また、洗浄作用があるので、赤ちゃんの舌がピンク色に守られています。しかし、時には舌の上に汚れがたまることがあるので、適度に赤ちゃんの口の中をケアすることは大切なことです。では、どんな時に舌が白くなるのかをご紹介しますね。

ミルクカスで舌が白くなっている

哺乳瓶でミルクを飲んでいる赤ちゃん

赤ちゃんの舌のお手入れ、きちんとしていますか?赤ちゃんの場合は、まだ歯がないし、ミルクや母乳を飲んでいるだけなので、お口の中のお手入れは必要ないと考えるママもいるのではないでしょうか。

赤ちゃんは、生まれてから、1日に何度も繰り返し母乳かミルクを飲みます。母乳とミルクは、どちらも白い液体ですよね。通常、舌は唾液により潤いがあるので、汚れも付きにくい状態です。しかし、赤ちゃんは、唾液の分泌の状態が一定ではなく、それが時々舌の上にミルクカスとして残ることがあります。ほとんどの場合は、湿らせた綿棒やガーゼでふき取るときれいになりますので、気が付いたときには、きれいにしてあげましょう。

母乳を与えている場合は、ミルク哺乳の赤ちゃんよりも少し注意が必要です。それは、ママの食べたものがそのまま母乳に影響するからです。甘いものが好きなママ、油っぽいものが好きなママもいるでしょう。そのようなものを食べた後の母乳が、少しドロドロっとしていて口の中に残りやすいのです。心あたりがあり、ドキッとするママもいるのでは?汚れが多いなと感じた時は、ママの食生活を見直してみる必要がありそうです。

舌苔がこびりついて舌が白い

ママの舌の表面を、鏡で見てみてください。デコボコしているのがわかるでしょうか。舌の真ん中は、少しくぼんでおり、健康体であっても汚れが付きやすい場所です。この部分にミルクカスが付着すると、赤ちゃんの舌が白っぽくなります。

舌の上にこびりついた汚れのことを、舌苔(ぜったい)といいます。本当に舌の上に生えた苔のように見えますね。あまり舌の手入れをしていないと、舌の表面にミルクカスや食べかすがたまってしまいます。また、そこに細菌がたまった状態となると、舌苔がどんどん増えていくことがあります。舌に舌苔が付着する原因は3つです。

舌に舌苔が付着する原因

  • 唾液の量が少ない-赤ちゃんが少し風邪気味で鼻が詰まっている場合、自然と口呼吸になり口腔内が乾燥する
  • 体内の水分が少ない-熱が出ると体の水分がなくなり、口が乾燥する
  • 空気が乾燥している-室内の乾燥も口腔内の乾燥を招く

舌苔は、水で湿らせた綿棒やガーゼでふき取りましょう。乾燥した綿棒やガーゼは、力が入った時に舌を傷つける可能性があるので避けます。また、ふき取る時に舌の奥を刺激すると、嘔吐反射が出ることがあるので気を付けましょう。赤ちゃんが、舌のふき取りを嫌がって泣くときは、一度に取ろうとせずに、何回かに分けて進めていきましょう。舌苔かなと思ったら放置せず、気が付いたときにとって上げるのが一番です。

カンジダ菌の感染による鵞口瘡(がこうそう)

笑っている赤ちゃん

鵞口瘡は、カビの一種であるカンジダアルビカンスというカンジダ菌が、口の中で感染して、舌に白い斑点が付着する乳幼児の病気です。別名、口腔カンジダ症とも呼ばれています。カンジダ菌は、もともと体に存在する菌で、免疫がある健康体の大人であれば、発症することはあまりありません。しかし、抵抗力がない赤ちゃんの場合は、常在菌間のバランスが崩れてカンジダ菌が増殖し、これが原因で発症することがあるのです。

赤ちゃんの舌の白い部分をふき取ってもきれいにならない、また、生まれてすぐなのに舌が白いという場合は、口の中にカンジダ菌が繁殖した鵞口瘡の可能性が高いです。次に、鵞口瘡の原因を確認しましょう。

鵞口瘡の原因

口の中は、唾液の働きによってカビが生えにくい状態ですが、免疫力のない赤ちゃんは、カンジダ菌が繁殖してしまうことがあります。その原因は2つです。

1産道感染

鵞口瘡の発症原因は、産道感染によるものが多く、出産直後から1週間くらいで発症することがあります。女性がカンジダ菌を保有していることは少なくありません。そのため、ママの産道には、もともとカンジダ菌が存在していることが多いのです。妊娠中は、膣内がアルカリ性になっていて、カンジダ菌が繁殖しやすい環境になっています。ホルモンのバランスが乱れる、疲れやすい、体力が落ちているなどの原因から、カンジダ菌が増殖しやすい状況となっています。ですから、お産を迎え、今まで無菌状態だった赤ちゃんが産道を通るとき、カンジダ菌を受け取ってしまうのです。

妊娠後期になると、赤ちゃんへの感染のリスクを減らすため、病院でカンジダ菌の検査が行われます。妊娠中の検査でカンジダ菌が検出された場合は、膣錠や軟膏が処方されます。カンジダ菌に感染すると、一旦症状が改善したと思っても再発しやすいので、医師の指示通りに対応することが大切です。

2乳首や哺乳瓶からの感染
哺乳瓶

カンジダ菌がママの乳首や哺乳瓶に付着すると、授乳を通じて赤ちゃんに感染します。そのため、ママの乳首と普段から使用する哺乳瓶は、しっかり消毒するようにしましょう。カンジダ菌は、赤ちゃんに触れるママの手から感染する危険性もあるので、ママの手もしっかり清潔に、そして赤ちゃんの手もこまめに拭いてあげるなど、清潔を維持することが大切です。

赤ちゃんは何でもすぐに口に持って行くし、舐めることでいろいろなものを認識しているので、舐めることを当然として清潔を保っておくことは、ママの役目といえるでしょう。カンジダ菌は、どこに付着しているかわからないので、赤ちゃんが触るもの、口にするものは常に清潔にしておくことが大切です。また、カンジダ菌がうんちに出ると、カンジダ菌によるおむつかぶれの原因となることがあることも覚えておきましょう。

鵞口瘡の治療方法

鵞口瘡は、一般的に、口の中の痛みやかゆみを、あまり感じないと言われています。そのため、症状が軽い場合は、自然に治癒するのを待ちます。赤ちゃんが元気であり、哺乳力も変わらないのであれば、そのまま清潔保持を心がけ様子を見ることが多いです。

しかし、舌の白い部分が頬の内側まで広がってくる、舌に痛みがあって哺乳力が落ちる、赤ちゃんの機嫌が悪いということがあるなら、かかりつけ医を受診する必要があります。病院では、口の中を消毒したり抗菌薬の塗り薬を使用して、清潔を保つよう処置が行われます。通常は数日で症状が改善しますが、治るまでに数か月かかることもあります。症状が改善しない場合は、経過観察をあきらめ、早めの受診を心がけましょう。

そのほかの感染症

保育園で絵を描いている子供

ママの育児休暇が終わった段階で、保育園に通い始めるという子も多いのではないでしょうか。一般的に、子供が集団で生活を始めると病気になりやすいと言われます。次は、集団生活で感染しやすい溶連菌感染症をご紹介します。

溶連菌感染症(ようれんきんかんせんしょう)

溶連菌感染症は、5歳から15歳の子どもに多く発症する感染症です。溶血性連鎖球菌という細菌が、くしゃみやせきなどを通して感染します。おもな症状は、発熱、のどの痛みや嘔吐などで、初めは白かった舌に、イチゴ舌と呼ばれるイチゴの表面のようなブツブツが現れるようになります。治療は、十分な水分補給と抗生物質の服用です。のどの痛みが強いようなら、のどごしの良い食べ物を与えましょう。また、溶連菌感染症は、学校保健安全法第3種に指定された病気なので、かかりつけ医が他の人に感染の恐れがないと認めるまで、保育園に出席することができません

赤ちゃんの舌が白いと、たくさんミルクを飲んでいるからかなあと安易に思ってしまいがちですが、時には、その背後にカビや感染症の可能性が潜んでいることがあります。もしも、舌に白い範囲が広がる、またお手入れをしても長引くということがあれば、早めにかかりつけ医に診てもらいましょうね。

スポンサーリンク

スポンサーリンク