赤ちゃんの虫歯予防・治療に関する記事

【赤ちゃん虫歯の予防/治療】母乳育児はリスク高?キスはNG?

【赤ちゃん虫歯の予防/治療】母乳育児はリスク高?キスはNG?

赤ちゃんの虫歯の原因と言われている「キス」「遺伝」「母乳」が本当なのかを追究し、対策や赤ちゃんに対する治療を紹介します。

マーミーTOP  >  赤ちゃん  >  【赤ちゃん虫歯の予防/治療】母乳育児はリスク高?キスはNG?

赤ちゃんの虫歯は母乳/遺伝/キスが原因って本当?対策は?

赤ちゃんに歯が生えると、その成長が嬉しい反面、虫歯が心配になりますよね。これから1本2本と生え揃ってくる歯が健康であって欲しいと願うのは、パパ・ママなら当然でしょう。

でも、大人のように色々なものを食べることができないのに、何で虫歯になることがあるのか、不思議ですよね。そこで、赤ちゃんが虫歯になる原因をしっかりと知り、対策をしてあげることができるように、赤ちゃんの虫歯について考えていきましょう。

赤ちゃんはいつから虫歯になるの?

歯を攻撃するミュータンス菌

そもそも虫歯の原因になるのは、「ミュータンス菌(ミュースタンス連鎖球菌)」です。このむし歯菌は、歯の表面にしか住みつかないので、生まれてから歯が生えるまでは虫歯にはなりません

一般的に生後6カ月頃に歯が生えてくる赤ちゃんが多いですが、それと同時に、「ミュースタンス菌」が住みつく可能性があるということを意識してください。もちろん、ミュースタンス菌が口内に侵入したからといって、すぐに虫歯になるわけではありませんが、しっかりと予防しなければ虫歯になってしまうので、歯が生える頃から虫歯予防を習慣付けていくことが大切でしょう。

赤ちゃんの虫歯の原因について

虫歯になるメカニズム

離乳食を食べる赤ちゃん

虫歯の原因菌と言われているミュースタンス菌は、母乳や離乳食の食べカスに含まれる糖質が好物なので、歯磨きが十分に行われていなかったりすると、食べカスを栄養源にして増殖してしまいます。

ミュータンス菌など虫歯の原因となる最近は、歯垢(プラーク)の中に存在します。プラークは歯磨きすれば取り除くことができますが、磨き残しなどがあるとプラーク内の細菌が糖をエネルギー源に酸を作り出し、歯の表面を溶かしてしまいます。(脱灰)
歯がきれいに保たれている口内環境であれば、脱灰してもすぐに再石灰化し、元に戻すことができるのですが、細菌によって歯を溶かされ続けてしまうと脱灰が間に合わず、歯に穴が開いてしまうのです。

初期段階の虫歯ならば、再石灰化によって元に戻りますが、進行してしまうと自然に治ることはありませんから、歯医者さんでの治療が必要になってしまいます。

母乳派は虫歯になりやすい?

母乳そのものが虫歯の原因になるということはありません。母乳だけでなく、ミルクにも虫歯の原因となる「糖」は含まれます。しかし、母乳を飲む子の方が虫歯になりやすいと言われているのは、母乳の飲み方寝る前(または寝ながら)母乳を飲むことが原因です。

母乳の飲み方は、前歯に母乳が付着しやすいようです。また、母乳を飲みながら寝てしまう赤ちゃんも多いです。唾液には口の中を清潔にする作用がありますが、夜眠っている時には唾液の分泌量が減少しますから、寝る前に口の中を清潔にしなければ細菌が繁殖しやすくなってしまいます。
母乳派の赤ちゃんが虫歯になりやすいのは、母乳自体に原因があるのではなく、眠っている時に口の中が不衛生になりやすいことが原因なのです。

赤ちゃんがミュータンス菌に感染する理由

ミュータンス菌など虫歯の原因となる細菌は、世の中の9割の人が持っているとされています。ほとんどのパパ・ママがミュースタンス菌を持っているといっても良いでしょう。

赤ちゃんのミュースタンス菌への感染は、パパ・ママが原因となっているのがほとんどと言えますが、赤ちゃんにミュースタンス菌をうつしてしまうNG行動には、次のようなものが挙げられます。

パパ・ママのNG行動

  • 口をつけた箸やスプーンを使って赤ちゃんにご飯を食べさせる
  • 固い食べ物を一旦自分の歯で噛んであげてから赤ちゃんに与える。
  • 歯ブラシを共有する。

キスで虫歯になるって本当?

先に紹介した通り、ミュータンス菌は唾液を介してうつることが多いので、キス程度でうつることはないとされています。それ以上に、親子のスキンシップはとても重要です。思う存分にスキンシップしてあげてくださいね。

虫歯は遺伝するの?

水を飲む赤ちゃん

「虫歯は遺伝する」は間違い!なぜなら、生まれたての赤ちゃんの口内には、虫歯の原因菌であるミュースタンス連鎖球菌は存在しないからです。それなのに、「虫歯は遺伝する」と思っている人は多いですよね。

たしかに、親の口腔内環境は、その子供にも反映されています。でも、それは遺伝ではなくて、生活習慣に起因するからなのです。だらだらと間食する習慣があったり、砂糖のたくさん入った飲み物を好んで飲んでいたりして、ミュースタンス連鎖球菌が好む口腔内環境を作り出しているのです。

その他にも、歯並びは遺伝することがあるので、歯並びが悪く歯磨きがすみずみまでできなくて食べカスが残りやすくなることで、虫歯になりやすいこともあります。
これが、虫歯が遺伝するのだと思われている理由だと言えるでしょう。虫歯の多いパパ・ママは、赤ちゃんの歯の健康のために生活習慣(食習慣)を見直すことも大切です。

赤ちゃんにとって効果的な虫歯対策

菌の感染を防ぐ

赤ちゃんを虫歯から守るには、第一にミュースタンス菌に感染しないように努めることが大切です。前述したように、多くの場合、パパ・ママから感染してしまうので、まずは、パパ・ママが自身の歯をしっかりケアすること!また、箸や食器、歯ブラシは共有しないなどの感染対策を徹底しましょう。

決まった時間に歯磨き

コップに入った歯ブラシ

赤ちゃんは成長とともに生活リズムが出来上がっていきます。毎日決まった時間に歯を磨くことで、歯磨きの時間を認識させることができます。これは、乳歯が生え揃っていくにつれてとても大切なことです。良い歯磨き習慣を身に付けておくと、健康な歯を維持できるでしょう。

定期的に歯をチェック

虫歯菌に侵される歯

虫歯は初期段階ならば、フッ素の塗布を行って再石灰化を促進し、口の中を清潔に保っていれば元の歯の状態に戻すことができます。反対に、虫歯になりかけていることに気づかずに放っておいてしまうと、虫歯が進行して歯が溶かされ続け、穴が開いてしまうのです。

虫歯が進行してしまったら、再石灰化で元に戻ることはありません。歯の治療が必要になってしまいます。早い段階で虫歯を発見することがとても大切になるので、定期的に歯のチェックを行うことが大切でしょう。

赤ちゃんの歯科受診はいつから?

歯科医院によっては、0歳からの予防歯科を行っている医院もあります。歯のことで気になることがあるならば、年齢に関係なく受診することができるでしょう。
小児歯科は、子どもを専門とする歯医者さんですから、子どもの扱いにも慣れているということもあり、安心して受診できるでしょう。

赤ちゃんの虫歯の治療方法

どんなに気をつけていても虫歯になってしまうこともあります。でも、赤ちゃんが虫歯になったら、大人と同じように治療はできません。何も理解していないうちから痛い思いをさせてしまうと、歯医者嫌いになってしまうからです。

そこで、赤ちゃんの治療は対症療法にとどまり、「サホライト」という虫歯の進行止めの薬剤を使用します。症状の緩和を目的にしているので、虫歯自体を治すことにはなりませんので、定期的な経過観察が必要になります。

また、進行止めを塗ったところが黒くなってびっくりしてしまうママも多いようですが、これはサホライトの銀成分が沈着し黒くなっただけなので安心してください。

スポンサーリンク

おすすめコンテンツ