新生児一過性多呼吸とはに関する記事

新生児一過性多呼吸で後遺症は残る?治療~回復までの経過

新生児一過性多呼吸で後遺症は残る?治療~回復までの経過

新生児一過性多呼吸と診断された!これからどうなるの…と心配なママへ、一過性多呼吸とはどんな病気なのか、治療法や今後の経過、後遺症の可能性を解説。新生児一過性多呼吸と診断された赤ちゃんを持つママたちの体験談もきっと参考になるはずです!

マーミーTOP  >  赤ちゃん  >  新生児一過性多呼吸で後遺症は残る?治療~回復までの経過

新生児の一過性多呼吸と診断された…。どんな病気?今後の経過は?

無事出産を終えてホッとしたのも束の間、生まれた赤ちゃんが新生児一過性多呼吸と診断されてしまった…。聞きなれない病名にとても不安に思うお母さんも多いことでしょう。

新生児一過性多呼吸がどんな病気か、治療や後遺症の可能性、退院後の家庭での看護の必要性なども含めて詳しく説明していきます。実際に赤ちゃんが一過性多呼吸と診断された先輩ママの体験談も参考にしてください。

新生児一過性多呼吸の原因

福島正大、南部光彦氏らによって研究・執筆され、天理医学紀要第17巻第2号に掲載された「新生児一過性多呼吸の発生因子の検討と早期診断への試み」によると、新生児一過性多呼吸は、産まれてすぐに肺液をうまく外に排出することができないために起こってしまう、呼吸障害だそうです。そして、新生児の赤ちゃんに最も多くあらわれる疾患でもあります。(注1)

ご存じの通り、赤ちゃんは羊水で満たされた子宮の中にいます。そのため、胎内にいる時は肺で自発的に呼吸することはありません。赤ちゃんの肺は空気で満たされている訳ではなくて、肺液という水分で満たされています。その代わり、ママと赤ちゃんは臍帯で繋がっていて、ここから酸素と二酸化炭素の受け渡しを行っているのです。

妊婦さんのお腹

肺液は、出産が近づくにつれて少しずつ減少し、陣痛がおこることで更に減っていきます。出産の際に赤ちゃんが狭い産道を通ると、肺がギュッと圧迫されて一気に肺液が肺から押し出されます。そうして、赤ちゃんが産声を上げるとともに、肺へ空気が流れていきます。

しかし、赤ちゃんによっては出産の過程で十分に排液が排出されず、出産後も肺の中に肺液が残ったままの状態となることがあります。これが新生児の一過性多呼吸です。肺液が残ったまま呼吸をすると、肺の中にある水分が振動し、呼吸の妨げになってしまいます。

新生児一過性多呼吸は、割合的に帝王切開早産で産まれた赤ちゃんに多いと言われています。帝王切開では産道を通らないため肺を圧迫し、十分な量の肺液を排出できず、早産の赤ちゃんは肺液の減少が進まない状態での出生となる原因と考えられています。

新生児一過性多呼吸の症状

では、新生児一過性多呼吸はどんな症状が出るかをみていきましょう。

呼吸のペースが早まってしまう

1回の呼吸で血液と酸素の受け渡しをする量が少なくなるため、呼吸数を増やして必要量をカバーしようとします。そのため、呼吸のペースが早くなります。一般的に新生児の呼吸数は、1分間で50回程度と言われています。呼吸の回数が多いと感じた場合には、時間を計って呼吸の回数をカウントするようにしましょう。

陥没呼吸を起こしてしまう

陥没呼吸とは、呼吸の際に胸部(肋間や鎖骨の上などの部位)が内側にペコペコと凹むことです。肺の中で上手く空気が循環せず、一部分のみに圧力が加わるために起こります。胸骨周囲が柔らかい新生児は特に顕著に見られる症状です。

呼吸をする際にうめいてしまう

呼吸がしづらくなると肺はなるべく酸素を貯めておこうとして、呼気を吐く時に出口を狭めて空気を逃がさないようにします。この時に空気の出口である声門を細くするため、空気が通る時に音が出ます。

唇や肌の色が紫がかってしまう(チアノーゼ)

唇と肌が紫の新生児

呼吸がしづらくなると血管の中に酸素が行き渡りづらくなり、血中の酸素を運ぶヘモグロビンという物質が酸素と結びつく割合が減少します。酸素と結びついたヘモグロビンは真っ赤になる性質を持っていますが、酸素と結びつかないヘモグラビンは青紫色です。そのため、唇や爪先など、皮膚の薄い部分が青紫色に見えてきます。

新生児一過性多呼吸の病院での治療法

新生児一過性多呼吸は、生まれてすぐの呼吸の様子とそれに伴う症状(陥没呼吸、チアノーゼなど)や、胸部のレントゲン検査で診断します。また、肺の中に水が残っているため、医師が聴診器で胸の音を聴いた際にも、発見されます。
出生後に顔色が悪くなってきたり、初回のミルクの飲みが悪かったりした場合も異常が疑われます。多くは生後6時間以内に呼吸状態の悪化で発見され、他に疑われる病気がない場合は、一過性多呼吸と診断されます。

生まれて一週間も経っていない赤ちゃん

「一過性」という病名の通り、通常は1〜3日以内に肺液は吸収・排出されていき、およそ1週間以内には正常な呼吸状態に戻ることがほとんどです。そのため、あまり入院期間がながくなることはありません。
治療法としては、主に酸素を吸入することで呼吸を助けていきます。これだけで呼吸状態は改善しますが、稀になかなか改善せずに人口呼吸器を使っての治療やサーファクタント投与など、より強力な呼吸のサポートが必要になるケースもあります。

お母さんは酸素マスクを当てられていた、赤ちゃんを見てショックを受けるかもしれませんが、一過性多呼吸は新生児には珍しくない症状です。NICUや小児科の医師や看護師は、対処法を熟知しているはずですから、落ち着いて治療をおまかせしましょう。

一過性多呼吸に後遺症はあるの?

歩いている赤ちゃん

新生児一過性多呼吸は呼吸疾患の中でも軽く、短期で改善することが多いため、予後はとても良好です。そのため後遺症を残すことはほとんどありません。

ただし、まれに「気胸」と呼ばれる、肺に穴が開き空気が漏れる疾患が合併症として発症する可能性があり、経過観察する必要があります。また、発見が遅れて低酸素状態が続いてしまうと、脳が虚血状態になってしまい、後遺症が残るリスクが高くなります。ですが、子供の脳の回復は未知数であり、損傷して失った脳の機能を、別の脳の部位がカバーし、回復したケースも見受けられます。

私はNICUで働いていましたが、退院時に「歩けなくなる可能性が高い」と言われていた子が、その後なんの後遺症もなく、病院に歩いて遊びに来たのを何回も見ています。

退院後、家庭での看護は必要ある?

新生児の一過性多呼吸は、短期間の酸素投与治療で回復します。NICUで数日間の経過観察が行われたとしても、医師が退院の判断をしたならば、治癒していると考えてOKですし、後遺症の心配もありません。

特に看護は必要ないので、退院後は普通に育児をして、赤ちゃんとの生活を楽しんで大丈夫ですよ!

新生児一過性多呼吸と診断されてしまった!先輩ママ達の体験談

実際に、赤ちゃんが新生児一過性多呼吸になった人の体験談です。軽症の方から比較的重い方までいますが、皆さん今は元気に過ごされています。参考になればと思います!

レミ
26歳

3日で治りました

36週に生まれて少し早産だったので診断された時はすごく不安でした。保育器に入って酸素を付けている我が子を見て不安は増しましたが、お医者さんや看護師さんが「心配いらない」と言ってくれたのが心強かったです。言葉通り、赤ちゃんは3日ですっかり元気になり、一緒に退院できました。退院してからも苦しそうにする様子は全く無く元気です!

さちこ
30歳

帝王切開の後に顔色が悪く

帝王切開で出産された赤ちゃん

正期産でしたが逆子だったので計画帝王切開で出産しました。生まれてすぐは元気に泣いていましたが、しばらくして少し唇の色が変わってきて泣かなくなりました。助産師さんが体の中の酸素が少し足りないみたいだからとNICUに連れていき、そのまま入院になりました。
心配で仕方なかったので術後しばらくして赤ちゃんに会いに行ったら保育器の中で鼻に機械をつけてうつ伏せになっていたので、ショックを受けてしまいました。鼻につけているのは酸素を送り込むものでした。数日経つと、顔色もよく、ミルクも少しずつですが飲めるようになっていると聞いて安心しました。一週間ほどで肺の中に水もなくなり、呼吸も普通に出来るようになったので退院できて、本当によかったです。

よしえ
39

早産で低出生体重児でした

切迫早産で34週で2000g弱で産まれました。生まれてすぐNICUに入院して保育器の中で人工呼吸器をしばらく付けていました。先生の話では肺の成熟を促すサーファクタントというものを入れたそうで、数日で呼吸状態も安定してきました。結局3週間ほど経過観察を含めての入院となり心配で寂しい思いをしましたが、元気になって退院できました。それからは病気一つしない元気な子に育っています。生まれてすぐに会えなかった分、今は愛情をいっぱい注いでます!

スポンサーリンク

スポンサーリンク