搾乳方法と母乳の保存方法に関する記事

搾乳の方法2つ!母乳育児に必要な手動・電動搾乳器おすすめ

搾乳の方法2つ!母乳育児に必要な手動・電動搾乳器おすすめ

搾乳方法を知っておっぱいトラブルを解決!さらに搾乳した母乳の保存方法、おすすめ手動&電動搾乳器についてみていきましょう。

マーミーTOP  >  赤ちゃん  >  搾乳の方法2つ!母乳育児に必要な手動・電動搾乳器おすすめ

搾乳方法をマスターしよう!母乳の冷凍の仕方&おすすめ搾乳器

搾乳と聞くと痛いイメージがあって、よっぽどのことがない限り搾乳しようなんて思わない、というママもいるでしょうが、正しい知識を持って搾乳すれば痛みもありません。それに、母乳を保存することができるので、ママの行動制限も少なくなり、授乳期だからと気を遣わなくてすむようにもなるのです。

そこで、今回は、正しい搾乳方法や搾乳が必要な状況、搾乳した母乳の保存方法、手動・電動それぞれの搾乳器の特徴とおすすめ商品を紹介していきましょう。搾乳についての知識を得て正しい搾乳方法をマスターし、何かと制限されがちな授乳期を楽しく過ごしていけるといいですね。

正しい搾乳方法で乳腺炎予防!

ミルクが入っている哺乳瓶

誤った搾乳方法だと、痛いだけでなくおっぱいトラブルの原因にもなってしまいます。搾乳方法には2種類あるので、おっぱいの状態などに応じて、自分のやりやすい方でおこなうといいですよ。ここでは、2種類の正しい搾乳方法を知って、乳腺炎を予防していきましょう。

手で搾乳する方法

手で搾乳する方法は手軽だし、自分の思い通りの力加減やペースで搾乳できるので、おっぱいに負担がかからない方法でもあります。コツをつかむまでは、思い通りに搾乳できないこともありますが、何回もおこなううちに慣れてくるので大丈夫ですよ。次のような手順でおこなっていくといいでしょう。

手で搾乳するときの手順

  1. 最初に、肩をほぐすようにして腕を回しましょう
  2. おっぱいを手のひらで包み、上下左右に動かして軽くマッサージをします
  3. おっぱいの下に搾乳した母乳を受け止める容器を添えます
  4. 右手で右側のおっぱいを真ん中に寄せるように包みます。少し前かがみになるといいですよ
  5. 親指がおっぱいの上側にくるようにして親指と人差し指で乳頭の2~3cmくらいのところを挟み、他の指でおっぱいを下から支えます。乳頭を圧迫してはいけないので、決して挟まないようにしましょう
  6. そのままの右手の状態で、乳輪を圧迫していきます。強くしすぎないように気を付けましょう
  7. 1か所だけでなく、角度を変えながら赤ちゃんが吸っているのを再現するように圧迫していきます
  8. 3~7を左右交互に、5~6回くらい繰り返すようにします

搾乳器を使って搾乳する方法

手動搾乳器のイラスト

手で搾乳するには、コツをつかむまで時間がかかりますが、搾乳器を使うと簡単にできるので、不器用なママにもおすすめです。搾乳の強さや速さなど調整も可能なので、赤ちゃんが吸うのと同じようなペースでできるように、自分のポイントを知ることが大切です。搾乳器を使って搾乳するには、次のような手順で行いましょう。

搾乳器を使って搾乳するときの手順

  1. 搾乳器を準備し、前かがみ、イスに座るなど、やりやすい姿勢になりましょう
  2. 搾乳口をぴったりと密着させるようにして、おっぱいにあてます
  3. 手動の場合は、一定のリズムで、ハンドルを握ったり離したりを、母乳が出るまで繰り返します
  4. 母乳が出てきたら、握る離すのタイミングを調整しながら繰り返し、搾乳します

こんな時に搾乳が必要です

何かと便利だからと搾乳をする人もいれば、次のような状況で、搾乳を余儀なくされてしまう人もいます。そこで、どんな時になぜ搾乳が必要なのかを知っておき、自分や赤ちゃんがその状況に置かれたときに、搾乳という選択肢があるということを理解しておきましょう。

赤ちゃんが自力でおっぱいを飲めない

哺乳瓶でミルクを飲んでいる赤ちゃん

赤ちゃんが出産時に小さく生まれたり、何かのトラブルがあったりして、NICUに入らなければならないなど、特別なケアが必要な場合、ママは母乳を直接飲ませられないので、搾乳する必要があります。また、このような場合、赤ちゃんの哺乳力も弱く、自力でおっぱいを飲めないことが多いので、搾乳して哺乳瓶で飲ませてあげなければなりません。

扁平乳頭や乳頭陥没などの乳頭の問題

おっぱいが扁平乳頭や乳頭陥没だと、赤ちゃんが吸いにくく、授乳に時間がかかり過ぎたり吸い残してしまったりして、ママに負担がかかってしまいます。乳頭に問題がある場合でも、搾乳器なら上手く搾れるので、ママの負担を減らすためにも、搾乳して哺乳瓶で授乳するといいでしょう。

乳腺炎の予防

母乳が出なくて悩んでいるママには羨ましい話ですが、母乳の量が多くて、赤ちゃんが飲んでくれる量だけでは間に合わないときや、授乳間隔が空きすぎておっぱいが張ってしまうとき、そのままにしておくと、乳腺炎になるリスクがあります。搾乳しておっぱいをきちんと出してあげることが、乳腺炎の予防につながります。

ママが治療のために薬を飲む

各種の薬

ママが何かの病気で、治療のために薬を服用する場合、薬の種類によっては、母乳を通じて赤ちゃんに移行してしまい、悪影響を及ぼしてしまうことも。このようなケースでは、母乳を諦めて完ミにするママもいますが、薬がどれくらいの時間、体内に残っているのかと調整しながら、搾乳して母乳を飲ませることもできますよ。

外出などにより授乳ができない

搾乳した母乳を保存しておくと、ママが外出したときや仕事の時に飲ませることができます。それに、パパや実家の両親に赤ちゃんを預けて、ママがリフレッシュするときも、母乳を保存しておくと安心ですね。搾乳すると、直接飲ませられなくても、赤ちゃんが母乳を味わえるということがいいことですね。

搾乳した母乳の保存方法と保存期間

いざ搾乳してみても、搾乳した母乳は、どのようにして保存したらいいのかを知っておかないと意味がありません。母乳の保存方法には、冷蔵保存と冷凍保存とがあります。それぞれ保存期間はどれくらいなのか、飲ませる時はどうすればいいのかについてみていきましょう。

冷蔵保存

冷蔵庫を開けるお母さん

殺菌済の哺乳瓶で保存すると、容器を移し替えることなくそのまま飲ませられるので便利です。搾乳してから24時間以内が保存期限なので、保存期間を過ぎた母乳は必ず処分しましょう。飲ませる際には、50度以下のお湯で湯煎して、人肌になるまで温めて適温にしましょう。

冷凍保存

1回分ずつ母乳パックで保存すると、場所をとらずに冷凍保存できます。保存期間の目安は1ヶ月程度で、保存期限を過ぎた母乳は処分するようにしましょう。母乳の成分が壊れないように、流水やぬるま湯で解凍するか、自然解凍してから、50度以下のお湯で湯煎して、人肌になるまで温めるようにして飲ませます。

種類別の搾乳器の特徴

搾乳器には、手動のものと電動のものとがあります。それぞれの特徴を知り、ママの用途やおっぱいと赤ちゃんの状態に合ったものを選ぶようにしましょう。

手動搾乳器

何といっても、手動は価格が安いのがメリットでしょう。それに、電源を必要としないため、外出先でもどこでも気軽に搾乳できるところもいいですね。しかし、搾乳の回数が多い場合は疲れてしまうので、一日に何度も搾乳しなければならないママには負担が大きく、不向きです。

電動搾乳機

電動搾乳器のイラスト

手動のように、手でハンドルを握ったり離したりする必要がなく、疲れないので腱鞘炎の予防にもつながります。マッサージモードがあるので、ママもラクラク母乳の分泌を促すことができて嬉しいですね。しかし、電動とあってパーツも多く、お手入れが面倒なのがデメリットです。

【手動&電動】人気の搾乳器6選

搾乳の方法や搾乳器の種類は分かりましたが、実際にはどのような搾乳器を使ったらいいのか、迷っているママも多いはず。そこで、次に手動と電動それぞれのおすすめ商品をみていきましょう。ママの用途に合った使い勝手のいいものに巡り合えるといいですね。

さく乳器 母乳アシスト 手動

さく乳器母乳アシスト手動

ピジョン

4100円 + 税

やわらかいシリコン製の搾乳口のカバーが、おっぱいにフィットしやすく空気も漏れずに、上手く搾乳できます。片手で自分に合ったリズムや強さで搾乳できるので、赤ちゃんが飲んでいるように再現でき、ママのおっぱいにも負担がかかりません。

http://products.pigeon.co.jp/

ヌーク(NUK)ジョリー

ヌーク(NUK)ジョリー

ヌーク

5000円 + 税

これまでにない哺乳瓶のニップルを開発したことで有名なドイツのメーカー、ヌークの手動搾乳器。ハイセンスな花のイラストのデザインで、搾乳中もテンションが上がります。容器がそのまま冷凍保存でき、搾乳口に哺乳瓶のニップルを簡単に装着できるので、搾乳・保存・授乳がスムーズにできます。

http://www.nuk-japan.jp/jolie/

カネソン ママさく乳器

カネソン ママさく乳器

柳瀬ワイチ株式会社

3000円 + 税

ボトルに搾乳するか母乳パックに搾乳するか、その時の用途によって選ぶことができて便利です。乳頭の小さいママも安心な、乳頭アダプター付きで、ママも赤ちゃんも負担なく搾乳できるのも嬉しいですね。電子レンジで消毒可能な保管ケースがあるので、バラバラになりがちな部品をスッキリ収納できます。

http://www.kaneson.co.jp/

メデラ(medela)スイング電動さく乳器

スイング電動さく乳器

メデラ社

22999円 + 税

スイス生まれのブランド、メデラが病院モデルを家庭用に改良した電動搾乳器。吸引の強さは9段階から選べ、赤ちゃんの吸う力やリズムを再現することができます。電池でも動作可能で、コンパクトなので外出先にも持って行くことができて便利です。

http://www.toysrus.co.jp/

さく乳器 母乳アシスト 電動 First Class

母乳アシスト 電動

ピジョン

12600円 + 税

ピジョンさく乳器の電動バージョン。搾乳口のカバーなどは手動バージョンと同じで、吸引の強さや速さを表示画面で確認でき、搾乳時間を計れるタイマーやバックライト機能も付いています。パーツが少なく、お手入れしやすいのも嬉しいですね。

http://products.pigeon.co.jp/

充電式ポータブル電動搾乳器 Obebe(オベベ)

充電式ポータブル電動搾乳器

ブレメッド社

15556円 + 税

充電式なので、持ち運びが簡単便利!ボトルを逆さまにしても母乳が漏れない作りになっている商品です。ママの好みに合わせて圧抜きができ、痛みを感じることなく搾乳することができます。パーツが少なくお手入れが楽なのもうれしいポイントですね。

http://flclover.co.jp/SHOP/

スポンサーリンク

おすすめコンテンツ

この記事を書いたライター
小森ひなた

小森ひなた

子育てと仕事に頑張る共働き主婦です!ルンバ貯金始めました♪