おむつかぶれとワセリンに関する記事

おむつかぶれにワセリン/正しい塗り方&悪化させる使い方

おむつかぶれにワセリン/正しい塗り方&悪化させる使い方

おむつかぶれ時ワセリンは皮膚を優しく守ります!でも間違った使い方では肌荒れも悪化?!ワセリンの正しい使い方と注意点

マーミーTOP  >  赤ちゃん  >  おむつかぶれにワセリン/正しい塗り方&悪化させる使い方

おむつかぶれにワセリン 正しい使い方&NG使い方

いつもうるうるぷるぷるしていてかわいい赤ちゃんの肌ですが、バリア機能を備えている表皮がすごく薄いために肌のトラブルを起こしやすいものです。これがおむつの中となるといつもじめじめしているだけでなく、うんちやおしっこの刺激性も加わりほかの部分より肌トラブルを起こしやすい環境といえます。結果、気を付けていても出来てしまうおむつかぶれ。
おむつかぶれが出来ると赤ちゃんだって不快ですが、痛い、かゆいという感覚を泣いたりぐずることでしか伝えられません。それでもおむつは使用しなくてはいけませんから、悪化しないように早いうちに対処してあげたいいですね。

おむつかぶれなど赤ちゃんの日々の肌ケアに、日常的なワセリンの使用は珍しくありません。身近で安価、手ごろなワセリンですが、おむつかぶれにワセリンを使用して悪化することはないのでしょうか?今回は、ワセリンの効果とおむつかぶれのベストケアの観点から、ワセリンの使用方法と塗り方の注意点をまとめました。

赤ちゃんのおむつかぶれとワセリンの効果

ワセリンの蓋を開ける

ワセリンは石油から抽出された物質を脱色・精製したものをいいますが、日本のみならず世界各地で使用されます。
赤ちゃんから老人まで使用でき塗布する場所も顔から頭まで選ばないので、いろいろな化粧品や外用薬などの医療品のベースにも使われています。

石油由来とは言え、世界中で様々な人に広く使用されていることからも安心して使うことができるワセリン。赤ちゃんのおむつかぶれにワセリンはどのように働いてくれるのでしょうか?ワセリンの特徴と赤ちゃんがおむつかぶれを起こしやすい理由という両面から、赤ちゃんのデリケートな肌を守る「正しいワセリンの塗り方」を探って行きましょう。

ワセリンの効果

例えば、皮膚科の薬でもお薬の説明書をみたとき、薬品の処方量が少ない場合には「ワセリン」と薬が混合されたものだということができます。世界中でポピュラーに使われているワセリンの特徴とはどのようなものなのでしょうか?

角質層へ浸透しません!

ワセリンはほかの薬や美容液などと異なり、肌の奥へと浸透しせん。表皮に塗布することで、角質層の水分蒸発による乾燥を防ぎます。

塗った部分の肌を保護します!

ワセリンを塗っておくことで外からの刺激から皮膚をまもってくれる効果もあります。…ということは、肌荒れ箇所にワセリンで保護膜を作っておけば、その間の皮膚の治癒もスムーズになりますね。

ワセリンの副作用

体質によりアレルギーや発赤、発疹などかぶれの症状をおこすことがあります。かゆみや違和感を感じるようなら塗布をやめましょう。

赤ちゃんがおむつかぶれを起こしやすいのは…

そして、赤ちゃんのお尻は以下の理由からいつもおむつかぶれのリスクにさらされています。

おむつの中はいつも湿度が高い
おむつをつけた赤ちゃん

おむつの性能はよくなってきてはいますが、それでもいつもおむつを装着させられた赤ちゃんのお尻は湿温度が高い状態になっており、肌トラブルにつながりやすい環境にあると言えます。

赤ちゃんのおしりがじめじめのせいでかぶれてくると、肌をサラサラにするためにベビーパウダーを使用したくなりますが、ベビーパウダーも単純に使いすぎると湿気を吸着したパウダーが肌に密着して毛穴をふさいでしまうこともあるので、使い方には注意が必要です。

うんちの性状によっておしりふきの摩擦が増える

赤ちゃんのうんちの状態は、生まれた直後の岩のりのような胎便からだんだんとミルク便、母乳便へと変化をしていきます。離乳食が始まり食べられるものが増えていくにしたがって、さらにうんちの状態は変化をしていくことになりますが、食べ物の多様性が増す離乳中は下痢を起こすことも少なくありません。

特に初めての育児では赤ちゃんのお尻をきれいに!という意識のあまり、赤ちゃんの肌には力が強かったり過剰に拭き過ぎてしまったり…。そんなおしりのふき取り過ぎによる摩擦も皮膚のトラブルを起こす1つの原因です。

ワセリンの正しい使い方&悪化を招くNG使い方

おむつ着用の摩擦で皮膚のバリア機能が傷ついたところに、うんちやおしっこなど排泄物の刺激が加わって引き起こされる肌荒れ・おむつかぶれは、ママの悩みの種ですね。
赤ちゃんがおむつかぶれで痛痒そうだから…とワセリンをただ塗りたくるのではなく、上手に使って快方に導いてあげましょう。

ワセリンの使い方&NG使い方

皮膚を保護してあげようとワセリンを塗ったらおむつかぶれが悪化した?!ということもあるようです。
赤ちゃんの肌を守るためには正しい方法で使用することが大切です。

おしりはきれいに拭いてから

ワセリンで皮膚を保護する前に清潔な状態にしてあげることが大切です。
赤ちゃんのおむつ替え時はおしりふきでおしりをキレイにしてあげてから、新しいオムツに取り替えてあげますよね。このとき、よごれをキレイに拭き取ること、力を入れずに優しくふき取ることが大切です。

うんちなどの排泄物だけでなく、前回塗布したワセリンもキレイに落としましょう。しかし、ワセリンは落ちにくいので、ワセリンを落とすときは摩擦刺激に気を付けて。厚塗りしてしまったときはおしりふきシートではなく、石鹸とぬるま湯できれいに流してあげましょう。

おしりをきれいに拭き取るには

  1. おしりの肌にくっついたうんちを取り除きましょう。
  2. おしりふきシートを半分折りか2、3枚重ねて、キレイな面を使いながら優しくふき取りましょう。
  3. シートを半分折りか四つ折りにして仕上げの拭き取り。キレイな面を使いましょう。

あまりに肌荒れが酷い時は、おしりふき自体も刺激になってしまうことも…。そのような状態になったら病院へ行くことも大切ですが、おうちでも、なるべくおしりふきの使用を避けておしりをぬるま湯で流してあげたりスポイト洗浄をしてあげましょう。

ワセリンは薄く塗りましょう

一般的にはべたべたするものなので厚塗りをするほど落ちにくく、よごれやおむつの繊維も付着しやすい状態になります。
また、ワセリンは皮膚の水分の蒸発を防ぎますが、塗りすぎるとその部分の皮膚温調整を妨げ熱がこもる原因になります。熱がこもるとかゆみが発生し、自分で掻いたりできない赤ちゃんはぐずったり泣いたりすることで不快感を訴えることが多くなります。

ワセリンを塗らないおしりさらさら時間を設ける
おむつ姿で笑顔の赤ちゃん

ワセリンをずっと塗布していると、汚れとワセリンが混ざり汗腺をふさいでいる状態も長いということ。ワセリンで保護膜を張り皮膚を守っているつもりでも、その部分は通気性の良い状態ではないため、皮膚呼吸をすることが出来ない結果肌荒れも悪化することがあります。

ワセリンでおしりを保護しているときは、おむつ替えの度にすぐ新しく塗ってしまうのではなく、「おしりさらさら時間」を設けて悪化を防ぎましょう。たとえその時間が15分程度の短時間であっても効果があります。

ワセリンに消炎効果はないことを忘れない

赤ちゃんのおむつかぶれは、軽い赤みのある程度からかぶれが進行しただれた状態までさまざまです。中にはただれた部分が破れうみや出血の伴う場合も…。炎症が悪化してしまった状態のおむつかぶれは、まず皮膚を改善させなくてはいけません。
炎症が悪化した時にはこれ以上の悪化・傷口からの2次感染を防ぐためにも、病院へ行き、おくすりをもらって医師の指示のもとでおむつかぶれを改善していきましょう。ワセリンは消炎効果はないので、いくら塗布を続けても意味がありません。

炎症を抑えるおむつかぶれの薬

おむつかぶれが酷いときは、外用薬をお尻に塗布、その上にワセリンを薄く塗ると言う方法も。薬は浸透し、肌はワセリンによりカバーされます。

一般のおむつかぶれの薬は炎症を抑えるための効果がある非ステロイド系外用薬、ステロイド外用薬があります。ステロイド外用薬は非ステロイド系に比べ強力ですが、かゆみ止めの効果はなく副作用も持つ薬ですので安易に使用せず医師や薬剤師に相談しましょう。

ワセリンの選び方

世界中で使用されるワセリンですから、「ワセリン」と呼ばれる同じような商品はたくさんあります。選ぶのに困ってしまうほど…。デリケートな赤ちゃんのおしりに使用するワセリン選びの基準はあるのでしょうか?

ワセリンの種類と成分

原料が石油由来の物質であるワセリンは、いずれも主成分は同じですが商品によって精製度が違います。赤ちゃんの肌ケアにも使用するほど安全性が高いといわれるワセリンですが、商品によっては酸化防腐剤などが入っているため、体質によっては赤みが出たりかゆくなってしまう人もいるのです。

もっとも一般的なワセリンのひとつ日本薬局方「白色ワセリン」は、不純物を取り除いてあるため医薬品として分類されています。この白色ワセリンよりもさらに純度の高いものもあり、最も純度の高いものは「白色ワセリン」でさえかゆみが出る人でも安心して使えるという話も。

ワセリンは温度によって粘度が異なりますが、高純度・高品質であるほど伸びが良いとされています。
刺激に弱い赤ちゃんの肌には純度の高いワセリンを塗ってあげたいですね。

サンホワイトP-1チューブ品

サンホワイトP-1チューブ品

日興リカ株式会社

価格:1,200円

香料や着色料を使用しない100%の高品質白色ワセリン。赤ちゃんの肌ケアにも安心して使用できます。

おむつかぶれのケアは正常な皮膚機能を維持するために

おむつかぶれの予防、改善のため日々のスキンケアは重要です。そのために皮膚を保護するワセリンは効果的ですが、正しい塗り方をしなくては正常な皮膚機能を維持することはできません。

皮膚を清潔にする、薄く塗布する、しっかり落とすという基本的なことを守り、赤ちゃんの肌に使用するワセリンは、純度が高い高品質なワセリンを選んであげるとベストでしょう。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

この記事を書いたライター
小森ひなた

小森ひなた

子育てと仕事に頑張る共働き主婦です!ルンバ貯金始めました♪