赤ちゃんの視力に関する記事

赤ちゃんの視力は0.02?月齢別いつから・どのくらい見えるか

赤ちゃんの視力は0.02?月齢別いつから・どのくらい見えるか

赤ちゃんの視力はどれくらい?いつから目は見えているの?生まれたばかりの新生児から月齢順に視力の発達をご紹介。赤ちゃんは「泣いても涙が出てない」「まばたきをあまりしない」って知ってましたか?

マーミーTOP  >  赤ちゃん  >  赤ちゃんの視力は0.02?月齢別いつから・どのくらい見えるか

赤ちゃんはどのくらい目が見えているの? 視力の発達、涙とまばたきの不思議!

我が家に赤ちゃんがやってきた!「かわいい」「元気?」と話しかけ、お世話をするママやパパですが、果たして赤ちゃんはママたちの顔が見えているのでしょうか?

結論からいうと、心配いりません!昔は、新生児は目が見えないといわれていました。しかし、現在では、生まれてすぐでも目は見えているということが明らかになっています。ただ視力は非常に弱く、人の顔を区別できるようになるのはまだ先の話です。

また新生児期の赤ちゃんはよく泣きますが、生後3ヶ月くらいまで涙は流れず、まばたきもあまりしないことが知られています。赤ちゃんの目は生まれてから1年間で独自の発達を遂げていきます。では赤ちゃんの目はどのように発達していくのでしょうか。赤ちゃんの視力の発達を月齢順にご紹介!涙や瞬きの不思議についても解説します。

どうして赤ちゃんの視力は低いの?

一点を見つめている赤ちゃん

結論からいってしまうと、脳が未発達だからです。そもそも目が見える仕組みとはどのようなものなのでしょうか?

私たちの目には虹彩や水晶体という、カメラでいう絞りやレンズの役割を持つ器官が存在します。虹彩で光を調整し、水晶体でピントが調節された像は、網膜(フィルム)に映し出されます。その後、網膜に映し出された像は、視路を通り、大脳へと伝えられていきます。これが人間の目が見える仕組みです。

しかし、生まれたばかりの赤ちゃんは脳の働きが未発達で、網膜に映し出された映像を大脳で上手く処理できないようです。視力以外にも、身体の動きも月齢とともにどんどん成長していきますが、発達の鍵を握るのはやはり脳です。

赤ちゃんの成長には、脳の発達が欠かせません。特別なことは必要ないので、赤ちゃんにたくさん話しかけて、たくさんふれて、たくさん色々なものを見せて、脳へ刺激を与えてあげましょう。

赤ちゃんの視力の発達

生まれたばかりの赤ちゃんはおっぱいをくれるママの顔がぼんやり見える程度の視力ですが、成長に伴い次第に視力が上がってきます。発達の流れを見ていきましょう。

1.新生児(生まれてから生後1ヶ月まで)の赤ちゃんの視力

新生児の視力で見えている白黒でぼやけいるママ

赤ちゃんは大人が行う丸の虫食い部分を伝えるランドルト環検査が行えませんので、PL法と呼ばれる白黒の模様を注視させる検査で視力を調べます。新生児の視力は0.01~0.02ぐらいです。

この頃の赤ちゃんは昼夜を問わず眠っていますが、明暗の区別はついています。昼間はしっかり日の光をとりいれ、眠る前は間接照明などで部屋を暗くし、この頃から昼夜の区別をつけた生活を送った方がいいでしょう。ただ色彩はわからず、すべてモノクロで見えているようです。

近眼で、目の前20~30センチぐらいにあるものがぼんやりと見えている程度ですが、人の顔はなんとなくですが認識できるようです。赤ちゃんのお世話をするときは、意識的に顔を近づけて話しかけてあげましょう。

黒目が斜めに向いている斜視や眼球がクルクル動くことなどから視力障害を気にしてしまうことがありますが、眼が未発達なためなのであまり心配しないで成長を見守って上げて下さい。

2.生後1~2ヶ月の赤ちゃんの視力

寝ている生後1ヶ月の赤ちゃんとガラガラのおもちゃ

 生後1ヶ月、2ヶ月の赤ちゃんの視力は0.03ぐらいです。黒、赤・青・黄色など、はっきりとした色のものを認識できるようになります。

視力は未発達ですが、耳は生まれる前からちゃんと聞こえています。聞こえているか心配になる時もありますが、聴力は発達しているので、ガラガラなど色彩のはっきりした音の出るおもちゃを鳴らしたり、ぬいぐるみなどをつかってママやパパが話しかけると、目線を動かして反応を示してくれるようになります。

1点を見つめる固視はまだ苦手で、目線はきょろきょろと落ち着かず白目で寝てたりすることもありますが、心配いりません。

3.生後3ヶ月くらい~5ヶ月の赤ちゃんの視力

赤いおもちゃを見ている3ヶ月の赤ちゃん

視力は0.02~0.04ぐらいまで上昇し、たくさんの色が認識できるようになります。焦点が合わさってくることで周りの物に興味を持ち始め、おもちゃなどに手を伸ばすことも増えます。

また、目で動くものを追いかける追視ができるようになります。ベッドメリーを触ったり、ガラガラを手にもって振ったりと遊びらしい遊びができるようになりますので、刺激を与えるためにどんどん遊んであげましょう。3・4ヶ月検診でも物を使って追視ができるか確認されます。

 自分の手を見つめるハンド・リガードが始まる子もいます。自分の手を見つめながら「これはなんだろう?」と考えているのですが、自分の身体だという認識はまだありません。

ハンド・リガードは視力や身体、そして脳がバランスよく発達した証だといわれています。自分の手を「じぃー」と見つめて、不思議そうな顔をする赤ちゃんの姿はとても可愛らしいのですが、多くの子が生後6ヶ月頃には終えてしまうため、写真や動画などで記念に残しておくとよいでしょう。

4.生後6ヶ月くらい~の赤ちゃんの視力

片手におもちゃを持って上半身を起こしている6ヶ月の赤ちゃん

生後半年頃になると視力は0.04~0.08ぐらいになります。

身体も発達し、6ヶ月の頃にはうつ伏せで上半身を起こせる子が多くなります。視力と身体、好奇心の発達によって、近くにおもちゃなど興味があるものを置くと、腹ばいになりながら必死に手を伸ばします。

8ヶ月を過ぎるとお座りが完成する子も増えます。視力や脳が発達し、ママやパパなど、家族の顔がはっきり認識できるようになったことで、人見知りがはじまる子もいます。

人見知りをするかどうかはその子の個性にもよりますが、人見知りをするのは、赤ちゃんが自然な成長をとげた結果です。ママやパパはあまり気にせず、「○○さんだよ。優しい人なんだよ」と赤ちゃんに少しずつ教えてあげてください。

赤ちゃんが泣き止むアプリや動画などを見せる人が多くいますが、せっかく視力が発達してきたのに、赤ちゃんがスマホを見続けることによる視力低下の可能性がありますので、決して長時間見せ続けないようにしましょう。

6ヶ月を過ぎたらファーストブックを与え、赤ちゃんと一緒に寝転がったり、お膝に抱っこした状態で絵本を読んであげましょう。色使いがはっきりしていて、絵が大きい赤ちゃん向けの絵本を読んであげると、喜んでくれるかもしれません。

すぐには反応を示してくれなくても、赤ちゃんはちゃんと見て、聞いているはずです。気長に、成長とともに絵本に愛着を持ってくれることを期待しましょう。

5.1歳の赤ちゃんの視力

視力は0.1~0.2ぐらいで、自然な眼球運動をするようになります。

指先の発達に伴って食べこぼしのご飯粒や部屋の小さなゴミなどを見つけては、いじったりつまんだりして遊びます。誤飲が多い時期ですので注意が必要です。

赤ちゃんの好奇心はますます強くなり、興味のあるものを見つけて指差しをすることが増えます。指差しには色々な種類があり、また「指差しは言葉のはじまり」と呼ばれるくらいに大切な赤ちゃんの成長の証です。指差したものの名前を教えてあげたるなどして、積極的に赤ちゃんとコミュニケーションをとりましょう。

一般的には、1歳ぐらいで赤ちゃんの視力や見え方を気にすることはなくなりますが、3歳を過ぎると視力が1.0ぐらいまで発達するの幼児が半数を超えます。

赤ちゃんの涙の秘密 涙を流すには心の成長が必要

涙で眼が潤んでいるようにみる赤ちゃんの目

生後3ヶ月ぐらいまで、赤ちゃんは泣いても涙は流れません。赤ちゃんがよく泣くのは知られていることですが、はじめて赤ちゃんを迎えた家庭では、顔を見て「うそ泣き?」と驚かれた方もいるのではないでしょうか。

そもそも涙とは、角膜を保護し、汚れを洗い流すために作られています。もちろん生まれた時から涙は作られているのですが、赤ちゃんは涙を作る機能が未発達なため、生後3ヶ月くらいまでは瞳からこぼれるほどの涙を作り出せません

またこの頃の赤ちゃんは精神的な発達、つまり脳が未発達のため、「悲しい」「寂しい」といった感情的な理由で涙を流すことがまだできないといわれています。この時期には「快」「不快」の情緒しかありませんので、悲しいから涙を流すという大人からすると当たり前の行為を赤ちゃんが実践できるようになるためには、目と脳の両方が発達しなくてはいけないのです。(注1)

赤ちゃんのまばたきは大人の半分以下!

 赤ちゃんがパパやママのことを見つめている姿はとても可愛いですよね。でも、じぃーと見つめあっていると、「この子、まばたきをしてない!?」と不思議に思ったことはありませんか? 実は赤ちゃんのまばたきは、1分間に3回~10回。成人男性で平均20回、女性が15回であることを考えると、赤ちゃんは大人の半分以下の回数しかまばたきをしません。

一般的に知られているように、まばたきには涙により角膜を保護し、埃などを洗い流す働きがあります。大人からすると、「まばたきをしないと、目が痛くならない?」と心配でしょう。ですが赤ちゃんの涙は大人に比べて質が高く、量も多いので、まばたきをしなくても目が乾くことはありません。

また、まばたきには「目の焦点合わせ」というもう1つの重要な役割があります。人の目はまばたきをすることでピントを調整しているのです。試しに1点を見つめながら、まばたきをしないようにしてみましょう。目が痛いのはもちろんですが、視界がぼやけてくるはずです。それから瞬きをすると、ピントが合います。

しかし、1歳未満の赤ちゃんは0.01~0.1と視力が弱く、まばたきをしてピントを調整するのに時間がかかってしまいます。そのため、できるだけまばたきをしないようにしているとも言われています。 子供の視力の発達は3~5歳頃に落ち着き、6歳になると視力は1.0~1.2になりますが、まばたきに関しては3歳を過ぎてもまだまだ大人よりは少ない子が圧倒的に多いです。