妊娠中のおりものの変化に関する記事

妊娠中のおりもの臭い?色・匂い・量の変化と病気の種類

妊娠中のおりもの臭い?色・匂い・量の変化と病気の種類

妊娠中のおりものは、色や匂い、量でママの体と胎児の健康をチェックできますから、病気と関係する変化をチェックしましょう。

マーミーTOP  >  出産  >  妊娠中のおりもの臭い?色・匂い・量の変化と病気の種類

妊娠中におりものの色が変わってしまう理由と気とつけるべき体からのサイン

妊娠中のおりものの変化が気になると言う女性は多いですよね。妊娠すると、おりものの量が増えたり、色や匂いが日々変化したりすることがあります。おりものは膣内の環境を維持するだけでなく、妊娠をしっかりサポートしてくれる大切な役割を担っています。妊娠時と通常時でおりものに変化が生まれるのは、妊娠した体に合わせておりものも変化しているからなのですね。

しかし、妊娠中のおりものの「色」や「匂い」、「量」が普段の感じと違っていたら、それは体の不調を知らせてくれるサインかもしれません。適正な色と匂いを把握しておくことで、いち早く変化に気づくことにもなりますよ。場合によっては、病院に行って検査を受ける必要があるので、素早い判断が大切になります。

そこで今回は、妊娠中におりものの色が変わってしまう理由と、気をつけるべき体からのサインについてご紹介いたします。

おりものは妊娠していなくて分泌されている

ソファに座っている妊婦さん

おりものは妊娠していなくても量は少ないですけど分泌されています。子宮の出口から分泌される粘り気のある透明にちかい色、もしくは白っぽい液体がそれです。女性が妊娠すると、女性ホルモンの一種である「エストロゲン」が体内で多く分泌されることによって、おりものの量も増える仕組みになっています。

おりものが分泌されることによって、膣内の環境を酸性に保ちます。膣内を酸性に保つことで細菌の侵入や増殖を防ぐ役割もあります。膣内を安全かつ清潔に保ち、安心して妊娠期を過ごせるのはおりもののおかげなんですね。

おりものは女性の健康状態を守ると同時に、新しい命をつなぐ使命も担っているのです。女性の体にとって、欠かすことのできない生成物といえます。

妊娠中にはおりものの色や匂いなどが変化してしまう妊婦さんも!

妊娠前は無色透明だったおりものが、妊娠を機に黄色く変化したり、分泌される量が多くなったりすることがあります。しかし、これは妊娠に合わせておりものが変化したためであって、ほとんどの場合、健康状態には問題ありません。

妊娠期のおりものの変化で見る健康状態についてご紹介いたします。

妊娠初期には茶色に変化してしまうことも

茶色のおりものは、血が酸化している状態です。多少の茶色っぽさならば、妊娠段階による出血かもしれません。茶色く変化していることから、最近起こった出血ではないと判断できますが、念のため病院で相談してみるのが良いでしょう。妊娠初期の場合は、少量の出血でも早産などの恐れがあります。

妊娠すると女性ホルモンが増えるので、おりものも増えていきます

笑顔の妊婦さんのイラスト

妊娠すると女性ホルモンが増えるので、おりものの量は増えるのが普通です。女性ホルモンの一種で卵胞ホルモンのエストロゲンとともに、黄体ホルモンのプロゲステロンが大量に分泌されることから、その影響を受けておりものの量にも変化が表れます。妊娠によってオリモノが多い場合、心配になる人がおりますが、量が増えることは十分にあり得ることなので、慌てないでおりものシートを使ったりして対応しましょう。

妊娠初期には酸っぱい匂いが弱まってしまう

おりものは通常少し酸っぱい匂いがします。これはおりものが酸性だからです。しかし妊娠初期には、このおりものの匂いが薄まってしまう女性もいます。匂いが薄まると聞くと、一見良いことのように思えます。しかし酸っぱい匂いがしないということは、おりものの酸性濃度が低下していることを意味していて。つまり細菌に対する防衛機能が弱まっており、妊娠期においては危ない状態であると言えます。

妊娠中期・安定期には量が増えることも

妊娠初期からおりものの量が増える人もおりますが、妊娠中期となる5ヶ月頃からおりものの量が増える人が多くなります。妊娠中は女性ホルモンの分泌量が増えますから、これに比例しておりものの量も増えてしまいます。量が増えたとしても、匂いや色などに極端な変化がなければ、自然なことですから安心しましょう。

こんなおりものの時には病気のサインかも…

疑問を持つ妊婦さんのイラスト

正常な状態のおりものは、透明な色であったり、酸っぱい匂いを感じたりします。しかし普段とは異なる色や匂いを感じた場合には、何かしらの病気を示すサインかもしれません。おりものは生理周期や女性の体調の変化によって変化するため、普段から自分のおりものがどういう状態なのか把握しておく必要があります。
ここでは気をつけたほうが良い、おりものの状態についてご紹介いたします。

魚が腐ったような独特の匂い

魚が腐ったような独特の臭い匂いを感じたら、細菌感染の疑いがあります。おりものの防衛機能が弱まり細菌が繁殖すると、膣内の衛生環境が乱れてしまって、魚が腐ったような生臭く不快な匂いを感じることがあります。

特に注意していただきたいのは妊娠中で、普段よりも免疫力が弱まり、細菌感染の危険性がたかくなります。おりものの防衛機能は、ストレスや体調不良などで、簡単に弱まってしまうので妊娠時や体調が悪い時、疲れが溜まっているときなどは注意が必要ですよ。
妊婦さんが放っておくと、破水や早産の危険もありますので、匂いの変化が強い場合は病院にて診察を受けるようにしてください。

大きい血のかたまりが出てしまった

生理期間以外でオリモノに血が混じる不正出血の場合には、妊娠した可能性が考えられます。他には子宮筋腫や子宮内膜症、または子宮頸がんなどの病気の可能性があり得ますので、必ず婦人科にて診察を受けるようにしましょう。

妊娠中の臨月の時期に少量の出血が1回だけあったならば、出産を近いことを知らせる「おしるし」かもしれません。もし、出血が長く続く場合や、大きい血のかたまりが出てしまうようならば注意が必要です。鮮血がひどい場合には切迫流産の恐れもありますので、病院での受診をオススメします。その他、子宮外妊娠の場合などにも血のかたまりがよく出てくることがあります。妊娠中に不正出血があった場合は、まずはお医者さんで赤ちゃんの健康を確認してもらいましょう。

黄色じみた状態が続いていたり、外陰部にかゆみがある

各種の色

おりものの「色」が黄色じみている状態が続いていたり、外陰部にかゆみがあったりする場合は、感染症を発症している可能性があります。そういった、種類の細菌には妊娠中のストレスや体調不良などで抵抗力が弱まることで、妊娠する前よりも感染しやすくなってしまいます。

感染症の場合放っておくと早産などの危険があり、出産までに治療しないと母子感染を起こしてしまって、お腹の子にも感染させてしまう恐れもあるので注意しましょう。今は妊娠すると産科で無料感染症チェックをしてくれることが多いので、心配ならばお医者さんに相談してみるのが良いでしょう。

おりものがピンク色や赤みがある

おりものの色がピンク色であったり赤みがあったりする場合、膣内が酸性ではないために血が酸化しきっていない可能性が考えられて、それほど時間が経過していない血がおりものに混じってしまった、つまり鮮血を生じている可能性が高まります。不正出血と同様に、婦人科での診察を受けるようにしましょう。

おりものの状態の変化に関わる疾患

「おりもの」の色や匂いなどの状態に、変化を与えてしまう疾患を紹介します。

カンジダ膣炎

カンジダ膣炎は、真菌と呼ばれるカビの一種が膣内に繁殖することで起こります。ストレスや体調不良、妊娠中などは膣内の抵抗力が落ちるために、菌が繁殖しやすくなってしまい、カンジダ膣炎になりやすくなります。カンジダ膣炎に感染してしまと、おりものが白っぽいポロポロとした塊になるのが特徴です。

トリコモナス膣炎

温泉

気泡が細かい泡状のおりものは、トリコモナス膣炎特有の状態です。おりものがとても臭くなり、黄色が強い色になることも。外陰部に強烈なかゆみや腫れ、排尿痛を感じたりすることがあります。感染症であり人由来以外にも、プールや温泉、お風呂などの水中でも、原因となるトリコモナス原虫は生息することができるので、誰しもが感染する危険性がある病気です。

B群溶連菌

おりものの量が増え、外陰部に腫れと痛みを感じている場合には、B群溶連菌の増殖による細菌性膣炎などを併発している可能性があります。抵抗力が弱い時にB群溶連菌が増殖し、時には痛みなどの症状がなかなか表れないまま、進行することもあります。症状が出ない場合は、気づかないままという人もおります。
治療をしないまま妊娠した場合は、出産時に赤ちゃんが産道を通る時に、赤ちゃんへの感染の危険性があります。出産前には絶対に検査をするので安心してください。出産時には赤ちゃんへの感染を防ぐために、抗生物質の投与を行います。

B郡溶連菌は人間の常在菌であり、症状が出ないことから感染に気づかない場合が多くなります。出産による新生児への感染も、抗生物質により少ないことから、大きく問題視されないこともありますが、気になる人は妊娠前に検査して、薬による治療をオススメします。

細菌性膣炎

おりものの色が白ではなく濁っていたり、魚の腐ったような臭いに感じたら、細菌性膣炎の可能性もあります。水っぽくなって量が増える場合もあります。細菌性膣炎の場合、おりものが黄色であったり緑色であったりします。抵抗力が弱まっている時に、大腸菌などが膣内に侵入したことで菌が繁殖し感染します。外陰部に腫れやただれが起こってしまうのも特徴です。

外陰部は清潔に保つ必要がありますが、膣内は常在菌により細菌からの感染から守られています。そのため、抵抗力が弱ることにより、膣内のバランスが崩れ細菌性膣炎を発症してしまいます。また、間違った洗い方をすることで、膣内を清潔に保つ良い乳酸菌を含む良い菌が少なくなることでも、細菌性膣炎を発症することがあり、人によっては繰り返し発症する病気ですので、必ず病院で診察と共に、正しい洗い方などを身につける必要があります。

妊娠中におりものの状態を悪化させないための注意点

「おりもの」の状態に、少しでも異変を感じたら、状態をさらに悪化させないことが必要となります。そのための注意点を紹介します。

お風呂でデリケートな部分の洗いすぎには注意する

家のバスルーム

おりものの量が増えたからといって、洗いすぎは良くありません。おりものには体や膣内を雑菌から守る、大切な役目があります。先に伝えた通り、洗いすぎると常在菌という、膣内を雑菌から守る菌まで洗い流してしまうことになります。ナイロンタオルでゴシゴシなんて以ての外で、傷つけないように手で洗うようにしましょう。ボディーソープなどは使わずに、外陰部をお湯で流しながら洗ってあげましょう。膣内は自浄作用がありますから、中を洗う必要はありません。
現在は、デリケートゾーン専用の石鹸などがありますから、外陰部のムレなどが気になる人は、使ってみるのもオススメです。

生理後に使い捨ての膣洗浄器を使う人もおりますが、常在菌への影響を考えると頻繁に使うのは問題があります。使用は月に1、2回程度に抑えておきましょう。便座についているビデは、あくまでも外陰部の洗浄が目的ということを忘れずに、適度な強さで使うようにしましょう。

下着はこまめに取り替えたり、おりものシートを上手に利用する

あまりにおりものの量が気になる場合は、下着をこまめに取り替える、おりものシートを利用するなどしましょう。おりものシートについた、おりものから菌が繁殖しますから、膣内を清潔に保つためにも、1日ずっと同じシートをつけっぱなしにしないで、こまめに取り替えるようにしましょう。交換のタイミングはおりものの量によりますから、多い時期にはいつもより多めにシートを用意し、雑菌が繁殖する前に交換するようにしましょう。

おりもの色や匂いなどの状態に違和感があったら病院へ

おりものの色や匂いの変化は、膣内の菌や赤ちゃんの異変を知らせるサインです。違和感があったらすぐ病院へ行くことが大切です。デリケートな部分で恥ずかしい気持ちもあるとは思いますが、自分の体の病気や、妊娠している人なら赤ちゃんのためにも、素早い対応が大切ですよ。

スポンサーリンク

おすすめコンテンツ