妊婦の着圧ソックスの選び方に関する記事

妊婦の着圧ソックスの選び方!使い方次第でむくみ悪化!?

妊婦の着圧ソックスの選び方!使い方次第でむくみ悪化!?

妊婦の着圧ソックスはむくみ対策に効果的ですが、使用時の注意点を守らなければ症状が悪化するケースも少なくありません。

マーミーTOP  >  出産  >  妊婦の着圧ソックスの選び方!使い方次第でむくみ悪化!?

妊婦が着圧ソックスを履いても大丈夫?着用時の注意点は?

妊娠中はひどいむくみの症状に悩むことも多く、着圧ソックスを使用したいというプレママも多いのではないでしょうか。

妊婦の着圧ソックスは、手軽にできる足のむくみ対策として人気ですが、いくらむくみ解消に効果的といっても、合わないものを着用したり、間違った使い方をしてしまったりすると、むくみの症状はさらに悪化してしまいかねません。

今回は、妊婦の着圧ソックスの選び方や使用の注意点についてご紹介します。妊娠中の浮腫をより効果的に改善するポイントをしっかり押さえておきましょう。

妊娠中の女性はむくみやすい!

脚を両手で揉む女性

妊娠中は赤ちゃんに十分な栄養を送るためにママの体内の血液量が増え、体内の血液と水分量のバランスが崩れるため、むくみやすくなると言われています。
また、妊娠による体重増加や運動不足、塩分の摂り過ぎ、冷えや衣服の締め付けなどもむくみの原因になります。

妊娠中期以降は、赤ちゃんや子宮が大きくなることで心臓から足につながる血管が圧迫されるため、特に足のむくみが気になるというママが多いようです。
痛みなどの自覚症状がなくても、それまで履いていた靴が入らなくなったり、すねの部分を軽く押すだけでベコッとへこんでなかなか戻らなかったりなどの症状が出ている場合、それらもむくみのサインと判断できるでしょう。

妊婦の着圧ソックスの選び方のポイント

着圧ソックスには特殊な生地が使われており、足首やふくらはぎなどに適度な圧力をかけることで足の血行を促進し、むくみを解消する効果が期待されます。
元々は寝たきり状態など、自分で体が動かせない患者さんに使われる医療用のものでしたが、最近では家庭で手軽に使用できるものも多く市販されるようになりました。

妊娠中でも使用は可能ですが、着圧ソックスには素材や締め付けの強さ、締め付ける部位の違いなど様々な種類があります。特に妊娠中は、浮腫の程度や自分の体質を考え、慎重に着圧ソックスを選ぶようにしましょう。

マタニティ用のものを選ぶ

マタニティ用の着圧ソックスの多くは、妊婦さんのことを考えて適度な圧力になっていたり、通常の着圧ソックスよりも脱ぎ履きしやすくなっていたりといった工夫がなされています。

市販されているものの中には「妊娠中の方は使用しないでください」といった記載がされているものもあり、たくさんの種類の中から妊娠中の体にピッタリの着圧ソックスを選ぶのは難しいので、妊娠中はあらかじめマタニティ用のものを選ぶとよいでしょう。

マタニティトラウザーソックス

マタニティトラウザーソックス

Preggers(プレッガーズ)

価格:1,900 円 + 税

柔らかく通気性に優れた素材が使われており、汗をかいても快適に過ごすことがきます。
着圧ソックスでありながらゴムの締め付け感にもこだわっており、妊婦さんの身体を思いやった商品です。カラー展開やデザインも豊富なのでオススメですよ。

肌触りの良い素材を選ぶ

妊娠中は新陳代謝が良くなることで、いつもより汗っかきになるママも多いもの。足の蒸れが気になる方は、着圧ソックスの素材にもこだわってみましょう。

特に、夏場の妊婦さんはメッシュや綿素材などの通気性のよいものを選ぶと快適に過ごせます。遠赤外線素材が使われているものは、足元からぽかぽか温めてくれる効果があるので、冬場や冷えが気になる方にオススメです。

自分に合うサイズを選ぶ

妊婦さんの中には「きつめの着圧ソックスを履いた方がむくみ解消効果が高いのでは?」と考える方も多いのですが、足にしっかりフィットしていないものを着用すると、皮膚が赤くなって痛くなってしまったり、圧力がしっかりかからず期待する効果が得られなかったり、ソックスを履いていない部分にむくみが出ることがあります。

妊娠中は体重の増加やむくみによって足周りのサイズも変わることがあります。小さくなった着圧ソックスを無理に着用するのではなく、その時の体のサイズに合わせたものを選びましょう。
また、個人差はありますが、妊娠後期では元々のサイズよりもワンサイズ上を選んでもよいでしょう。

体に合った圧力のものを選ぶ

肩を手で揉む妊婦

着圧ソックスを購入する時にパッケージに示されている「mmHg(ミリハーゲ)」「hPa(ヘクトパスカル)」は、それぞれ圧力の強さを示す単位のことで、この単位が大きくなるほど圧力が強くなります。(1mmHgは1.33hPa

着圧ソックスの多くは足首の方の圧力が高く、ふくらはぎから上にかけて圧力が弱い作りになっており、マタニティ用の着圧ソックスは比較的、圧力が弱めに設計されているものが多いようです。

活発に活動したい時は強めの圧力のもの、リラックスしたい時は弱い圧力のもの、むくみがひどくなってきたら一段階強い圧力のものに変えるなど、状況や体のコンディションに合わせて適度な圧力のものを使い分けるとよいでしょう。
様々なメーカーのものを履いてみて、きつ過ぎず心地よいホールド感があるものを選ぶのがベターです。

妊婦が着圧ソックスを使用するときの注意点

着圧ソックスは足元に圧力をかけてむくみの改善を促す靴下ですが、使い方を誤ると体全体の血流を悪くしてしまう可能性があります。妊婦さんが着圧ソックスを使用する際の注意点をご紹介します。

使用時間は必ず守る

眠る妊婦

着圧ソックスには「日中用」「寝る時専用」の商品など、それぞれ着用する時間帯を考慮して圧力などが設計されています。
寝るとき専用ではないものを就寝時に着用するなど、間違ったシーンで使用してしまうと、冷えや血行不良といったさらなるトラブルを引き起こす可能性があります。

また、長時間の着用でも、無理な圧力により脚への負担が大きくなり、むくみが悪化することもあるようです。
特に妊娠中は体調が不安定な状態ですから、着圧ソックスは身体に無理のない範囲で着用し、その商品ごとの使用時間や時間帯を守るようにしてくださいね。

破れたら新しいものを使用する

着圧ソックスも、何度も履いていると破れてしまうことがありますよね。「誰かに見せるわけではないから、少しくらい破れていても大丈夫!」と続けて履きたくなるかもしれませんが、破れた着圧ソックスを履くのはオススメできません。

破れた状態の着圧ソックスを履いてしまうと、脚に十分な圧力がかからなくなったり、逆に一部にだけ圧力がかかり過ぎたりと正常に機能しなくなることで、血流を悪くしてしまいかねません。
少しくらい破れているだけだとつい勿体なく感じてしまいますが、破れた着圧ソックスは捨てて、新しいものを使うようにしましょう。

履くときに腹部を圧迫しない様に注意する

だんだんお腹が大きくなると、普通の靴下でも自分で履くのが難しくなってきます。
着圧靴下は履く時に力が必要なものも多いので、妊婦さんが毎日脱ぎ履きするのはなかなか大変なこと。しかし、靴下を履くことに集中するあまり、お腹を圧迫してしまってはいけませんよね。

着圧ソックスはお腹を圧迫しないように、椅子に座ってゆっくり脱ぎ履きするようにしましょう。
一人で履くのが大変になってきた場合は、無理をせず家族に手伝ってもらうか、一人でも楽に履ける圧力が低いものに変えるとよいでしょう。

負担を掛けない正しい使用方法でむくみを改善しましょう

医師にむくみを指摘されると、食生活や生活習慣の改善が必要になることもあり、マタニティ生活そのものがプレッシャーになってしまいますね。
生活習慣から変えていくのはなかなか大変ですが、着圧ソックスは妊娠中でも手軽に浮腫改善を期待できる便利アイテムです。

自分のサイズに合ったものを選ぶのはもちろんのこと、お腹を圧迫したり、締め付けたりしないように気をつけるなど、正しい使用方法に注意しながらむくみの解消に上手く活用していきましょう。

また、着圧ソックスを着用していても改善されないほどむくみがひどい場合には、妊娠高血圧症候群などの病気が潜んでいる可能性も疑われます。
不安な方は必ず担当の医師に相談し、適切な対処を受けるようにしてくださいね。

スポンサーリンク

おすすめコンテンツ

この記事を書いたライター
小森ひなた

小森ひなた

子育てと仕事に頑張る共働き主婦です!ルンバ貯金始めました♪